親の学校!ぶにん先生のカウンセリングルーム

不登校や母子登校などの解決を目指して! ここは「親が変われば子も変わる」をスローガンに掲げる親の学校です。 カウンセラーが綴るカウンセリング理論や最新の子育て論など情報満載。 2008年にブログを開設をし、発信し続けた情報は子育てで悩む多くの親御さんたちに元気をおすそわけし、支援を受けた多くの子どもたちが学校へと戻っていきました。家庭教育支援センターペアレンツキャンプの家庭教育カウンセラーが行雲流水にお伝えします。

どんきー先生の記事

中学生の母子依存

ブログ読者のみなさんこんにちは。
どんきー先生です

前回の続きです。

中学生の母子(親)依存の原因として考えられることは、親子の距離感が近くなりすぎていることが懸念されます。
近くなりすぎているという事は中学生としての「母子分離」がなされていない状況ということが見て取れます。
このようなケースでは、中学生と関わる上での適切な距離感にしてやることで子の行動に変容を促していきます。


では、親子の適切な距離とは具体的にはどういうことなのでしょうか?



親は過干渉過保護にならず子を信じて見守ってやるぐらいの距離感。
子は親に頼り過ぎず自分でできることは自分でやれる距離感。


つまり、親は子の問題と思われることに足を踏み入れ過ぎず、子は子自身の問題を自分で解決しようと努力する、その上で子が本当に困ったときには親を頼れる距離感を取れることが理想の親子関係と言えると思います。


しかし、すでに不登校になってしまっているケースでは家庭のみでこの距離感を取るには限界があります。
不登校中だと「学校に行けていない」という事がそもそも大きな問題として子は直面し続けています。まずはそこを子が乗り越えて行かないことにはなかなかその他の問題に取り組めないケースが多いように見受けられます。
私たちの復学支援ではまず復学を果たし、学校に行き、学校で得た社会経験をもとにこの親子の適切な距離感をどうとっていくかを支援しています。


現在、学校には行っているけども、上記のような行動が見られる状態にあるお子さんのケースでは、適切な距離感をどうとってあげるのかを親御さんは意識されると良いと思います。
それがゆくゆくは不登校を予防することにも繋がると思っています。

今回は、支援中に多くみられる「中学生の母子依存」について記事を2回にわけて書かせていただきました。
ブログ記事の内容が少しでも皆様のお役に立てれば幸いです。



それでは、また


どんきー先生


(↓支援にご興味がある方はこちら↓)
share_tmp

(下のバナーをポチッと応援お願いします
 
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村

中学生の母子依存

こんにちは

どんきー先生です
夏らしい気候になってきました
1学期中に継続登校を頑張ってきたご家庭もいよいよ夏休みですね。
毎日暑い日が続いていますので体調管理には気をつけましょう


さて、今回は中学生の復学支援の中で最近多くみられる家庭の傾向について記事を書かせていただこうかと思います。
それは「母子依存」の傾向です。




まず、私が言う「母子依存」とは親が良かれと思って行ってきた子に対する過干渉対応や過保護対応によって子が「親なしでは何にもできない状態」であったり、「年相応の自立が果たされていない状態」に陥ってしまっているものを指します。
(過干渉・過保護については、詳しくは先日のまいどん先生の記事に書かれてありますのでそちらもあわせてご覧ください。)

「母子依存」とは言っていますが「親依存」と言ってもいいかもしれません。



「中学生で母子依存?」と思われる方も多いかもしれませんが、私が現在支援している中学生のほとんどがこの傾向にあるように見受けられます

なぜ不登校の中学生にその傾向が多いのかを考えた時に割と単純に考えると答えはでます。

子どもは親をお母さんを必要以上に頼る傾向にあるわけですから、単に「頼れるお母さんは学校にいないから学校に行けなくなる」ということが答えになってきます。
小学生の低学年の不登校ではほとんどがこの傾向にありますが、中学生にもこの傾向にある不登校が増えているのが現状です。


では、この「母子依存」傾向にある中学生はどういった行動を取りがちなのか?



