親の学校!ぶにん先生のカウンセリングルーム

不登校(登校拒否)や母子登校などの解決を目指して! ここは「親が変われば子も変わる」をスローガンに掲げる親の学校です。 カウンセラーが綴るカウンセリング理論や最新の子育て論など情報満載。 2008年にブログを開設をし、発信し続けた情報は子育てで悩む多くの親御さんたちに元気をおすそわけし、支援を受けた多くの子どもたちが学校へと戻っていきました。   子どもの問題行動予防のための家族療法(家庭教育支援法)についても随時情報公開中!一般社団法人 家庭教育支援センター ペアレンツキャンプの家庭教育カウンセラーが行雲流水にお伝えします。

きりこまち先生の記事

2018年05月08日

GW明け、子どもが学校を休んだら

みなさんこんにちは
きりこまち先生です

GWが終わってしまいましたねぇ
みなさん連休は楽しめましたでしょうか?私は秋田への帰省を満喫してきました

さて、GWが終わった初週ですが、お子さん達は順調な登校のすべりだしができましたでしょうか。
毎年この時期になるとペアレンツキャンプへの支援の御依頼が急増します

『4月から一ヶ月間頑張り続けていた子どもがGW明けから急に「行きたくない、、、」と言い出した』

『新学期は行けたものの五月雨登校気味だった子どもがぱったり行かなくなりました』

『新学期が明けても登校できていなかった子どもが「GW明けから行く」と話していたのに結局登校することができませんでした』

etc


このように、登校に影響が出てしまっている子ども達の御相談が多く寄せられます
等センターでは個々のケースについて詳細な御相談をいただき、御依頼があれば支援をスタートします。
しかし、復学支援には繊細な手法を用いるため、どうしても急増する支援のご依頼を全て受け入れることが難しいのです。

また、不登校という問題の性質上「初動対応」「早期対応」は大きなポイントです。

お休みが長くなればなるほど、「学校に行けていない」という事実そのものが再登校の足を引っ張ってしまうからです。
こういった状況に陥っている子どもたちは「最初は理由があって学校を休んだけれど、今は何が理由で学校に行けなくなったのかわからなくなってしまった」と話す子が多いように感じます

そこを掘り下げていくと「先生や友達が休んでいたことをどう思っているかわからないから不安、持ち物や時間割が分からない、勉強についていけなくなってしまっている、朝起きられない、夜眠れないetc」といった具体的な不安がでてくることがあります。

いずれも学校をお休みしてしまうことによって出てきた不安です。
ではどのようにしてこういった不安を解決してやればよいのか、結論からいうと100%不安を取り除くことは不可能です。

どんなに先生や友達から子どもに対して直接働きかけをしてもらっても、持ち物や時間割を用意してあげても、勉強を教えてあげたり、生活リズムを整えてあげても、不安が0になることはありません。
そもそも、上記のような対応を親御さんから働きかけても子どもが拒否してしまうことが多々あります。

そして子どもたちは「不安なことがあるから学校に行けない、、、」とループに陥ってしまい、ますますお休みが長くなってしまう、なんて話もよく聞きます

ではどうすればいいのか。
ここでポイントになるのが「初動対応」「早期対応」です。

初動とは子どもが学校を休み始めて1週間以内の時期で、早期は1〜3か月以内が大体の目安です。

この期間に対応を行うことで子ども達の復学、再登校、継続登校への確率はぐんと上がります

もちろん、中期から長期のお休みになってしまったとしても、それが=復学できないという話ではありません。
あくまで不登校というカテゴリーにおいて復学等を目指す場合、中期、長期のお休み期間に比べると、早期対応を行ったケースの方が比較的問題が深刻化する前に対処できているケースが多いというお話です。

いまこの記事を見ている読者の方で、今回の記事に思うところがある方は、おひとりで悩まずにまずはここだと思われた相談機関へのご連絡をお勧めいたします。

もちろん復学だけが選択肢ではないことと思いますが、「待っているだけでは何も変わらない、待つにしてもいつまで待てばいいのか、今の子どもへの対応に不安が強い、病院や学校以外の相談機関の話が聞いてみたい」という方はお気軽にご相談いただければと思います。

ペアレンツキャンプお問い合わせフォームはこちら


きりこまち先生


こちらをポチッと応援宜しくお願いします♪(1日1回クリックを!是非ともよろしくおねがいいたします)↓
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ  



parentscamp at 14:00|Permalinkmixiチェック

2018年05月04日

不登校とGW

みなさんこんにちは
きりこまち先生です

GWですね
みなさんどうお過ごしでしょうか。私は実家が秋田なので、今年は帰省しております

さて、前回カケル先生にもブログ記事で書いていただいていますが、不登校や行き渋りの問題でGWというのは年間を通しても気をつけたいポイントとして捉えることが大切な時期です
環境が大きく変化しやすい4月をなんとか乗り越え、ほっと一息つけるのがこのGWですが、一息ついた結果、再び立ち上がるのが大変になってしまったというケースが多く見え始めるのがこの時期です

