親の学校!ぶにん先生のカウンセリングルーム

不登校や母子登校などの解決を目指して! ここは「親が変われば子も変わる」をスローガンに掲げる親の学校です。 カウンセラーが綴るカウンセリング理論や最新の子育て論など情報満載。 2008年にブログを開設をし、発信し続けた情報は子育てで悩む多くの親御さんたちに元気をおすそわけし、支援を受けた多くの子どもたちが学校へと戻っていきました。家庭教育支援センターペアレンツキャンプの家庭教育カウンセラーが行雲流水にお伝えします。

きりこまち先生の記事

7月に学校をお休みする理由

みなさんこんにちは
きりこまち先生です

個人的に待望していた夏がやってきました。暑いのは苦手ですが、これだけ晴れた日が続くとなんだか外にでなければもったいないような気がしてきますね

子ども達の間では7月の定期テストについてや、その先の夏休みについての話がもうでてきています
学校にもよりますが、私立だとテストが終わるとすぐに自宅学習期間に移るため、今から夏の予定を話し合ってうかれている子もたくさんいるようです(一部の親御さんからすると「いいから勉強しなさいよ」というのが心情のようですが)


さて、今回はこの7月段階で起こりやすい学校への問題について触れていきます。
定期テストのことについては私の前回記事で触れていますので、今回はそれ以外の面から見た影響についてです。

なんといっても一番のポイントは夏休みです。
ほとんどの子ども達にとって年間を通して最も長い連休であり、アクティビィの豊富さや親御さんの都合を子ども達に合わせやすくなることからも一大イベントの時期です。

さて、そんな夏休みですが、長期休暇が近づいてきたときに起こりえる子ども達の反応として、「もうすぐ夏休みだし、残りの学校もがんばろう!」という風に前向きになるお子さんと、「もうすぐ夏休みだし、直前の登校日を休んで少し連休を長くしちゃえ」という風に後ろ向きに考えてしまうお子さんに分かれることがあります。

前者は前向きな意見のため問題ないのですが、後者は本人の都合で休みを長くしてしまうため、夏休み明けの登校も含めて親御さんの視点からみると不安が残ります。
実際私たちの支援でも夏休み直前から学校を休み始め、夏休み中は楽しく過ごしていたけれど宿題は全く手をつけておらず、結果的に夏休み明けからも登校することができなかった…というケースを多々目にします。

暑くなってきたため、親御さんも「夏バテかな」という目で見られることも多いかと思いますが、夏バテ以上になにか問題が起きていないのかを一度振り返ってみるのも良いかもしれません。

もちろん、頑張りすぎや熱中症であれば適切に病院の判断を仰ぐことも大切ですね。
私も夏に浮かれすぎないように気を付けながら、暑い夏を乗り越えていきたいと思います


きりこまち先生


(↓支援にご興味がある方はこちら↓)
share_tmp

(下のバナーをポチッと応援お願いします
 
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村

4、5月から学校に行けなくなったら

みなさんこんにちはきりこまち先生です

今年もついに半分が過ぎ去りましたね。
気温が25度を超える日が時おりみられるようになってきました

暖かいとそれだけで何かしたい気持ちが湧きあがってくるもので、例にもれず私も陽気に誘われて外出が増えてきた今日この頃です。

さて、不登校を取り巻く状況として、GW明けから1,2週間程度は全国的に学校への行き渋りや不登校が激増するのですが、今年は6月に入った現在も登校に影響を出しているケースが目立つように感じます

季節の変わり目の影響か、5月病の延長か、いづれにせよ親御さんにとっては不安の募る日々が例年より長引いてしまっているようです

4月、5月とその時期に多い不登校のケースについて以前のブログで書かせていただきましたが、今回はそこを乗り越えた子ども達がこの6月頃から陥りやすい不登校ケースについてのお話をご紹介しようと思います。

まず、4、5月と続いた環境の変化やイベント毎を乗り越えた子ども達が、その後登校に何らかの影響を出すケースで多いのは
・定期テスト関連の不安
・慣れてきた友達関係だからこそ起きるトラブル
・イベントが終わったことでの燃え尽き

このあたりが多いように感じます。

「定期テスト関連の不安」というのは主に中学生に起こる問題です
学年、学校が変わって初のテストということで、その成績に一喜一憂する子ども達が大変多く見受けられます。

成績が良くなかった子は
「こんな成績じゃ周りの友達に馬鹿にされてしまう、、、。」
「厳しい学校なのに進級、進学基準を満たせてない、、、。」
「親がテスト結果に対して極端に厳しいことを言う、、、。」

と不安を抱え、成績が良かった子の中にも
「もっと点数が良いはずだったのに、満足できない、、、。」
「今回のテストは良かったけど次も同じようにできるかどうか不安、、、。」

