親の学校!ぶにん先生のカウンセリングルーム

不登校や母子登校などの解決を目指して! ここは「親が変われば子も変わる」をスローガンに掲げる親の学校です。 カウンセラーが綴るカウンセリング理論や最新の子育て論など情報満載。 2008年にブログを開設をし、発信し続けた情報は子育てで悩む多くの親御さんたちに元気をおすそわけし、支援を受けた多くの子どもたちが学校へと戻っていきました。家庭教育支援センターペアレンツキャンプの家庭教育カウンセラーが行雲流水にお伝えします。

カケル先生の記事

ゲーム一つで子どものことがマル分かり!?

ブログ読者の皆さん、こんにちは。
カケル先生です。今年もよろしくお願いします♬

昨年12月に発売された任天堂スイッチの大乱闘スマッシュブラザーズ!!
このゲームをご存知の方は多いのではないでしょうか。
子ども達の中では最も人気のあるゲームソフトと言っても過言ではありません。
実は私も大のスマブラが好きでして、小学1年生の頃からスマブラ(スマッシュブラザーズの略)をしています。任天堂64、ゲームキューブ、DS、3DS、Wii、WiiUと数々のスマブラシリーズをやり尽くしてきた私ですが、今回の最新作は迫力が違いました

発売日に手に入れることができるように事前に予約をして、遊び始めて2日目にして全キャラGETしました。訪問カウンセリング時の行き帰りの新幹線でも本気でゲームをしていました。周りから見れば「良い年した大人が一人で本気でゲームをしてる」と思われているはずです。

…が!ただ遊んでいるのではなく、子ども達との関係性作りの為に事前に全キャラの情報を頭に入れて説明できるように、いわば仕事をしていたのです

余談ですが、実は最近噂のチャマル先生はスマブラに登場する全キャラの声真似をすることが出来ます。それを聞いたぶにん先生と私は「おー!」と感心していました。他にもドラゴンボールのキャラの声真似やナルトのキャラの声真似など子どもたちが好きなアニメの声真似が上手です。チャマル先生が訪問カウンセリングでお伺いされた際には、きっとドヤ顔で真似されていると思うので、親御さんもこっそり聞いてみてくださいね

さて、本題に入りましょう。

私たちカウンセラーの世界では、分析という言葉がよく出ます。
分析と言えば心理テストを行ったり、分析するために緊張感のある空間でカウンセラーと子どもが一対一で話し合いをしたり、有名なので言えば箱庭療法を行ったり…

当センターは違います。たくさん分析方法がある中で、今回は訪問カウンセリング時の分析方法の、ほんの一例をご紹介します。

私たち訪問カウンセラーは、子どもの家に行き遊びます。とにかく遊びます。
一緒にゲームをしたり、動画を観たり、漫画を読んだり楽しい時間を過ごします!

これが分析の方法です。

…え(・・? と思いましたか?


実は遊び一つで子どもの性格というのは分析出来ます。
ではゲームで例え話をしてみましょう。


2人で協力するゲームをしていたとします。子どもがミスをしてしまった時に、子どもが「間違えた!ごめん!」と言えるかどうか。この様子一つで、この子の友達関係でのスキルが分かります。謝れれう子であれば、友達関係もそれなりにうまくやっていける。ただ、謝れない子はあどうしても友人関係で躓くことが予想されます。

∪垢蠑紊りの場で、「イエーイ!」とカウンセラーがハイタッチを求めた時に、それにハイタッチで返せるかどうか。これによって周りに合わせられる子なのか見分けられます。

勝敗がつくような対戦ゲームでカウンセラーが勝ち続けた時。
・「悔しい!お兄ちゃんもう一回!」「その技どうするのか教えて!」「やっぱりもう一回だ!」このような発言をする子は、負けず嫌いということが分かり、学校ではテストで良い点数をとるために頑張ったり、体育では1位を取れるように頑張ったりと頑張り屋ということが分かります。

・「このゲーム飽きた。」「他のゲームしたい」「つまらない」など言って部屋を出て行こうとする子は、空気が読めない子であり、学校では苦労するだろうと予想されます。

ぞ’圓つくような対戦ゲームでカウンセラーが勝ち続けた時。
・「この時はあの技を使ったら良いよ!」「このボタンとこのボタンを組み合わせると最強の技が使えるよ!」「お兄ちゃん惜しいよ。だんだん強くなってる!」このような発言をする子は、気遣いがばっちりだということが分かり、学校では自然と周りが助けたくなるような子だと分かります。

