親の学校!ぶにん先生のカウンセリングルーム

不登校や母子登校などの解決を目指して! ここは「親が変われば子も変わる」をスローガンに掲げる親の学校です。 カウンセラーが綴るカウンセリング理論や最新の子育て論など情報満載。 2008年にブログを開設をし、発信し続けた情報は子育てで悩む多くの親御さんたちに元気をおすそわけし、支援を受けた多くの子どもたちが学校へと戻っていきました。家庭教育支援センターペアレンツキャンプの家庭教育カウンセラーが行雲流水にお伝えします。

どんきー先生の記事

家族会議法による不登校復学事例

前回からの続きです





ここまで具体的な話をしたことは家庭としては初めてでしたが子どもも集中力を切らすことなく親御さんの話をしっかり聞くことができ、前向きに登校についての話し合いをすることができました。それも、家庭教育の面を見直すことで親が干渉せずとも子は考えられる力がつき、そうすることで子ども自身が今の現状に対して「良いわけではない」ということに気づき、親から考えさせる「きっかけ」を与えてやることでここまでの話ができるほどになったのだと思います。



ここからは親子二人三脚で準備を進めていくことになりました。


準備中は子ども側の渋りもなく率先して準備に取り組むことができていました。

親御さんの対応も子どもに任せるところは任せ、手伝うところは手伝い、とメリハリをつけた対応ができたことで子どものやる気をそぐことはなく過ごせたのだろうと思います。

時折、「大丈夫かなぁ」という不安を口にすることもあったようですが、そこも親御さんに聴くテクニックが備わっていたことで上手に話を聴いてあげれたということが、大きな不安にならなかったのだと思います。

家庭訪問に来てくれた担任の先生からも気になったことは質問したり、テキパキと準備をする子どもの姿をみて「見違えたように大人になりましたね」というお褒めの言葉もいただきました。

友達とも無事に会うことができ、一緒に遊んでいる様子からは不登校をしていることが嘘のように来てくれた友達と楽しく過ごせたようではありました。
本人からも「友達に会えてよかった」という話があったようです。

勉強についても彼女自ら取り組むことができていました。親を頼るときは自分がわからない時だけ、自ら質問に来るということができるようになっていました。


というような準備期間を経ていよいよ再び登校する日を迎えました。

この日の朝はさすがに緊張した様子を見せていたようです。
とはいえ、彼女は用意を自分でし、着替えも自分で着替えほとんど親を頼ることなく準備を終えることができたとのことでした。そして、その動きがほとんど止まるようなことはなかったと聞いています。
ただ、一瞬だけ立ち止まった瞬間があり、それは玄関で靴を履こうとした時だったそうです。
その時は涙を流していたということでした。
それでも、彼女は涙をぬぐい「よし!」と一言言って立ち上がり「いってきます!」と大きな声でお母さんに伝えて玄関を出て行ったということでした。

この彼女が一瞬止まったのは登校に対して不安がよぎったのだと思います。
しかし、彼女はその不安に負けることなく自ら涙をぬぐい「よし!」と一言自分を鼓舞することで「踏ん切り」をつけることができたのだと思います。

親御さんからはその姿に彼女の成長を感じたことと、今まで彼女に対してよほど過干渉になっていたんだということ、親の対応が変わることでこれだけ子どもの成長につながることを実感できたというお話をいただきました。


ここから、彼女の継続登校が始まりました。

継続登校中の彼女は行き始めてすぐの段階では朝に「しんどい」というようなこともありましたが、そのあたりも親が適切な対応をすることで休むことなく登校できていました。
宿題や体育も不安と言っていましたが、宿題は最初の一か月ほどは担任の先生に大目に見ていただき、宿題をやらずに登校していましたが、一か月もする頃には宿題を提出することができるほどまでになっていました。時折、宿題をやり忘れることもありましたが「まぁ、いっか」と割り切って登校することができていました。
体育については登校後まもなく自ら参加し始め、体育は楽しいと言ってそのままやり続けているそうです。

このように継続登校中も彼女なりに壁にもぶつかることもあったとは思いますが学校は休むことはなく元気に明るく過ごしているようです。


今回のケースは家庭内での対応を変えることと家族会議法を用いることで復学に導くことができました。すべてのケースがこの対応によって復学できるとは限りません。私たちの支援ではダイレクトアプローチによる子どもへ直接支援を行うことで復学に導いていくケースのほうが多いことは事実です。ただ、早め早めに適切な対応を組むことによってこういった結果になることもあるということをご紹介いたしました。




復学おめでとうございます!!




