親の学校!ぶにん先生のカウンセリングルーム

不登校や母子登校などの解決を目指して! ここは「親が変われば子も変わる」をスローガンに掲げる親の学校です。 カウンセラーが綴るカウンセリング理論や最新の子育て論など情報満載。 2008年にブログを開設をし、発信し続けた情報は子育てで悩む多くの親御さんたちに元気をおすそわけし、支援を受けた多くの子どもたちが学校へと戻っていきました。家庭教育支援センターペアレンツキャンプの家庭教育カウンセラーが行雲流水にお伝えします。

家庭教育のススメ

大事なのはお母さんの笑顔です!

ブログ読者の皆さんこんにちは!まいどん先生です

ガリガリ君が美味しい季節です。
アイスが大好きで、アイスだけは食べるのがめっちゃ早い私です。
放っておいたら何本でも食べてしまいそうでこわい今日この頃です。
みなさんはアイスは何味がお好きですか?
ちなみに私はガリガリ君リッチのチョコミントにハマっています(チョコミント好き)

さて、みなさんに質問です。
日頃家事、家庭教育、お仕事…とお忙しい日々を過ごされていると思いますが、お1人の自由な時間を確保出来ていますか??
いつの間にか妻、母と役割が増えていき、充実した日々を過ごされているかと思います。
しかしながらないがしろにされやすいのは、妻としてでもなく母としてでもなく、1人の人として個人を大切にできる時間です。

支援者の立場でご家庭を分析する時に、親御さんの家庭や子どもへ力を注ぐ量はどれくらいなのかというところも見たりします。
お母さんが家庭を大事にする。子どもとの時間を大切にすることはとても良いことです。
問題は余裕がなくなるほどすべての力を子どもに注いでしまうという状況ということです。
お母さんが子どものことでいっぱいいっぱいになっていると、どうしても余裕がなくなってしまいます
冷静になることが難しくなり、つい感情的になってしまったり、不足不満を言ってしまうことも…

これがなぜ起こるのかを見たときに見えてくるものの代表的なものとしては
・ご主人が協力的ではない
・お母さんの何かしらのコンプレックスや過去の失敗を子どもに乗り越えさせようとしている
・子どもの「自立」ではなく「よい母で居よう」が目的になっている

このようなものが挙げられます。

家庭教育は夫婦二人三脚で行うものです。
お母さんだけが頑張っても効果は薄いですし、お父さんだけが頑張っても効果は薄いです。
ご主人がお母さんの愚痴を聞くだけでも「また明日も頑張ろう」と思えるのですが、話すら聞いてくれない…なんだか空しくなったり、つらくなっちゃいますね
2番目と3番目は似たような感じで「子どもの成功=親の成功」みたいな捉え方になっている場合です。
この場合、子どもへの過干渉や親の価値観の押し付けをしてしまいやすく、「よかれ」と思っていた対応が実は子どもをつぶしてしまうこともあります

家庭教育はご家庭によって形は様々ですが、共通して「これだけは意識してください!」といえるのが「お母さんの笑顔」です
最近、眉間にしわが寄りっぱなしになっていませんか?
難しい顔をして子どもと接していませんか?
子どものなによりの精神安定剤はお母さんが笑顔でいることです

悩んでしんどくなっているお母さんを、子どもはみたくありません
時々鏡をみてにっこり微笑む…ということを、忘れないでくださいね

状況によってはそうは言ってられない時や、あえて親が悲しんでいる表情を見せたほうが子どもの感情形成に効果的な場合もありますが、特に問題がないケースに関しては笑顔が一番大事!だったりします

それではまた次回



まいどん先生

(下のバナーをポチッと応援お願いします
 
 
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村

子どもの経験を奪っていませんか?

ブログ読者のみなさん、こんにちは。
スージー先生です


前回は『親御さんの先回りの対応』について述べさせていただきました。
今回は、前回のブログでもお伝えしたように先回りの対応をしない為のポイントを書かせていただきます。


先回りの対応をしない為のポイントとしては5つあります。

1.心配し過ぎない。
2.決めつけない。
3.子どもの目線で考えてあげる。
4.1つ上の学年と捉えて対応する。
5.信じて見守る。


それでは、順にポイントを説明していきますね


1.心配し過ぎない。
親御さんは子どもが失敗しないように、困らないようにと考えて心配し過ぎてしまう方は少なくありません。
我が子を心配するお気持ちは理解できますし悪いことだとは思いません。
親であれば当然のことでしょう。
しかし、その心配が度を過ぎてしまうと先回りの対応をしてしまいがちです。
子どもがまだやってもいないことで「どうしよう」や「大丈夫かしら」と心配されている親御さんは、要注意ですね!


