親の学校!ぶにん先生のカウンセリングルーム

不登校や母子登校などの解決を目指して! ここは「親が変われば子も変わる」をスローガンに掲げる親の学校です。 カウンセラーが綴るカウンセリング理論や最新の子育て論など情報満載。 2008年にブログを開設をし、発信し続けた情報は子育てで悩む多くの親御さんたちに元気をおすそわけし、支援を受けた多くの子どもたちが学校へと戻っていきました。家庭教育支援センターペアレンツキャンプの家庭教育カウンセラーが行雲流水にお伝えします。

ぶにん先生の記事

完璧な親なんていない

ぶにん先生です。みなさんこんにちは

今年も支援だけではなく、講演会のご依頼を全国各地から頂いております。
保護者対象、議員対象、支援者対象など対象も様々で、内容面でも家庭教育や不登校だけではなく、政策セミナーなど様々です。
また最近ではチーフ家庭教育アドバイザーのまいどん先生への指名も増えてきております
詳細は当センターHPの講演会情報をご覧ください。

私たちの商務はどうしても支援が中心となりますので、講演会のご依頼をされる方はお早めにお問い合わせをお願いします


今回は、講演会の中で参加者の方から質問されたことについてお話をしたいと思います。
それは
「完璧な親とは?」というご質問。


いきなり結論ですが・・・

この世の中に完璧な親なんて存在しません
そして完璧な子どもなんてものも存在しません


どんな親でも負の感情の波や、性格的な短所があるはずです。

私自身を振り返ってみても自分の子どもに対して感情的になってしまうことがあります。しかもその要因が子どもにあるのではなく、家の外で起こったものなのに。

どんな親でも365日24時間、コンビニのように一定の対応を保つのは子育てにおいては不可能ですし、時には愛しているはずの我が子に酷い言葉を使ってしまう時があります。

そのような失敗をしたからといって親として失格なのかと言えば私の答えはNOです


親と言えど神様でも仏様でもないわけで、感情を持った人間です。

子育てが人生の全てでもなく、家庭以外で嫌なことを経験したり悩みを抱え込んだりするわけです。職場で上司に小言を言われたり、お友達づきあいで何かもつれがあったり・・・それが普通なのです。
家庭教育の専門家と呼ばれる私も同じです。むしろ専門家であるがゆえに我が家の家庭教育の難しさを逆に痛感することもあるくらいです。

親子の間にちゃんとした信頼関係や愛情と言われるものがあれば、親は反省して親として成長していきます。子どももそのような親の姿勢を理解しようとします

子どもを生んだ瞬間からとても重たく、そして高貴な使命を親は帯びるわけですが、誰からも親はその親の勉強を教えてもらうことはなく、親の免許をとって親として認定されるわけではありません。参考にできるのは自分がどう育てられたかの記憶くらいです。
しかもそれも時代背景が変われば正しいかどうかが変わるあやふやなものです。

開き直ってくださいというわけじゃないですが、そんな背景があるので、親としてミスをするのは当たり前。

時には子どもの寝顔に涙を流して謝る夜もあることでしょう。でもそのような悪い対応を継続的に行わないように反省して子どもと共に成長できれば、私は親としてOKなんじゃないかと考えています

真面目な親御さんほど、子どもに完璧を求めすぎ。
完璧な子どもなんているはずもありません。
子どもは様々な失敗を経験して成長していきます。完璧だったらそんな失敗すらも否定しなくちゃいけなくなります。

親も子も失敗から成長します。

一緒に失敗しながら成長していけばいいのです。子育ては親育て。



今日はそんな家庭教育支援のカウンセリングの話でした



ぶにん先生(代表理事 水野達朗)

(↓支援にご興味がある方はこちら↓)
share_tmp

(下のバナーをポチッと応援お願いします
 
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ

平成最後の夏。一生で一度きりの夏

ぶにん先生です
災害級の暑さといわれているこの夏。皆様いかがお過ごしでしょうか

私はすでにこの夏だけでかき氷を10回は食べましたね。
あ。知ってました?
かき氷って色々な味がありますが、実はあのシロップは香りと色が違うだけで味は一緒の様です。
目をつぶり、鼻をつまんで食べると、イチゴ味もレモン味もブルーハワイでさえも同じ味なんですよね。不思議なものです

きのうから夏の風物詩でもある夏の甲子園が開幕しました。
今回の大会は記念すべき第100回記念大会です

私は大阪の大東市という所に住んでいます。

大東市?聞いたことがないというあなた。
この大東市には甲子園の時には結構注目されるのです。それはなぜか?