実は小学生の低学年の「母子依存」傾向にある子どもとほとんど同じ行動を取ります。
例えば、

・必要以上にお母さんに付きまといお母さんの傍を離れようとしない。
・お母さんが座っているところにきて膝の上に座ろうとする。
・一人で寝れるのにお母さんと一緒に寝ようとする。
・一人でお風呂に入れるのにお母さんが入ってるところに入ろうとする。
・一人でトイレに行けるのにトイレまで付いてくるように要求する。
・身の回りの世話を必要以上に要求する。(靴下はかせろ、パンツはかせろ、制服着させろ、などなど)
・何かをする前に親に自分の要求を承認するように強要する。その上要求が通らないとなると親を困らせるような条件を付ける。(「宿題をするからゲーム買って!買ってくれないと宿題やんないからね!、「テストでいい点とったらライブに行きたい。行かせてくれるって約束してくれないならテスト受けない!」、「勉強に集中できないから防音のできる部屋を用意しろ!用意しないと勉強できないから学校に行かない!」など)


というような行動を取るケースが多く見受けられます



小学生の低学年であれば、「まだお母さんに甘えてかわいいな」、「甘えん坊さんなんだな」ぐらいで済むかもしれませんが上記のような行動を中学生がとっている状況を想像してみて頂けるとどうでしょう?

中学生ともなれば体格は個人差や男女の差はあるにせよ、ほぼ大人と変わらない体格になっている子が多いですよね。
その体格の子が膝の上に乗ってくることやお風呂やトイレに一人で行けないという事を考えると違和感を感じられる方が多いことと思います

最後の例などは小学生の低学年であれば、要求についてもかわいいもの(おもちゃ買って!)で済みますが、中学生ともなれば要求する内容も大きくなってしまいます
そして、大きくなった要求を聞いてあげられなくなった時、要求が通らないことに反発し最終的に行きつく先は家庭内暴力やひきこもりになっていってしまうケースも少なくありません


では、こういった行動を取ってしまっている子に対してどういった対応で変容を促していくか?

この辺についてはまた次回のブログ記事にて書かせていただこうかと思います

それでは、また次回



どんきー先生


(↓支援にご興味がある方はこちら↓)
share_tmp

(下のバナーをポチッと応援お願いします
 
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村


ストレス耐性が低いタイプの不登校の復学事例

こんにちは。どんきー先生です
以前から続けて投稿していた今回の記事も、これが最後です。

この日から、彼は訪問カウンセラーと二人三脚で準備を進めていきました。
私たちの支援では子どもに寄り添いながら、準備を進めていきます。

準備の内容によっては子どもが緊張する場面も多くあります。
そういった場面でもカウンセラーが寄り添ってあげることで乗り越えていけるように支えていきます。
彼は緊張する場面では素直に「緊張する」とカウンセラーに話をし、その場面を乗り越えられた時には「緊張した!やって良かった!」とカウンセラーの前で素直に喜びを表現していました。
このように一緒に乗り越えていくことでカウンセラーとのリレーション(信頼関係)を構築していきます。
このリレーションが後々、復学してから継続して登校していく中で彼が悩みを抱えた時に活きてきます。

寝る時間や起きる時間、勉強する時間、遊ぶ時間、と一日のスケジュールを自分自身で考えて決断し、その通りに生活をすることができていました。
これはカウンセラーからアドバイスをしたわけではなく彼が自主的に登校するために必要と考え、決めたことを実行しているようでした。
このように緊張する場面ではうまくカウンセラーを頼り、その上で自分が頑張らないといけないところは自分で考え行動することが出来ていました。

このような準備を約1ヶ月ほどかけてしていきました。

そして復学日当日を迎えました。

この日の朝、私は彼に久しぶりに会いました。
この復学する日の朝は多くの子が緊張する場面になるところでしたが、彼は緊張よりも楽しみが勝っているようでした。
彼はスッキリとした清々しい笑顔を見せてくれました。
ここまでの準備が充実していたのでしょう。
この顔を見て私はこの日から彼は生まれ変われることを確信しました。


