親の学校!ぶにん先生のカウンセリングルーム

不登校や母子登校などの解決を目指して! ぶにん先生のカウンセリングルームは家庭教育支援センターペアレンツキャンプのカウンセラーが運営する「親が学べば子は伸びる!親が変われば子も変わる」をスローガンに掲げる親の学校です。 経験豊富な復学支援カウンセラーや家庭教育アドバイザーが綴る今日から役立つ理論や最新の子育て論など情報満載です。 親子の笑顔のために日々情報発信をしています。

親の学校!ぶにん先生のカウンセリングルーム イメージ画像

家庭教育のススメ

各地で桜も満開を迎え、春らしい気候になってきましたね今週入学式や始業式を迎えるお子さんも多いかと思います。新学期早々子どもたちを待ち受けるのが、学校生活における環境の変化です。新しい学校に通い始めるお子さんはもちろんのこと、同じ学校の中でも学年が上がって
『新学期の環境の変化を乗り越えよう!』の画像

ブログ読者の皆さんこんにちは てんや先生です前回のブログでは「父性対応とは何か」そして「叱りの安売りをしない」ということをお伝えしました。ただ、そうは言っても「うちの主人が叱っても子どもが反抗的な態度をとります...」とおっしゃる親御さんは少なからずおられる
『父性対応とは 叱り役の立場が下がると…』の画像

多くのお子さんが春休み期間に入り、皆さんのご家庭でもご家族で過ごす時間が以前よりも増えたのではないでしょうか。そうなるとお子さんの春休みの過ごし方にもついつい目が行ってしまいますよね...。子どもと過ごす時間が長くなると親子間の衝突も多くなってしまう傾向にあ
『父性対応とは 戮硫菫

こんにちは! ほたて先生です現在支援を受け入れらている方、PCMを学ばれている方、そしてこのブログを見られている方々が一度は目にしたことのあるであろう言葉、それは・・・ 共感+非受容 自分が見ている世界というのは、自分が今まで培ってきた経験があるからこそ
『共感と受容について』の画像

そろそろ多くのお子さんが春休みに入り始めているかと思います。新入学や新学年に向けて、お子さんも期待や不安が大きくなりやすい時期です。4月からの登校に向けて、親はどういった姿勢で子どもと関われば良いでしょうか。皆さんこんにちはりーぼ先生です新小学1年生の場合
『新学年のスタートに向けて、親のとるべき姿勢とは?』の画像

小学6年生や中学3年生は卒業式があり、既に春休みとなっているご家庭もあるでしょう。それ以外の学年のお子さん達はあと少しで春休みといったところでしょうね。春休みになるとお子さんと過ごす時間が長くなり、子どもにイライラしてしまうという親御さんも少なくありません
『春休みの過ごし方』の画像

家庭教育のご相談を受けていてよくお聞きするのが、「子どもが失敗から学ぼうとしない」というお話です。そんなとき親としてどう考えればよいか?何をすれば良いか?について今回は解説します!皆さんこんにちはりーぼ先生です冒頭に書いた「失敗から学ぼうとしない」という
『失敗しても学ばないことがある?』の画像

イライラして子どもに強く当たってしまう・・・いつもなら上手くかわせるのに、子どもにきつい言葉をかけてしまった・・・普段の生活を送っているだけなのに、旦那さんに対して強く当たってしまう・・・そんなこと、ありませんか?子育ては親の思うように進むことばかりでは
『イライラするのは余裕がないから!?』の画像

「勉強しなさい!」「部屋が散らかってる!早く片づけなさい!」「また苦手なものばっかり残して...ちゃんと全部食べなさい!」ブログ読者の皆さんのご家庭でも、お子さんに対して「ついつい叱ることが多くなってしまう...」という親御さんは少なくはないかと思います。𠮟る
『時には褒めることも大事』の画像

今回は子どもの「給食嫌い」についてお話しようと思います。学校をお休みする理由として「給食が嫌い」や「給食を食べたくない」と言うケースは少なくありません。給食は学校で献立が決められているので、アレルギーの問題や食べる量以外では配慮が難しいと思います。ブログ
『給食が原因で不登校に!?』の画像

↑このページのトップヘ