親の学校!ぶにん先生のカウンセリングルーム

不登校(登校拒否)や五月雨登校、母子登校などの解決を目指して! ここは「親が変われば子も変わる」をスローガンに掲げる親の学校です。 カウンセラーが綴るカウンセリング理論や最新の子育て論など情報満載。 ブログ開設8年(2008年開設)で発信し続けた情報は子育てで悩む多くの親御さんたちに元気をおすそわけしてきました。   子どもの問題行動予防のための家族療法(家庭教育支援法)についても随時情報公開中!一般社団法人 家庭教育支援センター ペアレンツキャンプの家庭教育カウンセラーが行雲流水にお伝えします。

家庭教育のススメ

2017年03月26日

叱り役って必要なの?

ブログ読者のみなさんこんにちは
まいどん先生です

今回は、皆さんからよくいただく質問
「叱り役って必要なんですか?」
に対して家庭教育の観点でお答えしていこうかと思います。



share_tmp
↑子育てあるある。お父さんが子どものために叱ってくれているのに言うことをきかない。これはつらい…!

まず、私たちは父性と母性の担い分けが大切であると考えています。


父性をイメージしたときに皆さんがよく思い浮かべるのは「規範」「忍耐」「理想」といった堅いイメージ。
母性をイメージしたときに皆さんがよく思い浮かべるのは「包み込む」「受け入れる」「与える」といった柔らかいイメージ。
お子さんが行き渋りや、家庭内で問題をおこしがちなご家庭を分析していくと、父性あるいは母性のどちらかに偏っているケースが多く見られます。

極端な例を挙げるとすれば…

・父性が強すぎると、何を言っても子どもが反発・反抗ばかりしたり、攻撃性が強く出てしまいやすい
・母性が強すぎると、子どもが甘えん坊で自立できなかったり、極端に打たれ弱くなりやすい


上記イラストのような状況になる原因として、そのご家庭の家庭教育において父性が強すぎることが考えられます。

子どもをルールで縛りすぎたり、我慢させ過ぎたり、叱り過ぎると反発が出やすかったりします。
お父さんからすれば、仕事で疲れて帰って子どものためを思って叱っているのに、子どもが反発してくると「もう嫌この子…」とめげてしまいがち。
奥さんの評価も勝手に下がっていたり、うまく叱れなければ子どもにもナメられてしまう。


…これはやってられません!!!!:(;゙゚''ω゚''):)
(もう知るか!と匙を投げたくなります)

ということで、大切なのはバランスなのです。

なぜバランスをとらなくてはならないかという点については、次回ブログ記事にてご説明いたしますね

それではまた次回ブログ記事にてお会いしましょう


まいどん先生(山下真理子)


↓皆さんの応援のもとブログ発信が出来ております!
こちらをポチッと
応援宜しくお願いします♪(1日1回クリックを!是非ともよろしくおねがいいたします)↓
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ  

parentscamp at 09:00|PermalinkTrackBack(0)mixiチェック

2017年03月24日

完璧な子どもを求めていませんか?

ブログ読者の皆さんこんにちは
きりこまち先生こと辻です。

先日久しぶりに夕飯の買い物をしにスーパーに行った時のことです。そのスーパーでは石焼き芋の店頭販売をしているらしく、店先に人が集まっていました
しかし、近づいてみると売っているのは焼かれた芋ではなく、生のサツマイモでした
店員さんは声を張り上げて売り込みをしています。
「いらっしゃいませー!今日は鹿児島県産サツマイモとアルミホイルがセットでお得!ホントの焼きたてはご自宅にてどうぞー!」とのこと。
買って帰るよりも買って作った方が焼きたてですよというお話ですね。しかもホイルもセットでお得な値段ということで、好調な売れ行きのようでした。

店員さんに「珍しい売り方してますねー」と話しかけてみたところ、「実は機械が壊れちゃったので苦肉の策なんですよ」と笑いながら話していました
見事にピンチをチャンスに変えていた事には感服しましたね


さて、電話カウンセリングの場では、お子さんの登校についてのお悩みや家庭教育に関するご質問を多くいただきます。

「先生、うちの子全然宿題しないんですよね」
「忘れ物がおおくて困るんですよ」
「もっと友達付き合いがうまくできるようになりませんか?」
…などなど。

日頃お子さんと一緒に生活するなかで、問題とまではいかないまでも「もう少しこうだったらいいのになぁ」と思う瞬間は多いのではないでしょうか。
そういった「もう少し」の部分が積み重なると「この子は周りの子と比べても不安な部分が多いわ」と親御さん自身が心配になってしまい、その結果必要な干渉と過干渉の線引きが曖昧になってしまうことが多いように感じます。

