親の学校!ぶにん先生のカウンセリングルーム

不登校(登校拒否)や五月雨登校、母子登校などの解決を目指して! ここは「親が変われば子も変わる」をスローガンに掲げる親の学校です。 カウンセラーが綴るカウンセリング理論や最新の子育て論など情報満載。 ブログ開設8年(2008年開設)で発信し続けた情報は子育てで悩む多くの親御さんたちに元気をおすそわけしてきました。   子どもの問題行動予防のための家族療法(家庭教育支援法)についても随時情報公開中!一般社団法人 家庭教育支援センター ペアレンツキャンプの家庭教育カウンセラーが行雲流水にお伝えします。

実際の復学事例

2016年11月14日

中学3年生の不登校の復学事例

ブログ読者のみなさん、こんにちは

どんきー先生です

さて、今回は不登校から復学を果たした事例をご紹介いたします。

【中学3年生 男子 不登校】

支援をお受けしたのはゴールデンウィークの頃でした。
私たちの復学支援コースでの復学支援では基本的にはゴールデンウィークを過ぎてからの中学3年生の復学支援はお受けしていません。
なぜならその先の進路を獲得することが困難なケースが多いからです。
(他にも理由はありますがここでは省きます)

ですので、今回の支援は本当にギリギリのタイミングで支援を開始することができました。

支援開始当初の子どもは…
・通っていた塾を辞めてしまう。
・歯列矯正の通院をしなくなった。
・部屋にひこもっている。
・昼夜逆転している。
・「消えたい」「死にたい」「今から車に突っ込みに行く」などと発言し泣いている日々が続く。

というような状態でした。
学校を休み始めてから相当自信を無くしたのか、自分の存在を否定するような発言が多く見受けられました。

この状況では、自分を傷つけてしまうような行動を取りかねないような切羽詰まった状況でした。
また、進路についても休めば休むほど不利になってしまうことが考えられました。
ですので、これは早急に対応をしなければ状況が悪くなっていく一方だと判断しすぐにダイレクトアプローチに入る準備を整えていきました。

ダイレクトアプローチ前に分析した子どもの性格としては
・正義感が強い
・プライドが高い
・物事の捉え方が自虐的な捉え方をする
・頑固
・我慢力が低い

というような傾向が見られました。

また、事前に親御さんからお聞きしていた不登校になってしまった「きっかけ」は
・友達関係のトラブル
正義感が強いため、何か悪さをする子がいると必ず注意していた。
その注意の仕方が威圧的すぎることがしばしばあったため、悲しいことではあるが周りの子から煙たがれてしまうことがあった
・先生との折り合いの悪さ
ある時間に腹痛を訴え、トイレに行き、帰ってきたら用意されているはずの子の分が用意されていなかった。
そのため、先生に自分は存在を忘れられていると捉えてしまった。この時にクラスメイトにも忘れられていると捉えてしまった
上記の2点があがりました。


こういった性格傾向と不登校になった「きっかけ」から、彼自身が自分を責めすぎているだろうと思われるケースでした。そのため、より慎重にダイレクトアプローチを組み立てないと、さらに自分を責めることになってしまうという結果になりかねないリスクが考えられました。


そのことを踏まえてダイレクトアプローチに入りました。


続きはまた次回


※細かい対応面や、状況の変化などは実際にはもっとあります。この場では省略しておりますのでその点はご理解いただいた上でお読みください。


 どんきー先生(佐藤博)


↓皆さんの応援のもとブログ発信が出来ております!
こちらをポチッと
応援宜しくお願いします♪(1日1回クリックを!是非ともよろしくおねがいいたします)↓
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ   

parentscamp at 10:00|PermalinkTrackBack(0)mixiチェック

2016年03月19日

問題行動がエスカレートしていった中学生の復学事例 

前回の続きです



↓こちらもポチッと!
応援宜しくお願いします♪(1日1回クリックを)↓
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ



いよいよ、登校日を迎えました

この日まで彼はカウンセラーと二人三脚で準備を進めていくことができました。
そして、登校刺激の日を堺に家の中で見られていた問題行動もなくなりました
やはり、問題行動については本人が言っていた通り、登校できないイライラを家の中でぶつけてしまっていたところがあったのだろうと思います。
学校に戻るために前向きに準備をすることでこのイライラはなくなっていったのでしょう。



そして、登校日当日

彼は朝起きることが苦手で準備中もなかなか朝起きることには苦労していました。
この日も起きるのは苦労していましたが、訪問カウンセラーが前日からお家に泊まり込み対応していたおかげで予定の起床時間に起きることができました。
準備の方も眠い目をこすりながらではありますが、準備をすることが出来ました。

私も一ヶ月ぶりにお家に顔を出し、彼の顔を見て話をしました。

彼は一ヶ月前とは別人のような顔つきになっていました。
一ヶ月前は顔色も悪く生気を感じられないような顔をしていましたが、この日は顔に生気が戻り、多少緊張感をにじませた顔をしていました。

私からは

「いよいよ今日からだね。
この一ヶ月しっかり準備はできたよね。
あとは学校に行くだけ。
そこが一番不安だろうけど今までの準備はきっと君の自信になっているはず。
家では何も問題を起こしていない。
君は変われたんだ。
堂々と胸を張って行っておいで。」

と声をかけました。



彼は今度はしっかりと私を見据えてはっきりとした声で

「はい!」

と返事をしてくれました。



そして、彼は「いってきます」と言ってお家を出ていきました。
その後ろ姿は今まで家の中でひきこもりイライラをぶつけていた姿がウソのように堂々とした後ろ姿でした。



この日から彼の継続登校が始まりました。
継続登校中も山あり谷ありでした。
良いことも大変だったこともたくさんあります。
そのすべてをここで書いてしまうと膨大な量になってしまうので割愛いたします。

何度かお休みしてしまう日がありましたが、家庭とカウンセラーと私がしっかり連携を取りその都度彼に合った対応を模索していくことでしっかりと立て直していき、彼は無事に中学を卒業し自分の進路を獲得するまでにいたりました。


今、彼は高校2年生になっています。
この記事を書くために親御さんに連絡を取り、近況をお聞きしました。
彼は今、大学受験に向けて既に動きだし志望校に向けて勉強を頑張っているそうです。

その報告と共にこんなメールを頂きました。
以下メールの全文です。
親御さんの許可を頂き全文掲載いたします。


「復学して4年半が経ちました。
あの時、ペアレンツキャンプに出会っていなかったら、先生のご支援いただかなかったら・・・。
どうなっていただろうと常々考えます。
その末路が頭に浮かびゾッとします。
本当に感謝の気持ちしかありません。
親はなくとも子は育つ、とか言いますけど、親の育て方、言動が、こんなにも子どもに影響を与えるものだということをこの4年半で支援の中で学ばせて頂きました。
今は気付かせてくれた次男に感謝しています。
ずっとごめんね。という気持ちでした。
でも今はありがとうという気持ちです。
あの頃、暗い部屋でゲームしていた彼が今は前向きに日々頑張っているのですから(ゲームもしてますが 笑)。
私も自分に自信を持ってこれからも自分自身を持って生きたいと思います。
もう一度最後に先生方ありがとうございました。
また、親の会などでお会いした時にはよろしくお願いいたします。」


という親御さんの思いが詰ったメールをいただきました。



このケースでは問題行動が顕著に表れていて、非常に難しいケースでした。
しかし、親御さんが子のために変わろうと努力をされた。
それが無ければこの支援はおそらくうまくいかなかったと思います。
その努力があったからこそ、子の不登校に対して感謝する気持ちになれたのだと思います。
実際、子の方も感謝していたはずです。
だって、支援中の母の日にお母さんにカーネーションを買おうとしてくれたほどですから


登校おめでとうございます



※細かい対応面や、状況の変化などは実際にはもっとあります。この場では省略しておりますのでその点はご了承の上、お読みください

どんきー(佐藤 博)

