親の学校!ぶにん先生のカウンセリングルーム

不登校(登校拒否)や母子登校などの解決を目指して! ここは「親が変われば子も変わる」をスローガンに掲げる親の学校です。 カウンセラーが綴るカウンセリング理論や最新の子育て論など情報満載。 2008年にブログを開設をし、発信し続けた情報は子育てで悩む多くの親御さんたちに元気をおすそわけし、支援を受けた多くの子どもたちが学校へと戻っていきました。   子どもの問題行動予防のための家族療法(家庭教育支援法)についても随時情報公開中!一般社団法人 家庭教育支援センター ペアレンツキャンプの家庭教育カウンセラーが行雲流水にお伝えします。

スージー先生の記事

2017年11月07日

親の期待を子どもに押し付けていませんか

一段と寒くなってきましたね。やっと秋が訪れた、いや、もう冬というところでしょうか。

ブログ読者のみなさん、こんにちは。
スージー先生です

朝晩は寒いのに、昼間は暖かいという日が多いですね
みなさん体調管理には気を付けてくださいね

連日の雨の日もやっとすぎ、大阪は晴れた日が増えてきました
日が照っているところは暖かく、日向ぼっこに最適ですね
訪問カウンセリングで伺った子どもとも、そんな話をしたこの頃です



さて、今回は親の思いをどう伝えるかについて記事を書いてみたいと思います。

当センターの支援を受けられている方や、初めてご相談いただく方と話していますと、こんな話を良く聞きます。

「うちの子、勉強を全くしないんです」
「何回言ってもやらないんですが、これって大丈夫ですか?」
「習い事を行き渋ったり、習い事の宿題をやらないんですがどうしたらいいですか?」


など様々なご質問を受けます。



このようなご相談を受けた上で詳しくご家庭の様子を聞いていると、私は次のように感じることが多いのです。
それは・・・

子どもに対して「こうあって欲しい!」、「将来困らないようにしてあげたい!」という思いが強い親御さんが多いということです。

また、親御さんも今までの経験から「もっとこうしておけば良かった」と感じられたことがあればなおのことですよね。
その思いが強い親御さんは、その思いをお子さんに押し付けてしまうケースが少なくありません

私は、この親御さんの思い自体は間違っていないと感じています。
ご自身で経験した苦労をなるべく子どもには経験させたくないなと感じるのは親御さんであれば自然なことではないかとも感じるからです



しかし、その思いを伝える手段は子どもに合わせる必要があるのではないでしょうか?



私達大人は、今まで育ってきた環境や経験からたくさんのことを学んできました。
みなさん、ご自身の学生時代を思い返してみてください

やりたくはないけど、こうした方が良い
やりたくはないけど、やっておいた方が良い
やっておいたら後が楽だな


こういったことは、今までのご自身の経験から感じられてきたのではないかと思います。
人生の中で一度は周りの人からも言われたことがあるのではないでしょうか?
しかし、周りから言われても言葉の意味は分かってもなかなか理解するというのは難しいですよね
私自身もそうでしたが、周りから言われるよりも自分で経験した方が身をもって理解できるのではないかと思われます。

また、この考え方は社会に出るとより一層重要になってきますよね。
私達大人はこの点を経験から得ることができるのです。
そして、無意識レベルで物事の先を読み、判断できるようになってくるのです

ですが、子どもはそうではない子が多いです。
勿論、物事の先読みができる子どももいますが、大人に比べるとやはりその能力は低いのではないかと感じます。
なぜなら、子どもは大人に比べると極い端に経験が少ないからです。
だからこそ、先々の「やっておいた方がいいだろう」に気づけないことが多いのです。


親御さんが、子どもに対して「こうした方がいいよ」「こうしていればミスしないよ」などと伝えるのは簡単です。
しかし、子ども自身がその言葉を理解するには自分で経験するのが1番でしょう。