※あくまでペアレンツキャンプにおける復学支援のケースから多く見受けられるものを元にお話ししました。なにかの参考程度にみていただき、家庭だけで判断するのではなく専門家にご相談されることをお勧めいたします。




どんきー先生




(↓支援にご興味がある方はこちら↓)
share_tmp

(↓下のバナーをポチッと応援お願いします
 
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ



↓最新記事がアップされるたびに通知がきます♪お手軽LINE読者登録はこちらから↓


家族会議法による不登校復学事例

前回からの続きです



家庭では

・学校で一人でできないと困ることは家でも一人でできるように親は手出し口出しを控える
・学校では考えることを求められる場面が多いことから家庭でも子どもに考えさせることを意識して対応すること
・親から話かけることよりも子どもから親に話しかけてくる機会を増やすために子の発信を待つようにする
・父親が叱ることが必要な時はしっかり叱る


といように家庭内での対応を変えていきました。


このように対応を変化させることで子どもにも変化が見えてきました。

子どもの変化としては

・親が何も言わなくても自分のことは自分でするようになった
・考えさせる機会を多くとったことで子どもから親に「どうしたらいい?」と聞くことが減った
・親からの声掛けを減らしたことで子どものほうから親に話しかけてくる機会が増えていった
・適切に叱るべき時に叱ることで子どもの父親の見方が変わり、さらに「やってはいけないこと」の線引きがしっかりしてきた
・総合的に見て親への依存度が年相応のものに変わってきた

といような変化が見えてきました。


このような行動の変化が見えてきたことと同時に子どもの側から「そろそろ学校に行きたい・・」とポツリポツリというようになり始めました。

このケースでは家庭で学校を休んでいることについて子どもと話し合う機会をとっていなかったので、このタイミングで一度、家庭において家族会議法を用いて子どもと向きあって学校についてどう思っているのかという話をしていただきました。

すると、子どものほうから「学校には行きたい。。でも、不安なことがある」と話をしてきてくれたそうです。
そこからは「行きたい」という気持ちを尊重してやりつつ、勇気を出して言ってきてくれたことに対してしっかりと労いをしておいてもらいました。

そのうえで、具体的に何が不安なのかという部分を聞き出していってもらいました。

この間も私と親御さんはメールにて子どもとのやり取りをお聞きしながら対応についてアドバイスしていました。

この具体的な不安について本人は「わからない」と話していたようです。
「わからないけど何か不安」ということだったように思います。

おそらく学校を休む期間が長くなってしまっていることで、学校のことが何もわからなくなってしまったのだと思われます。
だからこそ「よくわからないけどなんか不安」という状況になっているのだと考えられました。

ですので、ここからはお母さんを中心にこちらが想像しうる学校に行かなくなったことでわからなくなっているだろうということを具体的に提示していきながら本人に話をしていってもらいました。

その中で本人が不安と感じたことは

・授業を受けていないから今学校に行っても授業の内容がわからないことは不安
・クラスの友達が自分のことをどう思っているかが不安
・友達と会えていないことが不安
・宿題ができるかが不安
・給食が食べれるかが不安
・自分の席がわからない
・給食当番ができるか不安
・体育ができるか不安


などの具体的な不安が見えてきました。


そういった不安をできるだけ取り除くためには学校に行く前に準備が必要ということで話がまとまってきました。

学校に行く前に準備することについては

・担任の先生に家庭訪問をしていただき、担任の先生から学校のことを詳しく聞いてみる
・クラスのみんなに学校に行くことを担任の先生から伝えてもらいクラスのみんなの反応を見る
・友達におうちに遊びに来てもらい、友達と会う機会を作る
・授業を受ける前に一度学校を見学させてもらい、自分の席に座ってみる
・勉強を少しずつ取り組んでみる


など、学校に行くためにこういった準備をしていくことを子どもと親御さんで決めました。

(後日、親御さんには学校に赴いてもらい担任の先生の協力を取り付けることができました。)



続きはまた次回




どんきー先生




(↓支援にご興味がある方はこちら↓)
share_tmp

(↓下のバナーをポチッと応援お願いします
 
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ



↓最新記事がアップされるたびに通知がきます♪お手軽LINE読者登録はこちらから↓


家族会議法による不登校復学事例

みなさん、こんにちは




どんきー先生です





さて、今回は復学事例をご紹介したいと思います。



【小学2年生 女の子 不登校】

彼女の支援は学校を休み始めてから1ヶ月経ったころに支援のご依頼がありました。


彼女が不登校になってしまったきっかけとしては

・クラスの男子に蹴られた。悪口を言われた。
・先生からもらったプリントをなくし、そのプリントがないから行けない。
・クラスのみんなに相手にされていないと感じている。
・自分から友達に声をかけれず友達の輪に入れない。
・給食が苦手。
・「ママがいい!お家がいい!学校は怖い!」と言うようになる