という問題を抱える子もいます。

こういった問題はプライドや体面が邪魔をしてなかなか自分から相談することができず、手をこまねいているうちに学校を休んでしまうようになったということが多くあります。
休み始めた時は別の理由を話していたのに、問題を掘り下げてみたら上記のような理由だった、というケースもよく見かけます。


「慣れてきた友達関係だからこそ起きるトラブル」とは、新しい人間関係や、それまで構築してきた友達関係が深まることにより、お互いに「このくらいだったらいいだろう」という無遠慮やわがままを通してしまい、それが本人達が思っていたよりも大きな問題になることです。
仲の良い友達に対して、日常のひょんなことから少し馬鹿にしたようなあだ名をつけたところ、相手が憤怒して喧嘩になった、という話は枚挙に暇がありません。


そして最後が「イベントが終わったことによる燃え尽き」です
この時期は上記のテストも含め、宿泊研修や運動会、文化祭などのイベントが集中しやすく、それらにかける思いが強い子ほど、終わってから燃え尽きたよういなる子がいます。
日常の登校のモチベーションとして、イベントを捉えていたケースです。
学校をお休みするようになったけれど、イベントの日だけは必ず参加しているという子はもともとこういった捉え方をしていたケースが多いように感じます。

もちろん、ここでご紹介したのはこの時期多くなりがちな理由ですので、ここに当てはまらないケースは多々あるかと思います。


休み始めた理由はなんとなく把握したけれど、「このまま休ませておいてよいのか」、「何かしらアプローチを行うべきではないのか」、「学校に戻ったほうが本人の自立や将来の人生にとって価値があるんじゃないのか」と感じられた時は、親御さんご自身の判断で復学や継続登校を目標とする適切な機関にご相談いただくことが大切ではないかと考えています。


きりこまち先生


こちらをポチッと応援宜しくお願いします♪(1日1回クリックを!是非ともよろしくおねがいいたします)↓
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ  

GW明け、子どもが学校を休んだら

みなさんこんにちは
きりこまち先生です

GWが終わってしまいましたねぇ
みなさん連休は楽しめましたでしょうか?私は秋田への帰省を満喫してきました

さて、GWが終わった初週ですが、お子さん達は順調な登校のすべりだしができましたでしょうか。
毎年この時期になるとペアレンツキャンプへの支援の御依頼が急増します

『4月から一ヶ月間頑張り続けていた子どもがGW明けから急に「行きたくない、、、」と言い出した』

『新学期は行けたものの五月雨登校気味だった子どもがぱったり行かなくなりました』

『新学期が明けても登校できていなかった子どもが「GW明けから行く」と話していたのに結局登校することができませんでした』

etc


このように、登校に影響が出てしまっている子ども達の御相談が多く寄せられます
等センターでは個々のケースについて詳細な御相談をいただき、御依頼があれば支援をスタートします。
しかし、復学支援には繊細な手法を用いるため、どうしても急増する支援のご依頼を全て受け入れることが難しいのです。

また、不登校という問題の性質上「初動対応」「早期対応」は大きなポイントです。

お休みが長くなればなるほど、「学校に行けていない」という事実そのものが再登校の足を引っ張ってしまうからです。
こういった状況に陥っている子どもたちは「最初は理由があって学校を休んだけれど、今は何が理由で学校に行けなくなったのかわからなくなってしまった」と話す子が多いように感じます

そこを掘り下げていくと「先生や友達が休んでいたことをどう思っているかわからないから不安、持ち物や時間割が分からない、勉強についていけなくなってしまっている、朝起きられない、夜眠れないetc」といった具体的な不安がでてくることがあります。

いずれも学校をお休みしてしまうことによって出てきた不安です。
ではどのようにしてこういった不安を解決してやればよいのか、結論からいうと100%不安を取り除くことは不可能です。

どんなに先生や友達から子どもに対して直接働きかけをしてもらっても、持ち物や時間割を用意してあげても、勉強を教えてあげたり、生活リズムを整えてあげても、不安が0になることはありません。
そもそも、上記のような対応を親御さんから働きかけても子どもが拒否してしまうことが多々あります。

そして子どもたちは「不安なことがあるから学校に行けない、、、」とループに陥ってしまい、ますますお休みが長くなってしまう、なんて話もよく聞きます

ではどうすればいいのか。
ここでポイントになるのが「初動対応」「早期対応」です。

初動とは子どもが学校を休み始めて1週間以内の時期で、早期は1〜3か月以内が大体の目安です。

この期間に対応を行うことで子ども達の復学、再登校、継続登校への確率はぐんと上がります

もちろん、中期から長期のお休みになってしまったとしても、それが=復学できないという話ではありません。
あくまで不登校というカテゴリーにおいて復学等を目指す場合、中期、長期のお休み期間に比べると、早期対応を行ったケースの方が比較的問題が深刻化する前に対処できているケースが多いというお話です。

