親の学校!ぶにん先生のカウンセリングルーム

不登校(登校拒否)や母子登校などの解決を目指して! ここは「親が変われば子も変わる」をスローガンに掲げる親の学校です。 カウンセラーが綴るカウンセリング理論や最新の子育て論など情報満載。 2008年にブログを開設をし、発信し続けた情報は子育てで悩む多くの親御さんたちに元気をおすそわけし、支援を受けた多くの子どもたちが学校へと戻っていきました。   子どもの問題行動予防のための家族療法(家庭教育支援法)についても随時情報公開中!一般社団法人 家庭教育支援センター ペアレンツキャンプの家庭教育カウンセラーが行雲流水にお伝えします。

カケル先生の記事

2017年09月13日

どうして宿題を後回しにしてしまうの?

ブログ読者の皆さんこんにちは。
カケル先生です
ついに9月に入りましたね今年は9月に入った途端に涼しくなりましたよね。
本当に数週間前まで夏だったのかな?なんて疑っちゃいます(笑)
涼しい季節が好きな私にとって今の季節はとても過ごしやすいですね


9月と言えば涼しくなると同時に始業式もありました
私が訪問カウンセラーとしてお伺いしている家の子どもたちは何と全員登校しました!
とても嬉しい事ですね

夏休み中は宿題に追われる子ども達をたくさん見てきました。
一緒に宿題のスケジュールを立てたり宿題を進めたりしましたが、私たちカウンセラーがお伺いしない日は子ども達は宿題を一切しないなんてケースもたくさんありました(泣)

これは学生症候群と呼ばれる心理的症状からくるものです。
学生症候群って何と思う方はたくさんいるかと思いますが、症状を聞くと「あー、それのことか!知ってる!」なんて方もいると思います

学生症候群の由来は学生が期限ギリギリになるまで夏休みの宿題に取り組まないことから名づけられました。人間はやるべきこと(子どもで言うと勉強や宿題) に時間的な余裕を感じると、「後でやっても間に合う」と考えてしまい、すぐに着手しないことがよくあります。
子ども達と夏休み前半、または中頃にスケジュールを立てたとしても「まだまだ休みはあるから今は宿題を終わらせなくても大丈夫だ!」と思い宿題を溜めてしまいます

この経験を実際にされた方、もしくは「あ!うちの子どもだ!」とその光景が頭に浮かんだ方がいるのではないでしょうか

実はこの症状は名前に「学生」とついていますが大人でもある事に対して同じことをしている場合があります。
それは“仕事”です。仕事と宿題だと仕事の方が責任重大ですよね。
仕事で学生症候群と同じ事をしてしまうと気がついたら大きなミスに繋がり手遅れなんてこともあります。

大人になり学生症候群で悩まされている方は、学生の頃から学生症候群だった人がほとんどです。

「やらないといけないと分かってはいるけれどどうしても後回しにしてしまう。」
「まだ後一週間ある。」「まだ期限まで時間があるから今日だけはゆっくりしよう。」なんていう事は多くの人が考えてしまうのではないかと思います。
結果として「もっと早くから始めておけば良かった。」なんて後悔しがちですよね

それを本気で治したいと思っている方、治したいけれどもう治らないからこれからもギリギリで生きていくと諦めてしまっている方。

大丈夫ですよ


治そうと思えば時間はかかりますが自分次第で治すことが出来ます!



方法は2つあります

1つ目はスケジュールを立て自分に負けずに一つでも良いのでスケジュール通りにこなしてみる事です
今まで何度もスケジュールを立ててチャレンジしてきたという方もいるかと思います。
しかしそれはスケジュールは立てたけれども一つも進める事が出来なかったというパターンではないでしょうか
スケジュールを立てる事により、自分のするべき事が明確に分かります
例えば全部で10個ある内の一つを終わらせると一貫性の法則(自分の行動を一貫したいという心理)が働き中途半端が嫌になるのです。
一度始めてしまえば最後まで終わらせないと何かモヤモヤと気持ち悪い物が心の中に溜まっていきます。最後まで終わらせる事によりスッキリするということです

