親の学校!ぶにん先生のカウンセリングルーム

不登校や母子登校などの解決を目指して! ぶにん先生のカウンセリングルームは家庭教育支援センターペアレンツキャンプのカウンセラーが運営する「親が学べば子は伸びる!親が変われば子も変わる」をスローガンに掲げる親の学校です。 経験豊富な復学支援カウンセラーや家庭教育アドバイザーが綴る今日から役立つ理論や最新の子育て論など情報満載です。 親子の笑顔のために日々情報発信をしています。

親の学校!ぶにん先生のカウンセリングルーム イメージ画像

どんきー先生の記事

みなさん、毎年度、文部科学省が「児童生徒の問題行動・不登校等生徒指導上の諸問題に関する調査」というものを実施し公表していることをご存じでしたでしょうか?私は小・中学生の不登校復学支援に携わっている立場ですのでこの調査の中でも「小学校及び中学校における長期
『数字でみる不登校の現状』の画像

新型コロナウィルスの影響は学校に行っている子どもたちにも影響を及ぼしています。「新しい生活様式」は学校にも取り入れられ、学校生活は一変しました。単純にコロナ感染を怖がっている子どもたちよりもそんな一変した環境にうまく馴染めず、学校生活に不適応をおこしてし
『不登校の子ども達の本音と建て前』の画像

今、世の中ではコロナ禍ということもあり、「学校には無理して行かなくてもいい」という風潮が強くなってきつつあるように感じます。そんな中でも私たちペアレンツキャンプは不登校の子どもたちが学校に戻るため、いわゆる復学を目指すための支援を続けています。なぜ、今の
『なぜ復学支援なのか』の画像

復学支援コースの支援では子どもたちと直接かかわりながら支援をすることがほとんどです。そんな支援を長年していると、不登校の子どもたちの取り巻く環境が少しずつ変わってきているように感じます。今回はその子どもたちの変化などについて書いていきたいと思います。皆さ
『不登校の子どもたちを取り巻く環境の変化』の画像

みなさん、こんにちはどんきーです今回は復学事例をご紹介いたします。今回ご紹介するケースは不登校から休校期間を経て復学を果たしたケースです。このケースでは休校期間を経たことがプラスに働いたケースでした。<小学2年生 女の子>不登校期間は約半年。不登校になった
『休校期間明けに復学した不登校復学支援事例』の画像

長い休校期間が明けて学校が本格的に再開し始めた地域も多いことと思います関西の公立小中学校は6月1日から学校が再開し始め、12日まで分散登校の期間があり、今週15日からクラス全員が集まって授業をし、給食を挟んで5限や6限まで授業をするという休校前と同じ時間割りで再
『休校明けの子どもたちの様子』の画像

ブログ読者の皆様こんにちは!どんきー先生ですこの度、「おうち教材の森」様とご縁をいただきまして、相互で記事を書かせていただくことになりました!「おうち教材の森」様は、幼児教育を選ぶ方を応援するサイトを運営されております。様々な教材の紹介をされていたり、体
『子どもをよく見て得意分野を伸ばしてあげよう!』の画像

緊急事態宣言が解除され、徐々に元の生活に社会は少しずつ戻り始めましたね元の生活が始まるということは子どもたちは学校が再開し始めるということになりますね。しかし、不登校のまま休校に入ってしまった子どもたちにとってはその再開するということが不登校が再開してし
『不登校のまま休校に入った子たちの現状』の画像

新型コロナウィルス感染拡大の影響による学校の休校期間が現在も続いていますねいつ休校が明けるのだろうと親御さんもお子さんも不安になられていることと思います私たちの復学支援にも少なからず影響が出ており、突然休校に入ったことにより、3月中に復学を目指していた子や
『休校明けは不登校が増える?!』の画像

新型コロナウィルスの影響により、今年は春に行う予定だった親の会も中止とせざるをえませんでしたただ、そんな中でも何かみなさんと情報共有をできる場を作れないかと幹事のみなさんたちと協議をしてきました。そこで今回は【オンライン親の会】を開催したいと思いますみな
『オンライン親の会開催のお知らせ!』の画像

↑このページのトップヘ