宜しければこちらもポチッと応援お願いします。(1日1回クリックを
  
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村

parentscamp at 10:00|PermalinkTrackBack(0)mixiチェック

2016年03月17日

問題行動がエスカレートしていった中学生の復学事例 

ブログ読者の皆様、お待たせいたしました前回のつづきです



↓こちらもポチッと!
応援宜しくお願いします♪(1日1回クリックを)↓
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ




復学準備をするところまでは訪問カウンセラーと話すことで決めていくことができました



しかし、彼のケースでは休んでいる間にエスカレートしてしまった家庭内での問題行動の部分を親と子で話し合う必要がありました。

親御さんはそんな話し合いをせずとも子どもが「学校に戻るために頑張る」と言っていれば、こんな話し合いをせずとも無償の愛で彼を応援してくれるような親御さんです。
しかし、子どもの方はそうはいきません。
ここで親と話し合い、この問題を解決しなければ親に対してわだかまりが残ってしまい、もしかすると一生ひきずってしまうような結果になりかねないという可能性があると考えられました。


私は彼と親御さんに向き合って座るようにお願いしました。

私から彼が今まで起こしてしまった問題行動を振り返り、彼にその理由を尋ねました。
ただ、やはり本人もやってはいけないことだったということをわかっているのか、話にくそうにしていました。

そこで、私からは

「ここでは別に君の起こした行動を責める気はない。
親御さんもそんなことは求めていない。
ただ、これから前を向いて学校に戻っていくのであれば、なぜ自分がこういう行動を起こしてしまい、これからどうしていくのかを自分の口で親御さんに話すことが必要になってくる。
なぜなら、今日から君は生まれ変わることになる。その再スタートを切るためのケジメになるからだよ。」

ということを彼に話していきました。



そうすると彼は意を決したかのように話し始めてくれました。

「学校に行けなくてイライラしてしまって、やってしまった。
ちゃんと準備して学校に行きます。
今までごめんなさい。
もうしません。」

ということを涙ながらに話してくれました。



親御さんもこの話を受けて一緒に涙しながら短く

「一緒にがんばろう」

とおっしゃいました。


この光景を見てこの家族であれば必ず復学していけると確信が持てました




この日から、訪問カウンセラーと二人三脚での復学準備が始まりました。

私たちの支援では復学にあたってしっかりと約一ヶ月ほどの準備の期間をとって準備を進めていきます。そして、この日に復学するぞ!という目標となる日程を登校日という形で設定していきます。

準備をするには学校の先生方のご協力は必要不可欠です。
ですので、私たちカウンセラーが彼の代わりに学校に赴き、支援のご説明や学校に戻るために必要な準備のご説明とご協力をお願いをさせていただいています。
学校の先生方には理解をして頂き準備を進めていくことが出来ました。
途中、ハプニングはありましたが、彼は乗り越えていくことが出来ました。

※どんなハプニングだったかは学校の先生にも関わる話ですのでここでは控えさせていただきます。





そして、いよいよ登校日を迎えました





続きはまた次回!




どんきー(佐藤博)



↓こちらもポチッと!
応援宜しくお願いします♪(1日1回クリックを)↓
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ



parentscamp at 15:06|PermalinkTrackBack(0)mixiチェック

2016年03月12日

問題行動がエスカレートしていった中学生の復学事例 

前回の続きです

↓こちらもポチッと!応援宜しくお願いします♪(1日1回クリックを)↓
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ


10月に入った頃にいよいよダイレクトアプローチを行いました。

このケースでは中学生という年齢と彼の性格を分析したときに訪問カウンセラーを先に導入する形はとらず、登校刺激によりまず登校の意思を確認してから訪問カウンセラーを導入して具体的なサポートをしていく形をとりました。

訪問カウンセリングに入る前の分析では、親御さんや学校の先生相手にも反発することもある子ということと、支援前から見られる問題行動があったということも踏まえ、パニックになり私たちカウンセラーにも反発をみせるか、あるいは脱走してしまうことが懸念されました。
ですので、最大の警戒心を持ってお家に入ることとなりました。

