親の学校!ぶにん先生のカウンセリングルーム

不登校や母子登校などの解決を目指して! ここは「親が変われば子も変わる」をスローガンに掲げる親の学校です。 カウンセラーが綴るカウンセリング理論や最新の子育て論など情報満載。 2008年にブログを開設をし、発信し続けた情報は子育てで悩む多くの親御さんたちに元気をおすそわけし、支援を受けた多くの子どもたちが学校へと戻っていきました。家庭教育支援センターペアレンツキャンプの家庭教育カウンセラーが行雲流水にお伝えします。

不登校カウンセリング

7月に学校をお休みする理由

みなさんこんにちは
きりこまち先生です

個人的に待望していた夏がやってきました。暑いのは苦手ですが、これだけ晴れた日が続くとなんだか外にでなければもったいないような気がしてきますね

子ども達の間では7月の定期テストについてや、その先の夏休みについての話がもうでてきています
学校にもよりますが、私立だとテストが終わるとすぐに自宅学習期間に移るため、今から夏の予定を話し合ってうかれている子もたくさんいるようです(一部の親御さんからすると「いいから勉強しなさいよ」というのが心情のようですが)


さて、今回はこの7月段階で起こりやすい学校への問題について触れていきます。
定期テストのことについては私の前回記事で触れていますので、今回はそれ以外の面から見た影響についてです。

なんといっても一番のポイントは夏休みです。
ほとんどの子ども達にとって年間を通して最も長い連休であり、アクティビィの豊富さや親御さんの都合を子ども達に合わせやすくなることからも一大イベントの時期です。

さて、そんな夏休みですが、長期休暇が近づいてきたときに起こりえる子ども達の反応として、「もうすぐ夏休みだし、残りの学校もがんばろう!」という風に前向きになるお子さんと、「もうすぐ夏休みだし、直前の登校日を休んで少し連休を長くしちゃえ」という風に後ろ向きに考えてしまうお子さんに分かれることがあります。

前者は前向きな意見のため問題ないのですが、後者は本人の都合で休みを長くしてしまうため、夏休み明けの登校も含めて親御さんの視点からみると不安が残ります。
実際私たちの支援でも夏休み直前から学校を休み始め、夏休み中は楽しく過ごしていたけれど宿題は全く手をつけておらず、結果的に夏休み明けからも登校することができなかった…というケースを多々目にします。

暑くなってきたため、親御さんも「夏バテかな」という目で見られることも多いかと思いますが、夏バテ以上になにか問題が起きていないのかを一度振り返ってみるのも良いかもしれません。

もちろん、頑張りすぎや熱中症であれば適切に病院の判断を仰ぐことも大切ですね。
私も夏に浮かれすぎないように気を付けながら、暑い夏を乗り越えていきたいと思います


きりこまち先生


(↓支援にご興味がある方はこちら↓)
share_tmp

(下のバナーをポチッと応援お願いします
 
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村

4、5月から学校に行けなくなったら

みなさんこんにちはきりこまち先生です

今年もついに半分が過ぎ去りましたね。
気温が25度を超える日が時おりみられるようになってきました

暖かいとそれだけで何かしたい気持ちが湧きあがってくるもので、例にもれず私も陽気に誘われて外出が増えてきた今日この頃です。

さて、不登校を取り巻く状況として、GW明けから1,2週間程度は全国的に学校への行き渋りや不登校が激増するのですが、今年は6月に入った現在も登校に影響を出しているケースが目立つように感じます

季節の変わり目の影響か、5月病の延長か、いづれにせよ親御さんにとっては不安の募る日々が例年より長引いてしまっているようです

4月、5月とその時期に多い不登校のケースについて以前のブログで書かせていただきましたが、今回はそこを乗り越えた子ども達がこの6月頃から陥りやすい不登校ケースについてのお話をご紹介しようと思います。

まず、4、5月と続いた環境の変化やイベント毎を乗り越えた子ども達が、その後登校に何らかの影響を出すケースで多いのは
・定期テスト関連の不安
・慣れてきた友達関係だからこそ起きるトラブル
・イベントが終わったことでの燃え尽き

このあたりが多いように感じます。

「定期テスト関連の不安」というのは主に中学生に起こる問題です
学年、学校が変わって初のテストということで、その成績に一喜一憂する子ども達が大変多く見受けられます。

成績が良くなかった子は
「こんな成績じゃ周りの友達に馬鹿にされてしまう、、、。」
「厳しい学校なのに進級、進学基準を満たせてない、、、。」
「親がテスト結果に対して極端に厳しいことを言う、、、。」