特に、完璧主義傾向のお子さんが4月に自分の能力以上に頑張ってしまい、燃え尽きてしまったというケースや、新しい環境になかなか適応できず、学校自体が嫌になってしまったというケースのお子さんが多くみられるように思います

以前書いた記事でも触れましたが、この兆候を見抜くのは非常に難しいのです
休んでからはじめて気付いたというケースや、「なんとなく大丈夫かなと気にはなっていたんですが、、、」という確信を持てずにいたけれどなんとなく気にはなっていた、というケースが多くあります。

全てのケースに当てはまるわけではありませんが、そういったケースの親御さんから改めてお話を伺うと4月以降に「帰って来てから昼寝をすることが以前に比べて多くなった、朝食を抜いたり、夕食を食べはじめる時間が夜遅くなっていた、会話の節々にイライラした様子が見られた、、、」といった兆候が思い当ったそうです。

もちろん、上記の様子だから必ず学校を休むということではなく、あくまで子どもが学校を休んだので、改めて振り返ると兆候としてこういった部分があったということです。

また、こういった状況でお休みした子ども達と私が直接話をしたときに、「なぜ休んでしまったのかわからない」と答える子が多いように感じます。
直接的なきっかけがあったわけではなく、「なんとなく休んでしまって、それが1日2日と長引いたことが不登校の入り口だった」という状況です。
そもそも長期的に休もうとして休んだわけではないため、本人達もお休みが長くなったことを後悔していることが多いようです。

しかし、一度お休みが長くなってしまうと、そこから復学を果たしていくというのは本当に難しいのです。
いくら後悔しても、それだけでは学校に再び行くことはできなかったと涙ながらに話すお子さんがたくさんいます。

ですので、もし休み明けに学校を休んでしまったということがあれば、その理由がなんなのかを特定できる範囲で把握し、お休みをできる限り長いものにしないことがまずは大切です。
親御さんで精いっぱい対応してみて、それでもお休みが長引いてしまうようであれば、適切な専門機関にご相談いただくことが結果的には自体の早期解決に繋がる場合も多々あります。
悩むことに多大な時間を使うのであればまずは専門機関について調べるところからスタートしていただければと思います。

今日はGWと不登校にまつわる話でした。



きりこまち先生



↓皆さんの応援のもとブログ発信が出来ております!
こちらをポチッと
応援宜しくお願いします♪(1日1回クリックを!是非ともよろしくおねがいいたします)↓
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ


parentscamp at 10:00|Permalinkmixiチェック

2018年04月27日

4月、突然子どもが休んだ時は。

みなさんこんにちは
きりこまち先生です

すっかり桜も散り、新緑が目に優しい季節となってまいりましたね
そろそろ子どもたちも新しい学年、新しい学校に慣れてきたころでしょうか。

環境が変わることで負担を感じる子もいますが、その負担も適度であれば成長のための糧になっていくものですので、暖かい目で見守っていただければと思います

しかし、周りの大人が思う以上に新しい環境への負担が大きい子ども達もいます。
特にこの時期は環境への緊張感や春休み明けの倦怠感、責任の増加によるストレスなどなど、普段と変わらない様子に見えても以外とたくさんのことを抱えて学校に通っているということがあります。

その結果、いつもよりイライラした様子が強く見られたり、親御さんへの甘えやわがままが出たり、生活リズムに乱れが起きたりすることがあります
これらは新しい環境に慣れるまでは頻発する可能性があるので、そういった行動をとる背景は理解しつつ、それでも自立を考えたらその行動を許して良いものかどうかを判断していく必要があります。

また、一見良い様子として、普段はやらない家庭内でのお手伝いができたり、提出するプリントをちゃんとだしてきたり、宿題に取り組みやすかったりといった様子が見えることもあります。

これらは新しい学年や学校に変わったことにより、年齢的な自覚が出て「ちゃんとしよう」という意識のもとやる気がでて行動が変わったケースです。
しかし、これらの行動が以前の環境でほとんどみられていなかった場合、その行動が本当に根本から変わった結果なのかを見極めていく必要があります

酷なことを言いますが、たまに出るやる気はやる気ではなくきまぐれです。
それを判断する材料で簡単なのは継続性があるかどうかです。
少なくとも1カ月以上はそういった行動が続いていなければ、気まぐれだったのかなと解釈しても良いでしょう。

