親の学校!ぶにん先生のカウンセリングルーム

不登校(登校拒否)や母子登校などの解決を目指して! ここは「親が変われば子も変わる」をスローガンに掲げる親の学校です。 カウンセラーが綴るカウンセリング理論や最新の子育て論など情報満載。 2008年にブログを開設をし、発信し続けた情報は子育てで悩む多くの親御さんたちに元気をおすそわけし、支援を受けた多くの子どもたちが学校へと戻っていきました。   子どもの問題行動予防のための家族療法(家庭教育支援法)についても随時情報公開中!一般社団法人 家庭教育支援センター ペアレンツキャンプの家庭教育カウンセラーが行雲流水にお伝えします。

きりこまち先生の記事

2017年05月18日

無料支援説明会残席残り僅か!

みなさんこんにちは
きりこまち先生です

今回は間近に迫りました「ペアレンツキャンプ無料支援説明会」の残りのお席についてのご案内です

先日の説明会告知記事以降たくさんのお問い合わせをいただきました
ありがとうございます

少人数での開催のため、5/21の説明会についてはお席の数が残り1席となりました
参加をご希望の方はお早めにお問い合わせくださいね


   「ペアレンツキャンプ無料支援説明会」

〇参加費
・無料
※本説明会は少人数での開催を予定しております。参加者が上限に達した時点で募集は締め切らせていただきます。

〇参加方法
・下記リンクにアクセス頂き、「ご相談内容詳細」欄に「支援説明会参加希望」とご記入ください。
【無料支援説明会参加申し込みフォーム】

〇対象
・よりよい子育てに対して情報をお求めの方
・お子さんの学校への行き渋り等でお困りの方
・お子さんの不登校でお困りの方(不登校期間半年程度までの小中学生)
※お子さんの参加は不要です。

〇日時及び会場
・5/21(日)
「サローネ西九条」JR西九条駅(大阪駅から3駅)より徒歩1分 会場アクセス
受付開始 13:15
説明会  13:30〜14:30

残り1席

・6/10(日)
「smile」 JR塚口駅(大阪駅から1駅)より徒歩1分 会場アクセス
受付開始 14:15
説明会  14:30〜15:30

〇内容
・お子さんの不登校についてお悩みの親御さんに向けた
「不登校とは?のご説明」
・ペアレンツキャンプの支援をお考え中の親御さんに向けた
「ペアレンツキャンプ支援のご説明」
・親御さんからの疑問にお答えする
「質疑応答」

当センターの説明会は、日々不登校のお子さんやその親御さんに対してのカウンセリングを行っているカウンセラーが説明会を担当しています。
ですので、その場でお答えできる範囲のご質問にはお答えさせていただきます。

※説明会は、40分程で様々な情報をお伝えし、残り20分は質疑応答時間を設けます。
全体約60分を予定しております。

新学期以降、家庭教育支援コース、復学支援コース共に支援枠が徐々に埋まってきつつある状況ですので、説明会へのご参加に関わらず、支援を検討中の方はお早めにご相談いただければ幸いです。

きりこまち先生(辻貴紀)

↓皆さんの応援のもとブログ発信が出来ております!
こちらをポチッと応援宜しくお願いします♪(1日1回クリックを!是非ともよろしくおねがいいたします)↓



にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ







parentscamp at 12:23|Permalinkmixiチェック

2017年05月07日

ペアレンツキャンプ無料支援説明会のお知らせ!

皆さんこんにちは
きりこまち先生です
今回は
「ペアレンツキャンプ無料支援説明会」のお知らせです

4月は小、中学生問わず、年間で最も不登校の生徒が増える時期と言われています。本ブログでも度々ご紹介してきましたが、新小学生の「小1プロブレム」、中学生の「中1ギャップ」など、不登校が起こりえる状態にはそれなりの背景があります

【参考URL】
小1プロブレムを知ろう!