私からはここまでの準備を労い、久しぶりの学校を楽しんでくるように彼に伝えました。
すると、彼は満面の笑みで「はい!」と力強い返事をしてくれました。


そして、彼は約半年ぶりに「いってきます!」と家を出て、彼は一度も振り返ることなく堂々と胸を張って登校していきました。


その後ろ姿を見えなくなるまで涙ながらに眺めていらっしゃるご両親が印象的でした。

この日のことを彼もご両親も一生忘れることはないでしょう。



彼は学校から帰ってからも明るく「楽しかった!」と言って帰ってきました。
早速、友達と遊ぶ約束をして友達と大いに盛り上がったようです。

この日から彼はインフルエンザによる体調不良以外は一日も休まず登校しています。

不登校をしている間に見られた行動は一切なくなり、学校のことはたまに失敗もしますが基本的には自分で考えてこなしているようです。

親御さんの方も「今まで言いすぎていました。今は何も言わずとも子どもに任せていて大丈夫とわかり気が楽になりました」とおっしゃっています。

彼の今の生活は不登校になる前とさほど大きな違いはないと思われます。
つい1年前はストレスフルだった生活が今は活き活きと充実した生活を彼は送れています。
この大きな違いは彼が自分の責任のもとで自分の人生を歩み出し、一度失敗したこと(不登校)でその辛さを十分に知ることが出来た。
そして、子どもだけではなく親御さんも子が不登校になったことで子に合う対応合わない対応を見つめ直し、子に合う対応に変えることで子どもが大きく成長したのだと思います。


継続登校はまだまだ始まったばかりです。
おそらく、この先、学校に行ったら行ったで起こる問題もあるでしょう。
ただ、ここを乗り越えて行けたこの親子であれば、どんなことがこの先合っても乗り越えて行けることと私は確信しています。


登校おめでとうございます!



それでは、また次回ブログ記事にてお会いしましょう!



※あくまでペアレンツキャンプにおける復学支援のケースから多く見受けられるものを元にお話ししました。なにかの参考程度にみていただき、家庭だけで判断するのではなく専門家にご相談されることをお勧めいたします。

 どんきー先生(佐藤博)

↓皆さんの応援のもとブログ発信が出来ております!
こちらをポチッと
応援宜しくお願いします♪(1日1回クリックを!是非ともよろしくおねがいいたします)↓
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ



ストレス耐性が低いタイプの不登校の復学事例

どんきー先生です。
前回の続きです。

お家に入った時、彼は自分の部屋でタブレットを眺めていました。
動画を観ていたのかゲームをしていたのかだと思われます。
その表情は無表情で目もうつろな様子でした。

私と顔を合わせたときには驚いた表情を見せてはいましたが、すぐにタブレットを置き、緊張しつつも落ち着いた様子でこちらの話を聴いてくれていました。

まず、私からは「なぜこのような状況になってしまったのか?」という事を聞きました。
この質問はおそらく答えにくかったのではないかと思います。
それでも、彼は涙を見せながらも自分の言葉で

「勉強に疲れてしまった。学校に行っていたころは疲れてしまって帰りの電車で寝てしまい本来降りる駅で降りれなくて終点まで行って引き返してきたことがある。そういう日が何度も続くと宿題が間に合わなかったりすることが増えて、嫌になっていってしまった」


と答えてくれました。

私からは彼が話してくれたことを受け止めた上で「今、学校についてどう思っている?」ということを聞いていきました。
すると、彼は「このままではいけないと思ってます。だから、学校には行こうとしているんです。勉強もしているし、でも、友達が自分のことをどう思っているのかがわからないから怖いんです」と話してくれました。


彼は学校の勉強について行くことに必死になり、自分の限界まで追い込んだ結果、学校に行けなくなってしまったこと。それを誰にも相談できずに今まで過ごしていたこと。
そして、勉強を始めたのは「学校に行くときのため」の準備だったことがわかり、なおかつ「登校」するという事に対して具体的な不安を抱えていることがわかりました。

このことから、彼が学校に戻るうえで必要なことは彼が今抱えている不安を解決するためにしっかりとしたサポートと彼自身の気持ちの「踏ん切り」が必要だということが見えてきました。


私からは彼の気持ちを汲んだうえで、
「君が学校に行こうとしていることはわかった。休んでしまった理由も良く分かった。そのことは事実として変えれるものではない。そのためには君1人で抱え込んでいても解決はしない。人の助けを借りながらでいいから解決していく道を考えていく必要がある。人の助けを借りることは何も恥にはならない。このままではいけないと思うのなら尚更人の手を借りてでも自分のために前に進んでいく方が君のためだと思う」
と彼に伝えていきました。


