親の学校!ぶにん先生のカウンセリングルーム

不登校や母子登校などの解決を目指して! ここは「親が変われば子も変わる」をスローガンに掲げる親の学校です。 カウンセラーが綴るカウンセリング理論や最新の子育て論など情報満載。 2008年にブログを開設をし、発信し続けた情報は子育てで悩む多くの親御さんたちに元気をおすそわけし、支援を受けた多くの子どもたちが学校へと戻っていきました。家庭教育支援センターペアレンツキャンプの家庭教育カウンセラーが行雲流水にお伝えします。

不登校カウンセリング

それって誰の問題なの?

ブログ読者のみなさん、こんにちは。

カケル先生です(^_^)/

いや〜暑い!暑すぎる!
クーラーがないと生きていけないこの季節、最近は家に帰宅する時間に合わせてクーラーが付くように予約していますv( ̄∇ ̄)v
ドアを開けた瞬間の冷風!幸せですね〜クーラーは私が感じる真夏の小さな幸せです。

夏休みと言えば楽しいこともたくさんありますが、子どもからすれば大変な“夏休みの宿題”がありますよね。
私が訪問カウンセラーとしてお伺いしているご家庭でも、子ども達は「面倒くさい」「やりたくない」「後でするから、明日するから」「まだしなくても大丈夫」と宿題を避けようとします

そんなお子さんの様子を見ていると親としては・・・

「夏休みが終わる前日に焦る姿が目に浮かぶ」
「いつも後回しにして困っているのに…」
「絶対に間に合わない」
「はやく取り組んでほしい」

など様々な心配事が出てくるかと思います。

心配になると「今日宿題はしたの?」「毎日毎日ダラダラしてばかりいないで宿題しなさいよ!」など子どもに宿題の声掛けをしがちです。
その声掛けに子どもも鬱陶しがったり面倒くさがったりする態度をとるわけですから、親としては心配からイライラに変わりますよね

このイライラを少しでも抑えるためには、PCMの理論で言うと親の問題と子の問題を分けて考えるに当てはまります。

宿題のことで子どもに声をかけそうになった時、一旦立ち止まってください。
この問題はそもそも誰の問題なのか。
宿題をするのは誰か?宿題をしなくて困るのは誰か?宿題の未提出で先生に叱られるのは誰か?
これらのことを考えた時に答えはすべて子どもになります。

子どもの問題に親が介入してしまうと、いつまでたっても自立は出来ません。
宿題が出来なくて困る経験、先生に叱られる経験を是非子どもの自立のためにさせてあげてください

ちなみにですが、私が訪問カウンセラーとして、夏休みの宿題をしたがらない子どもにする対応も記載しておきますね。

先ずは宿題をしたくない気持ちを共感する
→「その気持ち分かるよ。宿題面倒くさいよな。俺も昔は宿題が面倒くさかったの覚えてるわ〜なかかなか取り組む気になれへんよな〜」

その上で未来の話をしてあげる、想像させてあげる
→「気持ち分かるけど、だからといって未提出やったら余計に後から面倒くさいことなるよ。(先生に叱られたり別で補習の日を決められたり、結局提出はしないといけなくなったり)それやったら夏休み中に少しずつでも進めた方が楽やと思うよ!学校始まったらまた夏休みの宿題とは別で宿題も出るかもしれんからね。」

やる気が出ないのならば先ずは短い時間からスタートさせる
→「でも急に宿題しろって言われても難しいよな。一日で一教科全て終わらせろとは言わないから、先ずは10分〜30分だけ、英単語とか漢字だけでも進めようよ!」(これくらいやったら取り組んでも良いかな。これくらいやったら楽かなと思える内容)

一人でできない問題を、今なら一緒にできると難しい問題のサポートをする
→「ちなみに苦手な教科は?そっか。作文が苦手か。だったら文章を一緒に考えよう。一人で考えるより、今一緒にする方が捗ると思うよ。残りの宿題は自分一人でもできる様なのを残しておこう!」

以上のような方法で私は訪問カウンセリングの際に子どもと宿題に取り組んでいます。
もちろんこの方法も取り組まない子どもは中にはいますが、そういった場合には一旦ゲームを挟んで子どもの気持ちを盛り上げてから改めて勉強の話をしたり、その日は宿題をせずに次回取り組む約束をしたりします。

そこまでするには理由があります。
子どもに少しでも笑顔で学校に行って欲しいからです。
また、学期はじめ早々宿題が出来ていないから学校に行きたくないなんてことも防ぎたいですからね!
(あくまでも訪問カウンセラーという立場で行っていることであり、親御さんの立場となると対応は変わってきます)


今回は宿題に取り組まない子どもの対応について記事を発信させていただきました。

それでは最後にもう一度、大事なことなのでお伝えしておきます。
宿題は親の問題ではなく子の問題です!


