親の学校!ぶにん先生のカウンセリングルーム

不登校(登校拒否)や五月雨登校、母子登校などの解決を目指して! ここは「親が変われば子も変わる」をスローガンに掲げる親の学校です。 カウンセラーが綴るカウンセリング理論や最新の子育て論など情報満載。 ブログ開設8年(2008年開設)で発信し続けた情報は子育てで悩む多くの親御さんたちに元気をおすそわけしてきました。   子どもの問題行動予防のための家族療法(家庭教育支援法)についても随時情報公開中!一般社団法人 家庭教育支援センター ペアレンツキャンプの家庭教育カウンセラーが行雲流水にお伝えします。

どんきー先生の記事

2016年11月17日

モーニングセミナーIN名古屋&中部ペアレンツキャンプ親の会開催のお知らせ

みなさん、こんにちは。

どんきー先生です


さて、今回は名古屋において開催されるセミナーと親の会のご連絡です!



===============================

 【モーニングセミナー&中部ペアレンツキャンプ親の会2016】


日時:2016年12月10日(土) 10:30〜12:00 (受付開始 10:00)

場所:名古屋国鉄会館(竹)

地図:http://www.kaikan.758p.com/?page_id=12
※このURLにアクセスしていただくと地図が表示されます。



対象者:‥センターで支援を受けられている方、または当センターの支援を卒業された方
     家庭教育や不登校対応に関心のある方

※,諒を優先的にご案内いたしております。その旨をご了承の上、参加申し込みをお願いいたします。

参加申し込みにつきましては

,諒で現在支援を受けられている方で今回名古屋でのセミナーに初参加される方は担当のカウンセラー、アドバイザーの先生に参加の旨をお伝えください。

,諒で名古屋でのセミナーの参加が2回目以降の方は中部のペアレンツキャンプ親の会からご連絡があると思いますので、参加の旨はそこでお伝えください。

それ以外に該当する方はペアレンツキャンプのホームページ内にある問い合わせフォームより参加のご連絡をください。
http://www.parents-camp.jp/inquiry/


【セミナー内容】

1) ペアレンツキャンプの活動報告 (20分)
          報告者  水野達朗 先生
 

2) キャリア形成における家庭の役割〜家庭で培おう「社会人基礎力」〜 (60分)
          講師 佐藤 博 先生 


 ================================

 

また、今回上記の場所、日時で午前中はセミナーを行い、午後からは親の会を開催します
ランチをみなさんで一緒に頂きながら現在支援を受けられている親御さんや支援を卒業された他の親御さんとお話しできる機会となることと思います。


親の会につきましては、各親御さんでご昼食代をご負担いただく形となります。




是非ご都合が合いましたらご参加いただければと思います



 どんきー先生(佐藤博)


↓皆さんの応援のもとブログ発信が出来ております!
こちらをポチッと
応援宜しくお願いします♪(1日1回クリックを!是非ともよろしくおねがいいたします)↓
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ   



parentscamp at 10:00|PermalinkTrackBack(0)mixiチェック

2016年11月16日

中学3年生の不登校の復学事例

ブログ読者のみなさんこんにちは、どんきー先生です
前回の続きです。

いよいよダイレクトアプローチに入る日となりました。


私が彼の部屋に入ると彼は昼間だというのに自分の部屋のぶ厚い遮光カーテンを閉め切り、陽の光が入らず、電気もつけない中でゲームをしていました。
その光景は異様にも見えたと同時にこれが、今の彼の心の状態を表しているのだとも感じました。

上記のような状況でしたので、まずは「話ができるのか」という点から慎重な対応が求められました。

私のほうから声をかけると彼は素直にこちらを向いてくれました。
「大事な話があるからゲームをやめて部屋の電気を点けようか」
と提案したところ彼は素直に私の言うことを聴いてくれました。

まずは、学校を休むようになった「きっかけ」を聴いていきました。

この「きっかけ」の部分は彼にとって思いだしたくない過去だったと思います。
それでも、彼は涙ながらに私に話してくれました。

その内容は前回のブログ記事でも書かせていただいたように、事前に親御さんからお話を伺っていた通りでした。

・クラスメイトとの人間関係のもつれ。
・クラスの中での自分の存在価値がないと感じた。
・クラスの中で存在価値がないと感じているところで自分だけ忘れられているような対応をされてしまったことが学校を休み始める決定打になった。

とのこと。

彼にとってはつらい話だと思います。
ただ、前回のブログ記事で彼の性格傾向について触れましたが、彼のクラスメイトに対する当たりの強さがこの状況を招いている背景がありました。
彼にとっては正義の行動がなかなか一部のクラスメイトに受け入れてもらえなかった。
厳しくいえば、受け入れてくれるような話し方をしようとしなかった。
人に注意するということは注意する側の立場が必要です。
彼自身そこまでの立場をクラスの中で作れていませんでした。