2.決めつけない。
ご家庭で「こうした方が良いでしょ!なんで分からないの。」と親御さんが言っている場面はありませんか?

前回のブログ記事にも書きましたが、大人は自身の経験から先読みができ、ある程度の予測を立てて行動ができます。
そうなると「こうした方が良い」という方法もこれまでの経験から見つけ出すことはさほど困難ではないでしょう。
しかし、子ども達はそうではないことが殆どです。
経験が大人よりも少ない分、どうすれば良いということはすぐにはわからないのです。
やってみてできる・できないが結果を見ることで初めて分かります。

子どもに私達大人と同じような考えが直ぐにできるものと思って対応するのはやめておきましょう。
そうではなく、まずは成功でも失敗でも構いませんので、子どもが考えた結果を見せてあげましょう。
それを繰り返していくと自ずとどうすれば良いのかということは自ら自分で考えられるようになるのではないかと思われます。


3.子どもの目線で考えてあげる。
子どもの年齢や性格によって子どもができること・できないことは変わってくるでしょう。
それは、やり方を知っている・知らないでも大きく変わります。
しかし、親御さんの中では自分の基準で子どもができる・できないを考えてしまったり決めつけてしまうことがあるようです。
まずは、子どもがそのことをできるのか?やり方を知っているのか?というところを考えてあげましょう。
やり方を知らないだけなのであれば、教えてあげればいい話ですからね

ただ、ここで注意していただきたいのが目線を下げて子どもに合わせてあげても立場まで下げないということです。
立場まで下げてしまうと例え親御さんが子どもに叱っても、さほど響かないでしょう。
ここは注意しておいてくださいね!



4.1つ上の学年と捉えて対応する。
家庭教育相談を受けていると、子どもの年齢に対して幼い対応をしている親御さんも少なくありません。
幼い対応をしていると、子どもに対して必要以上の干渉をしてしまい結果、先回りの対応をしてしまうことが往々にしてあるのです。
ドキッとされた方もいらっしゃるのではないでしょうか?

そんな方は、子どもの実際の学年の1つ上の学年と捉えて対応してみてください。
小学5年生でれば小学6年生、中学1年生であれば中学2年生だと捉えて親御さんは対応しましょう。
そうすることで、親御さんも子どもに任せる対応は今よりも増えてくるのではないかと思います。

特に中学生ぐらいになるとどんどん子どもに任せて【自分でできる】という経験を積ませる対応が必要になってくるでしょう。
それが、子どもの自信にも繋がるでしょうし、親御さんも楽ができますね



5.信じて見守る。
そして、最後にお伝えするポイントが一番重要です。
今までお伝えしてきたポイントを実践するにあたり、親御さんが意識しておいてほしいことでもあります。
それは、子どものことを信じて見守ることです。

「失敗するんじゃないか?」「できるわけないわよ。」そう思ってしまっていると、ついつい先回りの対応をしてしまうこともあります。
ここは、失敗すると分かっていても声をかけるのではなく「うちの子であれば失敗しても乗り越えられる」と信じて子どもが実際どうするのか見守ってあげましょう

しっかり親御さんが見守ってあげていることで、子どもがもし手助けを求めている際にすぐに手を差し伸べることもできるでしょう。
信じて見守るということは、親御さんにとっては我慢をしなければいけないことになる可能性も考えられます。
その場合、辛い時期となるかと思いますがこの時期を頑張って乗り越えられると、我慢をしなくても信じて見守ることが自然とできるようになると思われます。
それまで、頑張ってみてくださいね




さて、2回に渡って『親御さんの先回りの対応』についてお話ししました。
今回はその中でも実際にご家庭で先回りの対応をしない為のポイントを説明しています。
ついついやってしまいがちな先回りの対応ですが、このポイントを押さえながらご家庭で実践していただければと思います


それでは、また次回ブログ記事にてお会いしましょう


スージー先生

(下のバナーをポチッと応援お願いします
 
 
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村

子どもの経験を奪っていませんか?

