親の学校!ぶにん先生のカウンセリングルーム

不登校(登校拒否)や母子登校などの解決を目指して! ここは「親が変われば子も変わる」をスローガンに掲げる親の学校です。 カウンセラーが綴るカウンセリング理論や最新の子育て論など情報満載。 2008年にブログを開設をし、発信し続けた情報は子育てで悩む多くの親御さんたちに元気をおすそわけし、支援を受けた多くの子どもたちが学校へと戻っていきました。   子どもの問題行動予防のための家族療法(家庭教育支援法)についても随時情報公開中!一般社団法人 家庭教育支援センター ペアレンツキャンプの家庭教育カウンセラーが行雲流水にお伝えします。

まいどん先生の記事

2017年12月11日

間もなく冬休み!クリスマスやお正月で気を付けるべきこととは?

ブログ読者の皆さんこんにちは
まいどん先生です

毎日寒いですね〜先日なっぴ先生がブログでも書かれていましたが、私もお布団から出るのが毎朝つらいです
皆さんにご相談いただく中で、「子どもが起きてくるのが遅くなりました」と仰る方が増える時期です。それを聞くたびに、「お布団から出るのが嫌で起きてくるのが遅くなるの、めっちゃわかる」と共感しています(笑)
案外どのお子さんも寒くなると起きてくるのが遅くなっていますので、登校に問題がなければそっとしておいてよいケースが殆どです
朝起こしの時には、親御さんだけが焦って声をかけすぎていないかを振り返ってみましょう。
もしかしたら焦っているのは案外親御さんだけだったりもします。

さて、もうすぐ子どもたちが楽しみにしている冬休みがやってきますね
冬休みといえばクリスマスとお正月!!!!

今回の記事では、それぞれのイベントで親御さんが気をつけるべきことはなにかを書かせていただこうかと思います。

まずはクリスマス

お子さんはサンタさんを信じていますか?
サンタさんを認識しだすのは大体2歳くらいからなんだそうです。
そこから平均して小学3年生くらいまではサンタさんを信じる子が多い傾向にあります。
高学年になると、大体のお子さんは友だちから真実を聞かされてサンタさんには中身の人がいたことを知ることになります。
早いお子さんだと小学校低学年には真実を知ってしまうこともあります

個人的には、サンタさんを信じるのは以下のようなメリットがあると感じます。
・想像力が豊かになる
・サンタさんと出会う方法を考えたり自発的に行動できる
・周りがなんと言おうが自分が「サンタさんはいる」と自分の意見を信じる


「サンタさんに会う!!!」と言って罠を作ったり、「サンタさんが食べるかもしれないから」と言ってお菓子を置いておいたりするお子さんも多いです。
是非真実を知るまでは、子どもらしさももっていて欲しいところです
親御さんから真実を告げなくても、大体は学校で真実を知ることになるでしょうから、わざわざ夢を壊すことは親御さんから言わないことをお勧めします。
また、クリスマスプレゼントは全国的に見て平均して¥5,000程度のものを用意されているようです。
もし高額なものが欲しいと言っていても、そこは無理する必要はないと思います。
プレゼントをあけた子どもが残念そうにしていても「サンタさんはあなたに今一番必要なものをくれたのね」などと言ってフォローしておきましょう。

次に、お正月。
もらうお年玉の額はご家庭によって様々です。親戚が多いご家庭だとかなりの額をいただくお子さんも多いです。
おススメなのは、お年玉を全て子どもに渡さずにいくらかはお子さんに渡したうえで貯金に回してあげる方法です。
「残りは全部貯金しておくからね」と伝えておきましょう。
お金をやりくりする経験は子どもの我慢力や計画力を育みますが、あまりにも大金をいっきにもってしまうと、金銭感覚がズレた子になってしまうことも
ですので、お子さんが小さいうちは親御さんが管理しておくことをお勧めします。
もし「お年玉引きおろしてよ!」と言われた場合は、言ってきた内容にもよりますが、基本的には「引きおろせない口座に貯金している」と言っておくとトラブルに発展しにくいと言えます。
結局貯金を自由におろせてしまうとその場で全額渡すのと変わらなくなってしまいます