人に伝える方法は、言葉で伝えるだけではありません。
実際に本人に経験させて、伝えていく方法もあります。
もしそこで、子どもがくじけてしまったり立ち止まっているのであれば、そこで初めて手を差し伸べてあげると良いでしょう。
そうすることで、有難みも感じるでしょうし、何よりも子どもが身をもって経験しているので理解しやすい状況にあるのではないかと思われます。
手を差し伸べる際も、答えを教えるのではなく、ヒントを与えてあげてそれを元に子ども自身が答えを導き出せるといいですね

親御さんから見ていると、子どもはいつになっても頼りないものかもしれません。
しかし、そこを「うちの子はできるんだ」と信じて見守ってあげることも大事な親の役目かと思います。

子どもの年相応の自立を促すためにも、それぞれの年代、正確に合った伝え方をするように心がけていきましょうね

それでは、また次回のブログ記事でお会いいたしましょう


スージー先生

↓皆さんの応援のもとブログ発信が出来ております!
こちらをポチッと
応援宜しくお願いします♪(1日1回クリックを!是非ともよろしくおねがいいたします)↓
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ   



parentscamp at 08:52|Permalinkmixiチェック

2017年08月25日

親御さんの気持ちをお子さんにしっかり伝えていますか?

ブログ読者のみなさんこんにちは
スージー先生です
前回の続きです。


前回書かせていただいたようなケースであれば、
「せっかくお母さんが頑張って掃除機をかけた部屋をこんなに散らかされてお母さんとても悲しいわ。」
と悲しい気持ちをしっかりと伝えるようにしましょう!


ここで重要なのが悲しい気持ちを言葉だけでなく表情や雰囲気で伝えることです。
つまり、ノンバーバルコミュニケーションを使って伝えるということです


どうしてノンバーバルコミュニケーションが必要になるのか?ですが・・・
これはきちんと心理学でも解明されていることなんです


アルバート・メラビアンという心理学者が提唱しました。

まず、人と人が顔を直接合わせるフェイス・トゥ・フェイス・コミュニケーション基本的には3つの要素がある。
その要素とは、
言語
声のトーン
身体言語

です。

そして、これらの要素はメッセージに込められた意味・内容の伝達の際に占める割合が違うのです
その割合は・・・
言語(話の内容)→7%
声のトーン(音声や口調)→38%
身体言語(表情やボディーランゲージ)→55%

だったのです。

そして、効果的に自分の感情を伝える場合には、これら3つの要素を使い伝えたい感情(メッセージ)を正しく伝えるように支え合う必要があるのです。つまり、3つの要素は一致する必要があるということなんです

これらの要素が一致していない場合、メッセージを受け取る受け手は不快な思いをすることになります。


ここでポイントになるのは、単に事実のみを伝えたり要望をしたりするコミュニケーションの場合は無関係ということです。
つまり、感情や態度の伝達を扱う場合にノンバーバルコミュニケーションを使うとより有効的に相手に伝わりやすいということなんですね


当センターのメソッドであるPCM(ペアレンツカウンセリングマインド)にもこれは書かれてあります。
【悲しい時は悲しい顔で、嬉しい時は嬉しい顔で】です。

この仕組みを知れば親御さんが子どもに感情を伝える際に、ノンバーバルコミュニケーションが必要な理由が分かりましたか??


ノンバーバルコミュニケーションを上手く使って、親の気持が伝わらないストレスから解き放たれましょう


スージー先生

↓皆さんの応援のもとブログ発信が出来ております!
こちらをポチッと
応援宜しくお願いします♪(1日1回クリックを!是非ともよろしくおねがいいたします)↓
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ   


parentscamp at 10:00|Permalinkmixiチェック

2017年08月22日

親御さんの気持をお子さんにしっかり伝えていますか?

ブログ読者のみなさん、こんにちは
スージー先生です

8月ももう後半
みなさんはどのような夏休みをお過ごしでしょうか?
私はお祭りに行ったり、花火大会や海にも行きました
えぇ、えぇ、夏を満喫しました


さて、まだまだ現実から目を背けたい気持ちでいっぱいですがそろそろお仕事をしないといけませんね…
それでは、本題に入りましょう

今回私がお話しするのは【ノンバーバルコミュニケーション】についてです。

ノンバーバルコミュニケーション??
なんだそれは??