ブログをご覧いただいている読者のみなさん、こんにちは
スージー先生です

沖縄は梅雨入りしていますね。
今年の梅雨入りは例年に比べると早いらしいです

と言うことは、梅雨明けも早いのではっ!!!と雨が苦手な私はポジティブに捉えてテンション上げようとしています


さて、今回は親御さんの先回りの対応』について記事を書いていこうと思います。


日頃様々なご家庭の家庭教育支援をしていて、上記の通り「親御さんの先回りの対応」により子どもの自立心を育めていないケースは数多く見られます。
先回りの対応とは、例えば


「宿題したの?明日の準備は?」

「そうしてると飲み物こぼれるわよ。」


など、親御さんが子どもが失敗しないように先回りして「こうしたほうがいい」「これ確認した?」など言ってしまうことを指します。
結果的に「子どもが失敗して学ぶという経験を奪ってしまう」ことになります。

みなさんは、このように先回りをしていないでしょうか?

勿論、これらの声掛けについてはお子さんの年齢などによって必要な声掛けだと捉えられる時もあります。

私達大人は物事に対して先読みをして行動できます。
それができるからこそ、やりたくないことでも「先にやっておこう」などと実際行動に起こすことができるのです。
しかし、子どもはそうではないことが殆どです。
何故子どもは物事を先読みする力が低いのでしょうか??

それは、経験値が大人に比べると格段に低いからなんです!!!!

私達大人は、自分が経験してきたことを元にあらゆる選択を行っています。

“Life is a series of choices.”

とシェイクスピアの名言でもある「人生は選択の連続だ」という言葉のように、人はあらゆる場面で無意識的に選択を繰り返しているのです。
その際に最も重要なものがその人の経験です。
部屋が汚いから掃除をするという行動も、汚い部屋を見た時に瞬時に【掃除をするor掃除をしない】という選択を行った結果なのです。
どの選択をするかは、その人がどのような経験をしてきたかによって変わってくるでしょう。


人間には生きていく為に『経験』がとても重要になってくるのです。
『経験』と一言で言っても様々ありますよね。
成功した経験・失敗した経験・恥ずかしい思いをした経験・・・etc.

このように様々ありますが、子ども達は『経験』をすること自体がそもそも少ないのです。
子ども達には率先して様々な『経験』をさせてあげましょう!

特に、最近の親御さんは子どもに成功体験を経験させてやる気や自信を持って欲しいと思う親御さんは多くなってきたように感じますが、失敗する経験を率先してさせようという親御さんは少ないように感じます。
私は、成功する経験も大事だと思いますが、失敗する体験も同じように大事だと考えます。
なぜなら、失敗する経験から子ども達は大きな財産を得ることができるからです!
「次にどうしたら失敗しないんだろう」「こうしてみよう!」などと新しい方法を編み出したりチャレンジ精神を養うことも可能でしょう。

子どもが失敗した時に親が手を差し伸べて助けてあげるという場面は時には必要です。
しかし、そのタイミングをしっかり見極めてあげないと子どもを助けるためのサポートが、子どもが体験できる経験を奪ってしまっているということにもなり兼ねません。


それでは、どのような点を気を付けて対応していけば良いのかというポイントについては、次回のブログ記事にてお伝えしていきますね!
次回のブログ記事まで楽しみにしていただければと思います



スージー先生

(下のバナーをポチッと応援お願いします
 
 
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村

これからの時期「水筒忘れてるよ」の声掛けはどうすればいい?