とはいえ、ケースによっては全額渡して1年でうまくやりくりするようにしたほうがよい場合もありますし、ご家庭の状況やお子さんの性格傾向によって対応も変わってきます。
本日ご紹介した方法が「絶対に良い!」という訳ではないことはご理解の上、参考にしていただければ幸いです

まいどん先生


↓皆さんの応援のもとブログ発信が出来ております!
こちらをポチッと
応援宜しくお願いします♪(1日1回クリックを!是非ともよろしくおねがいいたします)↓
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ   

parentscamp at 09:00|Permalinkmixiチェック

2017年11月22日

子どもがネガティブ思考!どうしたらいい?!

ブログ読者のみなさんこんにちは
寒くなってくると、毎日楽したい温まるから鍋がいいなと思うまいどん先生です

いきなりですがみなさんは、ポジティブ思考だと思いますか?ネガティブ思考だと思いますか?
世間的には、「ポジティブ思考のほうがよい」とされがちですが、家庭教育においてはどうでしょうか。

家庭教育においても、答えとしては「ポジティブ思考なほうがよい」と言えます。
その理屈を、今回のブログではご紹介したいと思います。

ポジティブ心理学で有名なセリグマンは、
悲観的な思考パターンの人は、一時的な失敗を「ずっとこうだった」「いつも失敗している」かのように思い込む傾向がある
としています。

また、悲観的な考えには少なからず「認知のゆがみ」が生じていると考えられています。
例えば、ある仕事がうまくいったとしても、その理由を自分の能力や努力に帰さず「たまたま運がよかった」などととらえてしまうのも典型的な例です。

そのほか、相手のちょっとした態度を過敏にとらえて「嫌われている」などと思い込むこともよくあります。結果、人間関係に自信がもてなくなり、人間関係を悪化させることにもなり兼ねません。


認知の歪みは10パターンあります。

。阿100か思考
 ひとつでも欠点があると全く価値のないものと考える。物事を多方面からとらえることができない

一般化の行き過ぎ
 一度悪いことが起こると「いつもこうなる」「うまくいったためしがない」などと考えてしまう

心のフィルター

 悪い側面ばかり見てしまう。色眼鏡をかけている

ぅ泪ぅ淵校弭
 ささいなことを悪い出来事にすり替えて自分の価値を自ら引き下げがち

シ誅世糧躍
 「遅刻する→自分は最悪な人間」などと飛躍した結論にいたってしまう

Ω愨膸襪伐畩評価
 自分の短所や失敗は大きくとらえ、長所や成功を評価しない

Т蕎霤な決めつけ
 「こんなに不安なんだから、失敗するに違いない」などとマイナス感情で物事をきめつける

─屬垢戮」思考
 「すべき」と考えることができていないと、自分を責めがち

レッテルを貼る

 「あの人はだめな人」「自分は大バカ者」などとネガティブなレッテル貼りをしてしまう

自己関連付け
 他人の失敗を自分にすり替え考え、自分を責めてしまう。自己評価を低下させる思考パターン

いかがでしょうか?

「あ!これ私のことかも!」と思われた方がいらっしゃったら、ぜひ物事の見方を多方面から見るように心がけてみてください。
見方を変えてみると、案外そのネガティブ思考は認知の歪みからきているだけで、実はたいしたことではなかった…なんてことがあります。

子どもは親の背中をみて育ちます。
親御さんがネガティブ思考であった場合、子どももそうなりがちです。

ただ、ひとつ注意していただきたいのは「ポジティブの押し売りは避ける」ということ。
どうしても落ち込むことは人間だれしもありますが、「そんなん考えたって仕方ない」「いいことだけ考えたら?」などと無理やりポジティブにとらえてもらえるように話を促された本人は、「ただ聞いてもらいたかっただけなのに。もう言わないでおこう」と思うかもしれません

ネガティブ思考は、先のことを考え、失敗しないように準備できるという点ではよいことでもあります。大事なのはバランスの良さであるかと私は感じます。

もし、ネガティブ思考すぎるかも?と思われる方がいらっしゃいましたら、ぜひこのブログをきっかけに日ごろの物事の考え方を変える工夫をされてみてはどうでしょうか。

このブログ内容が皆さんのお役に立てれば幸いです

まいどん先生


↓皆さんの応援のもとブログ発信が出来ております!
こちらをポチッと
応援宜しくお願いします♪(1日1回クリックを!是非ともよろしくおねがいいたします)↓
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ   

parentscamp at 10:00|Permalinkmixiチェック

2017年11月03日

母子登校の原因とは?