2つ目はあらかじめ完成品のゴールを設定しておくという事です
よくありがちなのが、やらなければならない仕事や宿題が10個あるとすれば10個全てが終わったらゴールだと思てしまっているという事です。さすがにそれだとしんどいですよね。
そうではなくスケジュールは立てずとも時間は関係なく今日は2つ終わればゴール。
必ず今週中に5つ終わらせる事が出来ればゴール。というゴールを先に決めておけば良いでしょう。

学生症候群を治すことは決して簡単な事ではありませんが、自分に負けずに上記の方法を試してみてはどうでしょうか

子ども達に対しては、実際このような手法を使って宿題を一緒に進めていきました
将来、私が関わった子ども達が学生症候群でいることなく、社会で立派にやってくれると嬉しいなあと思います

それではまた次回のブログ記事でお会いしましょう


カケル先生(眦剃童燹

↓皆さんの応援のもとブログ発信が出来ております!
こちらをポチッと
応援宜しくお願いします♪(1日1回クリックを!是非ともよろしくおねがいいたします)↓
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ






 

parentscamp at 07:00|Permalinkmixiチェック

2017年08月11日

子どもに愛情表現をしてますか?

ブログ読者の皆様こんにちは!

訪問カウンセラーをしておりますカケル先生です

夏と言えば花火にお祭りにプールに海にかき氷と楽しみにしている事がたくさんあります♪
実は私は先日プールへ行きかき氷を食べました
やりたい事を実現するまで私の夏は終わりません!
花火とお祭りと海にも行く気満々ですので皆様のご家庭には真っ黒になった私が訪問カウンセラーとしてお伺いさせていただく事になると思われます

子ども達にも「黒い!」とツッコミを入れられる事でしょう


それでは早速本題に入りましょう。

1日1回クリックを!是非ともよろしくおねがいいたします
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ


皆様はお子さんに愛情表現が出来ていますか?

返報性の法則という言葉を聞いたことはあるでしょうか。
または猜嵎鸚の原理瓩箸盡世い泙后
「何それ!?」と気になる方もいらっしゃると思います。
今から私がしっかりとご説明いたします

この法則は人間の持つ心理のひとつです。
ブログ読者の皆様にもお子さんにも私にもあるものです。
何かに一生懸命に頑張っている人にはそれに答えてあげたいと思ったことはないでしょうか。

例えば街中を歩いている時、暑いときでも寒いときでもお店の宣伝でティッシュ配りを頑張っている人をよく見かけます。
大きな声で「〇〇屋でーす!お願いしまーす!」と言われてティッシュを差し出されたらついつい受け取ってしまうのではないでしょうか。

例えば電化製品の下見へ行っただけのつもりが店員さんの熱心なアドバイスや丁寧なアドバイスを聞くとついつい購入してしまったという経験はないでしょうか。

まさにこれが返報性の法則なのです
好意には好意で報いる」「何らかの恩返しをしたい」と人はお返しをせずにはいられないのですね。
もちろん全ての人がこの法則に当てはまる訳ではありません


私は訪問カウンセリングの現場においてよくこの法則を用いています。
子どもと初めましての時、子どもからしたら私は何者かも分からないし怪しい人が来るわけです。
出会って数日は子どもは心を開いてくれず心の壁を作られている事も少なくはないです

そこで返報性の法則の登場です
子どもに「君と仲良くなりたいと思っている!友達になりたいと思っている!」という事をしっかりと態度で示します。

例えば私達はたくさんの種類のゲームやカードを用いて子どもと遊びます。
その中で子どもがボソッと独り言を言った事に対しても返事をします。
これを何度も繰り返すと最初は私の呼びかけにも一切反応しなかった子どもでも「この人はしっかりと自分の話を聞いてくれている。
この人になら自分の思っている事を話そう。
そしてこの人の話もしっかりと聞こう」という風に繋がるわけです

