親の学校!ぶにん先生のカウンセリングルーム

不登校(登校拒否)や母子登校などの解決を目指して! ここは「親が変われば子も変わる」をスローガンに掲げる親の学校です。 カウンセラーが綴るカウンセリング理論や最新の子育て論など情報満載。 2008年にブログを開設をし、発信し続けた情報は子育てで悩む多くの親御さんたちに元気をおすそわけし、支援を受けた多くの子どもたちが学校へと戻っていきました。   子どもの問題行動予防のための家族療法(家庭教育支援法)についても随時情報公開中!一般社団法人 家庭教育支援センター ペアレンツキャンプの家庭教育カウンセラーが行雲流水にお伝えします。

カケル先生の記事

2017年11月17日

食欲の秋?食育の秋?

ブログ読者の皆さん、こんにちは。
「よいしょ!」でお馴染みのカケル先生です!よいしょ〜

みなさん、食欲の秋を堪能されましたか?
秋は柿、松茸、栗、サツマイモなどなど秋は美味しい食べ物がたくさん出てきますね
僕はサツマイモが大好きです。サツマイモと言えば、大学芋が天下一品ですね
私は去年もたくさん大学芋を食べました。今年も去年に引き続きたくさん食べてしまいました…

というわけで、今回のブログ記事は食と子どもの学校生活の関係性についてお話ししましょう。


皆さんのご家庭では、どのような食事の取り方をされていますか?

賑やかにワイワイ食べる
テレビを見ながら楽しく食べる
逆にテレビを消して静かに食べる
もしくは時間が合わず家族バラバラでご飯を食べる。
家庭によっては様々ですよね。

実は最近「こ食」が問題になっています。
種類は様々で、個食・孤食・固食・粉食・小食・濃食など多くの「こ食」が存在します。

個食とは家族で一緒にご飯を食べますが、一人だけメニューが違う事です。例えば子どもの好き嫌いが多いご家庭によくありがちですが、(魚が苦手な子どもの場合)魚がメインの料理の時は子どもだけがハンバーグにするといった場合です。

孤食とは家族とご飯を食べずにひとりぼっちで食事を取る事です。主に共働きをされているご家庭に多いです。

固食とは自分の好きな物だけを食べてメニューを固定化してしまう事です。例えば私はカツ丼が大好物ですが1ヶ月カツ丼を食べ続けたら…
考えただけでもゾッとしますよね。栄養は偏り、肥満になり最悪の場合味覚障害にも

小食とは食べる量が少なく発育に必要な栄養が足りなくなり、体力や気力が無くなります。
最悪の場合、虚弱体質になってしまう事にも。

粉食とは読んで字の如くパン中心の小麦粉や蕎麦粉など粉物を主食とした食事です。

濃食とは味の濃い食事ばかり取る事ですね。

皆さんのご家庭で当てはまる「こ食」は無いでしょうか?

個人的には個食、孤食、固食の3点は特に避けなければいけないと考えます。
もちろん全て避けないといけませんが。

上記の3点をピックアップして、これがどのように学校生活に影響を与えるのかをお伝えします。

個食をしてしまうと自分の好きな物だけ食べる事が当たり前になってしまいます。多くの学校は給食ですよね。
給食は栄養バランスがしっかりと考えられた献立となっており、先生も生徒も同じ献立です。しかしご家庭で個食をしてしまっていると、学校の給食が食べられなくなる可能性もあります。もしくは嫌いだけど無理して食べる事により給食がストレスになることも。最悪の場合給食が苦痛だという理由で不登校になってしまうケースも少なくはありません。そうならないためにも普段から家族皆で同じ食事を取る事が大切ですね。

孤食をしてしまうと偏食になる可能性が出てきます。インスタント食品、コンビニ弁当、外食が増えてくるからです。食欲も落ちるため体調不良や情緒不安定になりやすいといった傾向にある事が分かっています。それ故に学校を休む事になり、一回の休みが不登校に繋がる事にも。。
また、食卓は家族でのコミュニケーションを取る場でもあります。子どもの学校での出来事や友達と何して遊んだのかなど沢山話す時間でもあります。それを疎かにしてしまうと子どもとの関係性にも問題が出てきますので孤食は避けましょうね。