ですので、私からは
「君の思いはよくわかる。でも、その言い方をすると人は受け入れてくれない。受け入れてもらうにはこちらも工夫が必要なんだ。また、人に注意するにはそれなりに立場が必要になる。あいつから言われたら聞いておかないとな。と一目置かれるような立場じゃないと君の伝え方では聞いてくれないことなんだ。君にとっては厳しい話かもしれないけど社会はそういう構図にあるんだ。君がこれから学校に戻っていくことを考えているならば、その点をどうしていくのかを考えていかないといけないね」
と伝えていきました。

この話自体は彼にとっては厳しい話だと思います。
しかし、これから社会に出ていこうとするときには彼が必ずぶち当たるであろう壁になると思い、私はあえて厳しい話を彼にしました。

すると、彼は
「そうですよね。わかっているんです。自分の言い方が悪いんですよね。そこはいつも失敗してきてたんです。小学生の時にも同じようなことがありました。でも、我慢できなくて。
このままでいいとは思ってない。進路のこともあるし学校には行かないといけないと思っているんです。でも、また同じようにならないかが怖いんです」

と冷静に話してくれました。

彼自身、自分の課題に気づいていたんだと思います。
でも、どうすればいいかわからず悩んでいるようでした。

私からは
「そこまで自分のことに気づけているんであれば大丈夫。これからどうしていくかは一緒に考えていけばいい。まだまだこれからどうとでもなるよ。でも、このまま学校を休み続けてしまうと選択肢が減っていってしまう。学校に行きながら自分をどう変えていくかを模索していこう。大変だとは思うけどね」
と伝えました。

それを受けて彼は「わかりました。なんとか学校に戻ってみようと思います」
と話してくれました。


そこまで、話ができたところで、訪問カウンセラーを導入していきました。


続きはまた次回


※細かい対応面や、状況の変化などは実際にはもっとあります。この場では省略しておりますのでその点はご理解いただいた上でお読みください。


 どんきー先生(佐藤博)


↓皆さんの応援のもとブログ発信が出来ております!
こちらをポチッと
応援宜しくお願いします♪(1日1回クリックを!是非ともよろしくおねがいいたします)↓
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ    

parentscamp at 10:00|PermalinkTrackBack(0)mixiチェック

2016年11月14日

中学3年生の不登校の復学事例

ブログ読者のみなさん、こんにちは

どんきー先生です

さて、今回は不登校から復学を果たした事例をご紹介いたします。

【中学3年生 男子 不登校】

支援をお受けしたのはゴールデンウィークの頃でした。
私たちの復学支援コースでの復学支援では基本的にはゴールデンウィークを過ぎてからの中学3年生の復学支援はお受けしていません。
なぜならその先の進路を獲得することが困難なケースが多いからです。
(他にも理由はありますがここでは省きます)

ですので、今回の支援は本当にギリギリのタイミングで支援を開始することができました。

支援開始当初の子どもは…
・通っていた塾を辞めてしまう。
・歯列矯正の通院をしなくなった。
・部屋にひこもっている。
・昼夜逆転している。
・「消えたい」「死にたい」「今から車に突っ込みに行く」などと発言し泣いている日々が続く。

というような状態でした。
学校を休み始めてから相当自信を無くしたのか、自分の存在を否定するような発言が多く見受けられました。

この状況では、自分を傷つけてしまうような行動を取りかねないような切羽詰まった状況でした。
また、進路についても休めば休むほど不利になってしまうことが考えられました。
ですので、これは早急に対応をしなければ状況が悪くなっていく一方だと判断しすぐにダイレクトアプローチに入る準備を整えていきました。

ダイレクトアプローチ前に分析した子どもの性格としては
・正義感が強い
・プライドが高い
・物事の捉え方が自虐的な捉え方をする
・頑固
・我慢力が低い

というような傾向が見られました。

また、事前に親御さんからお聞きしていた不登校になってしまった「きっかけ」は
・友達関係のトラブル
正義感が強いため、何か悪さをする子がいると必ず注意していた。
その注意の仕方が威圧的すぎることがしばしばあったため、悲しいことではあるが周りの子から煙たがれてしまうことがあった
・先生との折り合いの悪さ
ある時間に腹痛を訴え、トイレに行き、帰ってきたら用意されているはずの子の分が用意されていなかった。
そのため、先生に自分は存在を忘れられていると捉えてしまった。この時にクラスメイトにも忘れられていると捉えてしまった
上記の2点があがりました。


こういった性格傾向と不登校になった「きっかけ」から、彼自身が自分を責めすぎているだろうと思われるケースでした。そのため、より慎重にダイレクトアプローチを組み立てないと、さらに自分を責めることになってしまうという結果になりかねないリスクが考えられました。