と不安を抱え、成績が良かった子の中にも
「もっと点数が良いはずだったのに、満足できない、、、。」
「今回のテストは良かったけど次も同じようにできるかどうか不安、、、。」

という問題を抱える子もいます。

こういった問題はプライドや体面が邪魔をしてなかなか自分から相談することができず、手をこまねいているうちに学校を休んでしまうようになったということが多くあります。
休み始めた時は別の理由を話していたのに、問題を掘り下げてみたら上記のような理由だった、というケースもよく見かけます。


「慣れてきた友達関係だからこそ起きるトラブル」とは、新しい人間関係や、それまで構築してきた友達関係が深まることにより、お互いに「このくらいだったらいいだろう」という無遠慮やわがままを通してしまい、それが本人達が思っていたよりも大きな問題になることです。
仲の良い友達に対して、日常のひょんなことから少し馬鹿にしたようなあだ名をつけたところ、相手が憤怒して喧嘩になった、という話は枚挙に暇がありません。


そして最後が「イベントが終わったことによる燃え尽き」です
この時期は上記のテストも含め、宿泊研修や運動会、文化祭などのイベントが集中しやすく、それらにかける思いが強い子ほど、終わってから燃え尽きたよういなる子がいます。
日常の登校のモチベーションとして、イベントを捉えていたケースです。
学校をお休みするようになったけれど、イベントの日だけは必ず参加しているという子はもともとこういった捉え方をしていたケースが多いように感じます。

もちろん、ここでご紹介したのはこの時期多くなりがちな理由ですので、ここに当てはまらないケースは多々あるかと思います。


休み始めた理由はなんとなく把握したけれど、「このまま休ませておいてよいのか」、「何かしらアプローチを行うべきではないのか」、「学校に戻ったほうが本人の自立や将来の人生にとって価値があるんじゃないのか」と感じられた時は、親御さんご自身の判断で復学や継続登校を目標とする適切な機関にご相談いただくことが大切ではないかと考えています。


きりこまち先生


こちらをポチッと応援宜しくお願いします♪(1日1回クリックを!是非ともよろしくおねがいいたします)↓
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ  

ストレス耐性が低いタイプの不登校の復学事例

こんにちは。どんきー先生です
以前から続けて投稿していた今回の記事も、これが最後です。

この日から、彼は訪問カウンセラーと二人三脚で準備を進めていきました。
私たちの支援では子どもに寄り添いながら、準備を進めていきます。

準備の内容によっては子どもが緊張する場面も多くあります。
そういった場面でもカウンセラーが寄り添ってあげることで乗り越えていけるように支えていきます。
彼は緊張する場面では素直に「緊張する」とカウンセラーに話をし、その場面を乗り越えられた時には「緊張した!やって良かった!」とカウンセラーの前で素直に喜びを表現していました。
このように一緒に乗り越えていくことでカウンセラーとのリレーション(信頼関係)を構築していきます。
このリレーションが後々、復学してから継続して登校していく中で彼が悩みを抱えた時に活きてきます。

寝る時間や起きる時間、勉強する時間、遊ぶ時間、と一日のスケジュールを自分自身で考えて決断し、その通りに生活をすることができていました。
これはカウンセラーからアドバイスをしたわけではなく彼が自主的に登校するために必要と考え、決めたことを実行しているようでした。
このように緊張する場面ではうまくカウンセラーを頼り、その上で自分が頑張らないといけないところは自分で考え行動することが出来ていました。

このような準備を約1ヶ月ほどかけてしていきました。

そして復学日当日を迎えました。

この日の朝、私は彼に久しぶりに会いました。
この復学する日の朝は多くの子が緊張する場面になるところでしたが、彼は緊張よりも楽しみが勝っているようでした。
彼はスッキリとした清々しい笑顔を見せてくれました。
ここまでの準備が充実していたのでしょう。
この顔を見て私はこの日から彼は生まれ変われることを確信しました。