ブログ読者の皆さんこんにちはまいどん先生です。

3学期制の学校では、2学期も後半に差し掛かりました。
お子さんたちは、毎日1人で学校に行けているでしょうか。

実は、家庭教育支援コースでよくご相談いただくのは『母子登校』のケースです。
母子登校と言っても、状況は様々です。

・校門まで
・下駄箱まで
・教室まで
・1〜2時間目まで
・給食まで
・最後まで

上記でいえば後者にいけばいくほど、母子依存が強く深刻なケースと判断することもあります。
母子登校というと、一見「登校しているからいいじゃないか」と思われがちですが、親御さんにとっては非常につらいものです

「周囲のお子さんは1人で行けているのに、なんでうちの子だけ?」
「育て方がよくなかったの?」
「うちの子は病気なの?」

このような考えがぐるぐると頭の中で巡ってしまい、自己嫌悪に陥ったりイライラが募り子どもに感情をぶつけてしまう。
母子登校中のお子さんがご家庭にいる親御さんにはよくわかるのではないでしょうか。

母子登校のきっかけや原因はご家庭によってさまざまであるため一概には言えないのですが、当センターにご相談いただくケースでは往々にして本人の自立が年齢相応ではなかったケースが多く見受けられます。

例えば、小学校1年生のお子さんで言えば…
・1人でトイレに行ける
・宿題を自ら始められる
・時間割を1人で揃えられる
・自分で時間を見て行動ができる

お子さんの成長度合いにより、多少親御さんのサポートが必要な場合はありますが、上記のようなことは今の時期、1人でこなせていたほうがよいでしょう。

母子登校中のお子さんの場合、母子依存であることからお母さんと離れることを極端に嫌い、お母さんに頼りっぱなしであることが多いです。
「ママ、きて」
「ママ、これどうしたらいいの」
「ママ、どこにいくの?(お家の中でのお母さんの移動に対して)」

親御さんもはじめは「まだ1年生だしサポートは必要かな」「頼ってきている以上は助けてあげたほうがよいのでは」「この子はちょっと幼いところもあるけど、私がそばにいれば指示に従ってそれなりに出来るし…」といった考えで頼られれば助けてあげていたのかもしれません。


私も、1年生といえば右も左もわからない状態で、学校環境に慣れていないケースでは、はじめは親御さんの伴走的サポートは必要だと思います。
宿題の進め方や時間割の揃え方など、はじめはしっかりと教えて習慣化させることが大切です。
ただ、学校生活にもそろそろ慣れてくる今の時期でも、常にお母さんに頼りっぱなしというのは不安とも言えます。

今は問題なく登校が出来ていても、周囲のお子さんと比べてみて自立が出来ていないケースでは後々母子登校に発展したり、母子登校であってもいつか子どもが1人立ちするだろうと目を逸らしていると不登校に発展することもあります

家庭教育の観点で考えると、どのケースにおいても言えることは、早い段階で問題を解決しておいたほうがよいこと。
なによりも問題がおこらないよう予防しておく、子どもの能力を常に開発できる環境を作っておくことです。

もし「うちもその要素はあるかも…」と思われた方がいらっしゃったら、試しに親タイプ診断テストをしてみてください

客観的な視点でご家庭の家庭教育の様子を振り返るよいきっかけになるかと思います
その上で、もし支援にご興味を持たれた方は水野先生のご著書をご覧いただくか、問い合わせフォームよりご連絡ください。