以上4つの例を挙げましたが、このようにして訪問カウンセラーは、遊びの中で子どもの分析をします。
もちろん分析をして終わりではなく、その子が学校生活を充実して過ごせるように、性格の課題をクリアするためにカウンセラーが遊びの中でアドバイスをしていきます。

そのためにはやはり関係性を築くことも大事ですが、ゲームが達人級に上手くないといけません。そのため私たちは日々ゲームの特訓をしています。
そうすることによってゲームの勝ち負けがコントロール出来て、学校ではどのようなことに苦労するのか、周りの友達がどのように接してくれるのか等を分析をすることが出来ます。

私はもともとゲームが好きでそれなりに強いと自負していたのですが、この会社に入社して上には上がいると実感しました。それがきりこまち先生です。
まさにきりこまち先生こそがゲームの達人だなと思いました。
当時は私自身、自信のあったスマブラでもコテンパンにされました。
空いた時間できりこまち先生に特訓していただき、なんとか私もゲームの勝ち負けをコントロールできるレベルまでに

もちろんカードゲームやトランプ、そしてオセロなども実は訪問カウンセラーは達人級です。

このようにして私たちは遊びの中で子どもの分析をしています。
最初にも書きましましたが、この分析方法はほんの一例です。

また、機会があればカウンセラーの分析方法について書いていきますね


それでは次回のブログ記事にてお会いしましょう


さっ。今からスマブラしよっ(小声)



カケル先生 



(↓支援にご興味がある方はこちら↓)
share_tmp

(下のバナーをポチッと応援お願いします
 
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村

↓最新記事がアップされるたびに通知がきます♪お手軽LINE読者登録はこちらから↓


復学はゴールじゃなくスタートなの?

ブログ読者の皆さま、こんにちは。
カケル先生です。

11月ももう終わりに近づいていますね

さて、今回は当センターの支援について記事を書いていきます。
全てをお話するとなると書ききれないので、内容を絞らせていただきますね。

主に【復学後のサポート】についての記事になります。

支援を受けている親御さん、または今現在でもお子さんが不登校で悩まれている親御さんの中で、復学=ゴールだと思っている方が多くいます。
もちろん子どもが復学すれば嬉しいですし、ホッと一息付けますよね。
しかし子どもからすれば、復学がゴールではなくここからがスタートだという認識です。

私たちは、不登校期間よりも復学を果たしてからの方が子どもは大きな壁と出くわすことが多いと考えます。

例えば、
・勉強面
・友達面
・体力面

などなど、例を挙げていけばキリがありません。
これらを私たちはサポートしていきます。

例えば勉強面。
学校を長くお休みしていれば授業なんてチンプンカンプン

当然のことです。
私たちは基本的に「勉強のことは気にするな。出来なくて当然だし、逆に出来過ぎていると周りの友達に学校を休んでずっと勉強していたのか?と思われることもある。」と子どもに伝えます。
追いつけなくて当然ですし、追いつこうと頑張り過ぎて学校に支障が出ても困りますからね。
それでも子どもが「授業に追いつきたい!」「テストで良い点数をとりたい!」と言うのであれば、それを否定することも当然しません。
頑張ろうとする気持ちは大事にしてあげたいからです

そこで私たちの勉強のサポート対応です。
・授業の進捗状況の把握
・テストに出てきそうな問題の予測。
・子ども一人一人にあったテスト勉強のスケジュールを作成。
・私たちからミニテストを出して暗記問題の練習。
・子どもによれば、勉強は分かるけれど集中力がないから隣にいるだけいてほしい(一人だと集中できないけれど誰かがいれば集中できるタイプの子ども)
・分からない問題の答えだけでなく説明も一緒に教える(算数・数学であれば公式やなぜそうなるのかを理解できるまで説明。分かりやすいように好きなアニメやゲームで例え話をすることも。)
・勉強の方法を教えてあげる etc…


親御さんに「していること家庭教師じゃないですか!」と驚かれることもあります。
客観的に見れば家庭教師そのものですよね
しかし勉強だけだと子どもは疲れてしまいます。そして訪問カウンセラーとしては「また、あのお兄さん、お姉さんに来て欲しい!」と思ってもらいたいわけです。

ですので私たちは勉強だけでなく遊戯療法を用います。
子どもと一緒にゲームをしたり、漫画を読んだり、動画やテレビを観たり遊ぶ時は私たちも全力で遊びますそれをすることにより子どもの勉強の疲れや負担を減らしてあげたり、やる時とやらない時の切り替えを覚えてもらうことができます。
勉強ひとつにしてもこれだけサポートをしています