というようなことがきっかけになっていたようでした。

上記のようなことがきっかけだったということで、もしかするとクラスの中でいじめのようなことを受けている可能性が考えられたのでまずはクラスの担任の先生にクラスの状況を親御さんは伺ったそうです。


担任の先生からは

・クラスの男子の行動は把握しており、その場で指導をして謝罪もしていて解決していると思っていた。
・プリントについては正直に話してきてくれたら対応はする。
・クラスで1人で過ごしている時間もあるようだが概ね友達と会話して過ごしていることが多い
・確かに自分から積極的に輪に入っていってるようには見えないが、周りの子が誘っているので孤立しているよには見えない

というような回答をいただいたそうです。


子どもが言っていることを信じていないわけではないですが、担任の先生がおっしゃるにはクラスの中でひどいいじめなどがあるわけではなさそうだという事がわかり、親御さんは私たちに支援を依頼されたという経緯だそうです。


支援を開始してからまずは子の性格傾向を分析していきました。

私の分析としては

・完璧主義傾向
・母子分離不安
・心配性すぎる
・我慢力が低い
・叱られることを極端に嫌がる


というような傾向にあると分析できました。


さらに親御さんの対応傾向についても分析していきました。

・過保護・過干渉傾向
・失敗しそうなときは失敗させないようにしてきた
・子を叱ったことがない
・親の立場が低い


というような傾向があるように見受けられました。


こういった分析から彼女が不登校になってしまった大きな要因が見えてきました。
それは「学校生活と家庭生活とのギャップが大きすぎたことにより学校環境への不適応を起こしていること」だというところが見受けられました。

このことからまずは家庭内での親御さんの彼女への接し方を変えていくことから支援を開始していきました。



続きはまた次回




どんきー先生



(↓支援にご興味がある方はこちら↓)
share_tmp

(↓下のバナーをポチッと応援お願いします
 
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ



↓最新記事がアップされるたびに通知がきます♪お手軽LINE読者登録はこちらから↓








中学生の母子依存

ブログ読者のみなさんこんにちは。
どんきー先生です

前回の続きです。

中学生の母子(親)依存の原因として考えられることは、親子の距離感が近くなりすぎていることが懸念されます。
近くなりすぎているという事は中学生としての「母子分離」がなされていない状況ということが見て取れます。
このようなケースでは、中学生と関わる上での適切な距離感にしてやることで子の行動に変容を促していきます。


では、親子の適切な距離とは具体的にはどういうことなのでしょうか?



親は過干渉過保護にならず子を信じて見守ってやるぐらいの距離感。
子は親に頼り過ぎず自分でできることは自分でやれる距離感。


つまり、親は子の問題と思われることに足を踏み入れ過ぎず、子は子自身の問題を自分で解決しようと努力する、その上で子が本当に困ったときには親を頼れる距離感を取れることが理想の親子関係と言えると思います。


しかし、すでに不登校になってしまっているケースでは家庭のみでこの距離感を取るには限界があります。
不登校中だと「学校に行けていない」という事がそもそも大きな問題として子は直面し続けています。まずはそこを子が乗り越えて行かないことにはなかなかその他の問題に取り組めないケースが多いように見受けられます。
私たちの復学支援ではまず復学を果たし、学校に行き、学校で得た社会経験をもとにこの親子の適切な距離感をどうとっていくかを支援しています。


現在、学校には行っているけども、上記のような行動が見られる状態にあるお子さんのケースでは、適切な距離感をどうとってあげるのかを親御さんは意識されると良いと思います。
それがゆくゆくは不登校を予防することにも繋がると思っています。

今回は、支援中に多くみられる「中学生の母子依存」について記事を2回にわけて書かせていただきました。
ブログ記事の内容が少しでも皆様のお役に立てれば幸いです。



それでは、また


どんきー先生


(↓支援にご興味がある方はこちら↓)
share_tmp

(下のバナーをポチッと応援お願いします
 
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村

中学生の母子依存

こんにちは

どんきー先生です
夏らしい気候になってきました
1学期中に継続登校を頑張ってきたご家庭もいよいよ夏休みですね。
毎日暑い日が続いていますので体調管理には気をつけましょう


さて、今回は中学生の復学支援の中で最近多くみられる家庭の傾向について記事を書かせていただこうかと思います。
それは「母子依存」の傾向です。




まず、私が言う「母子依存」とは親が良かれと思って行ってきた子に対する過干渉対応や過保護対応によって子が「親なしでは何にもできない状態」であったり、「年相応の自立が果たされていない状態」に陥ってしまっているものを指します。
(過干渉・過保護については、詳しくは先日のまいどん先生の記事に書かれてありますのでそちらもあわせてご覧ください。)

「母子依存」とは言っていますが「親依存」と言ってもいいかもしれません。



「中学生で母子依存?」と思われる方も多いかもしれませんが、私が現在支援している中学生のほとんどがこの傾向にあるように見受けられます

なぜ不登校の中学生にその傾向が多いのかを考えた時に割と単純に考えると答えはでます。

子どもは親をお母さんを必要以上に頼る傾向にあるわけですから、単に「頼れるお母さんは学校にいないから学校に行けなくなる」ということが答えになってきます。
小学生の低学年の不登校ではほとんどがこの傾向にありますが、中学生にもこの傾向にある不登校が増えているのが現状です。


では、この「母子依存」傾向にある中学生はどういった行動を取りがちなのか?



