親の学校!ぶにん先生のカウンセリングルーム

不登校や母子登校などの解決を目指して! ぶにん先生のカウンセリングルームは家庭教育支援センターペアレンツキャンプのカウンセラーが運営する「親が学べば子は伸びる!親が変われば子も変わる」をスローガンに掲げる親の学校です。 経験豊富な復学支援カウンセラーや家庭教育アドバイザーが綴る今日から役立つ理論や最新の子育て論など情報満載です。 親子の笑顔のために日々情報発信をしています。

親の学校!ぶにん先生のカウンセリングルーム イメージ画像

スージー先生の記事

ブログ読者のみなさん、お待たせいたしました!スージー先生です!前回のブログ記事の続きです前回のブログ記事では、子どもが勉強に対しての捉え方をする際に日々の親御さんの声掛けも重要であるとお伝えしました。今回は、本当にその声掛けが必要なのか?という点に関して
『その声掛け、子どものやる気を無くしていますよ!◆戮硫菫

訪問カウンセラーは子どもと遊ぶだけではなく、勉強のサポートをすることもあります。子どもの性格傾向や、勉強に対する捉え方次第で【勉強のサポート】と言っても様々なアプローチをしていきます。私達はその子に合った対応とは何なのか?を毎回考えながら対応します。こん
『その声掛け、子どものやる気を無くしていますよ! 戮硫菫

モーニングセミナーIN名古屋 および 中部ペアレンツキャンプ親の会のご報告もう12月も半ばまで過ぎ、2019年が目前となってきました。ご家庭では、クリスマスやお正月の準備など親御さんはお忙しい毎日をお過ごしのことと思います。こんにちは。スージー先生です。それでは
『モーニングセミナーIN名古屋 および 中部ペアレンツキャンプ親の会のご報告』の画像

自分はちゃんとやっているのに、親が信じてくれない。こんな状況に自分が陥った時、みなさんどう感じられますか??子どもとしては、「『家族は自分の味方だ。何があっても信じてくれている。』と捉えたい」と考えている子が多いですが、実際は親の言動などから「家族は敵だ
『子どもを信じてあげましょう』の画像

子育て中の親御さんにお伺いします。子どもが病院で診察を受ける際、親御さんはどうされていますか?子どもの年齢にもよりますが、親がついて行く必要がある・ないの判断もありますし、症状を先生に伝える際に子どもに言わせる・親が言うなど対応面でも様々です。今回は、私
『病院での一コマ』の画像

支援中の親御さんから以下の様な相談を多く受けます。「うちの子、私が見ていないと宿題できないんです。」「監視されている状況下じゃないと、うちの子、集中できないんです。」ブログを読んでいる親御さんの中にもそう感じている方がいらっしゃるのではないかと思います。
『親が言わないと行動できないのは、子どものせい??』の画像

数年前から流行っている【褒める子育て】 ですが、これも一歩間違えば子どもの成長の妨げになることもあります。では、一体どのような褒め方が効果的なのでしょうか。本日はスージー先生が【褒め方】についてお話ししたいと思います。突然ですが、みなさんは普段お子さんに対
『褒め方にも気をつけるポイントがあるんです!』の画像

今回はスージー先生がPCMの中から“親の問題と子の問題を分けて考える”について発信をしたいと思います。家庭教育を学ぶ親御さんにアドバイスする中で1番お話しする内容と言えるかもしれません。それだけ、この“親の問題と子の問題を分けて考える”は子どもの自立を考え
『親の問題と子の問題を分けて考える 【理論編】』の画像

不登校を経験した子どもたちは、勉強に躓いてしまって勉強そのものがいやになってしまったり、毎日の積み重ねの宿題に取り組むことが人一倍大変に感じてしまうことがあります。私達ペアレンツキャンプの訪問カウンセラーは、勉強のスペシャリストではありません。しかし、復
『勉強の取り組み方で見えてくる子どもの性格傾向』の画像

みなさん、「反抗期」は2回あるってご存知でしたか?子育てにおいて良く耳にする「反抗期」という言葉。この言葉を聞くだけでため息が出る親御さんもいらっしゃるのではないでしょうか・・・今回は、この2回ある「反抗期」のについてそれぞれどう違うのか、親御さんはどの
『「反抗期」は2回ある!?』の画像

↑このページのトップヘ