それではまた次回のブログ記事にてお会いしましょう



カケル先生 



(↓支援にご興味がある方はこちら↓)
share_tmp

(下のバナーをポチッと応援お願いします
 
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村

それゆけ★スージー先生‼ Part


ブログ読者のみなさん、こんにちは!

スージー先生です

毎日暑い日が続いていますね
今年は夏に入る前から酷暑になると言われていましたが、「ここまでか・・・」と思うほどですね。
こうも暑すぎると、外に出るのを躊躇ってしまいますね。
そんな中、先日大阪事務所近くの大阪天満宮では天神祭りが行われ、昼間からお囃子の音が聞こえていました。(詳細はまいどん先生の記事をご覧ください。)
お昼は事務所のみんなで屋台に繰り出し、お祭り気分を味わうことができました


さて、今回のそれゆけ★スージー先生‼では『雷に恐怖を感じる子ども』について記事を書こうかと思います。

不登校中は、精神的に不安定になりやすく、その恐怖心が過剰に表れることも珍しくありません。
小学校低学年の子どもや、それ同等の精神年齢の子どもによく見受けられます。


私が過去に訪問カウンセリングでカウンセリングをしたM君は、小学5年生の男の子でした。
訪問カウンセリングに伺う前は、M君の性格傾向として「親に依頼心が強い」「嫌なことから逃げがちな選択をしがち」「自立心が年相応にない」傾向が分析されました。
実際、私が伺った際、見た目こそ小学5年生でしたが、遊ぶ内容や言動から幼さが見受けられました。
そして、雷の音だけでなく雨が降りそうな雲(黒くなった雲)や風が強くなると恐怖を感じていました。

洗濯物が風で大きく揺れていると、お母さんに「早く洗濯物を部屋の中に入れてよ!」とお願いする。
外で出かけた際に雷の音が鳴るor雨が降りそうな雲が出るとすぐに「早く帰ろうよ。」と言う。
洗濯物が風で大きく揺れるのも見るのを怖がる。
花火などの大きな音も怖がる。

など、嵐だけでなく大きな音や雷が表れそうな空模様にも恐怖を感じ、お母さんにお願いして防音のヘッドホンを買ってもらうほどでした

親御さんもそのような彼の様子に対して随分心配をされていました。

復学に向けて私と準備している最中も、上記のような言動や行動は何度か見受けられました。
彼も私に「雷が怖いんだ・・・」と話してくれていました。
復学してからもしばらくはこの状況が変わることはありませんでしたが、学校に慣れてきたころから徐々に様子が変わってきました

多少空模様が怪しくなっても、動じなくなってきたのです
その変化に彼自身はあまり気づいていないようでした。

継続登校のステージに移ってからの彼は様々な困難にも乗り越えていき、随分学校生活にも慣れて友達も少しずつ増えてきました。
私が訪問カウンセリングで伺っていたある日のことです。
その日は訪問カウンセリング中に天気が悪くなりましたが、彼は気にする素振りは見受けられなかったのです。
私が「あれ?雷が鳴ったけど、前みたいに気にならなくなってるね!と言うと、
「ほんとだ!気づかなかったよ〜と驚いていました。

そして、夏には一緒に花火大会にも行けるほどになりました。
不登校中は花火を見に行くことはなく、部屋でヘッドホンをして怖がっていたのです。
一緒に花火を見た彼は「うわ〜!キレイ!!」とテンションが上がっていました
以前の様子からは考えられないほどに雷や大きな音に対する恐怖心がなくなっていたのです。

彼と同じような状態にある子の親御さんは、「不安障がいなのではないか?」などと心配される方も少なくはありません。
しかし、全てが一概に不安障がいとは言えないのではないかと思われます。
それはこのブログ記事を読んでいただいた方にはお分かりいただけたのではないかと思います。