すると彼の方から
「学校に行けるものなら行きたい。不安が少しでも解消されるのであれば頑張ってみたい」
と泣きながら話してくれました。

そこには彼の「本当の気持ち」が込められているように感じられました。


ですので、ここから彼をサポートしていく訪問カウンセラーを導入し、具体的に復学に向けてどういったスケジュールで準備をしていくのか、彼の不安に対しどういった支援が必要なのか、というプランを話し合っていただきました。



話し合いについては彼は積極的に話をしてくれ、今彼が学校に戻る上で抱えている不安を正直に話してくれ、カウンセラーが提示したプランを興味を持って聞いてくれたようです。
その上で、「これなら学校に行けそう」という感想を持ってくれたようです。

私も詳しくどういったプランで準備をしていくのかを彼本人に確認しましたが、最初のような無気力な表情ではなく、目に光が宿りスッキリとした顔でプランの説明をしてくれました。


「これなら学校に行けそう」というプランが定まったことで彼の中で自信を取り戻すことが出来たのではないかと思います。自信を持つことが出来たことで表情が変わったのでしょう。


復学に向けてのプランが組み立てられたことで彼の表情に自信を持たせることはできました。
しかし、彼が不登校中に起こしてしまった行動については何も解決していませんでした。
ここを素通りしてしまって彼が復学に向けて動き出せたとしても彼自身が自分のしてしまったことをまた思い出し、自分を責めてしまうことが考えられました。
また、ここで彼が自分の行動について顧みることで親に支えられて自分が生きていることを再認識してもらう機会になると私は判断しました。

ですので、休んでしまっている間に起こしてしまった行動について理由を子に聴いていきました。

すると、彼は
「親に不満があったわけではなくて、学校に行きたくても行けなくて、親が心配したり、行くように言われるとイライラしてしまって起こしてしまった。親には悪いと思っている」
という内容を話してくれました。


私からは
「起こしてしまったことは仕方ない。君自身も苦しんでいたんだから。でも、起こしてしまったことは褒められることではないのも事実。君自身がやってはいけなかったことだという理解があるのであれば、一言君の口から親に言っておくことがあるかと思う。それを伝えておかないとまた君自身が自分を責めてしまいかねないと思う。伝えるべきことを親に伝えてそこもスッキリしておこう」
と伝えました。


そして、両親と彼とで向き合っていただき、彼の口から学校に戻ること、休んでいる間に起こしてしまったことに対して「ごめんなさい。」という一言と「育ててくれてありがとう」という言葉を添えてご両親に伝えてくれました


ご両親もその言葉を聞いて涙を浮かべながら「うん。うん」とうなづき、「これからは一緒に頑張ろう」と子に伝えてくれました。


私はこの親子の姿を見て「この家族であればきっとこの不登校も乗り越えられる」と確信することができました


次回に続きます


※あくまでペアレンツキャンプにおける復学支援のケースから多く見受けられるものを元にお話ししました。なにかの参考程度にみていただき、家庭だけで判断するのではなく専門家にご相談されることをお勧めいたします。

 どんきー先生(佐藤博)

↓皆さんの応援のもとブログ発信が出来ております!
こちらをポチッと
応援宜しくお願いします♪(1日1回クリックを!是非ともよろしくおねがいいたします)↓
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ

ストレス耐性が低いタイプの不登校の復学事例

ブログ読者のみなさんこんにちは
どんきー先生です。前回ブログの続きです。

不登校が始まってからの彼の行動としては
・思い通りにいかないことがあるとご飯を食べない日がある(ハンガーストライキ)
・友だちの連絡先をすべて消去してしまう。
・部屋に閉じこもり、部屋を荒らす
・「今日死ぬ」という発言が見られる
・漢方薬を大量に飲んでしまう
・パソコンに氷をのせ、壊す
・部屋の壁に穴をあける
・昼夜逆転気味の生活


というような行動が見受けられました。


このことを見ると、彼自身、学校に行けずにいることが辛く、自分自身を責めてしまってこのような行動に至ってしまっているように見えました。


支援開始したときにはこういった行動自体は落ち着いてはいたものの、感情的になりやすい状態ではありました。


私たちの復学支援では家庭教育に対してアドバイスをする支援(システムズアプローチ)と子どもに直接アプローチをかけて復学を目指す支援(ダイレクトアプローチ)による支援の大きく分けて2つの支援を柱にして復学を目指します。