実は大阪桐蔭高校があるのが大東市なのです。

私は大東市で子育てをしながら、教育委員会の教育委員もしておりますので、お里自慢じゃありませんが、「今年の桐蔭は過去最強!」とかニュース番組で取り上げられると「そやろそやろ」と特に自分は大阪桐蔭高校と直接的なかかわりはありませんが嬉しくなるものです。

さて、今回の夏は甲子園だけではなく、タイトルにも書いたように特別な夏です。
そうです。平成最後の夏なのです。こう書くと、この夏の貴重さ加減がアップしませんか

子どもの頃にはあれだけ過ぎ去る夏を惜しみ、夏の楽しさをかみしめていたのに、大人になり、結婚をし、仕事に子育てを日々奮闘していると、過去3年間くらいの夏の思い出が混同してしまって思い出せなかったりしませんか。
「あれ?去年の夏休みは家族でどこ行ったっけ、その前の年は。ま。いっか」みたいな・・・

甲子園だって別に100回記念大会であろうが、いつもの甲子園と比べて正直たいして変わりません。平成最後の夏と言われても、実際のところ意識しなければ5年もすれば平成最後の夏と平成29年の夏との違いはなかなか思い出せなくなるのかなと思います。意識しなければね。

そう考えると、限りのある人生ですので、無駄に時間が流れ、終わってから思い出せなくなるよりかは、何かにつけて「平成最後の夏」とか「結婚20周年の夏」とか毎年、家族全員で夏にタイトルを付けておくと、その夏を有意義に過ごそうという気持ちが高まりますし、記憶に残る夏になるかもしれませんよ

私の家などでも、家族でホケ〜っとだらけていると

「平成最後の夏だし、ここは外食をしよう」
「平成最後の夏だし、みんなで夏祭りに行こう」
「平成最後の夏なのに、宿題をせずに溜めていいのか?」
「この夏は一生に一度の夏なんだぞ」


などというと、子どもたちや嫁さんの士気も高まり(たぶん)、行動につながっているように思えます

この前、小3の娘などは夕陽を見ながら「平成最後の夕陽きれいやなぁ」と独り言を言ってました。
父親の私からすれば「よしよし。これはお父さんと夏祭りに行って夕陽を見たことが平成最後の夏にリンクしていつまでもこの時を覚えておいてくれるのでは?」なんて思います。

ということで、平成最後の夏、一生に一度の夏。

ブログ読者の皆さんはどうやって過ごしますか。
支援者の思いとしてはぜひ家族で楽しみながら子どもたちの自立を育めるよう家庭教育を実践していただきたいなと思います

ほんと、暑い日が続きますので皆さん、熱中症には注意しながらご自愛くださいね


ぶにん先生

(↓支援にご興味がある方はこちら↓)
share_tmp

(下のバナーをポチッと応援お願いします
 
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ

大阪北部地震の影響【お知らせ】

先日、ブログでもお知らせしましたが、その続報です。


過去に支援を差し上げた皆様からも多くのご心配のお声をいただきましてありがとうございます。

当センターの大阪本部は震度6弱を計測した大阪市北区にありますが、結果としては大きな被害はありませんでした。

本棚が倒れて壊れてしまったくらいでした。またカウンセラーやスタッフにも被害はなく、支援中の皆さんからも大きな被害の報告は聞いておりません。

ですので、現状は当センターとしては大きな問題がなく、すでに昨日より通常業務になっております。
ご心配をおかけいたしました。


今回の地震により尊い命が失われた方々もいらっしゃいます。
お悔やみ申し上げます。


まだまだ余震などの可能性もあるとのことですので、引き続き、防災・減災の意識を高めていきたいと思っております。


以上、ご報告となります。



        一般社団法人 家庭教育支援センター ペアレンツキャンプ
                代表理事   水野達朗

クライエントさまへのご連絡

本日、午前8時頃に大阪で大きな地震がありました。

大阪本部がある北区では震度6弱を計測しております。

各カウンセラーは朝対応等のため、全員が事務所に出社前でしたのですぐに全員の安全確認ができています。

しかしながら、交通機関が完全にストップしている影響と、事務所のエレベーターが停止している影響等でまだ大阪本部の内部状況は確認できておりません。また本日の支援再開の目途も立っておりません。