ブログ読者の皆さんこんにちは!
例年のごとく、梅雨前に縮毛矯正をあてたまいどん先生です。
毎日暑いですねお昼ご飯が麺類ばかりな毎日です

さて、今回はタイトル通りこれからの時期「水筒忘れてるよ」の声掛けはどうすればいいのかについて記事を書かせていただきます。

まず、子どもが忘れ物をしてしまう際に皆さんに意識していただきたいのはPCMの「親の問題と子どもの問題を分けて考えよう」です。
これは、その問題を抱えているのは誰か?結果的に困るのは誰か?を考える手法です。
子どもが困ることならあえて失敗経験を積ませてみたり、失敗からのリカバーの仕方を学ばせることが出来ます。
また、親が子どもの問題に介入しなくていいので、ガミガミ言うこともなくなります。
親が困る問題なら、堂々とメシテイ(命令・指示・提案)で伝えてみたり、介入が出来ます。
この考え方を身に付けることで、非常に考えがシンプルになり、「これはどう声をかければいいんだろう…」と悩むことが少なくなります

しかしながら、これからの時期、多くの親御さんが判断に迷うのは
「熱中症対策を考えると水筒を忘れている子にひとこと声をかけるのは必要なのかどうか」
という点。

気温が高くなり、以前と比べると水分補給の大切さが訴えられるようになりました。
命にかかわることなので、親御さんとしても「水筒は忘れないで欲しい」と思われるお気持ちはよく分かります。
ケースによって具体的に差し上げるアドバイス内容は様々ですが、ほとんどのケースに共通してお伝えするのは、
・万が一忘れても友達にもらうことが出来るのではないか
・どうしてものどが渇けば学校や公園の水道水を飲めるのではないか
・学校の先生が対応してくれるのではないか
・忘れても取りに帰ってこれる状況なら、どうしてものどが渇けば家に帰ってくるのではないか

ということです。
考えてみれば、水筒を忘れてものどの渇きを潤す方法は意外とありますね。

「でも、うちの子はそんなこと思いつかないかもしれない…」と不安になる親御さんも多いかもしれません。
しかし、子どもって親をはじめ自分しか頼れない時はよく考えて行動できます
一生懸命知恵を絞って行動が出来たほうが自立心は育まれていきます。
ということは、「熱中症が怖いから」と「水筒忘れているよ」と声をかけるのは自立の上ではもったいないという考え方もできます。
本格的な暑さになる前に、失敗経験を積ませるためにも勇気を出して水筒を忘れていることを言わないようにしてみてもいいかもしれませんね

それでは、また次回ブログ記事でお会いしましょう


まいどん先生

(下のバナーをポチッと応援お願いします
 
 
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村

お父さんの叱り方について

ブログ読者の皆さん、こんにちは
カケル先生ですv( ̄∇ ̄)v

前回の記事では父親から子どもへの「良い叱り方」についてお話しました。今回は前回の「良い叱り方」に続き「悪い叱り方」をテーマにブログ記事を書きたいと思います。

悪い叱り方とは良い叱り方の反対のことをしてしまうことです。
子どもの話や言い分を聞かずに叱る、親の気持ちを伝えずにただ悪い点だけを指摘して叱る、時間が経ってから叱る、叱った後に切り替えずいつまでも不機嫌なままでいる等です。以上が前回のブログ記事でお伝えした「良い叱り方」と正反対の叱り方です。

これだけでもかなりの数がありますが、これ以外にも悪い叱り方は存在します。
いくつか紹介してみましょう。「あ、これしているかも…」という叱り方が見つかるかもしれません。「自分ももしかすると…」と意識して読み進めてみてくださいΣ(`□´/)/

そうすればきっと今後子どもを注意する場面でも「そういえばカケル先生のブログで読んだな…悪い叱り方をするところだった…」と叱る前に止めることが出来ると思います


では紹介していきますね

感情的になって叱らない
親も人間です。感情的になることはあるかと思いますが、それだと子どもには響きません。叱る前に一呼吸して、自分を落ち着かせてから叱りましょう。

叱りたいことがあれば端的に
いちまでもダラダラと叱るのはよくありません。何がいけないのか、今後どうすれば良いのか、同じことを繰り返さないためにはどうすれば良いのかなどなど、本当に伝えたいことだけを伝えましょう。ダラダラと叱り続けると話が膨らみ、本来の叱るポイントとは逸れてしまいます。そうなれば子どもには響きません。

子どもからの返事を待つ
叱られている時にはどうしても黙り込んでしまうこともあります。「これを言ったらもっと怒られるかも」「なんて答えよう」「なんでこんなことになってしまったんだろう」と、叱られている子どもは頭の中で色々なことを考えています。そこで「なんで黙ってるの?」「返事は?」「なぜそうなった?」と問い詰めると、子どもは余計に焦り心を閉ざしてしまいます。そうならないためにも子どもが返事をする時間は親から奪わないようにしましょう。