固食をしてしまうと好きなものだけ食べる事になるので、やはり偏った栄養摂取による肥満や生活習慣病の要因となり兼ねます。自分の好きな物だけを食べるという所から、性格面ではもちろんワガママになってしまいますよね。そうなれば学校では「自分の好きな事しかしない嫌な奴」と思われてしまいます 子ども自身学校に行きづらくなってしまいます

食育(食に関する教育)が見直されている現在、一度ご家庭でも食事の取り方を改めて確認してみませんか?食事は栄養面はもちろんですが、心の発育、子どもの自立心向上にも大きな影響があると私は思います。また食一つで学校生活の送り方が大きく左右される事も 。

子どもを育てるのは親御さんの発言や行動だけではなく、食からも育てられるのです。

「うちの家庭だ 」 と心当たりのある方、せっかく食欲の秋なのですから、
美味しい食べ物を食卓に挟んで家族での食事のとり方を見直してみましょう♪


それではまた次回のブログ記事にてお会いしましょう

カケル先生

↓皆さんの応援のもとブログ発信が出来ております!
こちらをポチッと
応援宜しくお願いします♪(1日1回クリックを!是非ともよろしくおねがいいたします)↓
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ


parentscamp at 10:00|Permalinkmixiチェック

2017年11月10日

第13回関西ペアレンツキャンプ親の会 ご報告!

ブログ読者の皆様、こんにちは。カケル先生です!よいしょ〜

前回の『関東ペアレンツキャンプ親の会』の報告に引き続き、先日開催されました第13回関西ペアレンツキャンプ親の会のご報告を私からさせていただきます。


『第13回 関西ペアレンツキャンプ親の会』

日時:11月4日(土)13時30分〜16時30分


場所:
たかつガーデン 藤の間


・幹事挨拶

幹事であるミニーさんからご挨拶いただきました。
初参加の親御さんに向けて、ミニーさんのご家庭の支援を受けるまでの経緯とご卒業までの流れをお話いただきました。
ダイレクトアプローチによる復学を果たし、今では成人式も無事に終えて就職先も決まったそうです(*^_^*)
話を終えられてから、最後に「経験者の方の話を聞いて、少しでも気持ちが楽になったな。参加してよかったな。と思っていただけたら幸いです。」と支援中の親御さん、これから支援を考えられている親御さんに向けてのお言葉をいただきました。
ミニーさん、本当にありがとうございました


・水野先生のご挨拶

当センター代表の水野先生から、親の会開催にあたってのご挨拶とペアレンツキャンプの活動報告をしていただきました。
水野先生は、平均して年間で50本ほどの講演会の講師をされています。
なんと今年は70本もの講演会講師を務められました。
講演会でのお話は主に家庭教育、不登校、子育て支援についてです。
水野先生が講演会講師として全国各地でご活躍なさるのは、家庭教育の普及のためだということ。
行政が家庭教育の支援にもっと力を入れて、一つ一つのご家庭が力をつければ将来を担う子どもたちはきっと自立した子どもたちであるということ。
そのような想いで日々の激務をこなしながらも講師をされているというお話でした。
また、当センターの支援の状況についてや、社会的支援の状況などについてもご報告いただきました。
どうやら水野先生は地域によって挨拶をされるときの話し方を変えられているようです。
関西ペアレンツキャンプ親の会では、関東ペアレンツキャンプ親の会の時と違って関西のノリ!!!ボケまくりでした(笑)