さて、ここでお伝えしたいのは気まぐれだから悪いわけではない、ということです
そもそも短期的とはいえ、行動に変容があったのであれば「そうした方が良い」ということを理解しているわけです。
そういった気まぐれを繰り返すことによって、徐々に行動が変容していくケースもあります。

また、気まぐれでも行動を変容させているということは、本人にとって「努力している」状態です。
つまり、以前の自分でいるよりも負担を感じる状態になっているということです。

頑張ろう、頑張ろうという意識で日々を生活することにより、その負担が積み重なってしまい、最終的に息切れを起こして学校を休んでしまうケースもよく見られます。
これはもったいないですよね

もちろん、努力している子ども達を不安の目でみてくださいという話ではありません。
ケーススタディとしてこんな場合もあると捉えていただければと思います。

結論としては本当に努力しているのか、自分の限界を超えて無茶してしまっているのかを見極めることが大切になるわけですが、この判断は本当に難しいのです
当センターに寄せられるお話として「休んで初めて無理していることに気付いた」という声をよく聞きます。

特に、私の感覚では完璧主義傾向にあるお子さんや細かなことが気になりやすいお子さんがこういった状況に陥りやすいように感じます。

また、親御さんの傾向としては「もっとこうだったらいいのになぁ」というお子さんへの不足や不満を感じやすい性格傾向の方が多いように感じます。

子どもなりには努力しているのに、それに気付くことや満足することができず、「もっと○○したら?」という話をしてしまったり、話はしないものの雰囲気や目でそれを示唆してしまったなんてことはないでしょうか。

子ども達は意外と親御さんのことをみているものですよ

今回の記事をご覧いただいて、心あたりがある方は明日からの子ども達との接し方を見直してみるのはいかがでしょう。

きりこまち先生

(下のバナーをポチッと応援お願いします 
 
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村



parentscamp at 10:18|Permalinkmixiチェック

2018年04月02日

「起きて!学校いくよ!」のあぶない話


みなさんこんにちは
きりこまち先生です

桜が咲き始めましたね
本格的な春のおとずれとともに、なんだか気持ちまで暖かくなってきます
春眠暁をおぼえず、とはよくいったもので、いつまでも惰眠を貪りたくなる今日この頃です

さて、今日はそんな眠りに関わるお話です。
歌に詠まれるほど心地の良い眠りですが、いつまでも寝ていられないのが現実です

大人であれば自分のすべきことのためにまとわりつく布団を引きはがして当たり前のように起きることができます。しかし、子どもたちはなかなか布団の誘惑に勝つことができていないように思います。

「学校に行かなくてはいけない

という思いはあるものの、同じくらいこのまま眠っていたい、という思いがあります。
天秤が揺れている状態です

この状態は子ども達にとってまさに戦いの瞬間です。
自分の気持ちと現実にどう折り合いをつけるか、まわりの大人が思う以上に真剣に葛藤していることがよくあります。

そんな葛藤の中に


「いつまで寝てるのもう起きなさい学校いくよ

と外野から声をかけられると、その瞬間にゆれていた天秤が「このまま眠る」方向に傾くことが多々あります

そんな時「今起きるところだったのに」という言葉を子ども達はよく口にします。
この言葉は理不尽に思えて、一理あるのです。

もしかしたら声をかけないことで、自分自身に折り合いをつけ起きてくる可能性があったのに、その可能性をつぶしてしまうのが「起きて!学校行くよ!」といった言葉なのです。

こう書くと、「それなら起きてこなくても一切声をかけなければいいの」となるかと思いますが、それは異なります。何事にも適切なタイミングと内容というものがあります。

まず、さきほどのような言葉が子どもの琴線に触れ、致命的な一言になってしまう明確なタイミングがあります。
それは「子どもが考えている起きなければいけないギリギリの時間」と、「親が考えている起きなければいけないギリギリの時間」に差異があるときです

差異とは、例えば子どもは「家を7:50に出ればギリギリ遅刻にならないから、今日は朝ごはんを食べずに着替えだけしていこう。それなら5分で家を出られるから7:45に布団を出たらいいや」と考えているのに、親御さんが「朝ごはん、着替え、歯磨き、時間割なんかのことを考えたら7:30にはおきなければいけない、7:45に出発しなければなにかあった時に遅刻するからリミットはここ」と考えている場合です。

この場合、7:30にはこのお母さんはかなりきつく声をかけるはずです。
それこそこの記事のタイトルのような言葉でしょうね

そして、その一言をきっかけに子どもとのバトルが始まります

「45分に起きたら間に合うからまだいいんだよ!」

「そんな時間に起きたら遅刻でしょう!」

「走れば間に合うんだよ!」

「途中でなにかあったらどうするの!朝の準備だって昨日なにもしていないじゃない!」

「今日は朝ごはん食べないからいいんだよ!」

「なに言ってんの!せっかく用意したんだから食べていかないとお腹すくでしょ!」

「もういい!もううるさい!だったら学校いかない!」

こんな感じでしょうか

これで実際に学校を休むかどうかはお子さんによって分かれると思いますが、日本全国でよく見られる会話の一例であることは間違いありません。

ただし、あくまでこの考え方が有効なのは登校に対して葛藤している状態に限ります。
最初から行く気がない、なにか前日までにトラブルを抱えている、体調不良などの理由がある場合はこの限りではありません。