中1ギャップによる不登校からの復学事例


もちろん、進学のタイミングだけに関わらず、進級時の環境変化に不適応を起こしてしまうケースや、「4月からは学校に行く」と話していたのに、結果的に登校を果たせず復学のきっかけを失ってしまったケースも多々あります

【参考URL】
新学期になったら登校できると思ったのに・・・

お子さんの不登校について、まずは公的な機関にご相談いただく親御さんがほとんどだと思います。
しかし、そこでの支援内容に不安や疑問を抱かれる親御さんも多いようです。
不登校になったら子どもが自ら登校することをひたすらに待つべきなのか、あるいはなんらかの働きかけをしていくべきなのか、これは多くの親御さんが悩まれているポイントです

しかし、どういった判断を下すか迷おうにも
「何を判断基準にしたらいいか分からない!」という声を多々お聞きします。
「不登校」と一口にいっても本やHPなどで見る他のケースと我が子は全く一緒のケースなのだろうか、同じ対応で学校に戻ることができるのだろうか、そもそも学校に戻してやることが正しいのだろうか、様々なお悩みが渦巻いているのではないでしょうか。

ペアレンツキャンプではそういったお悩みを抱える親御さんからの「専門家からの意見が聞きたい」、「子どもの人生をかけた相談なので、直接お話が聴きたい」、といった声にお応えする形で今回の説明会を開催する運びとなりました


       「ペアレンツキャンプ無料支援説明会」


〇参加費
無料
※本説明会は少人数での開催を予定しております。参加者が上限に達した時点で募集は締め切らせていただきます。

〇参加方法
・下記リンクにアクセス頂き、「ご相談内容詳細」欄に「支援説明会参加希望」とご記入ください。
【無料支援説明会参加申し込みフォーム】


〇対象
・よりよい子育てに対して情報をお求めの方
・お子さんの学校への行き渋り等でお困りの方
・お子さんの不登校でお困りの方(不登校期間半年程度までの小中学生)
※お子さんの参加は不要です。

〇日時及び会場
・5/21(日)
「サローネ西九条」JR西九条駅(大阪駅から3駅)より徒歩1分 会場アクセス
受付開始 13:15
説明会  13:30〜14:30

・6/10(日)
「smile」 JR塚口駅(大阪駅から5駅)より徒歩1分 会場アクセス
受付開始 14:15
説明会  14:30〜15:30

〇内容
・お子さんの不登校についてお悩みの親御さんに向けた
「不登校とは?のご説明」

・ペアレンツキャンプの支援をお考え中の親御さんに向けた
「ペアレンツキャンプ支援のご説明」

・親御さんからの疑問にお答えする
「質疑応答」


当センターの説明会は、日々不登校のお子さんやその親御さんに対してのカウンセリングを行っているカウンセラーが説明会を担当しています。

ですので、その場でお答えできる範囲のご質問にはお答えさせていただきます。

※説明会は、40分程で様々な情報をお伝えし、残り20分は質疑応答時間を設けます。
 全体約60分を予定しております。

支援の説明会を受けていただいた後、支援について興味を持っていただけた方については個別での面談カウンセリング予約をしていただくことも可能ですので、お気軽にご相談くださいね。

きりこまち先生(辻貴紀)


↓皆さんの応援のもとブログ発信が出来ております!
こちらをポチッと
応援宜しくお願いします♪(1日1回クリックを!是非ともよろしくおねがいいたします)↓
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ   




parentscamp at 09:00|PermalinkTrackBack(0)mixiチェック

2017年04月25日

復学したらもう学校を休まない?

ようやく春を感じさせる風が時折頬を撫でていくようになりました。
まだまだ寒さは残るものの、暖かな季節の到来を肌で感じる今日この頃。
ブログ記事読者の皆さんこんにちは。きりこまち先生です

今年もペアレンツキャンプで支援中のお子さんが多く卒業、入学を果たしていきました
その中にはもともと不登校だったお子さんも多く、親御さんからは「まさかこんな日が本当に来るとは思いませんでした!」と喜びの声が多く寄せられています

本当におめでとうございます

しかし、そういった親御さんの喜びの声と同時に不安の声も聞こえてきます

ズバリ

「不登校を一度克服したら、もう学校を休むことはないのでしょうか?」

という声です。

先に答えを出しますが、残念ながら答えはNOです。

勿論、中には支援を受けて復学後1日もお休みすることなく継続的に登校をしてそのまま支援をご卒業されるケースもあります。
しかし、多くのケースでは復学を果たし、長い不登校期間を乗り越えたにも関わらず再びお休みをしてしまいます