他には「君の復学のサポートをするよ。一緒に頑張ろうね。」と私がこれからしっかりとサポートしていくという事を認識させます。
一緒に準備を進めていく中で「ここまで自分のために準備してもらっているのだから頑張らないとな。」と恩を仇で返す事が出来なくなります。

家庭内ではどうするべきか。
PCMを活用しつつ(過干渉・過保護にならないように)愛情表現をしてあげてください。
いつしか子どもは「親はここまで自分の事を思ってくれているんだ。迷惑ばかりかけちゃいけないな。親に喜んでもらえる事(親孝行)をしよう」と自ら気づく時が来ると思います


どうでしたか?以上が返報性の法則でした。
是非これから活用していただければ幸いです

それでは、また次回ブログ記事にてお会いしましょう

カケル先生(眦剃童燹

↓皆さんの応援のもとブログ発信が出来ております!
こちらをポチッと
応援宜しくお願いします♪(1日1回クリックを!是非ともよろしくおねがいいたします)↓
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ


parentscamp at 08:11|Permalinkmixiチェック

2017年08月03日

PSS ペアレンツキャンプサマーモーニングセミナー2017 ご報告!

ブログ読者の皆様、こんにちは
訪問カウンセラーのカケル先生です

今回は先日開催されたPSS2017のご報告をいたします


【PSS2017 ペアレンツキャンプ サマーモーニングセミナー】

日時: 
2017年 7月29日(土)9:30〜11:30
場所: 大阪府教育会館たかつガーデン ガーベラ

【開催のご挨拶】
水野先生より以下のお話をいただきました。
・セミナーの趣旨説明
・支援状況の報告

【セミナー内容】
『親子の価値観の相違から考える家庭教育支援』 講師:鈴木博美

親と子では価値観が違います。
宿題で例えてみましょう。
親子間では「宿題は家に帰ったらすぐにやるもの。遊ぶのは宿題が終わってからだ!」という親の考えに対し、子どもの考えでは「宿題はやりたいことを全てやってから。宿題はいつやっても良いものだ!」と宿題ひとつにしても価値観の違いがあるのはよくあることです。
この価値観の違いから、親は子どもに対してネガティブな思い込みをしてしまうわけです。
例えば「うちの子は自分で宿題をやるはずがない!」と決めつけ、この思い込みを何度も子どもにぶつけると子どもは余計にやる気を無くしてしまいます。

この価値観のズレを放置し続けると次第に子どもは学習性無力感という状態に陥ってしまう事もあります。学習性無力感とは長期に渡ってストレス回避困難な環境に置かれることで、その状況から逃れようとする努力すら行わなくなるという現象です。

先ほどの宿題の例え話で言うと、親の価値観を押し付けられ続けると子どもは「どうせ勉強しても親にグチグチ言われるだけ」「やっても無駄」となってしまいます。すると子どもは「何をやっても無駄だ」「やらない方がマシだ。」という認識に繋がり結果宿題をやらなくなります。それに対してまた親もイライラして負のスパイラルになるわけですね。
そこで鈴木先生は怒りを抑える手法であるアンガーマネジメントの説明をしてくださいました。
このアンガーマネジメントには、イライラ解消のために7つの即効テクニックがあります。
セミナーにご参加いただいたみなさんは7つのテクニックのお話では特にメモをガリガリとられていました(笑)
以上が鈴木先生のセミナーの内容でした。

『PCM実践講座〜共感力の必要性とは〜』講師:山下真理子

家庭教育の基礎を話された後に、私たちがブログでよく登場させているPCMの内の一つである「アクティブリスニング」について説明していただきました。
アクティブリスニングとは能動的に話を聴くことで相手を支え、結果的に相手の心の成長を促す対話術です。
これはカウンセラーの基本的な姿勢でもあり「傾聴」とも言われています。
では皆様に質問です。男性と女性だとどちらが共感が上手だと思いますか?