私たちが入った時、彼はリビングのソファーでくつろいでいました。
私たちをみると彼は私たちの予想通りその場から立ち去ろうとしました。
ですがそこは親御さんとわたしとで連係をとり、なんとかその場で話ができる状態まで持っていきました。

話し始めると態度がいいとは言えませんが今の彼の状況について私が質問をしていくと少しずつ話をし始めてくれました。

彼は私にこう語ってくれました。

「学校に行っても楽しくない。
でも、学校は行かなくちゃならないことはわかっている。
だから、行こうとはしているけど朝になると起きれなくて遅刻で行こうとまでは思えないから休んでしまう。
かといって学校を休んでいても楽しくなかった。」

ということを口調はたどたどしかったですが話してくれました。


この内容だけ聞けば、ただ単に学校が楽しくなくて学校をサボっているように見えてしまうかも知れませんね。

彼の場合は不登校になる前と、不登校になった後に起こしていた問題行動の部分を踏まえてこの発言をしています。
不登校の前後の様子を振り返りながら見たときに、彼なりに自分で何とかしようとしてもうまくいかず、学校に行っていても行かなくても楽しくない、そんな状況に陥ってしまい、苦悩を抱えていたということを私は感じました。

これを踏まえて私からは…

「そうか。どっちににしても楽しくなかったのか。
それは辛かったと思う。
でも、このまま休み続けていても楽しくない生活が続くよね。
おそらくなんの変化もなく、日々が過ぎ、自分の進路や将来のことを前向きに考え始めたころには選択肢が狭まってしまっている可能性が高い。
学校に行けばもしかしたらその選択肢は増えるかもしれない。
そう考えたら同じ楽しくない生活でも選択肢が多くなるようにしておくほうが良くないか?
君は学校に行かなくちゃならないことはわかっている子なわけだしね。」


ということを伝えていきました。

すると、彼は泣いて言葉に詰まりながらこう答えてくれました。

「それはわかっているけど、どうしたらいいかわからない


ここまで話を聴き、彼が本当は学校に行きたいと思っていることを確認できました。


ですので、訪問カウンセラーを導入していくことに決めました。
訪問カウンセラーを導入した後は訪問カウンセラーと彼はしっかり話し合いができました。

彼は学校にいけない理由として具体的に何が不安というよりもただ漠然とした不安があるようでした。

その部分を訪問カウンセラーが、彼に次の日から学校に行くとしたら何が気になるかということを朝起きるところから学校が終わるまでを時系列に沿って考えさせ、一つ一つどういう準備が必要になってくるのかを提示していきながら一緒に考えていきました。

そうすることで、彼の中で学校に行くということを現実的に捉えることができたようでした。

一つ一つ彼の中で考えさせることで漠然としていた不安が時系列に沿って考えさせることで具体的にこういうところが不安になっていたのかという気付きになったようです。
その具体的な不安を一つ一つ取り除いてあげるために準備の期間を約一か月ほど取ることになりました。

学校の話は上記のように訪問カウンセラーと二人三脚で準備をしていくことを決めることができましたが、彼の場合は前回の記事に書きましたように家庭内で起こしてしまった問題行動のところを彼と話し合う必要がありました。


…続きはまた次回!

どんきー(佐藤博)

↓こちらもポチッと!応援宜しくお願いします♪(1日1回クリックを)↓
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ


parentscamp at 06:00|PermalinkTrackBack(0)mixiチェック

2016年03月09日

問題行動がエスカレートしていった中学生の復学事例 

ブログ読者のみなさん、こんにちは

どんきー先生こと佐藤博です
今回は久しぶりに復学事例をご紹介いたします

↓…と、その前に、こちらもポチッと!応援宜しくお願いします♪
クリックいただくことでブログアップの励みになります!(1日1回クリックを)↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ


[中学1年生 男 不登校のケース]