私からはここまでの準備を労い、久しぶりの学校を楽しんでくるように彼に伝えました。
すると、彼は満面の笑みで「はい!」と力強い返事をしてくれました。


そして、彼は約半年ぶりに「いってきます!」と家を出て、彼は一度も振り返ることなく堂々と胸を張って登校していきました。


その後ろ姿を見えなくなるまで涙ながらに眺めていらっしゃるご両親が印象的でした。

この日のことを彼もご両親も一生忘れることはないでしょう。



彼は学校から帰ってからも明るく「楽しかった!」と言って帰ってきました。
早速、友達と遊ぶ約束をして友達と大いに盛り上がったようです。

この日から彼はインフルエンザによる体調不良以外は一日も休まず登校しています。

不登校をしている間に見られた行動は一切なくなり、学校のことはたまに失敗もしますが基本的には自分で考えてこなしているようです。

親御さんの方も「今まで言いすぎていました。今は何も言わずとも子どもに任せていて大丈夫とわかり気が楽になりました」とおっしゃっています。

彼の今の生活は不登校になる前とさほど大きな違いはないと思われます。
つい1年前はストレスフルだった生活が今は活き活きと充実した生活を彼は送れています。
この大きな違いは彼が自分の責任のもとで自分の人生を歩み出し、一度失敗したこと(不登校)でその辛さを十分に知ることが出来た。
そして、子どもだけではなく親御さんも子が不登校になったことで子に合う対応合わない対応を見つめ直し、子に合う対応に変えることで子どもが大きく成長したのだと思います。


継続登校はまだまだ始まったばかりです。
おそらく、この先、学校に行ったら行ったで起こる問題もあるでしょう。
ただ、ここを乗り越えて行けたこの親子であれば、どんなことがこの先合っても乗り越えて行けることと私は確信しています。


登校おめでとうございます!



それでは、また次回ブログ記事にてお会いしましょう!



※あくまでペアレンツキャンプにおける復学支援のケースから多く見受けられるものを元にお話ししました。なにかの参考程度にみていただき、家庭だけで判断するのではなく専門家にご相談されることをお勧めいたします。

 どんきー先生(佐藤博)

↓皆さんの応援のもとブログ発信が出来ております!
こちらをポチッと
応援宜しくお願いします♪(1日1回クリックを!是非ともよろしくおねがいいたします)↓
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ



それゆけ★スージー先生‼ Part

ブログ読者のみなさん、こんにちは

日中は暑くなり、もう夏目前といったところでしょうか。
既に私はそうめんが美味しい時期になったななんて思っているスージー先生です。(笑


さて、今回の「それゆけ★スージー先生‼」シリーズでは私が訪問カウンセリング中にほっこりしたケースをお話ししたいと思います


お子さんが小学校入学前や小学校低学年の頃を思い出してみてください。 
子どもが新しい言葉を知ると使いたがることはありませんでしたか???

私自身、訪問カウンセリング中に子どもが新しく知った言葉を嬉しそうに使っている場面を良く見ます。
特に、上記に挙げたような時期のお子さんではその傾向が顕著に現れます。

新しい言葉は、学校やテレビや大人同士の会話なんかで知ったのでしょうね。
子どもが気に入ったフレーズは様々な場面で多用しています。




例えば、小学生1年生の女の子のケースですと・・・・


私が描いた絵と、私の後輩の子が描いた絵が似ていた際に
「似たり寄ったりだね!!」
と彼女は自信満々に言ったのです。

私は思わず笑ってしまいましたが、その場ではあえて何も言わずにいました。

すると、また別の日にも彼女は「似たり寄ったりだね!」と使う時があったのです。
恐らく、彼女の中では「同じだね!」「似てるね!」と伝えたかったのだと思います。
それがどの様な経緯でかは分かりませんが、いつしか「似たり寄ったりだね!」という言葉に変換されてしまったようです。

彼女が「似てるね!」と言いたいのだと分かったので、私から
「そういう時は『似てるね!』で良いんだよ。」
と教えてあげました。

彼女はそれを聞いてビックリしていました。
「そうなの??」と・・・。(笑) 

それ以降は、彼女が間違って使う日は私が知る限りありませんでした。



また、別の小学2年生の男の子のケースですと・・・


ある日、彼と宿題をしていた時の会話です。
彼の学校では毎日音読の宿題がありました。

彼:「今日はもう宿題したよ!」
私:「そう。それだったらいっっぱい遊べるね!(*^_^*)
   音読はもう終わったの?」

彼:「違うよ!今日は音読じゃなくてもくどくだよ!」
私:「へー。黙読なんて難しい言葉知っているんだー!」
彼:「知ってるよ!心の声で読むんでしょ!」

そう、そうなんだけど言い方がステキすぎるー!!
ってなっちゃいましたね。(笑)

恐らく担任の先生がそう教えたのでしょうね。

心の声で読むなんて言葉を真っ直ぐ真剣な表情で言われてしまい、私はまた笑ってしまいました。
そしてその後の会話では、

私:「ステキな言葉を知ってるんだね。
   その言葉、どうやって書くか知ってる?」

彼:「知らない」
私:「じゃあ、せっかくだし教えてあげるねー。こう書くんだよ!」
彼:「へー。なんだか難しいね。犬って字が入ってる。」

と続いていました。
彼は、漢字が苦手でいつも苦戦していました
私とも何度も漢字の練習をしていて、彼は「漢字はややこしいんだよー!」なんて愚痴をこぼすことも多かったのです。
そんな彼が漢字に興味を持った瞬間でした。


新しい言葉を使いたがるということは、子どもがその言葉に興味があるもしくはカッコイイと思ったのだと思われます。
だからこそ、いろんな場面で使ったりするのでしょうね

漢字嫌い、算数嫌い、英語嫌い・・・
と勉強は面倒で子ども達から嫌われやすいです。
しかし、この様に子どもが興味を持つと自然と口にしたりするようです。
興味を持つことは非常に大切ということが分かりますね!