例えば友達面。全然話題がないし、盛り上がってる内容も知らない話だから寄れないなんてことも。
そこで私たちのサポートです。私たちは常に流行りの遊びを勉強しています。もちろん任天堂スイッチはカウンセラー全員が発売された当初から手に入れています
私たちとの遊びの中で流行りのゲームやアニメ、漫画を覚えてもらえれば学校の中での話題作りにも繋がりますし、幅が広がります。子どもから「今これが流行っている!」と話が出れば私たちも一緒に流行りに乗れるよう、そしてより詳しく子どもに教えてあげられるように遊びの勉強をします。

例えば体力面。子どもから体力がないから心配だと話してくれば、一緒に外に出かけてランニングもしますし、筋トレもします。他の先生方の話を聞いていると「過去一緒に筋トレメニューを考えたこともある。」なんて話も聞いたことがあります。

以上何点か例を挙げましたが、ほんの一部にすぎません。
子どもから他の人に言えない悩みを相談されることもありますし、「やっぱり学校に行きたくない」と話してくる子もいます。

それも全部含めて私たちは、継続登校中の子ども達のサポートをしていきます。

いかがでしたか?今回のブログを読んでいただいた方には、復学がゴールではなくここからがスタートなんだと分かっていただけたかと思います

引き続き私たちはたくさんのお子さんのサポートをしていきます

では次回のブログ記事でお会いしましょう(*´▽`*)


カケル先生 



(↓支援にご興味がある方はこちら↓)
share_tmp

(下のバナーをポチッと応援お願いします
 
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村

↓最新記事がアップされるたびに通知がきます♪お手軽LINE読者登録はこちらから↓


無料支援説明会(関東)満席のお知らせ

ブログ読者の皆さん、こんにちは。
カケル先生です

タイトルにも書かせていただきました。
以前、きりこまち先生がブログで案内されていた『無料支援説明会(関東)』ですが、
おかげさまで即決で【満席】となりました。
沢山のお申し込みをいただき、誠にありがとうございました。

今でも説明会に参加したいとたくさんの方からお問い合わせいただいておりますが、今回は締め切らせていただきます。今回が最後ではないので、次回の説明会に参加いただければと思います

現在、当センターでは「家庭教育支援コース」と「復学支援コース」の支援枠が残りわずかとなりました。お子さんのことでお悩みの方、家庭教育を学びたいという方は下記のリンクからお早めにお問い合わせください


(↓支援にご興味がある方はこちら↓)
share_tmp


それでは次回のブログ記事にてお会いしましょう( ̄∠  ̄ )ノ


カケル先生 


(下のバナーをポチッと応援お願いします
 
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村

↓最新記事がアップされるたびに通知がきます♪お手軽LINE読者登録はこちらから↓

 第20回 関東ペアレンツキャンプ親の会のご報告!

ブログ読者の皆様、こんにちは。カケル先生です!

先日開催されました第20回関東ペアレンツキャンプ親の会のご報告をさせていただきます。



『第20回 関東ペアレンツキャンプ親の会』


日時:10月13日(土)13時30分〜17時
場所:
北とぴあ 7階 第2研修室

今回の親の会でも私が司会進行を務めさせていただきました。今回もたくさんの方にお越しいただき、温かい目で見守ってくださったおかげで楽しく司会を務めることが出来ました( ´_` )!ありがとうございました♩

それでは親の会の内容について記載しますね。


・幹事ご挨拶

今回も幹事であるはるはるさんからご挨拶いただきました。 約2年半の支援を振り返っていただきお話しをしてもらいました。当時と今のお子さんを比べると、すごく成長されていました。その成長過程として、家庭教育の大切さのお話をしてもらい、話を聞いていた親御さんからしても家庭教育の大切さを分かっていただけたかと思います!はるはるさんのお子さんの成長した話は何度聞いても感動します♩

はるはるさん、ありがとうございました!



・水野先生ご挨拶 

・ペアレンツキャンプの現在の支援状況
・社会的支援内容の詳細、支援状況
・Eノートについて
・カテイズムオンラインスクールについて
・会社立ち上げまでの経緯について
・新しく販売予定の書籍についての紹介

上記のように当センター代表の水野先生から、親の会開催にあたってのご挨拶とペアレンツキャンプの活動報告をしていただきました。 また、今回関東親の会は20回目で約10年目という事でした。今回の親の会は水野先生からしても感慨深い物であるとお話がありました。

・グループワーク


約2時間、4回の席替えをしてグループワークを行いました。今回は初参加の親御さんが5組もお越しになられました!嬉しいことですね(^^♪
初参加の方が多い中、皆さんが経験談を話してくださったり、悩みを聞いてくださったりと涙を流す親御さんまでいました。私たちから見ていても、黙り込んだりする方もおらず、一人一人がしっかりと話せていたと思います

