親の学校!ぶにん先生のカウンセリングルーム

不登校や母子登校などの解決を目指して! ぶにん先生のカウンセリングルームは家庭教育支援センターペアレンツキャンプのカウンセラーが運営する「親が学べば子は伸びる!親が変われば子も変わる」をスローガンに掲げる親の学校です。 経験豊富な復学支援カウンセラーや家庭教育アドバイザーが綴る今日から役立つ理論や最新の子育て論など情報満載です。 親子の笑顔のために日々情報発信をしています。

親の学校!ぶにん先生のカウンセリングルーム イメージ画像

実際の復学事例

今週は、中学3年生の男の子が復学することができました7ヶ月間の不登校でした。中学2年生の頃から、「休みたい」と親に訴えてくるようになりました。当初の理由は友達に「気持ち悪い」と言われたことのようです。行き渋り初期は、それを「いじめ」と捉え、親御さんも学校側に

今週、6年生の男の子が支援を受けて無事、復学しました半年間の保健室登校を経て、半年間の不登校。教室へ入るのはおよそ1年ぶりくらいだったようです。5年生の連休明けから学校へ行くことが辛くなり、学校側から保健室でもいいからということでお話を頂き、週3日程度保健室

きのう、7ヶ月間不登校だった小学校4年生の男の子が復学しました私が担当しているクライエントさんとしては今年度最後の復学となり、きのうは対応していただいている訪問カウンセラーの先生と、親御さんとで喜びを分かち合いました。登校2日目の今日も問題なく、「いってきま

今日は、早朝5時に起きて、復学支援をしている中学3年生のところへ行きました。約4ヶ月間の不登校。支援を開始したのが1月半ば。彼の支援には大きな壁がいくつもありました。①受験は大丈夫か?②コーチングを入れたところで中3の子に短期間で響くのか?③仮にコーチング

↑このページのトップヘ