・グループワーク


約2時間もの間、4回の席替えをしてグループワークを行いました。
ご家庭によっておかれている状況は様々で、いろんなステージの親御さんがそれぞれお話されていました。
今回は支援開始して間もないご家庭の親御さんと、支援をご卒業されたベテランの親御さんのご参加率がちょうど半分くらいでしたので、様々な苦労を乗り越えてこられた親御さんのお話はきっと支援開始して間もない親御さんからすれば心強かったのではないかと思います。
私もグループワークに参加させていただきましたが、みなさんのお子さんを思う気持ちが本当に強く、感動しました。

・閉会のご挨拶

最後は佐藤先生より閉会のご挨拶をいただきました。
「関西ペアレンツキャンプ親の会初期は少数でのスタートでした。会を重ねるごとにご参加いただいた方が多くなっていけば私たちとしても大変うれしく思います。皆さんで親の会を盛り上げていきましょう」とお話いただきました
私としても、このような学びの場であり情報交換ができる親の会への参加者さんが増えていけばいいなと思った次第です

・懇親会
懇親会へは水野先生、佐藤先生、山下先生がご参加されました。
お酒が入ると皆さん親の会よりもざっくばらんに楽しくワイワイされたそうです。
笑いが絶えなかったそうで、山下先生は翌日腹筋が筋肉痛になったとかならなかったとか…

親の会報告ブログは以上です

また、今回もクッキーさんが親の会にご参加いただいた感想をブログにて書いていただきました
でこぼこ道を歩いて  (クッキーの日記 )


次回の開催は春になります。
春といえば子どもたちの環境が大きく変わる時期です。子どもたちの成長した話をぜひとも聞きたいので、次回もみなさんのご参加をお待ちしております

カケル先生



↓皆さんの応援のもとブログ発信が出来ております!
こちらをポチッと
応援宜しくお願いします♪(1日1回クリックを!是非ともよろしくおねがいいたします)↓
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ

parentscamp at 10:39|Permalinkmixiチェック

2017年10月27日

第18回関東ペアレンツキャンプ親の会 ご報告!

ブログ読者の皆様こんにちは。カケル先生です

今回の記事では、先日開催されました、関東ペアレンツキャンプ親の会のご報告をいたします♪
なんと今回は約40人の親御さんに集まっていただきました!カウンセラーも7名(過去最多?)が参加いたしました

【第18回 関東ペアレンツキャンプ親の会】 

日時:10月21日(土) 13時30分〜16時30分

場所:ミューザ川崎4階 研修室2・3 


・幹事挨拶

 
今回も親の会の幹事をしていただいているピピコさんから、初めのご挨拶をいただきました。
これから支援をとお考えになられている方、支援を継続中の親御さんに向けて、ピピコさんがペアレンツキャンプの支援を受けていた時の体験談を元にお話していただきました。
親の会に参加されていた親御さんは、ピピコさんのお話を聞いて「家庭教育の大切さ」を学んだのではないでしょうか
私は、関東ペアレンツキャンプ親の会に参加させていただいたのは今回で2回目ですが、今回もピピコさんの素晴らしい挨拶に感動しました。また、幹事として親の会に参加されるのは今回が最後という事でしたが、これからも参加はしていただけるとの事です

ピピコさん、本当に長い間ありがとうござました


・水野先生のご挨拶

当センター代表の水野先生から、親の会開催にあたってのご挨拶とペアレンツキャンプの活動報告をしていただきました。
不登校復学支援コースはいつも枠がいっぱい。家庭教育支援もペアレンツキャンプの日々の支援活動が文科省や各地の教育委員会にも認められ、予防的な家庭教育を学びたいという親御さんが年々増加傾向にあるとのことです。

また社会的支援については、寄付のお願いをされておりました。
家庭ノートが1月からICT(モバイル・PC)ではなくノート形式(大学ノート)に変更せざるをえなくなります。当センターが使用していたシステム自体が閉鎖されてしまうとのことです。新システムに移行させるには150万円ほどの資金が最低でも必要とのことで、ご寄附のお願いをされていました。また、国会議員や文科省なども当センターの家庭ノートチェック法には注目されているため、このシステム存続を目指すために動かれている最中とのことでした。