・閉会のご挨拶と写真撮影

最後に辻先生から閉会のご挨拶をいただきました。

閉会のご挨拶の後は記念写真の撮影をしました。田中先生がシャッターを切る際に、“おもしろいことをする”のは恒例になりつつありますね!皆さん良い笑顔でとても良い写真が撮ることが出来ました


・懇親会 

懇親会へは水野先生、佐藤先生、辻先生、鈴木先生、田中先生、私が参加しました。
私は2回目の参加でしたがとても楽しかったです
普段話さないこと、話せないことでも皆でお酒を飲んでおいしいご飯を食べて話すと、会話が止まらない止まらない!(*^^*)本当に楽しい時間を過ごすことが出来ました。
また機会があれば私も懇親会に参加したいと思います
皆さんの楽しく会話できている様子を見ていて私たちもうれしく思いました

親の会報告ブログは以上です 

今回はたくさんの方に来ていただき本当にありがとうございました。
次回の親の会でもたくさんの方にお会いできることを楽しみにしています

それではまた次回のブログ記事にてお会いしましょう

カケル先生 



↓皆さんの応援のもとブログ発信が出来ております!
こちらをポチッと応援宜しくお願いします♪(1日1回クリックを!是非ともよろしくおねがいいたします)↓
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ


(↓支援にご興味がある方はこちら↓)
share_tmp
家庭教育支援コースの残り枠わずかです!ご相談はお早めに!


↓最新記事がアップされるたびに通知がきます♪お手軽LINE読者登録はこちらから↓

思春期って難しい…(;_;)

ブログ読者の皆様、こんにちは。
カケル先生です(*^_^*)

いっきに涼しくなってきましたね。ついに長袖デビューです
今年の夏は本当に暑かった(@ ̄□ ̄@;)!!
半袖半ズボンが当たり前の毎日からついに衣替えです。
季節の変わり目でもありますので皆さまも体調を崩されないようにお気を付けください(+_+)


最近支援をしている親御さんからよく「思春期の子どもへの接し方が分かりません」とご相談を受けます。
確かに思春期と言えば…
子どもの態度は悪くなるし、親に牙を向けたような言動をしてくるし、逆に全く話さなくなるし、関わったら関わったで文句、関わらなかったら関わらないで文句など接し方に困りますよね。
親としてもピリピリしている子どもを見てイライラしてしまったり「思春期なんてなければ良いのに!」と思うことはあるのではないでしょうか。
しかしこの思春期こそが発達の段階で大事な時期なのです。

とはいえ思春期の子どもに対する接し方は知っておいた方が子育てでも楽ですよね。
今回はそんな思春期の子どもに対する接し方についてブログを書こうと思います

前提として思春期とは親がどれだけ子どものことを考えて接しても少しのことで反発はしてしまうものです。
また、この接し方が正解・良い接し方というものはありません
なぜなら子どもにとって合う合わないがあるからです。
しかしこの接し方は間違い・まずい接し方というのは存在します。

今回は上記にも記載しましたように思春期の子どもへの接し方やこれは言ってはいけないNGワードをお伝えしていきます。


・怒るラインは普段より高めに設定しておく
思春期の子どもはとにかくピリピリしています。
その中で親から叱られると当然反発は出てきます。たとえ自分が悪いと分かっていてもです。
ですのでいつもより怒るラインを上げてみてください。

例えば、門限があるにもかかわらず門限よりも1時間以上遅く帰ってきた場合。
「コラ!何時だと思ってるの!門限分かってるの?ルールは守りなさいよ!こんなのが続いたら遊びに行かさないよ!」

これはNGです。


最初から叱るのではなく先ずは「遅かったね。どうかしたの?」と遅れた理由を聞いてあげましょう。
子どもによっては破ろうと思って破ているわけではないかもしれませんからね。
頭ごなしに叱る=親はうざいという認識になり兼ねません。



・父親と母親で役区割り分担を決める
役割分担については過去のブログ記事でも紹介はしていますが、父親と母親が叱り役ですと子どもの気持ちに寄り添う役割がないためストレスをため込んでしまいます。
理想としては父親が叱り母親がその後子どもの気持ちを聞いてあげて「そう思っていたんだね。お父さんも厳しい叱り方だったけれどあなたのことを思って言ったんだと思うよ。」としっかりと叱り役とフォロー役を分ける必要があります。

