親の学校!ぶにん先生のカウンセリングルーム

不登校(登校拒否)や母子登校などの解決を目指して! ここは「親が変われば子も変わる」をスローガンに掲げる親の学校です。 カウンセラーが綴るカウンセリング理論や最新の子育て論など情報満載。 2008年にブログを開設をし、発信し続けた情報は子育てで悩む多くの親御さんたちに元気をおすそわけし、支援を受けた多くの子どもたちが学校へと戻っていきました。   子どもの問題行動予防のための家族療法(家庭教育支援法)についても随時情報公開中!一般社団法人 家庭教育支援センター ペアレンツキャンプの家庭教育カウンセラーが行雲流水にお伝えします。

まいどん先生の記事

2017年05月03日

ゴールデンウイーク後は行き渋りや不登校が増える?!

前回の続きです

気持ちが緩んでいる状態で登校日を迎えることで、子どもたちは休む選択肢をとってしまうことがあります。
また「頭痛い」「お腹いたい」などの身体症状にあらわれる子どもたちも少なくありません



子どもたちとしても最初は
「行かなきゃいけない

とわかっているけれども、

「しんどいなぁ。一日休んで明日からがんばろう」

という軽い気持ちで休んでしまっているケースが多いようです

連休明けに休んでしまうことで、1日のつもりが次の日も休んでしまい、また次の日も…とズルズルと1週間2週間と休みが続いてしまうケースが多く見受けられます。
すべてがそういうわけでもなく多くの事例を見てますと、1日2日休んでも友達に助けて引き上げてもらって登校できたり、自分でふんぎりをつけて復帰を果たすケースもあります。

しかし、1週間、2週間と休みが続いてしまうことで、次は休んだことによっての問題点が出てきてしまいます。

勉強はどこをやってるのか、クラスの雰囲気はどう変わってるのか、休んでいたことをクラスのみんなにどう思われているのか、などが問題になってきます。また、休む期間が長くなることによって、「もう僕なんて、、、」と自己肯定感が低くなってしまうことも。

その結果、家庭内暴力や引きこもり、長期の不登校に発展するケースが多く見受けられます。



こうなってしまうと、親御さんが学校に行くように促す対応をしても、なかなか自力では子どもたちは動くことが難しくなりがちです。
逆に、親御さんに暴力や暴言などで八つ当たりをするケースが残念ながら多く見受けられます

こういったケースをお伺いしていますと、早期に対応ができていれば…というケースが多々あるように思います。不登校になってしまってからは、なってしまったことによっての問題が大きくなってしまい、親子ともに大きな傷を抱えてしまいます。



私たちペアレンツキャンプでは、こういった問題を解決する「復学支援コース」と、こういった問題を抱える前に予防的な考えを親御さんに学んでいただく「家庭教育支援コース」と二つのコースで支援を展開しています。詳しくは当センターのホームページをご覧ください。

ホームページはこちら


楽しかったはずのゴールデンウィークから不登校になってしまうというのは本当に親にとっても子にとってもつらい状況です。もし、今、そういったつらい状況にある親御さん、お一人で悩まずにまずはご相談くださいね。

まいどん先生(山下真理子)


↓皆さんの応援のもとブログ発信が出来ております!
こちらをポチッと
応援宜しくお願いします♪(1日1回クリックを!是非ともよろしくおねがいいたします)↓
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ   



parentscamp at 09:30|PermalinkTrackBack(0)mixiチェック

2017年05月01日

ゴールデンウイーク後は行き渋りや不登校が増える?!

ブログ読者のみなさんこんにちは
まいどん先生です
 
5月に突入しましたね
みなさん、連休中はどこかに出かけられるご予定はあるのでしょうか 
当センターは5月3日(水)も電話カウンセリングを受け付けておりますが、お出かけのご予定がある場合は「3日はお電話お休みします」とおっしゃるご家庭も。
登校面などにおいては問題がなければ、家族で過ごすことを優先されることも大切かと思います。
ただ、担当のアドバイザーの先生から「ゴールデンウイーク中はこれに気をつけてください」と個々にアドバイスいただいているご家庭も多いかと思いますので、その点だけは注意していただければと思います。

というのも、先月からお問い合わせの数が徐々に増えてきております。
さらにここから問い合わせが増えることが想定されます。

私たちは多くの不登校のケースをみてきました。
不登校になってしまう原因はケースによって様々ですが、その中でも時期として、不登校が多い時期は大きく分けて3つの時期に分けることができます。

その時期とは、
4月の頭
ゴールデンウィーク明け
夏休み明け
…の3つです。

4月の頭は環境がガラッと変わります。
それによる環境への不適応を起こしてしまうことが多いです。

夏休み明けはお休みの日数が多いことで登校に対する意識が低下したり、宿題ができていなくて行きにくくなるということがきっかけとしては多いようです。



では、ゴールデンウィーク明けに不登校になってしまうきっかけとして一番に挙げられるのは、どのようなものでしょうか?