まいどん先生


↓皆さんの応援のもとブログ発信が出来ております!
こちらをポチッと
応援宜しくお願いします♪(1日1回クリックを!是非ともよろしくおねがいいたします)↓
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ   

parentscamp at 06:30|Permalinkmixiチェック

2017年10月01日

ある日のペアレンツキャンプ パート10

ブログ読者のみなさんこんにちは
眠気対策が一向に進んでいないまいどん先生です

先日、姉の子どもたちの通う学校では運動会が行われました
PTAの役員になった姉は運動会進行のお手伝いがあったようで、下の子がまだ小さいからと頼み込まれて姉の家に行ってきました。

訪問カウンセラーとしてのスキルを思いっきり発揮しているおかげか、甥や姪に大人気です
「わーいまいどんきたーーーー!!!!」なんて嬉しそうに出迎えてくれると、訪問カウンセラーとして全国を飛び回っていたのが懐かしく思えました

さて、今回はお久しぶりの「ある日のペアレンツキャンプ」です

実はこのブログ、10月1日で開設してから9年目を迎えました〜

2008年10月1日から「ぶにん先生のカウンセリングルーム」にてブログ記事が発信され続けてきました

そしてこのブログ記事はちょうど770記事めです
ブログへの来訪者数は48万人を超えました

はじめはぶにん先生お1人で書き始めたこのブログ。
いまではブログ記事にて登場される先生が増えてきました。

そんな先生方のことを知りたい方がいらっしゃると信じて、今回は7名の先生方の紹介をさせていただきます
※まいどん先生の主観がかなり入っています

ぶにん先生
ペアレンツキャンプ代表理事
復学支援コース担当
主に全国各地で家庭教育の普及のために講演会活動をされています。
講演会が多い月はあちこちで10本もの講演をされる…なんてことは今では珍しくないです。
よく誤解されがちですが、ペアレンツキャンプでは一番の人情派です
好きな食べ物:お肉、お寿司、ラーメン、フライドポテト、ポテチ、チョコ、せんべい、からいもの
好きな飲み物:コーラ、緑茶、ミックスジュース

どんきー先生
ペアレンツキャンプ代表カウンセラー
復学支援コース担当
現在はどんきー先生が担当する支援数が復学支援コースでは1番です。
ぶにん先生が講演会活動をされるようになり、どんきー先生は支援を中心に活用されています。
別機関になりますが、家庭教育推進協会の理事も兼任されています。
見た目と中身のギャップに驚かれる方が多いですが決して怖い先生ではありません。
時々休み時間にスマホをみてニヤニヤされている時は大体動物の写真や動画を見られています(笑)
好きなスポーツ:野球(阪神)、バスケ(Bリーグ、NBA)
好きなこと:きりこまち先生いじり

きりこまち先生
東京分室の支部長
復学支援コース担当
訪問カウンセラーとして活動されることが減ってきましたが、子どもの心をつかむのがものすごくうまい先生です。
ぶにん先生とどんきー先生に好かれすぎて、大阪本部にいる時はいじり倒されボケとツッコミのスキルがかなり高くなりました。
出身地:秋田
こっそり考えていること:消滅可能都市といわれる秋田をどうにかしなければ

スージー先生
家庭教育支援コース担当
チーフ訪問カウンセラー
しっかりしていそうなのに(してるのですが)どこか抜けているところがあります。
美味しいものを食べている時や食べ物の話をしている時のスージー先生の表情はとんでもなく輝きます。目がキラキラしてまぶしくなります。
好きな食べ物:トマト、お酢を使った料理、四季折々の食材を使った料理、甘いもの
好きな休日の過ごし方:ねること(普段忙しすぎる反動ではと個人的には思っています)

なっぴ先生
家庭教育支援コース担当
訪問カウンセラー
全国を飛び回って忙しいのに、いつもニコニコされています。
人のよいところ探しが得意で私のことを「歩くマイナスイオン」と命名してくれました。
好きな季節:秋
好きなお酒:コークハイ