これは学校に通うようになれば「学校に通っているからこそ抱える悩み」が生まれるためです。
勉強の遅れを取り戻さなければいけない、友達とうまく付き合いたい、朝起きるのが辛い等々理由は様々です。

そして、この進級、進学の季節は今まで不登校を経験したことのないお子さんも新たに学校をお休みすることが多くなる季節です。
クラスや先生が変わったり、そもそも学校自体が変わることによる「環境の変化」が大きな要因です。

しかし、こういった「学校に通っているからこそ抱える悩み」や「環境の変化」に適応し、乗り越えていくことこそ本当の自立に繋がると私達は考えています。
 
つまり、不登校からの「復学」はあくまでも通過点です

1日だけ、どんな形でもいいから学校に行かせることが目的なのであれば、案外、簡単にその目的を果たせるようなケースも私達が支援を行う中にはあります。
しかし、それだけでは本来の意味での復学支援とは言えません。
本当に大変なのは復学そのものではなく、継続登校のサポートです。
つまり、子どもが継続登校の中で抱えた課題に対して、信頼関係をもって対応できる訪問カウンセリングですね


不登校中に抱えていた内的な問題、外的な問題をサポートすることで子どもたちは学校へ行く意思を明確に持ち、復学を果たします。
しかし、実際に学校に通い続けると先ほどの例のような様々な課題を子どもたちは抱えます。その結果、課題を乗り越えられなかった時には学校をお休みしてしまいます。これは想像に難くないかと思います。

そのままお休みが継続してしまうと元の不登校の状態に戻ってしまいますので、私たちは

「復学後に学校を休む = 子どもの中での課題が見つかる」

とポジティブに捉えるようにしています。

そしてその課題を明確にカウンセラーと親、そして子どもと共有し、そこを乗り越えさせるサポートをしたうえで元の継続登校の路線に戻してやります。これを繰り返すことで子どもは成長し、学校社会に適応できるようになるのです。

大人でもそうですが、子どもにも波があります
頑張れるとき、頑張れないときはあって当然です。
何か課題を抱えてしまった時、そこを乗り越えようとする意識が強い日と弱い日があります。

親御さんにとって大切な考え方はそのような子どもの波を受け入れながら、課題を明確にして乗り越えさせることでまたこの子や親は成長できるんだと考えてみることです。
やりきれない思いを抱えているのは親だけではありません。子どもも気持ちや意志の波が下がっているときにはやりきれない思いを抱えているのです。
そんな時に「やっぱりウチの子はダメだ」と怒りをぶつけてしまうと子どもは再び心が折れてしまう可能性もあります。

せっかく復学したのに、また休んでしまって悲しい気持ちは痛いほどわかりますが、そこで終わりではありません。失敗しても再チャレンジ。子どもには波がありますが、親は子どもの前では、どんと構えて対応することが大切だと考えています。

今日は復学を果たした後の継続登校のお話でした


きりこまち先生(辻貴紀)
↓皆さんの応援のもとブログ発信が出来ております!
こちらをポチッと
応援宜しくお願いします♪(1日1回クリックを!是非ともよろしくおねがいいたします)↓
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ  
 




parentscamp at 09:30|PermalinkTrackBack(0)mixiチェック

2017年04月24日

第12回関西ペアレンツキャンプ親の会ご報告!