いまこの記事を見ている読者の方で、今回の記事に思うところがある方は、おひとりで悩まずにまずはここだと思われた相談機関へのご連絡をお勧めいたします。

もちろん復学だけが選択肢ではないことと思いますが、「待っているだけでは何も変わらない、待つにしてもいつまで待てばいいのか、今の子どもへの対応に不安が強い、病院や学校以外の相談機関の話が聞いてみたい」という方はお気軽にご相談いただければと思います。

ペアレンツキャンプお問い合わせフォームはこちら


きりこまち先生


こちらをポチッと応援宜しくお願いします♪(1日1回クリックを!是非ともよろしくおねがいいたします)↓
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ  

不登校とGW

みなさんこんにちは
きりこまち先生です

GWですね
みなさんどうお過ごしでしょうか。私は実家が秋田なので、今年は帰省しております

さて、前回カケル先生にもブログ記事で書いていただいていますが、不登校や行き渋りの問題でGWというのは年間を通しても気をつけたいポイントとして捉えることが大切な時期です
環境が大きく変化しやすい4月をなんとか乗り越え、ほっと一息つけるのがこのGWですが、一息ついた結果、再び立ち上がるのが大変になってしまったというケースが多く見え始めるのがこの時期です

特に、完璧主義傾向のお子さんが4月に自分の能力以上に頑張ってしまい、燃え尽きてしまったというケースや、新しい環境になかなか適応できず、学校自体が嫌になってしまったというケースのお子さんが多くみられるように思います

以前書いた記事でも触れましたが、この兆候を見抜くのは非常に難しいのです
休んでからはじめて気付いたというケースや、「なんとなく大丈夫かなと気にはなっていたんですが、、、」という確信を持てずにいたけれどなんとなく気にはなっていた、というケースが多くあります。

全てのケースに当てはまるわけではありませんが、そういったケースの親御さんから改めてお話を伺うと4月以降に「帰って来てから昼寝をすることが以前に比べて多くなった、朝食を抜いたり、夕食を食べはじめる時間が夜遅くなっていた、会話の節々にイライラした様子が見られた、、、」といった兆候が思い当ったそうです。

もちろん、上記の様子だから必ず学校を休むということではなく、あくまで子どもが学校を休んだので、改めて振り返ると兆候としてこういった部分があったということです。

また、こういった状況でお休みした子ども達と私が直接話をしたときに、「なぜ休んでしまったのかわからない」と答える子が多いように感じます。
直接的なきっかけがあったわけではなく、「なんとなく休んでしまって、それが1日2日と長引いたことが不登校の入り口だった」という状況です。
そもそも長期的に休もうとして休んだわけではないため、本人達もお休みが長くなったことを後悔していることが多いようです。

しかし、一度お休みが長くなってしまうと、そこから復学を果たしていくというのは本当に難しいのです。
いくら後悔しても、それだけでは学校に再び行くことはできなかったと涙ながらに話すお子さんがたくさんいます。

ですので、もし休み明けに学校を休んでしまったということがあれば、その理由がなんなのかを特定できる範囲で把握し、お休みをできる限り長いものにしないことがまずは大切です。
親御さんで精いっぱい対応してみて、それでもお休みが長引いてしまうようであれば、適切な専門機関にご相談いただくことが結果的には自体の早期解決に繋がる場合も多々あります。
悩むことに多大な時間を使うのであればまずは専門機関について調べるところからスタートしていただければと思います。

今日はGWと不登校にまつわる話でした。



きりこまち先生



↓皆さんの応援のもとブログ発信が出来ております!
こちらをポチッと
応援宜しくお願いします♪(1日1回クリックを!是非ともよろしくおねがいいたします)↓
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ

4月、突然子どもが休んだ時は。

みなさんこんにちは
きりこまち先生です

すっかり桜も散り、新緑が目に優しい季節となってまいりましたね
そろそろ子どもたちも新しい学年、新しい学校に慣れてきたころでしょうか。

環境が変わることで負担を感じる子もいますが、その負担も適度であれば成長のための糧になっていくものですので、暖かい目で見守っていただければと思います

しかし、周りの大人が思う以上に新しい環境への負担が大きい子ども達もいます。
特にこの時期は環境への緊張感や春休み明けの倦怠感、責任の増加によるストレスなどなど、普段と変わらない様子に見えても以外とたくさんのことを抱えて学校に通っているということがあります。