このケースについてはまず家庭内での対応についてアドバイスするシステムズアプローチ支援により親御さんの対応面についてアドバイスしていきました。
きっかけとなるのは親からの声かけ(過干渉)に対する反発というものが多く見受けられたのでまずは親からの声かけを極力少なくしてもらうことで反発させる機会を減らし家庭を落ち着かせることを優先しました。


すると、狙い通りに子は落ち着き、反発はほぼなくなり、家庭が静かな状態に落ち着きました。


家庭は狙い通り落ち着きましたが、ただこれだけではなかなか復学といというところまでは行きつきません。
というのも、子どもは不登校が続くことによって休んでいる間の学校のことがわからなくなってしまうことで、学校に戻る「きっかけ」を見失ってしまうケースが多く見受けられます。

このケースでも子の行動としては落ち着いてきたことによって勉強には手を付け始めたものの、学校に行くという行動までは見受けられませんでした。


ですので、このタイミングで私たちの復学支援のもう一つの柱であるダイレクトアプローチ支援を展開し、復学に向けて彼が見失ってしまっている「きっかけ」作りと復学に向けた具体的なサポート体制づくりを進めていくことを親御さんと相談し決めました。


私たちのダイレクトアプローチ支援とはその名の通り、不登校になってしまっているお子さんに会うために訪問カウンセラーがお家に直接伺って対応をすることを指します。
これは不登校になってしまうことでお家から出れなくなってしまったり、相談はしたいけど行くことが出来ていない学校に行ってスクールカウンセラーさんや学校の先生に相談しに行くことが難しくなってしまっているケースが多く見受けられます。
そのため、私たちの支援では直接お家に入り込み、お家でお子さんに会ったうえで対応をしていきます。
お家に入る時にはお子さんから私たちの訪問に対して拒否をされることも想定されるので、そうならないような算段を立てるために親御さんと綿密に協議を重ねた上で対応に入ります。


いよいよ、ダイレクトアプローチ当日を迎えました。

続きはまた次回ブログにて

※あくまでペアレンツキャンプにおける復学支援のケースから多く見受けられるものを元にお話ししました。なにかの参考程度にみていただき、家庭だけで判断するのではなく専門家にご相談されることをお勧めいたします。

 どんきー先生(佐藤博)

↓皆さんの応援のもとブログ発信が出来ております!
こちらをポチッと
応援宜しくお願いします♪(1日1回クリックを!是非ともよろしくおねがいいたします)↓
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
プロフィール

ぶにん先生

不登校児童の訪問カウンセラーとして多くの不登校の小中学生と関わり、復学へと導く。不登校の解決法として家族関係の重要性を説き、水野式の家庭教育メソッドである「PCM」を構築。「家族と子どもの自立」を第一に考え、全国の親子をサポート。不登校の復学支援や家庭教育に関する講演会も精力的に行っている。

現在、家庭教育支援センターペアレンツキャンプ代表理事として全国からの家庭教育相談や復学支援を展開している。著書多数。

【主な著書】
・『無理して学校へ行かなくていい、は本当か』
・『ころんでも立ち上がれる子はあなたが育てる』

当カウンセリングルームは2003〜2005年までMSNブログにて開設されていた「ぶにん先生のカウンセリングルーム」の2代目として開設された情報発信型カウンセリングルームである。


家庭教育に興味のある親御さん、お子さんのことでお悩みの親御さんなど皆さんの憩いの場になればと思います。

お子さんのことでお悩みのかたは家庭教育支援センターペアレンツキャンプまでお気軽にご相談を。

ご相談はこちらまで
不登校からの復学支援
  一般社団法人  
家庭教育支援センター
 ペアレンツキャンプ  

学校への行き渋りでお悩みの親御さん、家庭力で乗り越えましょう。親が変われば子も変わる!おひとりで悩まずまずはご相談を。
にほんブログ村参加中!クリック投票おねがいします。
                にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ

親の会のご紹介
関東ペアレンツキャンプ親の会
みかんさんによる関東ペアレンツキャンプ親の会ブログ。小学2年生の時に不登校になった息子さんと娘さんとの日常生活についての笑いあり涙ありの日記。息子さんの不登校からの復学についての考察、情報発信を主にされています。


Archives
訪問者数
  • 累計:

ブログランキング参加中
人気ブログランキングへ
記事検索