ブログ読者のみなさんこんにちは。きりこまち先生です
今回は、先日の関西ペアレンツキャンプ親の会のご報告ブログです。

「第12回関西ペアレンツキャンプ親の会」

日時:4
月16日(日)13時30分〜16時30分
場所:たかつガーデン2階ガーベラの間

親の会開催のご挨拶(水野先生)
・ペアレンツキャンプの現在の支援状況
・佐藤先生による家庭教育推進協会理事就任のあいさつ
・今年度の講演回数と講演会による家庭教育普及活動について
・社会的支援内容の詳細
今回は当センターから参加したカウンセラーが7名(水野先生、佐藤先生、山下先生、鈴木先生、瀬川先生、眦沈萓検∋筺砲任靴拭
歴代でもかなり多いカウンセラーの参加率でした!
昨年の関西親の会では訪問カウンセラーの成長とともに水野先生があちこちで多角的な活動ができるようになってきたとご報告させていただきました。

今年度に入ってその動きはより活発になっています!
水野先生は現時点でも数か月先まで講演会の予定が入り、訪問カウンセラーはそれぞれの活躍分野を広げながら全国を走り回っています。

今年復学を果たされた親御さんからの復学経緯についてのお話(2組)

今回は最近復学を果たされた親御さんは2組参加されていました。
それぞれの親御さんから不登校になった経緯、不登校中のお子さんの様子、復学を果たしてからの子どもの変化をお話しいただきました。
不登校と一口にいってもその家庭内での様子は様々です。10の家庭があれば10通りの悲しみや苦しみがあります。

子どもが家の中で暴れている、ずっとゲームをしている、部屋から出てこない、昼夜逆転
しているetcこういった表に出てくる問題は親としてもちろん悲しいですが、多くの親御さんはさらにその深い部分にある問題に心を痛めています。
それは楽しいゲームをしているはずなのに子どもから笑顔が消えた。好きな生活を送っているはずなのにどこかイライラしている。
暗い表情ばかりしている、元気がない、ネガティブ
なことばかり考えているといった子どもたちの内面的な部分です。

今回お話いただいた2組の親御さんも、不登校になってからの子どもの様子の変化に大変心を
痛められていました。
その状態からどうやって復学を果たしたのか、そして今、また子どもが元気に学校に通えるようになってどれほど嬉しいか、こういった内容をお話いただきました

やはり、実際に不登校を経験し、そこから復学を果たした親御さんのお話は引き込まれる
ものがあります

グループディスカッション
グループわけをして席替えを4回しながら親御さん同士で楽しくディスカッションをしていただきました。また、今回は各テーブルに必ず1人はカウンセラーが同席できたので、いつもはなかなか詳しく聞くことができない他の家での訪問カウンセリングの話もたくさんお聞きいただけたかと思います。

閉会のご挨拶と写真撮影

ペアレンツキャンプの記録用に写真撮影を行い、あっという間に閉会となりました。

二次会
二次会では親の会参加者のみなさんとお酒を飲みおいしいご飯を食べながら和気あいあいとお話しが出来ました
支援をご卒業された親御さんからその後もお子さんが元気に学校に通っているというお話を聞けたり、親御さんの新学期からの意気込みをお聞かせいただいたりととても楽しい会となりました

おかげさまで関西ペアレンツキャンプ親の会も第12回目。

次回もたくさんの方にご参加いただき、子育てのヒントを得たり子育てのモチベーション
アップにつながっていくと当センターとしても嬉しく思います。

私にとって関西ペアレンツキャンプ親の会は入社当時から参加している特別な会です。
支援の現場でお会いする親御さんとはまた違った一面が垣間見えたり、私自身も新たな気づきを与えていただいております。

カウンセラーとしてはプロとして親御さんに接していますが、1人の人間としてはまだまだ若輩者ですので、親御さんには人生の先輩としてたくさんのことを教わる場でもあります

最近は大きなボストンバックを肩から下げて訪問カウンセラーの「お兄さん」としてではなく、厳しいお話しをする立場で支援を行うことが増えてまいりました。
そのようなことを、関西ペアレンツキャンプ親の会と二次会ではお話ししておりました。
皆さんから「頑張ってください」と応援いただけるのが嬉しいです


引き続き、関西から私のことを応援していただけると本当にうれしく思います

それでは今回はここまでとさせていただきます。

  
きりこまち先生(辻貴紀)

↓皆さんの応援のもとブログ発信が出来ております!
こちらをポチッと応援宜しくお願いします♪(1日1回クリックを!是非ともよろしくおねがいいたします)↓
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ

parentscamp at 06:00|PermalinkTrackBack(0)mixiチェック

2017年03月24日

完璧な子どもを求めていませんか?

