親の学校!ぶにん先生のカウンセリングルーム

不登校や母子登校などの解決を目指して! ぶにん先生のカウンセリングルームは家庭教育支援センターペアレンツキャンプのカウンセラーが運営する「親が学べば子は伸びる!親が変われば子も変わる」をスローガンに掲げる親の学校です。 経験豊富な復学支援カウンセラーや家庭教育アドバイザーが綴る今日から役立つ理論や最新の子育て論など情報満載です。 親子の笑顔のために日々情報発信をしています。

親の学校!ぶにん先生のカウンセリングルーム イメージ画像

不登校カウンセリング

ブログ読者の皆様、こんにちは!カケル先生です( ̄▽ ̄)以前チャマル先生が訪問カウンセリングの全体像についての記事を書いていましたね。(「まだ読んでない!」という方はこちらを参考に!http://bunin.parents-camp.jp/archives/51996170.html)訪問カウンセリングの中に
『訪問カウンセラーが行う復学準備とは』の画像

全国的に学校が再開しました。休校明けからの登校が不安定…というご家庭は珍しくなく、私たちのもとへのご相談件数は日に日に増している状況です今回は、日本財団が2018年に実態調査をした「不登校傾向にある子どもの実態調査 学校生活をめぐる子どもの特徴(タイプ)
『学校生活をめぐる子どものタイプ6群』の画像

7月に入り、本格的に夏がやってきた!と感じます訪問カウンセラーはそれぞれ自分に合った暑さ対策を行っています訪問カウンセラーの私(チャマル先生)は今年、暑さ対策として首からかける充電式の扇風機を購入しましたこれがまた、涼しくて快適です今回は私たち訪問カウンセ
『訪問カウンセラーの対応とは・・・?』の画像

ブログ読者の皆様、こんにちはりーぼ先生です例年、長期休み明けは不登校のご相談が増える傾向にあります。今年は新型コロナウィルスの影響で異例の事態となりましたが、やはり長かった休校期間明けが、子どもたちにとっても一つの山場となっているようです各地域で学校が再
『長期休み明けからの不登校復学事例』の画像

長い休校期間が明けて学校が本格的に再開し始めた地域も多いことと思います関西の公立小中学校は6月1日から学校が再開し始め、12日まで分散登校の期間があり、今週15日からクラス全員が集まって授業をし、給食を挟んで5限や6限まで授業をするという休校前と同じ時間割りで再
『休校明けの子どもたちの様子』の画像

ブログ読者の皆様、こんにちはりーぼ先生です訪問カウンセリングでは、お子さんとのリレーション(信頼関係)を構築するために、一緒にゲームをして遊ぶことがあります。その中で、お子さんの性格傾向というのも見えてきますよくある傾向のひとつが、「自分から言い出すのが
『やりたいことをやりたいと言えない子』の画像

当センターでは、日頃から子育てに悩まれる多くの親御さんからご相談をいただきます。その殆どが親御さんからのSOSです。「どうしたらいいでしょうか?」「相談に乗ってください」「助けてください!」そんなSOSを聞いていると、支援者としていつも思うことがあります。ブロ
『「どうしよう・・・」その間に深刻になることも⁉』の画像

6月に入りました全国で緊急事態宣言が解かれましたね学校再開とは言いつつも準備期間として、分散登校が始まる学校が多いようです。学校が始まることは親御さんの気持ちとしては複雑な方もいらっしゃると思います。とは言え、少しでも外に出られる環境は喜ばしいことでもあり
『長期の休校期間明けに見えてくる子どもの様子』の画像

緊急事態宣言が解除され、プライベートで自粛していた私は・・・先日バイクでツーリングに飛び出しました!この季節は晴れることも多く、過ごしやすいので毎年この時期はバイクで出かけていたのですが、コロナによる自粛でお預けでした(´Д⊂)やっぱりツーリングで外に出る
『新小1の環境不適応について』の画像

まいどん先生です前回のブログの続きです。前回、「不登校は誰にでも起こること」「不登校の原因は環境要因あるいは性格傾向要因のいずれかで考えることができる」ということを発信いたしました。お子さん1人ひとりに個性があり、一見短所に見える性格も長所と捉えることもで
『休校明けに行き渋りや不登校になりやすい子の性格傾向◆戮硫菫

↑このページのトップヘ