実は小学生の低学年の「母子依存」傾向にある子どもとほとんど同じ行動を取ります。
例えば、

・必要以上にお母さんに付きまといお母さんの傍を離れようとしない。
・お母さんが座っているところにきて膝の上に座ろうとする。
・一人で寝れるのにお母さんと一緒に寝ようとする。
・一人でお風呂に入れるのにお母さんが入ってるところに入ろうとする。
・一人でトイレに行けるのにトイレまで付いてくるように要求する。
・身の回りの世話を必要以上に要求する。(靴下はかせろ、パンツはかせろ、制服着させろ、などなど)
・何かをする前に親に自分の要求を承認するように強要する。その上要求が通らないとなると親を困らせるような条件を付ける。(「宿題をするからゲーム買って!買ってくれないと宿題やんないからね!、「テストでいい点とったらライブに行きたい。行かせてくれるって約束してくれないならテスト受けない!」、「勉強に集中できないから防音のできる部屋を用意しろ!用意しないと勉強できないから学校に行かない!」など)


というような行動を取るケースが多く見受けられます



小学生の低学年であれば、「まだお母さんに甘えてかわいいな」、「甘えん坊さんなんだな」ぐらいで済むかもしれませんが上記のような行動を中学生がとっている状況を想像してみて頂けるとどうでしょう?

中学生ともなれば体格は個人差や男女の差はあるにせよ、ほぼ大人と変わらない体格になっている子が多いですよね。
その体格の子が膝の上に乗ってくることやお風呂やトイレに一人で行けないという事を考えると違和感を感じられる方が多いことと思います

最後の例などは小学生の低学年であれば、要求についてもかわいいもの(おもちゃ買って!)で済みますが、中学生ともなれば要求する内容も大きくなってしまいます
そして、大きくなった要求を聞いてあげられなくなった時、要求が通らないことに反発し最終的に行きつく先は家庭内暴力やひきこもりになっていってしまうケースも少なくありません


では、こういった行動を取ってしまっている子に対してどういった対応で変容を促していくか?

この辺についてはまた次回のブログ記事にて書かせていただこうかと思います

それでは、また次回



どんきー先生


(↓支援にご興味がある方はこちら↓)
share_tmp

(下のバナーをポチッと応援お願いします
 
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村


プロフィール

ぶにん先生

不登校児童の訪問カウンセラーとして多くの不登校の小中学生と関わり、復学へと導く。不登校の解決法として家族関係の重要性を説き、水野式の家庭教育メソッドである「PCM」を構築。「家族と子どもの自立」を第一に考え、全国の親子をサポート。不登校の復学支援や家庭教育に関する講演会も精力的に行っている。

現在、家庭教育支援センターペアレンツキャンプ代表理事として全国からの家庭教育相談や復学支援を展開している。著書多数。

【主な著書】
・『無理して学校へ行かなくていい、は本当か』
・『ころんでも立ち上がれる子はあなたが育てる』

当カウンセリングルームは2003〜2005年までMSNブログにて開設されていた「ぶにん先生のカウンセリングルーム」の2代目として開設された情報発信型カウンセリングルームである。


家庭教育に興味のある親御さん、お子さんのことでお悩みの親御さんなど皆さんの憩いの場になればと思います。

お子さんのことでお悩みのかたは家庭教育支援センターペアレンツキャンプまでお気軽にご相談を。

ご相談はこちらまで
不登校からの復学支援
  一般社団法人  
家庭教育支援センター
 ペアレンツキャンプ  

学校への行き渋りでお悩みの親御さん、家庭力で乗り越えましょう。親が変われば子も変わる!おひとりで悩まずまずはご相談を。
にほんブログ村参加中!クリック投票おねがいします。
                にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ

親の会のご紹介
関東ペアレンツキャンプ親の会
みかんさんによる関東ペアレンツキャンプ親の会ブログ。小学2年生の時に不登校になった息子さんと娘さんとの日常生活についての笑いあり涙ありの日記。息子さんの不登校からの復学についての考察、情報発信を主にされています。


Archives
訪問者数
  • 累計:

ブログランキング参加中
人気ブログランキングへ
記事検索