ブログ読者の皆さんこんにちは
きりこまち先生こと辻です。

先日久しぶりに夕飯の買い物をしにスーパーに行った時のことです。そのスーパーでは石焼き芋の店頭販売をしているらしく、店先に人が集まっていました
しかし、近づいてみると売っているのは焼かれた芋ではなく、生のサツマイモでした
店員さんは声を張り上げて売り込みをしています。
「いらっしゃいませー!今日は鹿児島県産サツマイモとアルミホイルがセットでお得!ホントの焼きたてはご自宅にてどうぞー!」とのこと。
買って帰るよりも買って作った方が焼きたてですよというお話ですね。しかもホイルもセットでお得な値段ということで、好調な売れ行きのようでした。

店員さんに「珍しい売り方してますねー」と話しかけてみたところ、「実は機械が壊れちゃったので苦肉の策なんですよ」と笑いながら話していました
見事にピンチをチャンスに変えていた事には感服しましたね


さて、電話カウンセリングの場では、お子さんの登校についてのお悩みや家庭教育に関するご質問を多くいただきます。

「先生、うちの子全然宿題しないんですよね」
「忘れ物がおおくて困るんですよ」
「もっと友達付き合いがうまくできるようになりませんか?」
…などなど。

日頃お子さんと一緒に生活するなかで、問題とまではいかないまでも「もう少しこうだったらいいのになぁ」と思う瞬間は多いのではないでしょうか。
そういった「もう少し」の部分が積み重なると「この子は周りの子と比べても不安な部分が多いわ」と親御さん自身が心配になってしまい、その結果必要な干渉と過干渉の線引きが曖昧になってしまうことが多いように感じます。

ではどう考えたらいいのか。まず大前提として

完璧な子どもなんてものは存在しません

水野先生がよく親御さんへのカウンセリングの場で仰る言葉です。
どんな子でも感情の波や、性格的な短所があるはずです。

そして、それは子どもにだけ言えることではなく親御さん自身にも当てはまるはずです。
親と言えど神様でも仏様でもないわけで、感情を持った人間です。
いつもは許せる子どものわがままも、状況によっては許せなくて必要以上に叱ってしまったり、理不尽だとわかっていつつも自分を止められずに子どもにあたってしまうこともあるかと思います。

しかし、そのような失敗をしたからといって親として失格なのかと言えば私の答えはNOです

子育てが人生の全てでもなく、家庭以外で嫌なことを経験したり悩みを抱え込んだりするわけです。職場で上司に小言を言われたり、お友達づきあいで何かもつれがあったり・・・それが普通だと思います。
親子の間にちゃんとした信頼関係や愛情と言われるものがあれば、親は反省して親として成長していきます。子どももそのような親の姿勢を理解しようとします

子どもを生んだ瞬間からとても重たく、そして高貴な使命を親は帯びるわけですが、誰からも親はその親の勉強を教えてもらうことはなく、親の免許をとって親として認定されるわけではありません。参考にできるのは自分がどう育てられたかの記憶くらいです。
しかもそれも時代背景が変われば正しいかどうかが変わるあやふやなものです。

開き直ってくださいというわけじゃないですが、そんな背景があるので、親としてミスをするのは当たり前。

時には子どもの寝顔に涙を流して謝る夜もあることでしょう。でもそのような悪い対応を継続的に行わないように反省して子どもと共に成長できれば、私は親としてOKなんじゃないかと考えています

真面目な親御さんほど、子どもに完璧を求めすぎ。
完璧な子どもなんているはずもありません。
子どもは様々な失敗を経験して成長していきます。完璧だったらそんな失敗すらも否定しなくちゃいけなくなります。

親も子も失敗から成長します。

一緒に失敗しながら成長していけばいいのです。子育ては親育ち。



今回は、家庭教育に関するお話でした


きりこまち先生(辻貴紀)

↓皆さんの応援のもとブログ発信が出来ております!
こちらをポチッと
応援宜しくお願いします♪(1日1回クリックを!是非ともよろしくおねがいいたします)↓
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ  


parentscamp at 08:00|PermalinkTrackBack(0)mixiチェック