と思われた方もいらっしゃるかと思いますので、説明しますね

ノンバーバルコミュニケーションとは、非言語コミュニケーションのことです。
非言語コミュニケーションとは、表情、姿勢、身振り、手ぶりなど身体によるコミュニケーションでボディ・ランゲージ(身体言語)とも言われています。

それとは逆に言われているものがバーバルコミュニケーション=言語的コミュニケーションです。
つまり、私たちが普段会話によるコミュニケーションを行っているものです。


今回私がこのテーマを選んだ理由は、このノンバーバルコミュニケーションが時にはバーバルコミュニケーションと同じぐらい重要になってくるからなんです

えっ、どういうこと??
とみなさん思われた方もいらっしゃるでしょう・・・


支援を通じて親子の会話を見ていると、親御さんがお子さんに対して一生懸命伝えようとしているのになかなか伝わっていないなと感じることが多々あります。
親としてお子さんには伝えたいことがたくさんありますよね。
分かって欲しいからこそ色んな角度から説明するをするものの、こちらが思っている程伝わっていないことってありませんか??

例えば・・・

片付けをしない子どもに対して親が
「いい加減に片付けなさい!!」
と言ってしまう。


今回は上記のパターンを挙げて説明してみたいと思います。

みなさん想像してみましょうみなさんのご家庭でもこのような状況に陥ったことはないでしょうか?
自分の部屋やリビングをなかなか片付けない子どもに対して親が我慢しきれずに言ってしまったパターンですね
ぐっとこらえていたものが爆発したイメージでしょうか。
つまり、親の感情をそのまま子どもにぶつけてしまっているという状況です。

部屋をなかなか片付けない子どもに対して親が我慢していた怒りの感情をぶつけてしまっても、結果、子どもがすんなり動くことは少ないように感じます。
もしすんなり動いたとしても、それは親の怒りの感情による支配から動くことがほとんどですので、子どもの反感は増していきがちです。

そもそものところを、考えてみると「片付けをしないこと」に対して親御さんは怒りの感情を抱いていたのでしょうか?
実は、片付けてくれない子どもに対して「どうして家族を想って片付けられないんだろう」「少しは私(親)の負担を考えてほしい」「片付けくらいはできるようになってほしいのに」といった悲しい感情を抱いていたという可能性があります。
先日のペアレンツキャンプサマーモーニングセミナーでもお話をしましたが、「怒り」というのは二次感情と言われます。

例えば、親が何度も声掛けをしているのに子どもが動く気配がない状況を見て「自分をないがしろにされて悲しい」といった気持ちから、徐々に状況が思い通りにいかないことにイライラしてきて、マイナスの感情が積り怒りの感情へと変わっていくというイメージです。


ですので、今回の例で挙げた掃除のケースについては、親が子に伝えるべき感情は【怒り】ではなく【悲しみ】が正解です。

では、どう伝えるのが効果的か?
…という点についてはまた次回ブログ記事にて書かせていただきますね

スージー先生

↓皆さんの応援のもとブログ発信が出来ております!
こちらをポチッと
応援宜しくお願いします♪(1日1回クリックを!是非ともよろしくおねがいいたします)↓
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ   




parentscamp at 09:30|Permalinkmixiチェック

2017年06月19日

今一度、ご自身の子育てを見直してみませんか?

ブログ読者のみなさん、こんにちは
スージー先生です


先日、事務所に居るメンバーでお昼に薬膳カレーを食べに行きました
そこは激辛カレーがあるお店で、辛いのが大好きなまいどん先生やきりこまち先生は辛さUPをして食べておられました。
私は、そこまで辛いのが得意な方ではありませんし、薬膳カレーを食べるのは初めてでした
初めての薬膳カレーは、今までに食べたことのない味で癖になりそうでした
辛いのが苦手なカケル先生は辛さ0でもヒーヒー言っていました


さて、今回は「家庭教育支援コース」についてご紹介したいと思います

当センターでは、全国の親御さんからお子さんに対するご相談メールをたくさんいただきます。
送っていただいたメールに関しては、一つ一つ丁寧に返事を返しております
私もいただいたメールに返事をすることがありますが、やはり登校に対して影響が出てからでないとなかなか相談されないことが多いなと感じます。
勿論、問題意識の高い親御さんは、子どもの変化に気づき登校に変化が出る前段階でご相談される方もいらっしゃいます。