八つ当たりをしない
日常では子ども以外のことでもいらいらはするものです。夫婦で意見が合わない、仕事が上手くいかない、家事が忙しいなど疲れる要素はたくさん出てきます。しかしそれらの理由で子どもに当たってしまうと子どもの不満が溜まることはもちろん、親自身が後悔してしまいます。絶対にしないようにしましょう。


他の子どもと比較しない
自分の子どもより優秀な子が身近にいると「あの子はあれだけ出来るのにうちの子は…」と思ってしまうこともあるかと思います。だからといって誰かと比較すると子どもは僻みやすくなり自分に自信がなくなってしまいます。自己肯定感が低くなるとそれ以上に能力が下がってしまい良いことなんて一つもないです。周りと比べて劣っているなと思っても、絶対に子どもの前では言わないようにしましょう。


叱る内容を変えない
親の言葉に一貫性を持たせましょう。一貫性を持たせないと「え、今なにで叱られているの?」と子どもは戸惑ってしまいます。


過去の話を出さない
「あんたは前にも同じようなことを…」叱っている内容に関連していることでも過去の話を持ち出すと「前にも一回叱られてるのに何でまた?」「ちゃんと謝って許してもらったのに」「めんどくさい」と子どもが嫌がるだけで良いことなんて一つもありません。

暴力を振らない
体罰でしつけると、子どもは「自分のしたいことを通すためには暴力を使えばいい!」と学習してしまいます。そうなると学校でも自分の納得のいかない事があれば友達に手を出したりすぐキレたりと乱暴な性格になってしまいます。


多々あげましたがいかがでしたか?当てはまる叱り方はありましたでしょうか?
「当てはまってた〜」という方も中にはいらっしゃるかもしれません。
今から意識をして「良い叱り方」ができるようになりましょう
もちろん、すぐに直すことは難しいです。
世の中のお父さん方、練習して徐々に徐々に習慣化していってください

ではまた次回のブログ記事にてお会いしましょう

カケル先生 



↓皆さんの応援のもとブログ発信が出来ております!
こちらをポチッと
応援宜しくお願いします♪(1日1回クリックを!是非ともよろしくおねがいいたします)↓
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ


プロフィール

ぶにん先生

不登校児童の訪問カウンセラーとして多くの不登校の小中学生と関わり、復学へと導く。不登校の解決法として家族関係の重要性を説き、水野式の家庭教育メソッドである「PCM」を構築。「家族と子どもの自立」を第一に考え、全国の親子をサポート。不登校の復学支援や家庭教育に関する講演会も精力的に行っている。

現在、家庭教育支援センターペアレンツキャンプ代表理事として全国からの家庭教育相談や復学支援を展開している。著書多数。

【主な著書】
・『無理して学校へ行かなくていい、は本当か』
・『ころんでも立ち上がれる子はあなたが育てる』

当カウンセリングルームは2003〜2005年までMSNブログにて開設されていた「ぶにん先生のカウンセリングルーム」の2代目として開設された情報発信型カウンセリングルームである。


家庭教育に興味のある親御さん、お子さんのことでお悩みの親御さんなど皆さんの憩いの場になればと思います。

お子さんのことでお悩みのかたは家庭教育支援センターペアレンツキャンプまでお気軽にご相談を。

ご相談はこちらまで
不登校からの復学支援
  一般社団法人  
家庭教育支援センター
 ペアレンツキャンプ  

学校への行き渋りでお悩みの親御さん、家庭力で乗り越えましょう。親が変われば子も変わる!おひとりで悩まずまずはご相談を。
にほんブログ村参加中!クリック投票おねがいします。
                にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ

親の会のご紹介
関東ペアレンツキャンプ親の会
みかんさんによる関東ペアレンツキャンプ親の会ブログ。小学2年生の時に不登校になった息子さんと娘さんとの日常生活についての笑いあり涙ありの日記。息子さんの不登校からの復学についての考察、情報発信を主にされています。


Archives
訪問者数
  • 累計:

ブログランキング参加中
人気ブログランキングへ
記事検索