先ほども述べましたように不登校中は精神的にも不安定になりやすいのです。
そのため、彼は不登校前に不安に感じていたことに対して敏感に恐怖を感じやすい状態になったと考えられます。
今回ご紹介したM君は大きな音や雷でしたが、これはお子さんによって不安に感じるものは変わります。

私たちが支援を差し上げているケースでは、M君のように不登校を乗り越えてみると不安に感じていたことに対して恐怖を感じなくなったお子さんが多くいました。
ケースによっては不安障がいというよりも極端に恐怖心を感じやすく敏感になっている時期という捉え方もできるかと思われます。
M君と似たような傾向にあるお子さんのことでお悩みの親御さんに関しましては、一時的なものであるのか、あるいは病気や障がいなのかというところを見極めるところから始めてみてもよいかもしれません。


それでは、また次回のブログ記事でお会いしましょう


スージー先生

(↓支援にご興味がある方はこちら↓)
share_tmp

(下のバナーをポチッと応援お願いします
 
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村 

訪問カウンセラーのカウンセリングテクニック遊戯療法とは

ブログ読者の皆さん、こんにちは!
チャマル先生です!

世間では夏休みがスタートしましたね。子どもたちもプールや夏祭りと「夏」を満喫するために今から楽しい予定をたてているのではないでしょうか?
私も旅行だったり、地元の夏祭りへの参加だったりと、「夏」に向けて計画中であります。
皆様も是非、「夏」を楽しんでいただければと思います!(くれぐれも熱中症には気をつけてくださいね

さて、私がペアレンツキャンプに入社してから、たくさんの訪問カウンセリングをおこないました。
訪問カウンセリングは、基本的には子どもたちとのリレーション(信頼関係)を築くために一緒にゲームをしたり、動画を一緒に見たりと「遊び」が中心になります。
この「遊び」は子どもたちと仲良くなることだけを目的とせず、子どもたちの性格傾向や学校に戻った時にどのようなところで躓いたり困ったりするのかという課題を見つけることもできます。

心理学の世界では、「遊戯療法」と呼ばれます。
 
遊戯療法とは、遊びを通じて子どもの悩み・不安などを見つけ和らげる手法です。
子どもは大人より自分の不安や悩みを言葉で相手に伝えることが苦手です。
そんな子どもにとって遊びとは大切なコミュニケーションツールと言えます。
また、親や学校の先生には見せない素の部分もよく見えてきます。

実際に私が訪問したとあるご家庭のお子さんと対戦型のゲームをしている時です。
私はそのお子さんにゲームで何度も負けていました。
私を初心者と思ったその子は、私に上手くなるためのアドバイスや私のレベルに合わせてステージやキャラを選んでくれました
結果、何度も負けていた私ですが最後は勝つか負けるかのよい勝負をしてかなり盛り上がりました。
実は、これはこちらがわざと「ゲームが下手な人」を演じています
私たち訪問カウンセラーは、子どもの性格傾向などを分析するときに「こちらがゲームに勝ち続けたらどうなるのか」「負け続けたらどうなるのか」とあえて勝てる状況でも負けてみて反応をみています。

このケースでは、まさに「負け続けたらどうなるのか」をあえてやってみたわけです。

この訪問カウンセリングの結果、この子は「相手のレベルに自分から合わせることができる」「相手と一緒に盛り上がる事ができる」ということが分かりました
これを学校生活に置き換えた時に、クラスの班で協力して物事に取り組む時に相手に合わせることができ、完結したときに一緒に喜びを分かち合う事が出来る子だという捉え方になります

例えば今回のようにゲームで負け続けている相手に対し、見下して偉そうな口調になったり、相手のレベルに不満を口に出してしまったりする子もいます
このようなお子さんは、学校生活でも友達に対して同じようにしてしまうこともあります。
そういうお子さんの場合は、しっかりとリレーションが構築された時に「その言い方はちょっと傷つくなあ。友達でもきっと同じように傷つく子もいるから、そういうのはやめようか」とやんわり注意することもあります。
すでに遊びを通じて仲良くなっているお子さんなので、素直に受け入れてくれやすかったりします。