しかし、支援の中で「もう少し早く気づいてあげていれば、こんなにも苦しい思いをさせなかったかもしれない」と感じてしまう時もあります。
どうしても状況が悪くなってから立て直すとなると相当な時間や労力が必要となってまいます。
そうならない為にも、状況が悪くなってしまう前に予防的な対応をしていく必要があるのではないかと思います。

近年、ご家庭での対応が過干渉・過保護な対応をされているご家庭が多いように感じます。
過干渉・過保護な対応をご家庭でされている子どもは、
・親御さんに対する依存が強い
・怒られること・失敗することを極端に嫌がる
・我慢力が年相応にない
・嫌なことから逃げようとする傾向が強い                    etc…

等の性格傾向が多く見受けられます。

このような性格傾向にある子どもにとっては、家庭と学校との間にギャップを感じてしまうことが多いようです。
学校生活で家とのギャップを感じてしまう子どもは、初めは具体的に「給食が食べられなくて嫌だ」「先生に叱られるから嫌だ」「宿題ができていないから不安だ」等の不安を言うことが多いように感じます。
しかし、それが徐々に「嫌だなぁ」「怖いなぁといった漠然な恐怖へと変化してしまうことが多く見受けられます。

このようなプロセスを子どもに歩ませないようにする為には、家庭の過干渉・過保護な対応を変えていく必要があると当センターでは考えます。

ここまで読んでいただいて、「そうだ、そうだ」と感じられたそこのお父さんお母さん
当センターには、予防的な対応を親御さんが学ぶお手伝いをするコースがあるのです

それは「家庭教育支援コース」です。


「家庭教育支援コース」は、予防的な家庭教育を親御さんが学ぶコースとなっております。
予防的な家庭教育となりますので、登校が安定されているご家庭を対象に支援を差し上げております。
家庭の中でいかにお子さんの自立を促し、社会性を身に付けさせるかを考えます。
過干渉対応の線引きなどを明確にし、親御さんの学びを深めるコースです。
大人版のチャレンジのような通信講座とご想像いただければ分かりやすいかもしれません。
親御さんが対応を学んでいただくコースですので、いきなり変化が現れるものでもありません。
いわゆる特効薬のようなものではなく、漢方のようなもので家庭の体質改善をして徐々に効果が表れてくるというコンセプトです。


ただし、「家庭教育支援コース」はあくまで親御さんの学びに主眼を置くもので1人での登校や復学が目的ではありません。
ですので、復学についての具体的なアドバイスが欲しいとお考えの方は、「復学支援コース」をご希望される方が良いと思われます。


もうすぐしたら、夏休みに入りますよね。
当センターでは、毎年GW明けや夏休み明けに支援のご相談が集中します。
長期休みの前から、学校を嫌がる素振りや学校をお休みしていたのにも関わらず、「休み明けの様子を見てから判断しよう」と考える親御さんが多いようです。
長期休暇が明けてから支援を開始された親御さんは、みなさん口をそろえて「もう少し早く支援を受けていれば良かった・・・」と仰います。

そうやって後悔をする前に、今一度子どもに対する子育てを見直してみませんか?
このブログ記事を読んで、「支援について聞いてみたい」や「私の対応はどうだろう」と思われた方がいらっしゃいましたら、お気軽に当センターのご相談フォームからお問い合わせください。
ホームページには、「家庭教育支援コース」と「復学支援コース」のコース内容についても詳しく記載しております。
そちらも合わせてご覧ください

当センターのホームページ
※現在家庭教育支援コースの支援枠が残りわずかとなっております。
ご興味をお持ちの方はお早めにご相談ください。



それでは、次回のブログ記事にておあいいたしましょう
スージー先生

1日1回クリックを!是非ともよろしくおねがいいたします
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ


parentscamp at 10:00|PermalinkTrackBack(0)mixiチェック

2017年06月07日

それゆけ★スージー先生‼ part

ブログ読者のみなさんこんにちは。
スージー先生です

気が付けばもう、6月ですね
先月末から日中は暑いと感じる日が増えてきたように感じます
今からこの暑さだと、夏本番はいったいどうなるんだろう・・・
と私は不安でいっぱいです
みなさん、まだ夏本番ではありませんが紫外線対策や熱中症対策はしっかりしてくださいね