今回ご紹介したような私の対応のように子どもが興味を持った際に、「その字、漢字でどうやって書くか知ってる?」なんて聞いてみるのも良いかもしれませんね。

勉強をさせよう、させようと思ってもなかなか上手くいかないものです。
親御さんが一生懸命勉強の楽しさを伝えようとしてみても、大体のケースでは子どもが興味をもっていないので聞き流されてしまいます。
何事もタイミングが大事で、子どもが何かを学んだことに喜びを感じたり、興味を持ったタイミングに、いかにそれを広げられるかです。
勉強をすきになってもらおうとするあまり勢いがありすぎると引かれますし、遠回しに言っても「ふーん」でおわることも。
私も訪問カウンセリング中に子どもが勉強に興味を持った瞬間を見逃さないようにアンテナをはっています

親御さんであれば、勉強を「させよう!」ではなく、勉強に興味を持つタイミングを「逃さない」ようにするといいですね。

それでは、また次回ブログ記事にてお会いしましょう



スージー先生

(下のバナーをポチッと応援お願いします
 
 
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村

ストレス耐性が低いタイプの不登校の復学事例

どんきー先生です。
前回の続きです。

お家に入った時、彼は自分の部屋でタブレットを眺めていました。
動画を観ていたのかゲームをしていたのかだと思われます。
その表情は無表情で目もうつろな様子でした。

私と顔を合わせたときには驚いた表情を見せてはいましたが、すぐにタブレットを置き、緊張しつつも落ち着いた様子でこちらの話を聴いてくれていました。

まず、私からは「なぜこのような状況になってしまったのか?」という事を聞きました。
この質問はおそらく答えにくかったのではないかと思います。
それでも、彼は涙を見せながらも自分の言葉で

「勉強に疲れてしまった。学校に行っていたころは疲れてしまって帰りの電車で寝てしまい本来降りる駅で降りれなくて終点まで行って引き返してきたことがある。そういう日が何度も続くと宿題が間に合わなかったりすることが増えて、嫌になっていってしまった」


と答えてくれました。

私からは彼が話してくれたことを受け止めた上で「今、学校についてどう思っている?」ということを聞いていきました。
すると、彼は「このままではいけないと思ってます。だから、学校には行こうとしているんです。勉強もしているし、でも、友達が自分のことをどう思っているのかがわからないから怖いんです」と話してくれました。


彼は学校の勉強について行くことに必死になり、自分の限界まで追い込んだ結果、学校に行けなくなってしまったこと。それを誰にも相談できずに今まで過ごしていたこと。
そして、勉強を始めたのは「学校に行くときのため」の準備だったことがわかり、なおかつ「登校」するという事に対して具体的な不安を抱えていることがわかりました。

このことから、彼が学校に戻るうえで必要なことは彼が今抱えている不安を解決するためにしっかりとしたサポートと彼自身の気持ちの「踏ん切り」が必要だということが見えてきました。


私からは彼の気持ちを汲んだうえで、
「君が学校に行こうとしていることはわかった。休んでしまった理由も良く分かった。そのことは事実として変えれるものではない。そのためには君1人で抱え込んでいても解決はしない。人の助けを借りながらでいいから解決していく道を考えていく必要がある。人の助けを借りることは何も恥にはならない。このままではいけないと思うのなら尚更人の手を借りてでも自分のために前に進んでいく方が君のためだと思う」
と彼に伝えていきました。


すると彼の方から
「学校に行けるものなら行きたい。不安が少しでも解消されるのであれば頑張ってみたい」
と泣きながら話してくれました。

そこには彼の「本当の気持ち」が込められているように感じられました。


ですので、ここから彼をサポートしていく訪問カウンセラーを導入し、具体的に復学に向けてどういったスケジュールで準備をしていくのか、彼の不安に対しどういった支援が必要なのか、というプランを話し合っていただきました。