このように、訪問カウンセラーがゲーム内で勝ち負けを調整するためには、日頃の練習が大切です
私も、毎日の日課として子ども達が遊んでいるゲームを何時間もプレイしたり、ビジネス書の代わりにジャンプを読んだりしています
時に先輩方とゲームの腕を磨くために休憩時間に一緒にプレイしたり、「ここはこうするといいよ」なんてアドバイスを受けたり…はたから見れば遊んでいるようにしか見えないかもしれませんが、私たちは真剣そのものです(笑)



この努力があるからこそ、たくさんの子ども達を笑顔にできると思えるから頑張れます


他にも訪問カウンセリングの際に私たちが使っているテクニックはありますが、今回はこの辺で終わりにしようかと思います。

それでは、また次回のブログ記事にてお会いいたしましょう


チャマル先生

(↓支援にご興味がある方はこちら↓)
share_tmp

(下のバナーをポチッと応援お願いします
 
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村

中学生の母子依存

ブログ読者のみなさんこんにちは。
どんきー先生です

前回の続きです。

中学生の母子(親)依存の原因として考えられることは、親子の距離感が近くなりすぎていることが懸念されます。
近くなりすぎているという事は中学生としての「母子分離」がなされていない状況ということが見て取れます。
このようなケースでは、中学生と関わる上での適切な距離感にしてやることで子の行動に変容を促していきます。


では、親子の適切な距離とは具体的にはどういうことなのでしょうか?



親は過干渉過保護にならず子を信じて見守ってやるぐらいの距離感。
子は親に頼り過ぎず自分でできることは自分でやれる距離感。


つまり、親は子の問題と思われることに足を踏み入れ過ぎず、子は子自身の問題を自分で解決しようと努力する、その上で子が本当に困ったときには親を頼れる距離感を取れることが理想の親子関係と言えると思います。


しかし、すでに不登校になってしまっているケースでは家庭のみでこの距離感を取るには限界があります。
不登校中だと「学校に行けていない」という事がそもそも大きな問題として子は直面し続けています。まずはそこを子が乗り越えて行かないことにはなかなかその他の問題に取り組めないケースが多いように見受けられます。
私たちの復学支援ではまず復学を果たし、学校に行き、学校で得た社会経験をもとにこの親子の適切な距離感をどうとっていくかを支援しています。


現在、学校には行っているけども、上記のような行動が見られる状態にあるお子さんのケースでは、適切な距離感をどうとってあげるのかを親御さんは意識されると良いと思います。
それがゆくゆくは不登校を予防することにも繋がると思っています。

今回は、支援中に多くみられる「中学生の母子依存」について記事を2回にわけて書かせていただきました。
ブログ記事の内容が少しでも皆様のお役に立てれば幸いです。



それでは、また


どんきー先生


(↓支援にご興味がある方はこちら↓)
share_tmp

(下のバナーをポチッと応援お願いします
 
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村

中学生の母子依存

こんにちは

どんきー先生です
夏らしい気候になってきました
1学期中に継続登校を頑張ってきたご家庭もいよいよ夏休みですね。
毎日暑い日が続いていますので体調管理には気をつけましょう


さて、今回は中学生の復学支援の中で最近多くみられる家庭の傾向について記事を書かせていただこうかと思います。
それは「母子依存」の傾向です。




まず、私が言う「母子依存」とは親が良かれと思って行ってきた子に対する過干渉対応や過保護対応によって子が「親なしでは何にもできない状態」であったり、「年相応の自立が果たされていない状態」に陥ってしまっているものを指します。
(過干渉・過保護については、詳しくは先日のまいどん先生の記事に書かれてありますのでそちらもあわせてご覧ください。)

「母子依存」とは言っていますが「親依存」と言ってもいいかもしれません。



「中学生で母子依存?」と思われる方も多いかもしれませんが、私が現在支援している中学生のほとんどがこの傾向にあるように見受けられます

なぜ不登校の中学生にその傾向が多いのかを考えた時に割と単純に考えると答えはでます。

子どもは親をお母さんを必要以上に頼る傾向にあるわけですから、単に「頼れるお母さんは学校にいないから学校に行けなくなる」ということが答えになってきます。
小学生の低学年の不登校ではほとんどがこの傾向にありますが、中学生にもこの傾向にある不登校が増えているのが現状です。


では、この「母子依存」傾向にある中学生はどういった行動を取りがちなのか?