おもしろいことにアクティブリスニングは男性よりも女性の方が得意だとされています!
例えば女性が仲の良い女性友達に「このお店のケーキ美味しそう!」と言うと女性友達は「本当だ!美味しそうだね!」と共感してくれます。それに対して男性の場合は女性に「このお店のケーキ美味しそう!」と言われると「じゃあ行こっか!」と共感ではなく結論を出してしまいます。
恥ずかしながら私もその話にとても共感してしまいました、、、
私もすぐに結論を出してしまいます。
以上の事から男性は結論を求めて女性は共感を求めるということが分かりました。

このアクティブリスニングを行う上で必要なことは気持ちを聴くことです。
ほとんどの人は事実を聴いたり倫理・考えを聴いたりする事は出来ています。しかし欠けがちなのは気持ちを聴いて感覚・感じ方を聴く事です。
これを意識する事によってより上手にアクティブリスニングを行う事が出来ます。

ストロークという言葉があります。ストロークとは人に対する行為(目を見る・触れる・話す等)すべてを指します。このストロークには3種類あります。肯定ストローク(誉める、感謝する)・否定的ストローク(しかる、注意する)・ディスカウント(返事をしない、にらみつける)です。
ストロークは心の栄養素であると言われています。
皆様も普段何気なく使っているストロークですが肯定的ストロークが出来るように意識していきましょう!
以上が山下先生のセミナーの内容でした。


閉会の挨拶 (水野先生)

2本のセミナー内容をまとめて、水野先生からも家庭教育について15分ほどお話していただきました。
こんなにもいろんな先生から家庭教育のお話を聴けるセミナーも珍しいです。
今回のセミナーを受けていただいた方、お得でしたね!
「朝9時から12時までの間に、1本のセミナーを45分程度に区切りセミナーを行いました。結構大変ではなかったですか?子どもたちはこれ、毎日経験しているんですよ〜」
というお話をしていただきまして、「子どもたちも頑張っている」ことを改めて気づかせていただきました。

・・・ということで、今年のPSSも盛会のうちに終わりました!!!
今回ご参加いただいた皆様、暑い中ありがとうございました
今回ご都合が合わなかった方は、また次回の機会に是非ともご参加ください

それではまた!

カケル先生

1日1回クリックを!是非ともよろしくおねがいいたします
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ


parentscamp at 08:30|Permalinkmixiチェック

2017年05月29日

目標を持つことって大事なの?

ブログ読者の皆様こんにちは!

訪問カウンセラーをしておりますカケル先生こと眦剃童爐任

先月、関東ペアレンツキャンプ親の会が行われました。
スージー先生が親の会の報告ブログでも書いてくださっていますので、詳細はそのブログをご覧ください。
先月開催された親の会が初参加でしたので、「初めまして」の親御さんがたくさんいました

ペアレンツキャンプでは訪問カウンセラーとして新人な私ですので、親の会の中で親御さん方とお話をしていて、学ぶことが多くありました。
家に帰ってからも「たくさんお話が出来て良い時間を過ごせたな〜」としみじみ感じておりました。
今後の親の会にも参加する予定ですので、その時には是非よろしくお願いしますね

皆様とお会い出来て嬉しかったです。ありがとうございました
これからもよろしくお願いします


1日1回クリックを!是非ともよろしくおねがいいたします!↓
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ


それでは早速本題に入っていきたいと思います

最近、私が訪問カウンセリングに行くと子どもたちがこんなことを話してくれます。

僕も将来カケル先生のように不登校の子ども達を助けてあげたい。

なんだか泣きそうになりました。


子ども達は自分が不登校を経験したからこそ、その時の辛い気持ちが分かるのでしょうね。
だから同じ気持ちになっている子ども達を助けてあげたいのだと思います。

いや〜子ども達からそういう発言を聞くと素直に嬉しいですね


皆様は子どもの頃に目標、あるいは夢はありましたか?
実は目標を持って生きていることと、持たずに生きていくことの差は非常に大きいです。

「小学生や中学生の言っている将来の目標や夢なんて今言っているだけだ。」と思っている親御さんも中にはいるのではないでしょうか
それで良いのです。
今だけの目標であっても目標を持って生きていくことが大切なのです。