実はゴールデンウィークが入る時期そのものが一番のきっかけになっています。

というのも、先ほども触れましたが、4月は子どもたちを取り巻く環境は大きく変化します。
新学期に入り、クラス替えがあったり、担任の先生が変わってクラスの雰囲気が変わったり、小学校を卒業して中学生になったり、などなど、数え上げればキリがありません
この環境の変化は子どもたちにとっては大きな負荷になってきます。

その中で子どもたちは4月の間、新しい環境に慣れようと必死に頑張ります。
例えば、新しいクラスの中で友達を作ることであったり、中学生であれば自分のクラスの中での立ち位置の確保であったり、新しい担任の先生のクラス運営のやり方を覚えたり…と様々なことに気を張って頑張る必要があります。
もちろん、そんなことには意を介さず、問題なく登校する子どもたちもいます。



そんな4月を乗り切ってゴールデンウィークがやってきます。

4月の間は気を張って頑張っていた子どもたちにとっては、ゴールデンウィークはホッと安心できる連休になります。
このホッと安心できるというのが、実は気持ちの緩みに繋がってしまうケースが多く見られます。


この気持ちの緩みをゴールデンウィーク明けの登校に向けて立て直せる子どもたちには何の問題もありませんが、立て直せない子どもたちにとっては大きな試練になってきます。


学校に通うことは家にいるよりも少なからずストレスがあります。
また4月の間中頑張ってきた子どもたちにとってはゴールデンウィークの間にその苦労を思い出したりします。その学校に通うことでのストレスや4月の間の苦労を思い出すことで、気持ちが緩んでしまってる子どもたちにとっては試練になってきてしまうわけです

続きはまた次回

 

まいどん先生(山下真理子)


↓皆さんの応援のもとブログ発信が出来ております!
こちらをポチッと
応援宜しくお願いします♪(1日1回クリックを!是非ともよろしくおねがいいたします)↓
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ  



parentscamp at 09:00|PermalinkTrackBack(0)mixiチェック

2017年04月18日

PHPのびのび子育て6月特別増刊号に…!?

ブログ読者のみなさまこんにちは
まいどん先生です

あたたかくなってきたと同時に気になるもの…。
紫外線です
かならず初対面の人には「肌が白いですね!」と言っていただき「肌が白い人」として印象づけて記憶していただけるので両親には感謝しているのですが、肌が弱いという弱点があります。

急に日に焼けるとすぐに痒くなったり赤くなって肌がボロボロに…。
今年は花粉症皮膚炎にもなりテンションが下がりつつありますが、なんとか日焼け止めと日傘で乗り切ろうと考えております

さて、今回は嬉しいお知らせ…

水野先生のコラムが「 PHPのびのび子育て6月特別増刊号」に掲載されました〜(パチパチ)




_20170413_221415


な、なんと8ページものボリューム

コラムタイトルは「反抗期・思春期の向き合い方〜もし不登校になってしまったら〜」です。

これはなんとも興味深い内容です

PHPさまからは、いつも本の発売前に必ず見本本を送っていただきます。
私たちカウンセラーは一足先に拝見しましたが、皆で感動しておりました
日頃の支援に関係する記事が書かれてあったり、家庭教育に関わることも書かれてあります。

私は、「長きにわたり不登校復学支援をしてきた水野先生だからこそ書ける記事だな」と感じながら大阪事務局にて水野先生のコラムを読んでおりました。

他のページもかなり子育てに役立てるものばかりです

4月18日(本日)発売
是非とも皆さまお買い求めください

 

私も今日書店で買います 

それではまた次回ブログ記事にておあいしましょう

まいどん先生(山下真理子)


↓皆さんの応援のもとブログ発信が出来ております!
こちらをポチッと
応援宜しくお願いします♪(1日1回クリックを!是非ともよろしくおねがいいたします)↓
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ  

parentscamp at 09:00|PermalinkTrackBack(0)mixiチェック

2017年04月14日

失敗は成功の母!

ブログ読者のみなさんこんにちはまいどん先生です

突然ですが、みなさんに質問です!


あなたは、失敗したら落ち込むタイプですか?
それとも次に活かすタイプですか?


家庭教育を学び実践していただくにあたって、すぐに身に付きやすいのは後者です。

失敗をして反省をするのはいいのですが、なかなか次に活かすことが出来ない人の特徴として、自分を責めることが多かったりします

とくに、頑張り屋さんの親御さんであればあるほど、子どもに対して親がうまく対応ができなかったときに 
「私はなんてだめな親なんだろう」 
と自己否定をしがちです。
気持ちはよくわかります。失敗が続くと嫌になったりしますね。

でも、実は、これが変化には一番邪魔な思考だったりします。

というのも…
自分が発したり考える言葉は、全て自分にインプットされてしまうと言われるからです。
自分以外の誰かに対して「嫌い」だったり、「腹立つ」などと考えていたら、対象が相手であっても脳には「そう思考された」ということがインプットされるのだそうです。
「私はだめな親」と仮に毎日考え続けると、脳にインプットされてしまい、本当に「だめな親」としてのふるまいをしてしまいます
怖いですよね