実は小学生の低学年の「母子依存」傾向にある子どもとほとんど同じ行動を取ります。
例えば、

・必要以上にお母さんに付きまといお母さんの傍を離れようとしない。
・お母さんが座っているところにきて膝の上に座ろうとする。
・一人で寝れるのにお母さんと一緒に寝ようとする。
・一人でお風呂に入れるのにお母さんが入ってるところに入ろうとする。
・一人でトイレに行けるのにトイレまで付いてくるように要求する。
・身の回りの世話を必要以上に要求する。(靴下はかせろ、パンツはかせろ、制服着させろ、などなど)
・何かをする前に親に自分の要求を承認するように強要する。その上要求が通らないとなると親を困らせるような条件を付ける。(「宿題をするからゲーム買って!買ってくれないと宿題やんないからね!、「テストでいい点とったらライブに行きたい。行かせてくれるって約束してくれないならテスト受けない!」、「勉強に集中できないから防音のできる部屋を用意しろ!用意しないと勉強できないから学校に行かない!」など)


というような行動を取るケースが多く見受けられます



小学生の低学年であれば、「まだお母さんに甘えてかわいいな」、「甘えん坊さんなんだな」ぐらいで済むかもしれませんが上記のような行動を中学生がとっている状況を想像してみて頂けるとどうでしょう?

中学生ともなれば体格は個人差や男女の差はあるにせよ、ほぼ大人と変わらない体格になっている子が多いですよね。
その体格の子が膝の上に乗ってくることやお風呂やトイレに一人で行けないという事を考えると違和感を感じられる方が多いことと思います

最後の例などは小学生の低学年であれば、要求についてもかわいいもの(おもちゃ買って!)で済みますが、中学生ともなれば要求する内容も大きくなってしまいます
そして、大きくなった要求を聞いてあげられなくなった時、要求が通らないことに反発し最終的に行きつく先は家庭内暴力やひきこもりになっていってしまうケースも少なくありません


では、こういった行動を取ってしまっている子に対してどういった対応で変容を促していくか?

この辺についてはまた次回のブログ記事にて書かせていただこうかと思います

それでは、また次回



どんきー先生


(↓支援にご興味がある方はこちら↓)
share_tmp

(下のバナーをポチッと応援お願いします
 
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村


プロフィール

ぶにん先生

不登校児童の訪問カウンセラーとして多くの不登校の小中学生と関わり、復学へと導く。不登校の解決法として家族関係の重要性を説き、水野式の家庭教育メソッドである「PCM」を構築。「家族と子どもの自立」を第一に考え、全国の親子をサポート。不登校の復学支援や家庭教育に関する講演会も精力的に行っている。

現在、家庭教育支援センターペアレンツキャンプ代表理事として全国からの家庭教育相談や復学支援を展開している。著書多数。

【主な著書】
・『無理して学校へ行かなくていい、は本当か』
・『ころんでも立ち上がれる子はあなたが育てる』

当カウンセリングルームは2003〜2005年までMSNブログにて開設されていた「ぶにん先生のカウンセリングルーム」の2代目として開設された情報発信型カウンセリングルームである。


家庭教育に興味のある親御さん、お子さんのことでお悩みの親御さんなど皆さんの憩いの場になればと思います。

お子さんのことでお悩みのかたは家庭教育支援センターペアレンツキャンプまでお気軽にご相談を。

ご相談はこちらまで
不登校からの復学支援
  一般社団法人  
家庭教育支援センター
 ペアレンツキャンプ  

学校への行き渋りでお悩みの親御さん、家庭力で乗り越えましょう。親が変われば子も変わる!おひとりで悩まずまずはご相談を。
にほんブログ村参加中!クリック投票おねがいします。
                にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ

親の会のご紹介
関東ペアレンツキャンプ親の会
みかんさんによる関東ペアレンツキャンプ親の会ブログ。小学2年生の時に不登校になった息子さんと娘さんとの日常生活についての笑いあり涙ありの日記。息子さんの不登校からの復学についての考察、情報発信を主にされています。


Archives
訪問者数
  • 累計:

ブログランキング参加中
人気ブログランキングへ
記事検索