カケル先生
家庭教育支援コース担当
訪問カウンセラー
「パッと見たらイケメンなのに…」と言われがちです。
ご家庭にカケル先生が来られた親御さんならきっと意味が分かるのではないかと思いますが、関西魂なのか常にネタを披露されます。
笑いが高度すぎてなかなか周りがついてこれません。(カケル先生曰くすべり芸らしいです)
尊敬する人:ぶにん先生
好きな食べ物:からあげ、かつ丼、アイス

バッジョ先生
社会的支援担当
私が歩くマイナスイオンなら、バッジョ先生は歩くウィキペディア…いえ、バッジョペディアです
後方支援をしてくださる先生で、事務所でパソコンに不具合がおきたときに真っ先に呼ばれる先生です
好きなスポーツ:サッカー
好きな食べ物:好き嫌い一切なし

以上、私の主観がバリバリ入った先生紹介でした(苦情は受け付けません)
みなさま、引き続き「親の学校!ぶにん先生のカウンセリングルーム」をよろしくお願いします


まいどん先生


↓皆さんの応援のもとブログ発信が出来ております!
こちらをポチッと
応援宜しくお願いします♪(1日1回クリックを!是非ともよろしくおねがいいたします)↓
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ   

parentscamp at 06:00|Permalinkmixiチェック

2017年09月16日

進んで転んで立ち上がれる子を育てよう!

ブログ読者のみなさんこんにちは
まいどん先生です

先日、ぶにん先生の誕生日プレゼントに、バッジョ先生から激辛のポテチをプレゼントされていました。お昼休憩時にスタッフ全員で食べましたら…

全員悶絶・・・。

さすがの辛いもの好きなぶにん先生と私も、「かっっら!かっらーーーーーー!!!!!!」と吠えました。
全員、いただきもののジュースを一気飲みする騒ぎになりました・・・


さて、今回は「転んで立ち上がれる子を育てよう」という内容でブログを書かせていただこうかと思います。

よく、当センターの支援を受講したいとご希望の親御さんは、お子さんを愛するがあまり「失敗させないようにしよう」「傷つかないようにしてあげよう」「泣いてしまわないようにしてあげよう」といった思いでついつい過干渉・過保護の対応をしてしまいがちです。

しかし、果たしてそれはお子さんにとっていいことなのでしょうか?

わたしたちは「失敗経験はある程度積んでおいた方がその子のためになる」と感じています。

ちょっと想像してみてください。
失敗経験や叱られた経験を積んでこなかったお子さんが、社会に出たとき。
仕事をミスしても「どう挽回しよう」「どうリカバーしよう」と考えられるでしょうか。
上司に叱られても「今回は仕方がないから気持ちを切り替えて頑張ろう」と思えるでしょうか。

このような経験は大人になってからではなく、子ども時代に経験できるものです。

水筒が必要なはずなのに、うっかり忘れてしまう失敗経験をしたとしたら、どう対処するのが正しいでしょうか。
きっと、水道水を飲んだり、お友達に恵んでもらったり、先生にお願いして職員室のお茶をいただくなどの行動が考えられるのではないでしょうか。
叱られたときは「自分が悪かったな」と思えるように、親御さんは「何が悪かったのか」「どうすべきだったのか」といったことをしっかり伝えることが必要です。

決して倒れない完璧な人間になろうとすれば、いつも倒れる恐怖と戦って生きなければなりません。
次第に臆病になってしまいます。
しかし、必ず起き上がる人間になろうとすれば、何も恐れず行動できる人間になれるのではないでしょうか。

皆さんにおかれましては、ぜひ「転んでも立ち上がれる子を育てよう」のマインドで家庭教育の実践を心掛けていただければと思います。

過保護・過干渉の対応がなぜよくないかということについては過去のブログで書かせていただいていますので、ご興味がある方はぜひご参考にされてみてくださいね

それでは、また次回ブログにてお会いしましょう

まいどん先生


↓皆さんの応援のもとブログ発信が出来ております!
こちらをポチッと
応援宜しくお願いします♪(1日1回クリックを!是非ともよろしくおねがいいたします)↓
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ   

parentscamp at 07:30|Permalinkmixiチェック