・グループワーク

今回は親の会初参加の方が多く、最初は緊張した雰囲気もありましたが、2周目、3周目のグループ変更の頃には会場の中に笑い声が響き渡っていました。
私もグループの中に入って、支援で携わった親御さんだけではなく、新規の親御さんともたくさんお話をさせていただきました。過去に水野先生が支援をしていたケースで今、息子さんがほとんど私と年齢が変わらないケースもあり、ペアレンツキャンプの支援の歴史の奥深さを感じました。
一緒の席でお話を聴かせていただきました皆さん、温かくしてくださりありがとうございました!

・閉会の挨拶

佐藤先生から閉会のご挨拶。
ペアレンツキャンプは来年で10周年となります。10周年に向けての意気込み、そして今まさに目の前で起きている子どもたちの課題をどうサポートしていくかなど支援者としての思いをお話されました。
また、佐藤先生が理事を務める「家庭教育推進協会」の会報のご案内や、セミナーのご案内もされていました。ペアレンツキャンプだけではなく他機関でも家庭教育の推進啓発に尽力されている佐藤先生に追い付け追い越せで私も精進しようと心に誓った瞬間でした。

閉会の挨拶のあとは恒例の写真撮影。
わたしが写真撮影係を承り、「よいしょー」の掛け声とともにシャッターをきらせていただきました。
皆さんの失笑した顔をしっかりとおさめることができましたよ(笑)

・懇親会

恒例のお酒を飲みながらの懇親会。今回は佐藤先生と辻先生が参加されました!
私は参加出来なかったのですが、お二人から話を聞いているととても盛り上がったみたいですね
なんと!盛り上がりすぎて気づいたら3時間も経っていたとか。。。


次回の関東ペアレンツキャンプ親の会は、来年の春に東京で考えています。
その時も是非皆様とお話したいので、たくさんの参加お待ちしております。

以上で、第18回 関東ペアレンツキャンプ親の会の報告を終わります。

ではまた次回のブログ記事にてお会いしましょう

カケル先生

↓皆さんの応援のもとブログ発信が出来ております!
こちらをポチッと
応援宜しくお願いします♪(1日1回クリックを!是非ともよろしくおねがいいたします)↓
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ

 

parentscamp at 06:30|Permalinkmixiチェック

2017年10月25日

子どもの笑顔は輝いている!

ブログ読者の皆様、こんにちは。
カケル先生です!(^^)/

まもなくハロウィーンがありますね
実は私、毎年ハロウィーンを満喫しております。

そう、それは仮装です!

ハロウィーンと言えば皆様も一度は耳にした事がある「お菓子をくれないとイタズラしちゃうぞ」のイメージが強いのではないでしょうか。
ここ数年でその言葉を聞く事が私はなくなりましたね
今の時代ハロウィーン=仮装になりつつあります。
毎年のようにニュースで目にする東京都渋谷区の仮装イベント
あれは凄いですよね。楽しそうですがやはりモラルがなっていないからと社会問題にもなっています。一度しかない人生を楽しむことは良い事です。
しかし皆が意識して人様に迷惑をかけずマナーを守りながら楽しみたいですねこれはイベントごとに関係なく何に対してもですね

今年は何の仮装をするのか考え中です何がおすすめでしょうか?
また私が訪問カウンセラーとしてお伺いする訪問先ではハロウィーンについてお子さん達と楽しい話で盛り上がりたいなと考えております

少し話が逸れましたが。。。


それでは私のお話が長くなりましたが、本題に入りましょう。

今回は私が最近の訪問カウンセリングで感じたお話をしたいと思います

10月と言えば修学旅行、文化祭、体育祭、中にはとってもいや〜な中間テストなどなど行事ごとがたくさんです

そんな中、不登校を乗り越えて、修学旅行の準備を一緒にしている子どもたちを見て感じたことがあります。
準備をしている子どもたちの笑顔は、まさに!輝きを持っています

そんな輝いた子どもたちを見ていると、つい一年前まで、数ヵ月前まで家から出られなかった不登校だなんて考えられませんボロボロになるまで泣いた子、物にあたった子、家出をした子、その他にもたくさん辛い思いをしてきている子どもたちを見てきました。あの時は辛いことがたくさんあったけれど、それでも逃げずに頑張ったからこそ楽しい今があるのですね