(1日1回クリックを!是非ともよろしくおねがいいたします)↓
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ  

今回の『それゆけ★スージー先生‼』では、支援をご卒業される方の最終の訪問カウンセリングの様子を書きたいと思います

支援を開始した当時は小学校中学年だったお子さん。
2年ほどの支援期間を経てこの間支援をご卒業されました。
支援のご卒業は喜ばしいことです
しかし、子どもと二人三脚で頑張ってきた私としては少し寂しい気持ちにもなります・・・

復学支援コースでは、訪問カウンセラーがご家庭にお伺いしているケースですと支援終盤になってくるとともに訪問カウンセリングの回数は少なくなってきます。
訪問カウンセラーがいつまでもお子さんの訪問カウンセリングを行っていると、いざという時に自分の力やご家庭内でのやりとりによって乗り越えていくことが困難になりがちです。
訪問カウンセラーがいなくても、子どもたちやご家庭には問題や課題を乗り越えていただきたいため、徐々に訪問カウンセラーの介入度合を薄くしていきます。
支援ご卒業までにフェードアウトしていくイメージです。

今回ご紹介させていただくケースでは、お子さんは何をするにもお母さんに確認しなければ動けない子でした。いわゆる、母子依存の強い子だったのです。
よく訪問カウンセリングの場面で「ママ〜これどうするの?」と確認している様子を私も何度も見ていました。
そして、よく泣いて訪問カウンセラーである私や他の先生にも甘えていました。

復学してからも、様々な困難を乗り越えよく頑張っていたと思います。
最終の訪問カウンセリングに伺った際、前回の訪問カウンセリングを行った日から半年ほど経っていました。私も彼に会うのが楽しみで、どれぐらい成長しているのかワクワクしながら伺いました

半年前にお子さんと会った時と比べて、肌がかなりこんがり焼けていました。
その肌から毎日学校に行き、楽しく遊んでいる様子が伺えました
学校に行きたくないと何度も渋っていた子が、学校のあいさつ運動の係に自ら志願したそうです
あいさつ運動の係は、毎朝みんなよりも早くに学校に行って校門で登校する生徒に対して挨拶をするというお仕事をするそうです。

これだけでも学校で楽しく過ごしている様子が見受けられましたが、私から「学校どう?」と聞いてみました。
すると、彼は「楽しいと元気よく言ってくれました

それを聞いて私の中で込み上げてくる感情がありました
こんなにも人は変わることができるのだということにも改めて気づかせてくれました。
恐らく、ここまで来るのに彼の中で相当な葛藤があったことでしょう。
実際に登校が安定しない時期がありましたし、何度も私達から彼に話をしました。
結果、お休みすることがあっても彼は諦めずに頑張って登校し続けました
次第に学校に行くことにも慣れ、友達を思いやる余裕まで生まれてきたのです

今の彼であれば、何か困った時に自分の力だけで乗り越えられるのではないかと思われます。
もし、彼の力だけで乗り越えられなかったとしても、家族の手助けがあれば何とかできると思います。

彼が過去を振り返った時に「あの時頑張って良かった!」と思えるようになっていればいいなと願いながら、最後の訪問カウンセリングを終えました。


ということで、今回の「それゆけ★スージー先生‼」では小学生低学年の男の子のケースをご紹介いたしました(親御さんにはブログ記事にさせていただくことをご了承いただいております)
今回ご紹介したケースはいかがでしたでしょうか?
また、次回の更新を楽しみにしていてくださいね

スージー先生
 
↓皆さんの応援のもとブログ発信が出来ております!
こちらをポチッと
応援宜しくお願いします♪(1日1回クリックを!是非ともよろしくおねがいいたします)↓
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ  

parentscamp at 09:18|PermalinkTrackBack(0)mixiチェック