話し合いについては彼は積極的に話をしてくれ、今彼が学校に戻る上で抱えている不安を正直に話してくれ、カウンセラーが提示したプランを興味を持って聞いてくれたようです。
その上で、「これなら学校に行けそう」という感想を持ってくれたようです。

私も詳しくどういったプランで準備をしていくのかを彼本人に確認しましたが、最初のような無気力な表情ではなく、目に光が宿りスッキリとした顔でプランの説明をしてくれました。


「これなら学校に行けそう」というプランが定まったことで彼の中で自信を取り戻すことが出来たのではないかと思います。自信を持つことが出来たことで表情が変わったのでしょう。


復学に向けてのプランが組み立てられたことで彼の表情に自信を持たせることはできました。
しかし、彼が不登校中に起こしてしまった行動については何も解決していませんでした。
ここを素通りしてしまって彼が復学に向けて動き出せたとしても彼自身が自分のしてしまったことをまた思い出し、自分を責めてしまうことが考えられました。
また、ここで彼が自分の行動について顧みることで親に支えられて自分が生きていることを再認識してもらう機会になると私は判断しました。

ですので、休んでしまっている間に起こしてしまった行動について理由を子に聴いていきました。

すると、彼は
「親に不満があったわけではなくて、学校に行きたくても行けなくて、親が心配したり、行くように言われるとイライラしてしまって起こしてしまった。親には悪いと思っている」
という内容を話してくれました。


私からは
「起こしてしまったことは仕方ない。君自身も苦しんでいたんだから。でも、起こしてしまったことは褒められることではないのも事実。君自身がやってはいけなかったことだという理解があるのであれば、一言君の口から親に言っておくことがあるかと思う。それを伝えておかないとまた君自身が自分を責めてしまいかねないと思う。伝えるべきことを親に伝えてそこもスッキリしておこう」
と伝えました。


そして、両親と彼とで向き合っていただき、彼の口から学校に戻ること、休んでいる間に起こしてしまったことに対して「ごめんなさい。」という一言と「育ててくれてありがとう」という言葉を添えてご両親に伝えてくれました


ご両親もその言葉を聞いて涙を浮かべながら「うん。うん」とうなづき、「これからは一緒に頑張ろう」と子に伝えてくれました。


私はこの親子の姿を見て「この家族であればきっとこの不登校も乗り越えられる」と確信することができました


次回に続きます


※あくまでペアレンツキャンプにおける復学支援のケースから多く見受けられるものを元にお話ししました。なにかの参考程度にみていただき、家庭だけで判断するのではなく専門家にご相談されることをお勧めいたします。

 どんきー先生(佐藤博)

↓皆さんの応援のもとブログ発信が出来ております!
こちらをポチッと
応援宜しくお願いします♪(1日1回クリックを!是非ともよろしくおねがいいたします)↓
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
プロフィール

ぶにん先生

不登校児童の訪問カウンセラーとして多くの不登校の小中学生と関わり、復学へと導く。不登校の解決法として家族関係の重要性を説き、水野式の家庭教育メソッドである「PCM」を構築。「家族と子どもの自立」を第一に考え、全国の親子をサポート。不登校の復学支援や家庭教育に関する講演会も精力的に行っている。

現在、家庭教育支援センターペアレンツキャンプ代表理事として全国からの家庭教育相談や復学支援を展開している。著書多数。

【主な著書】
・『無理して学校へ行かなくていい、は本当か』
・『ころんでも立ち上がれる子はあなたが育てる』

当カウンセリングルームは2003〜2005年までMSNブログにて開設されていた「ぶにん先生のカウンセリングルーム」の2代目として開設された情報発信型カウンセリングルームである。


家庭教育に興味のある親御さん、お子さんのことでお悩みの親御さんなど皆さんの憩いの場になればと思います。

お子さんのことでお悩みのかたは家庭教育支援センターペアレンツキャンプまでお気軽にご相談を。

ご相談はこちらまで
不登校からの復学支援
  一般社団法人  
家庭教育支援センター
 ペアレンツキャンプ  

学校への行き渋りでお悩みの親御さん、家庭力で乗り越えましょう。親が変われば子も変わる!おひとりで悩まずまずはご相談を。
にほんブログ村参加中!クリック投票おねがいします。
                にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ

親の会のご紹介
関東ペアレンツキャンプ親の会
みかんさんによる関東ペアレンツキャンプ親の会ブログ。小学2年生の時に不登校になった息子さんと娘さんとの日常生活についての笑いあり涙ありの日記。息子さんの不登校からの復学についての考察、情報発信を主にされています。


Archives
訪問者数
  • 累計:

ブログランキング参加中
人気ブログランキングへ
記事検索