その結果、いつもよりイライラした様子が強く見られたり、親御さんへの甘えやわがままが出たり、生活リズムに乱れが起きたりすることがあります
これらは新しい環境に慣れるまでは頻発する可能性があるので、そういった行動をとる背景は理解しつつ、それでも自立を考えたらその行動を許して良いものかどうかを判断していく必要があります。

また、一見良い様子として、普段はやらない家庭内でのお手伝いができたり、提出するプリントをちゃんとだしてきたり、宿題に取り組みやすかったりといった様子が見えることもあります。

これらは新しい学年や学校に変わったことにより、年齢的な自覚が出て「ちゃんとしよう」という意識のもとやる気がでて行動が変わったケースです。
しかし、これらの行動が以前の環境でほとんどみられていなかった場合、その行動が本当に根本から変わった結果なのかを見極めていく必要があります

酷なことを言いますが、たまに出るやる気はやる気ではなくきまぐれです。
それを判断する材料で簡単なのは継続性があるかどうかです。
少なくとも1カ月以上はそういった行動が続いていなければ、気まぐれだったのかなと解釈しても良いでしょう。

さて、ここでお伝えしたいのは気まぐれだから悪いわけではない、ということです
そもそも短期的とはいえ、行動に変容があったのであれば「そうした方が良い」ということを理解しているわけです。
そういった気まぐれを繰り返すことによって、徐々に行動が変容していくケースもあります。

また、気まぐれでも行動を変容させているということは、本人にとって「努力している」状態です。
つまり、以前の自分でいるよりも負担を感じる状態になっているということです。

頑張ろう、頑張ろうという意識で日々を生活することにより、その負担が積み重なってしまい、最終的に息切れを起こして学校を休んでしまうケースもよく見られます。
これはもったいないですよね

もちろん、努力している子ども達を不安の目でみてくださいという話ではありません。
ケーススタディとしてこんな場合もあると捉えていただければと思います。

結論としては本当に努力しているのか、自分の限界を超えて無茶してしまっているのかを見極めることが大切になるわけですが、この判断は本当に難しいのです
当センターに寄せられるお話として「休んで初めて無理していることに気付いた」という声をよく聞きます。

特に、私の感覚では完璧主義傾向にあるお子さんや細かなことが気になりやすいお子さんがこういった状況に陥りやすいように感じます。

また、親御さんの傾向としては「もっとこうだったらいいのになぁ」というお子さんへの不足や不満を感じやすい性格傾向の方が多いように感じます。

子どもなりには努力しているのに、それに気付くことや満足することができず、「もっと○○したら?」という話をしてしまったり、話はしないものの雰囲気や目でそれを示唆してしまったなんてことはないでしょうか。

子ども達は意外と親御さんのことをみているものですよ

今回の記事をご覧いただいて、心あたりがある方は明日からの子ども達との接し方を見直してみるのはいかがでしょう。

きりこまち先生

(下のバナーをポチッと応援お願いします 
 
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村

プロフィール

ぶにん先生

不登校児童の訪問カウンセラーとして多くの不登校の小中学生と関わり、復学へと導く。不登校の解決法として家族関係の重要性を説き、水野式の家庭教育メソッドである「PCM」を構築。「家族と子どもの自立」を第一に考え、全国の親子をサポート。不登校の復学支援や家庭教育に関する講演会も精力的に行っている。

現在、家庭教育支援センターペアレンツキャンプ代表理事として全国からの家庭教育相談や復学支援を展開している。著書多数。

【主な著書】
・『無理して学校へ行かなくていい、は本当か』
・『ころんでも立ち上がれる子はあなたが育てる』

当カウンセリングルームは2003〜2005年までMSNブログにて開設されていた「ぶにん先生のカウンセリングルーム」の2代目として開設された情報発信型カウンセリングルームである。


家庭教育に興味のある親御さん、お子さんのことでお悩みの親御さんなど皆さんの憩いの場になればと思います。

お子さんのことでお悩みのかたは家庭教育支援センターペアレンツキャンプまでお気軽にご相談を。

ご相談はこちらまで
不登校からの復学支援
  一般社団法人  
家庭教育支援センター
 ペアレンツキャンプ  

学校への行き渋りでお悩みの親御さん、家庭力で乗り越えましょう。親が変われば子も変わる!おひとりで悩まずまずはご相談を。
にほんブログ村参加中!クリック投票おねがいします。
                にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ

親の会のご紹介
関東ペアレンツキャンプ親の会
みかんさんによる関東ペアレンツキャンプ親の会ブログ。小学2年生の時に不登校になった息子さんと娘さんとの日常生活についての笑いあり涙ありの日記。息子さんの不登校からの復学についての考察、情報発信を主にされています。


Archives
訪問者数
  • 累計:

ブログランキング参加中
人気ブログランキングへ
記事検索