そこで、「失敗したときに自己否定をしないで済む方法」をお教えします。




それは…




「自分らしくないな」




と失敗したときに思うことです。



そして、失敗した時こそ感情ではなく理性で考えるよう意識をしてみましょう。
 
日頃私たちが支援の場で「リフレーミングが大切ですよ」とお話をします。
ポジティブフレームで思考することが、結果的に親御さん自身がハッピーになる近道だからです。
ネガティブフレームで思考し続けると、欝々としがち。
家庭内では、お母さんが太陽のような存在で居ていただいた方が、子どもたちにもよい影響を与えます。
失敗したら、「自分らしくないな」と唱え、次に状況は事実だけを認識する癖をつけてみましょう。
そして、どうしても心がざわざわしたり、イライラしてしまうようであればその気持ちをすべて紙に書き出してみましょう。

案外、言語化してみると自分の考えが整理されて前を向きやすくなりますよ
そして最後に必ず、「今回はどうすべきだったか」「次はどうしたらいいか」を考えておきましょう。
紙やスマホのメモなんかに書いておくといざという時に役立ちます

失敗を繰り返してしまったり、新たなことを初めても続かないのは、実は自己否定が原因かもしれません。
失敗は成功の母!と捉え、家庭教育の実践を頑張ってみましょう。
そして、苦労ながらに「親が変わること」が実践出来れば、きっと子どもの気持ちがわかるようになります。

子どもたちもまた、不器用なりにたくさん失敗して、成長しています
「なんでできないの?」ではなく、「どうやったらできるだろう?」と親子で考えられるマインドが家庭内で浸透していけるように心掛けてみても良いのではないかと私は思います。

「失敗しても鼻歌まじりで」

こんな気持ちで子育てをするのを、私はおすすめいたします

それでは、また次回ブログ記事にてお会いしましょう

まいどん先生(山下真理子)


↓皆さんの応援のもとブログ発信が出来ております!
こちらをポチッと
応援宜しくお願いします♪(1日1回クリックを!是非ともよろしくおねがいいたします)↓
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ  

parentscamp at 08:00|PermalinkTrackBack(0)mixiチェック

2017年03月31日

叱り役って必要なの?

ブログ読者のみなさんこんにちはまいどん先生です
前回の続きです

前回、父性と母性についてのイメージについてブログ記事を発信いたしました。

母性は簡単に言えば「無条件の愛情」を与えること
反対に、父性は「条件付きの愛情」つまり、「厳しさを持った愛情」を与えること


つまり、しつけをするということです。
「これをしてはいけない」「こうしなければならない」といった、ルールやマナーを教えるのが父親の役割になります。

子どもをあるがままに受け入れ、共感し、優しく受け入れてくれるのがお母さん。
世の厳しさを教えて、時に対立しながらも子どもを導いてやれるのがお父さんです。

どちらも子どもの成長においては大切な要素ですが、偏ると前回発信したブログの内容のような結果になりがち。

「でも、うちの子には世の厳しさを学ばせたいんです」
「うちの子には恐怖を与えず相手の気持ちを考えさせたり、優しい子に育ってもらいたいんです」

…と思う親御さんもいるかもしれません。

そう思う親御さんこそ、バランスを重視していただきたいのです。

実は、父性と母性は男女関係なくどちらの性別であっても誰もがもっています。
私たちが成長する段階で、親に叱られたり共感してもらうことで、将来的にそれが「内なる父」「内なる母」になっていきます。

例えば、「これをしたら周囲に迷惑がかかるな」と考えられるのは自分の中に父性が備わっているから。
「これをしたら相手が嫌がるな」と考えられるのは自分の中に母性が備わっているからです。

これらは過去の経験の中でしか培えません。

ブログ用2



父性と母性についてバランスよく家庭の中で学べた子はルールを大切にしたり、相手の気持ちを考えられる優しい子になりやすいです。
父性と母性それぞれを持ち合わせているからこそ、その場その場で柔軟な判断が出来るようになります

叱り役の対応のポイントとしては…
1 ルールを破ったら叱る
2 お母さんや他人に迷惑をかけたら叱る
3 身の回りのことなど、子どもの問題に口出しをしない


この3つです。


具体的に、叱り役の対応については水野先生の書籍に書かれてありますのでそちらをご参照ください。
また、父性と母性のバランスを取るという点については、現在どんきー先生が連続発信中の『中1ギャップによる不登校からの復学事例』をご覧いただけるとより理解が深まるかと思います

ブログ用3



このブログ記事が皆さんのお役に立てれば幸いです

まいどん先生(山下真理子)


↓皆さんの応援のもとブログ発信が出来ております!
こちらをポチッと
応援宜しくお願いします♪(1日1回クリックを!是非ともよろしくおねがいいたします)↓
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ  

parentscamp at 10:00|PermalinkTrackBack(0)mixiチェック