支援をお受けしたのは1年生の7月頃でした。
支援を受ける前の小学6年生の終わりごろから学校への行き渋りが見られ、卒業式は遅刻で何とか登校したという状況でした。
春休み中の子の生活は昼夜逆転、うつ症状、子ども上位の生活という状況だったそうです。
それでも中学の入学式にはしぶしぶ参加し、友達もでき、週一回お休みはありつつの五月雨登校でしたが、塾や部活にも参加するという状態。しかし、その間も問題行動(ホッチキスの芯を家の床にばらまく、BB弾を家の中で撃ちまくる、など)がたびたび見られていたそうです。
6月に入り登校が不安定になり欠席がふえ、7月からは全く行かなくなり不登校状態になってしまいました。

支援当初の家庭状態は明らかに子ども上位の状態になっていました。
そのせいか子の問題行動がさらにエスカレートしていってしまっていました。
例えば、

・家にある調味料でパソコンと家の階段に書いたり廊下に撒いてしまう。(おそらく自分のパソコンを手に入れるため)
・ある場所に3日間立てこもりブレーカーを落とし家の電気を使えなくした
・リビングの物をぐちゃぐちゃにする
・ゴミを廊下に捨てる
・水を床にこぼしてそのままにする
・親のパソコンを使い代引きで本を大量に買い、その代引き分のお金を親に払わせる
・おにぎりを投げつける
・夜中にテレビの音量を大音量で流す
・壁に穴をあける
・昼夜逆転生活になっている

という問題行動が見られました。

これは後々彼が言っていたことですが、こういった問題行動を起こしてしまった理由としては
「学校に行けないことで無性にイライラしてしまい、こういった行動を自分で抑えられなかった」からだと言っていました。

それでも夏休み中に親御さんには私たちの支援の柱である家庭教育をしっかり学んでもらい、家族療法を実践していくことでこういった行動は落ち着きを見せていきました。
しかし、夏休みが終わり新学期になっても彼は学校には行けませんでした。

支援の中で見えてきた彼の性格傾向としては…
・我慢力が低い。(学校に通っている間もすぐにキレて友達から距離を取られていた)
・プライドが高い。
・自己肯定感が低い。
・極端な内弁慶。
・思い通りにいかないことがあると物に当たる。
といったところがありました。

ここに書いた通り明らかにアンバランスな性格傾向にあり、学校に通う事に対してストレスが溜まってしまう事もうなずける性格傾向にありました。

家庭内での対応の問題としては…
・親御さんが子のことで心配性
・子ども上位になっていて子のわがままを全て聞いてしまう
・過干渉傾向にある

というところが見られました。
この部分を家族療法を通じて対応を変えていってもらい、子どもに考えさせる機会を増やし、子どもが出来る事は子どもにやらせていくように変えていきました。

そうすることで子ども自身も落ち着き、自分で自分のことは出来るようになってきました。
しかし、上記にあるようになかなか登校というところまでは至らなかったため、それだけ一人で学校に行くことというのは彼の中でハードルが高くなっていたんだということが分かってきました。

私たちの支援では、ご家庭の状況やお子さんの性格傾向の分析が進んだ際、具体的な復学プランを組む手法として以下の3つを考えます。
)問カウンセラーを導入して、信頼関係が構築された段階で登校刺激を行っていく手法。
登校刺激を最初にし、登校の意志を明確にしたうえでサポーターをして訪問カウンセラーを導入する手法。
カウンセラーを導入せずに家族だけで登校刺激および継続登校のサポートをする手法。

夏休みが終わり新学期に入った時点での家族療法だけでの復学は難しいと判断し、私たちの支援のもう一つの柱である´△離▲Ε肇蝓璽膳燭了抉隋淵瀬ぅ譽トアプローチ)を行う為の下地作りを始めていきました。
また、下地作り中も家族療法を進めていってもらいながら、10月頃にダイレクトアプローチを行いました。


続きは…また次回


どんきー(佐藤博)

↓こちらもポチッと!応援宜しくお願いします♪(1日1回クリックを)↓
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ


parentscamp at 16:36|PermalinkTrackBack(0)mixiチェック