復学を果たせた子どもたちは皆こう言います。「学校に戻れて良かった!
そう思ってくれているのが心の底から感じます

そんな子どもたちの笑顔を見て、私はもっと多くの子どもたちと関わって、日本中を子どもたちの笑顔で溢れさせたいなと思いました。
ハロウィーンも日本の秋の行事に定着しつつありますが、その根幹には「子ども達の笑顔を見る機会」を増やすことにつながるのかなぁと思う次第です。

お菓子をねだる子どもが街中に溢れるこの季節。ハロウィーンと訪問カウンセリングでほのぼのとした気持ちになれたお話でした



それではまた次回のブログ記事でお会いしましょう


カケル先生

↓皆さんの応援のもとブログ発信が出来ております!
こちらをポチッと
応援宜しくお願いします♪(1日1回クリックを!是非ともよろしくおねがいいたします)↓
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ


 
 

parentscamp at 19:04|Permalinkmixiチェック

2017年09月26日

親の背を見て子は育つ

ブログ読者の皆様、こんにちは。
カケル先生です!(^^)/

実は私はアイスが大好物でして毎日寝る前にアイスを食べています
「夏が過ぎたのに!?」と思われた方もいるのではないでしょうか。
そうです、夏が過ぎても毎日アイスです
なんなら私は真冬でもアイスを食べます
暖かい部屋でコタツに潜りながら食べるアイスもまた絶妙に美味しいです。
ぜひ皆様もお試しあれ〜


ではでは本題に入りましょう
私は心理学について勉強する事が大好きですので、今まで経験してきた事、学んだ事を親御さんが子どもとの関わりで使えるテクニックとして紹介していけたら良いなと思っています


ブログ読者の皆様の中にも「子どもがいくら言っても親の言う事を聞かない」と嘆いている方も多いのではないでしょうか?言う事を聞かないからと言って嘆いたり落ち込む必要はありません。

大人よりも子どもには優れた観察学習の能力があります。
文字の通り観察して学習する能力とそのままですね

子どもは一度自分の目で見た物は記憶し、全てとは言えませんが忘れる事はありません。

つまり子どもは一緒に生活している親の行動を、親が思っている以上に観察しているわけです。
もちろん子どもが意識して「親を見よう」と思っているわけではありません。
子どもも無意識の中で観察し、親の行動が脳に記憶されています。

例えば、親が「部屋の片付けをしなさい」と言っても子どもが言う事を聞かないし片付けない。
そのようなやりとりをした事がある方は今一度ご自分の部屋も確認してみて下さい。
注意はするけれど自分は出来ていない、なんてことはよくありがちです
親の部屋が片付いていなければその行動を子どもも真似ているのですからそうなりますよね


逆に親の部屋が綺麗に片付いていたら、子どももきちんと部屋の片付けをする可能性はうんと高まります。

子育てというのは口で言うよりも親御さんの行動で示した方が子どもに伝わるのです!
先ほどの例え話で言いますと、何度注意しても子どもが言う事を聞かないし行動を直さないという方。
まずは親がきちんと部屋を綺麗に片付けるということを習慣化してみてください
すると子どもは自ら行動を起こす時が来るでしょう

まさに「親の背を見て子は育つ」ですね



それではまた次回のブログ記事でお会いしましょう


カケル先生

↓皆さんの応援のもとブログ発信が出来ております!
こちらをポチッと
応援宜しくお願いします♪(1日1回クリックを!是非ともよろしくおねがいいたします)↓
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ


 

parentscamp at 09:00|Permalinkmixiチェック