親の学校!ぶにん先生のカウンセリングルーム

不登校や母子登校などの解決を目指して! ぶにん先生のカウンセリングルームは家庭教育支援センターペアレンツキャンプのカウンセラーが運営する「親が学べば子は伸びる!親が変われば子も変わる」をスローガンに掲げる親の学校です。 経験豊富な復学支援カウンセラーや家庭教育アドバイザーが綴る今日から役立つ理論や最新の子育て論など情報満載です。 親子の笑顔のために日々情報発信をしています。

親の学校!ぶにん先生のカウンセリングルーム イメージ画像

不登校カウンセリング

皆さんこんにちはきりこまち先生です9月もいよいよ終わりですねもう10月です。そんなことを言っている間にすぐ年末がやってくるのでしょうね。年を重ねると1年が早くなると聞き及んできましたが、どうやらいよいよ私もそういう年齢になったということでしょう今回は「宿題」
『夏休みの宿題が理由で休み始めた子どもたち』の画像

皆さんこんにちはきりこまち先生ですようやく残暑が抜け、朝の涼しい空気で秋を感じる日が増えてきましたねもう少しすると金木犀の香りが近所からただよう、私の好きな季節となります。いつのころからか根付いてきたハロウィンのイベントも、私は肯定派なので大いに盛り上が
『「クラスがうるさい!」環境から学校に行けなくなった子どもたち』の画像

今回は「心理学から見るペアレンツキャンプの復学支援」というテーマでブログをまいどん先生が書かせていただきます。皆さんは「エクスポージャー療法」という心理療法をご存知でしょうかエクスポージャー療法は、恐怖や不安の原因になる刺激や状況に段階的にあえてさらすこ
『心理学から見るペアレンツキャンプの復学支援』の画像

全国的に夏休みが終わり、新学期が始まりました。この時期は新たに不登校状態になってしまう子どもたち、そして深い悩みに陥って動けなくなって命を絶ってしまう子が増えるという悲しいデータもあります。私たちペアレンツキャンプでは、そのような子どもたちの悩みに寄り添
『不登校の支援者ネットワークは大切』の画像

私たちの復学支援は復学がゴールではなく、復学してから継続して登校することそして、私たちのサポートがなくても家庭で子どもたちを支えられるというところまでが支援の目標となってきます。復学を目指す時も家庭の対応は大事ですが、継続登校中はもっと大事になってきます
『継続登校は家庭が大事!』の画像

連日暑い日が続いていますねついこの前まで春が来たと浮かれていましたが、もう真夏日を観測するような地域もあり「春どこいった?」と戸惑うような陽気です。個人的には夏も冬も好きなので、暦の上で死角はないのですが、こう暑いとアイスが進んで下っ腹に死角ができそうで
『GW明け、4月の頑張りが響いて学校を休んでしまう子どもたち』の画像

不登校を経験した子どもたちは、勉強に躓いてしまって勉強そのものがいやになってしまったり、毎日の積み重ねの宿題に取り組むことが人一倍大変に感じてしまうことがあります。私達ペアレンツキャンプの訪問カウンセラーは、勉強のスペシャリストではありません。しかし、復
『勉強の取り組み方で見えてくる子どもの性格傾向』の画像

不登校支援者の多くはGW明けを警戒します。 統計を見ても不登校状態になる時期は9月頭、4月頭、そしてGW明けが多くなります。 なかでもGW明けというのは、新しく環境が変わる4月の適応期はなんとか頑張れていたものの、連休中に張り詰めていた気持ちが緩み、立て直しが効かな
『ゴールデンウィーク明けの不登校をどう捉えて対応をすべきか』の画像

先日、数年前に支援を卒業された親御さんから一通のメールをいただきましたメールの内容は支援をしていたお子さんが「この春に大学を卒業して、新社会人になる」という内容のメールでした。子どもが社会人になるにあたって夫婦で支援を受けていたころをふと振り返ったそうで
『なぜ復学支援なのか?』の画像

「どうして訪問カウンセラーの先生は子どもと仲良くなるのが早いの?」これは、子どもたちの性格傾向を分析した上で、ある心理の法則を利用しているからなのです。ブログ読者の皆さん、こんにちは!!チャマル先生です!今回は私が訪問カウンセラーとして、どのようにして子
『訪問カウンセラーが子どもと仲良くなる秘訣』の画像

↑このページのトップヘ