また大阪への電話は現在繋がりにくい状況となっております。

本日の電話カウンセリングにつきましては、そのような状況ですので安全確認や機能的な復旧状況が済み次第、順次対応をさせていただく予定です。

どうぞご理解のほどよろしくお願いいたします。


        一般社団法人 家庭教育支援センター ペアレンツキャンプ
                代表理事  水野達朗

サンケイリビング新聞社の取材を受けました。

ぶにん先生です。

新学年が始まり、全国各地から不登校のご相談が増えてきています。

環境変化が激しい春
ここでつまづいてしまう子どもたちが多いわけですが、ケースを紐解くと「環境適応力」に課題がある子が散見されます。
新たな友達関係。面識のない先生。経験のない授業。はじめての行事などなど・・・

環境適応力が低いことが原因で不登校になってしまう子たちは、幼いころから次のような行動があります。

小さいころから親の近くから離れたがらない。
知らない子たちが遊んでいる輪に入っていけない。
新しいことにはチャレンジしたがらない

などなど。
この環境適応力というのは生物学的な進化論で考えても重要視されています。
というのも今の世の中で生き残っている種は様々な環境の変化に適応した結果、今のスタイルで生き延びているとも言えますので、環境適応力の低い種は絶滅してしまう訳です。

そんな壮大なビジョンで考えると、子育てで親が子どもに幸せに生きていってほしいと願うのであれば、この環境適応力は、子どもたちに身に付けさせたい力として重要視しなければならないと言えるのではないでしょうか。
私たちペアレンツキャンプの家庭教育支援ではまさにそのような能力を開発するためのメソッドを提供しております。


さて、タイトルにもありますが、先日、不登校の子どもたちの居場所づくりを支援している団体を紹介するサンケイリビング新聞社の『保護者のための学校選び』という冊子の巻頭インタビューの取材を受けました。

不登校になった時、すべての子どもたちが学校へ戻ることを考える時代ではなくなりました

学校が全てではありませんし、様々な教育機会の確保は大切です。こちらの冊子はまさにそのような学校以外の居場所を保護者に知っていただくためのものです。

私自身は復学支援の専門家ですし、社会の縮図である学校に適応できる力を育んだ上での不登校児の学校復帰を目指して日々活動をしております。ですので、復学支援の専門家がこのような学校以外の居場所づくりの活動をされている冊子のインタビューというのはかなり珍しい光景となりました。

復学支援の立場から、学校復帰の優位性を語ったうえで、不登校の子どもたちの居場所づくりの拡充にも意見を述べさせていただきました。

まだまだ議論と改革が必要な不登校支援。しっかりとパイオニアとして、オピニオンリーダーとして発信していく機会をこれからも作っていこうかと思っております。

ぶにん先生

こちらをポチッと応援宜しくお願いします♪(1日1回クリックを!是非ともよろしくおねがいいたします)↓
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ  


プロフィール

ぶにん先生

不登校児童の訪問カウンセラーとして多くの不登校の小中学生と関わり、復学へと導く。不登校の解決法として家族関係の重要性を説き、水野式の家庭教育メソッドである「PCM」を構築。「家族と子どもの自立」を第一に考え、全国の親子をサポート。不登校の復学支援や家庭教育に関する講演会も精力的に行っている。

現在、家庭教育支援センターペアレンツキャンプ代表理事として全国からの家庭教育相談や復学支援を展開している。著書多数。

【主な著書】
・『無理して学校へ行かなくていい、は本当か』
・『ころんでも立ち上がれる子はあなたが育てる』

当カウンセリングルームは2003〜2005年までMSNブログにて開設されていた「ぶにん先生のカウンセリングルーム」の2代目として開設された情報発信型カウンセリングルームである。


家庭教育に興味のある親御さん、お子さんのことでお悩みの親御さんなど皆さんの憩いの場になればと思います。

お子さんのことでお悩みのかたは家庭教育支援センターペアレンツキャンプまでお気軽にご相談を。

ご相談はこちらまで
不登校からの復学支援
  一般社団法人  
家庭教育支援センター
 ペアレンツキャンプ  

学校への行き渋りでお悩みの親御さん、家庭力で乗り越えましょう。親が変われば子も変わる!おひとりで悩まずまずはご相談を。
にほんブログ村参加中!クリック投票おねがいします。
                にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ

親の会のご紹介
関東ペアレンツキャンプ親の会
みかんさんによる関東ペアレンツキャンプ親の会ブログ。小学2年生の時に不登校になった息子さんと娘さんとの日常生活についての笑いあり涙ありの日記。息子さんの不登校からの復学についての考察、情報発信を主にされています。


Archives
訪問者数
  • 累計:

ブログランキング参加中
人気ブログランキングへ
記事検索