両親揃って叱ることはNGです。



・必要以上に子どもに話しかけない
思春期の子どもは親が思っている以上に色々と一人で考えています。
学校であった嫌な出来事も一人で溜め込み自分の中で解決しようとしていることもあります。
そんな時に親が必要以上に話しかけたりアドバイスを与えてしまうと子どもからすれば「うるさいな!一人にしてよ!」と子どもからすればなってしまいます。
例えば「宿題はしたの?」「勉強はしたの?」「今日は友達と何して遊んだの?」「いつまでテレビ見てるの?」などちょっとした声かけでも反発が出てくることもあります。
「言われなくても分かってる!ほっといて!」と反抗心が生まれてくる可能性もありますので必要以上の声掛けはNGです。



・親の価値観を押し付けない(決めつけない)
子どもに対して「親が言っていることが100%正しい」という押し付けはいけません。
子どもは子どもで意味があるからその行動を起こしています。

例えば「そんなことしても意味ないでしょ」「時間の無駄よ」「ゲームをしていると頭が悪くなるよ」こういった親の価値観がたっぷり入った否定的な言い切りは子どもにとっても気持ちよくはありません。
こういった親の発言から子どもは、「親の前で何かするたびに文句を言われるなら見られないようにしたい。親が面倒くさい。」という思いに繋がり必要最低限の時以外は自分の部屋に引きこもる可能性もあります。
子どもは一人の人間として自分の考えや意見を持っています。

親の意見ばかり押し付けることはNGです。

親の気持ちを伝えたい時には「こうしなさい」ではなく「こう思うんだけどどう思う?」と一つの意見として伝えてみましょう。


以上4点のNGをお伝えしましたが、もちろんお伝えしたもの以外にもたくさん子どもにとってのNGは存在します。
その中でも特に上記のような接し方は思春期の子どもをイラっとさせてしまう可能性が高いです。
今まで何気なくしてきたことでも思春期になると反発心が生まれます。

子ども扱いしないように、今自分の子どもは大人に近づいているんだという意識を親御さん自身が持ちましょう。
対応が難しいと感じた時は昔の自分を思い返してみるのも良いかもしれませんね。

自分が思春期だった時、この発言をされたらどうだっただろう。
この行動を親にされたらどうだっただろう。

そこで「イラっとしていただろうな…」となるものはお子さんもイラっとするはずです。
逆に親御さんはイラっとしないことでも子どもがイラっとすることは当然ありますので、子どもの様子を見つつ対応を変えていきましょう。

もちろん今回お話した内容は思春期以外のお子さんでもイラっとすることもありますので、子育てにおいて極力しないように意識してみてくださいね



では次回のブログ記事でお会いしましょう(*´▽`*)


カケル先生 



(↓支援にご興味がある方はこちら↓)
share_tmp

(下のバナーをポチッと応援お願いします
 
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村

↓最新記事がアップされるたびに通知がきます♪お手軽LINE読者登録はこちらから↓


プロフィール

ぶにん先生

不登校児童の訪問カウンセラーとして多くの不登校の小中学生と関わり、復学へと導く。不登校の解決法として家族関係の重要性を説き、水野式の家庭教育メソッドである「PCM」を構築。「家族と子どもの自立」を第一に考え、全国の親子をサポート。不登校の復学支援や家庭教育に関する講演会も精力的に行っている。

現在、家庭教育支援センターペアレンツキャンプ代表理事として全国からの家庭教育相談や復学支援を展開している。著書多数。

【主な著書】
・『無理して学校へ行かなくていい、は本当か』
・『ころんでも立ち上がれる子はあなたが育てる』

当カウンセリングルームは2003〜2005年までMSNブログにて開設されていた「ぶにん先生のカウンセリングルーム」の2代目として開設された情報発信型カウンセリングルームである。


家庭教育に興味のある親御さん、お子さんのことでお悩みの親御さんなど皆さんの憩いの場になればと思います。

お子さんのことでお悩みのかたは家庭教育支援センターペアレンツキャンプまでお気軽にご相談を。

ご相談はこちらまで
不登校からの復学支援
  一般社団法人  
家庭教育支援センター
 ペアレンツキャンプ  

学校への行き渋りでお悩みの親御さん、家庭力で乗り越えましょう。親が変われば子も変わる!おひとりで悩まずまずはご相談を。
にほんブログ村参加中!クリック投票おねがいします。
                にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ

親の会のご紹介
関東ペアレンツキャンプ親の会
みかんさんによる関東ペアレンツキャンプ親の会ブログ。小学2年生の時に不登校になった息子さんと娘さんとの日常生活についての笑いあり涙ありの日記。息子さんの不登校からの復学についての考察、情報発信を主にされています。


Archives
訪問者数
  • 累計:

ブログランキング参加中
人気ブログランキングへ
記事検索