親の学校!ぶにん先生のカウンセリングルーム

不登校や母子登校などの解決を目指して! ぶにん先生のカウンセリングルームは家庭教育支援センターペアレンツキャンプのカウンセラーが運営する「親が学べば子は伸びる!親が変われば子も変わる」をスローガンに掲げる親の学校です。 経験豊富な復学支援カウンセラーや家庭教育アドバイザーが綴る今日から役立つ理論や最新の子育て論など情報満載です。 親子の笑顔のために日々情報発信をしています。

親の学校!ぶにん先生のカウンセリングルーム イメージ画像

家庭教育のススメ

近年、「友達親子」という言葉をよく耳にするようになりました。実際にいくつかの調査で、「子どもと友達のような親子でいたい」「子どもと何でも話し合える関係でいたい」と望む親の割合が増えているという結果も出ているようです。そのような「友達親子」状態は、必ずしも
『「友達のような親子関係」に潜むリスクとは?』の画像

突然ですが皆さんはお子さんに「お小遣い」を渡されているでしょうか?お小遣い制度を取り入れているご家庭の多くは、「毎月決まった金額を渡している」もしくは「必要に応じて渡している」と、大きく2つのご家庭のパターンに分けられるかと思います。それでは家庭教育とい
『子どもの自立心を育むお小遣いのあげ方』の画像

「秋」は過ごしやすいので、色んな事に没頭したりチャレンジしやすい季節だと思います。子どもにとって、色んなことにチャレンジをする場といえば習いごとだと思います。と、いうことで今回は「子どもの習いごと」についてお話しますね。ブログ読者の皆さん、こんにちはチャ
『子どもの習いごとってどうしたらいい?』の画像

いきなりですが、読者の皆さんに質問です父性の対応とはなんでしょうか子どもたちを叱ることやお母さんよりは怖いイメージだったり…になるのかなと思いますもちろん間違いではないと思いますが、父性対応の基本は叱り役です。叱り役について『メリハリ』をつける対応の『仕
『父性(叱り役)対応の基本姿勢』の画像

みなさんは自分の想いを相手に伝えるのは得意ですか?苦手ですか?また、あなたのお子さんは自分の気持ちに気づいたり、相手に話したりするのは得意ですか?苦手ですか?ブログ読者のみなさんこんにちは!まいどん先生です今回は、自分の気持ちを相手に伝えるのが苦手な子へ
『自分の気持ちを相手に伝えるのが苦手な子への親のかかわり方』の画像

子どもが不登校から復帰できたけれど、またいつか不登校になるのではないか心配…あるいは、実際にまた不登校に逆戻りしてしまった…という親御さんもいらっしゃるのではないでしょうか。不登校は繰り返すものなのでしょうか?皆さんこんにちはりーぼ先生ですペアレンツキャ
『不登校は繰り返す?』の画像

「継続は力なり」という言葉は、皆さんもご存知かと思います。何事もまずは継続することが大事だと言われます。そこで、今回は【習慣化】をテーマにブログを書かせていただきます。皆さんこんにちはりーぼ先生です先日、運動を習慣化したい!と意気込んでエアロバイクを買い
『継続したいのに上手くいかない』の画像

焼き芋が大好きなまいどん先生ですこんにちはすごくどうでもいい話から入りますが、ドン・キホーテの焼き芋は100円くらいで手にはいるのかと衝撃を受けましたいつも150円くらいのシルクスイートなどのものを購入してたのですが、たまたま買い物に出かけると…品種は違うけど5
『子どもの成長や能力を信じているかそれとも・・・』の画像

子どもためと思って「あれやった方がいいんじゃない?」「これ忘れてるよ」「手伝ってあげる」といった親御さんの積極的な声掛けが多く見られます子どもの年齢によっては親がある程度助言やアドバイスを行うことは必要ですただ、状況によってはその『言おう言おう』という姿
『『言おう言おう』としていませんか?』の画像

この記事を見ている親御さんに質問です。『ゲーム』に対してどのようなイメージをお持ちですか?「ストレス発散」や「暇つぶし」や「趣味の一環で行うもの」というご意見が多いのではないでしょうか( ・Д・)?親御さんの子ども時代は、どちらかと言えば外で鬼ごっこをしたり
『ゲームばっかりして!!』の画像

↑このページのトップヘ