そのことを踏まえてダイレクトアプローチに入りました。


続きはまた次回


※細かい対応面や、状況の変化などは実際にはもっとあります。この場では省略しておりますのでその点はご理解いただいた上でお読みください。


 どんきー先生(佐藤博)


↓皆さんの応援のもとブログ発信が出来ております!
こちらをポチッと
応援宜しくお願いします♪(1日1回クリックを!是非ともよろしくおねがいいたします)↓
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ   

parentscamp at 10:00|PermalinkTrackBack(0)mixiチェック

2016年10月21日

第16回関東ペアレンツキャンプ親の会 ご報告

みなさん、こんにちは!

ご無沙汰しております。
どんきー先生です

今回は先日行われた「第16回関東ペアレンツキャンプ親の会」の様子をご報告いたします


前回の親の会では参加人数の最多数を更新したとお伝えいたしました。
が!今回、さらに記録を更新することができ、32人もの親御さんにご参加いただきました
(ちなみに前回は31人でした


↓こちらをポチッと
応援宜しくお願いします♪(1日1回クリックを♪)↓
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ   


【第16回 関東ペアレンツキャンプ親の会】

日時:2016年10月8日(土)13:30〜16:30

場所:東京都立産業貿易センター台東館


・ピピコさんあいさつ


親の会の幹事をしていただいているピピコさんからごあいさつをいただきました。

ピピコさんのお嬢さんの現在の様子を中心にお話しいただきました。
「子どもが大きくなっていっても家庭教育は大事」ということをご自身の経験も踏まえ、「笑い」も交えてお話しいただきました
今回は初めて参加された方も多かったのでピピコさんのお話で緊張感が和らいだのではないかと思います


・私からご挨拶とペアレンツキャンプの支援状況のご報告


いつもであればここでぶにん先生(水野先生)よりご挨拶と支援の状況をお話しいただきていますが、今回は他の支援の都合上スケジュールが合わず不参加となりました。
ぶにん先生(水野先生)からは、
「今回は都合がつかず参加を断念することになりました。しかし、次回は必ず出席いたしますのでその時にみなさんお会いいたしましょう」
と事前に皆さんに向けて伝言を賜っていました。

ということで、私が代わりにご挨拶とペアレンツキャンプの支援状況について以下のようにお話しさせていただきました。

家庭教育支援コースも復学支援コース(今年度より問題解決支援コースより名称変更)もともに支援としては増加傾向にある。中でも例年との違いとしては家庭教育支援コースの問い合わせの増加が著しい。
私たちが常にお話しさせていただいている家庭教育を学ぶことにより問題が起こる前に予防していくという考え方が少しずつ浸透していっている証拠だろうと思う。
もちろん、現在悩まれている方の支援も大事だが、その解決にはやはり親も子も大変な思いをするケースが多いので、そうなる前に予防できるとなお良いだろうと思うのでさらに家庭教育の大事さを啓発していく。


そして、もう一点ご報告としてぺアレンツキャンプのLINEスタンプ第2弾が発売されたことをご報告させていただきました。
みなさん、購入いただけましたか?

ご購入はこちらから!!

『ペアレンツキャンプ家庭教育支援スタンプ2』 240円(税込)



家庭教育のカテゴリとしてはこのスタンプのみです!
家庭教育を学んでいらっしゃるみなさんには必須のアイテムとなっています!
ぜひ、ご購入くださいね


・野尻先生の紹介

今回は今年の4月からペアレンツキャンプの訪問カウンセラーとして活動していたでいている野尻先生が関東の親の会には初参加ということで自己紹介をしてもらいました。
今後、復学支援コースにて支援を受けられている方は野尻先生にもお家に入ってもらうことがあると思います。実際、今回もすでに野尻先生が家庭に入っているお家の親御さんにもご参加いただいていたと思います。これからさらに件数は増えていくと思います。
関東で支援を受講中の皆さんは野尻先生の名前やお顔を覚えてあげてくださいね

・今回初参加の方の自己紹介
今回初参加の方が11名いらっしゃいました。
みなさん支援を受けている状況も違えば、支援の対象となっているお子さんの性別、年齢も違うので、お一人ずつ3分前後で紹介をしていってもらいました。
自己紹介があることでこの後のグループに分かれての座談会でもスムーズにお話をすることができたのではないかと思います。


・座談会

今回は6つのグループに分かれて頂き、合計4回グループ分けをさせていただきました。
1回のグループでいつもより少し長めの40分ほどの時間をとってみなさんに自由にお話をしていただきました。
私としては「少し長かったかな?」と心配しましたが、何人かの参加していただいた方に「ちょうど良い」というお声をいただきました。
今後もみなさんに楽しんでいただけるように試行錯誤しながら企画していこうと思います