例えば将来不登校支援をやりたいと思っている子ども達は「まずは学校へ行かないとね。」と自分で気付くのです。今だけの目標であってもその目標を目指すためには、学校に行って勉強することが必要不可欠になるのです。

学校は教科書に載っていることだけではなく、人との関わり方や感謝など生きてく上で大切な事をたくさん学びます

目標を持つことは子どもの自立にも継続登校にも繋がりますので一石二鳥ですね。

皆様のご家庭でも子どもが「将来◯◯をやりたい、◯◯になりたい!」と言ってきたらしっかり応援してあげてくださいね

それではまた次回、ブログ記事にてお会いしましょう


カケル先生(眦剃童燹

↓皆さんの応援のもとブログ発信が出来ております!
こちらをポチッと
応援宜しくお願いします♪(1日1回クリックを!是非ともよろしくおねがいいたします)↓
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ


parentscamp at 10:00|PermalinkTrackBack(0)mixiチェック

2017年04月06日

カケル先生が初登場!!( `ー´)ノ

ブログ読者の皆様、初めまして
初登場のカケル先生こと眦剃童爐任

私のハンドルネームであるカケル先生の由来ですが、本名が“眦剃童燹覆燭だしょうご)”ですので翔という字からカケルと名乗ることになりました!

「何か、青春恋愛映画に出てきそうなカッコいい男性の名前・・・」
というイメージですのでお気に入りです(笑)

皆様に覚えていただければ幸いです


早速ですが、私が入社するに至るまでの経緯をお話したいと思います。

私は以前、フリースクールという不登校の子どもたちが集まる施設で、ボランティア活動を行っていました。
そこでは学校へ行かず、フリースクールに集まる子どもたちとたくさんの関わりを持ってきました。

当時の私は、学校へ行けない子どもの心理を考える事はなく、私たちがいる施設がその子にとっての居場所になるのならばそれで良いという考えでした。
小規模の施設でしたので、一人一人の子ども達と関わる時間はたくさんありました。
そこで何度も疑問に思ったことがあったのですそれは、

「なぜこの子達が不登校なんだろう。学校へ行き、友達と仲良く遊んでいても不思議じゃないのに。」
という疑問です。

そこで私は思いました。
「私は不登校の子ども達の心理や気持ちを何も知らない。
ただ暇を持て余している子ども達の遊び相手になるだけじゃいけない。
不登校になり、心に迷いや苦しみを持つ子ども達を助けていきたい。そういう仕事に就きたい。」

そう思い、復学支援をしていきたいと様々な情報を集めていると、ペアレンツキャンプに出会ったのです

私は学生の頃、将来はカウンセラーになるという夢を持っていたため、カウンセラーになるためにたくさんカウンセリングの講義に参加したり、資格の取得をしたりとたくさん勉強をしてきました。

ですので、
私の出せる限りの力をペアレンツキャンプで発揮し、困っている人を助けられる立派なカウンセラーになります
なりたいと思っています、ではなくてなりますと断言します。

大きな目標を断言してしまう事により、その目標へ向けた強い意志を持ち生きていけますからね

もちろん、まだまだ学ぶべき事はたくさんあります。

私を採用して下さったぶにん先生こと水野先生や尊敬できる先輩方、そしてブログ読者の皆様や不登校で悩んでいる子ども達。

私と関わった全ての人に『カケル先生に出会えて良かった。』と言ってもらえるように日々精進するのみです


拙い私の文章をご覧いただき、ありがとうございました。
ではまた、ブログ記事にてお会いましょう♪

カケル先生でした(*^^)v


カケル先生(眦剃童燹

↓皆さんの応援のもとブログ発信が出来ております!
こちらをポチッと
応援宜しくお願いします♪(1日1回クリックを!是非ともよろしくおねがいいたします)↓
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ 

 

parentscamp at 10:00|PermalinkTrackBack(0)mixiチェック