ですが、多くの場合日常的にトラブルや体調不良を抱えているケースの方が稀です。
それを考えるとこの考え方があてはまるケースは多いかと思います。

このブログ記事の内容が皆さんのお役に立てれば幸いです


きりこまち先生

よろしければこちらもポチッと応援お願いします。(1日1回クリックを  
    ↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村



parentscamp at 09:00|Permalinkmixiチェック

2018年03月21日

ちゃんと薬を飲みなさい!

みなさんこんにちは きりこまち先生です
徐々に暖かい日が増えてきましたね。東京では20度近くなる日も出てきたようで、春を感じる今日この頃です

春のおとずれとともに花粉も飛び始めたようで、鼻がずるずるです
今日はそんなアレルギーについてのお話です。

「アレルギー」みなさんはなにかお持ちでしょうか
やはり花粉症がメジャーな所かと思います。辛いですよね
同じ花粉症でもその症状はひとそれぞれで、ちょっとした鼻づまりのひとから呼吸が困難になるほどの症状が出る人もいます。

そんな状況の方を見ると「辛いだろうなぁ」と思います
ではそれが御自身のお子さんだった場合はどうでしょう
すこしでもその症状を緩和させてやりたいと思うのが親ごころではないでしょうか

しかし、家庭教育や子育てに関して多少なりとも関心のあるみなさんはこうも思うはずです。

「一体どこまで干渉してやるのが良いのだろう?」

悩みどころですね。

アレルギーは一種の病気なんだから、薬の飲み方、時間、頻度、用意、声かけ、、、etc
全てにおいて親が主導してやるべきである、という考えの方もいれば

アレルギーとなれば基本的には生涯自分で向きあわなければいけないのだから、親が関わることは一切せず、自分の判断でやらせるべきである、という考え方の方もいらっしゃると思います。

二択のように問いかけておいてずるいのですが、結論を言うと「子どもの年齢や性別、性格傾向によって適切な対応は異なる」というのが答えです。

もちろんこの答えだけでは意味がないので、もう少し具体的な部分をケースごとに書かせていただきます。

年齢が小学校低学年の場合であれば、病院の受診や処方された薬の管理、定時の薬の用意等は行ってあげるべきでしょう。
つまり親の干渉すべき範囲が広いということです。

小学校高学年以上であれば、傍から見える症状によって受診すべきかどうかの意見は伝えるべきです。しかし、本人が望まなければひっぱってでも連れて行くような対応は避けるべきです。

処方された薬の管理はしてあげても良いと思いますが、定時に薬を用意したりそれを飲むための水を注いでおいてあげるような対応はやりすぎの可能性があります。

また、特に男の子は重度のアレルギーでない、あるいはある程度薬で症状が改善しだした場合は毎日の薬をさぼりがちです。
せっかく良くなってきたのに元の状態に逆戻りなんてこともしばしば起こります。

そんな時多くの親御さんは

「せっかく良くなってきたのにもったいない!だから薬をちゃんと飲みなさいっていったでしょ!お医者さんにも言われていたのに全く!また病院いかなきゃいけないでしょ!」

となりがちです

正論ではありますが、言われている方からすると「僕のことなんだからほっといてよ!」というのが本音であることが多いようです。

お子さんによっては「毎日のように薬を飲みなさいと言われるから飲みたくない!」と本末転倒なことを言う子もいます。

しかし、この言い分をただの子どものわがままと捉えるかどうかで今後子どもが自分のアレルギーとどう付き合っていくのかが変わります。

親子ともに症状の改善を望んでいる以上、上記のような理由で薬を飲まないというのはお互いにとって本意ではないはずですからね

症状が深刻ではなく、ある程度の年齢であり、子どもの能力として自分で薬を出して飲むことができるのであれば、日常的な服薬は本人の裁量に任せてあげても良いかと思います。

もちろん、普段は任せていたとしても定期的な健診の結果や症状の把握はしてあげるべきですが。

さて、長くなりましたが今回はアレルギーに関するお話でした。
ただし、これは風邪などの病気や命にかかわるレベルのアレルギーにはあてはまらない考え方ですので、その点は十分ご注意くださいね。



きりこまち先生

(下のバナーをポチッと応援お願いします
 
 
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村

parentscamp at 10:30|Permalinkmixiチェック