親の会では現在支援中の方や支援を卒業された方、支援を受けるか検討中の方など、いろんなステージの方に集まっていただいています。
その中で家庭教育の悩みや支援についての話や旦那さんの愚痴、各々の担当のカウンセラーの裏話などなど、ざっくばらんにお話ししたいことをお話ししていただき、一つでも何かを持ち帰っていただけるように行っています。
今回、こちらから見ている限りはみなさん、大いに盛り上がっていただき何かしら得るものがあったのではないかとお見受けいたしました


・幹事交代のお知らせ

2年ほど幹事をしていただいていた、まぐさんが今回の親の会の幹事をもって他の親御さんと交代となりました。
そして、新たにツッキーさん、カナさんに幹事をしていただくこととなりました。


まぐさん、2年間お疲れさまでした。
裏方に徹していただきスムーズに親の会・二次会が行えるように尽力していただきました。ありがとうございます。
幹事を交代されても親の会には参加してくださいね

そして、ツッキーさん、カナさん、幹事としてよろしくお願いいたします


・閉会のあいさつ及び写真撮影

私から簡単に閉会のあいさつをさせていただき、最後はみなさんで集合写真を撮らせていただきました。ご協力感謝いたします。
(この写真についてはペアレンツキャンプ内での記録用に撮らせていただいております。決して外部に出すようなことはございませんのでご安心ください。)

今回も盛会のうちに終えることができました!
みなさんご参加いただきありがとうございました


・二次会

今回もみなさん飲んでましたね〜
私たちカウンセラー陣も参加させていただき、懇親会の意味も含めてみなさんとお酒を飲みながらさらに自由に!みなさんでお話ししていただきました

私は幹事の皆さんと今後についてのお話を中心に二次会は参加しましたが、他のテーブルを見渡す限りは笑い声が絶えず、お子さんの話などで盛り上がっていただけたのではないかと思います。



=============================================


以上が関東ペアレンツキャンプ親の会のご報告内容でした
今回ご参加いただけなかった方も次回はぜひご参加くださいね!
次回はぶにん先生(水野先生)もご参加していただけるとのことです!
これだけで参加する理由があるはずです!笑


次回は来年の春ごろに開催予定です!
みなさん、また次回の親の会にてお会いいたしましょう!


そうそう、
関東ペアレンツキャンプ親の会BLOG〜管理人みかんの徒然日記〜
にも今回の親の会の様子が報告されているので合わせてご覧になってくださいね


 どんきー先生(佐藤博)


↓皆さんの応援のもとブログ発信が出来ております!
こちらをポチッと
応援宜しくお願いします♪(1日1回クリックを!是非ともよろしくおねがいいたします)↓
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ   

parentscamp at 16:09|PermalinkTrackBack(0)mixiチェック

2016年09月08日

第16回関東ペアレンツキャンプ親の会開催のお知らせ

ブログ読者のみなさんこんにちは
どんきー先生です。

大阪は朝晩かなり涼しくなってきましたが、まだまだ日中は暑いです
タオルがまだまだ手放せません


さて、今回は…

【第16回関東ペアレンツキャンプ親の会】のお知らせです!!!

日時:2016年10月8日(土)    13:30〜17:00予定
        (13:10〜受付開始)


場所:東京都立産業貿易センター台東館
         2階A会議室

都立産業貿易センター台東館へのアクセスはこちらをご覧ください

対象:当センターの支援卒業者及び支援中の親御さん

過去に関東ペアレンツキャンプ親の会にご参加頂いている方には、親の会の幹事さんよりメールで連絡があったかと思います。
参加される方は幹事の方へご連絡下さい。
現在支援を受けられている方で、今回親の会に初参加したいと思われている方はそれぞれの担当の先生に参加希望の旨をお伝え下さい。

また、既に支援をご卒業されている方で、今回「初めて参加したい」とお考えの方は当センターの問い合わせフォームからご連絡下さいね。

関東ペアレンツキャンプ親の会は、年に2回行われています。
当センターの支援卒業者または支援中の親御さんが集われて、それぞれの思いをお話しされます。
親同士だからこそ、また当センターの支援を受けてきたからこそ気兼ねなく話せることもあります。
ママ友には言えないようなことも、この場では思いっきり話ができると思いますよ

親の対応を学び実践してこられている親御さんの話は、聞く価値があります


万障お繰り合わせの上、是非ともご参加ください


 どんきー先生(佐藤博)


↓皆さんの応援のもとブログ発信が出来ております!
こちらをポチッと
応援宜しくお願いします♪(1日1回クリックを!是非ともよろしくおねがいいたします)↓
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ   

parentscamp at 17:00|PermalinkTrackBack(0)mixiチェック