ではどう考えたらいいのか。まず大前提として

完璧な子どもなんてものは存在しません

水野先生がよく親御さんへのカウンセリングの場で仰る言葉です。
どんな子でも感情の波や、性格的な短所があるはずです。

そして、それは子どもにだけ言えることではなく親御さん自身にも当てはまるはずです。
親と言えど神様でも仏様でもないわけで、感情を持った人間です。
いつもは許せる子どものわがままも、状況によっては許せなくて必要以上に叱ってしまったり、理不尽だとわかっていつつも自分を止められずに子どもにあたってしまうこともあるかと思います。

しかし、そのような失敗をしたからといって親として失格なのかと言えば私の答えはNOです

子育てが人生の全てでもなく、家庭以外で嫌なことを経験したり悩みを抱え込んだりするわけです。職場で上司に小言を言われたり、お友達づきあいで何かもつれがあったり・・・それが普通だと思います。
親子の間にちゃんとした信頼関係や愛情と言われるものがあれば、親は反省して親として成長していきます。子どももそのような親の姿勢を理解しようとします

子どもを生んだ瞬間からとても重たく、そして高貴な使命を親は帯びるわけですが、誰からも親はその親の勉強を教えてもらうことはなく、親の免許をとって親として認定されるわけではありません。参考にできるのは自分がどう育てられたかの記憶くらいです。
しかもそれも時代背景が変われば正しいかどうかが変わるあやふやなものです。

開き直ってくださいというわけじゃないですが、そんな背景があるので、親としてミスをするのは当たり前。

時には子どもの寝顔に涙を流して謝る夜もあることでしょう。でもそのような悪い対応を継続的に行わないように反省して子どもと共に成長できれば、私は親としてOKなんじゃないかと考えています

真面目な親御さんほど、子どもに完璧を求めすぎ。
完璧な子どもなんているはずもありません。
子どもは様々な失敗を経験して成長していきます。完璧だったらそんな失敗すらも否定しなくちゃいけなくなります。

親も子も失敗から成長します。

一緒に失敗しながら成長していけばいいのです。子育ては親育ち。



今回は、家庭教育に関するお話でした


きりこまち先生(辻貴紀)

↓皆さんの応援のもとブログ発信が出来ております!
こちらをポチッと
応援宜しくお願いします♪(1日1回クリックを!是非ともよろしくおねがいいたします)↓
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ  


parentscamp at 08:00|PermalinkTrackBack(0)mixiチェック

2017年03月23日

不登校に対してどのようなイメージをお持ちですか?

ブログ読者のみなさん、こんにちは

最近、寝る前に涙と鼻水が止まりません…
「もしや、花粉症」と思ったのですが、調べてみると「寒暖差アレルギー」の可能性と自己判断しました(花粉症だったとしても認めたくない
「鼻を温めるとよい」とのことで、寝る前はホットタオルを鼻にのせているまいどん先生です
さて、今回は瀬川さんのお久しぶりのブログ記事です
ご覧ください

↓よろしければ、こちらをポチッと
応援宜しくお願いします♪↓
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

おひさしぶりです ペアレンツキャンプスタッフの瀬川です

突然ですが、みなさんは花粉症をお持ちでしょうか?
私はかなり重度の花粉症を持っており、くしゃみと鼻水に悩まされています
毎年、これがゴールデンウィークまで続くので…今年も長い戦いになりそうです(´;ω;`)


それでは、本題に移らせていただきます

今回は「明るい不登校」についてお話をさせていただこうと思います

そもそも、「明るい不登校」とは何なのでしょうか?

明るい不登校とは、部屋に引きこもったりするわけではなく、家庭内で暴れたりすることもない、学校に行っていないこと以外はいたって普通の状態のことを指します。

「不登校の子」と聞くと、「引きこもっている」「家庭内で暴れている」「悲観的な考え方をしている」というイメージが浮かぶ方が多いのではないでしょうか?

しかし、近年ではこの「明るい不登校」が増えていると言われています

学校には行っていないけれども、家では普通に親御さんと会話する、兄弟と楽しく遊んでいる、笑顔をよく見せる、お友達が時々家に遊びに来てくれる、などなど…家にいるお子さんの様子を見ていると、学校に行く事が出来ている子と特に変わりないのが、この「明るい不登校」の子の特徴です。


では、なぜ「明るい不登校」になってしまうのでしょうか

まず、子どもが不登校になると、「どうして学校に行かないの?」と問いただしたり、「学校に行かなきゃダメでしょ!」と伝えてみたりと、なんとか早期に復学出来るようお子さんに声掛けをする親御さんが多いです。
しかし、子ども本人は理由を答えないだけでなく、「うるさいな!」と反発したり、学校の話題が出るたびに表情が険しくなったり、かたく口を閉ざしてしまうなど、態度が急変しまうということがあります

やがて、親御さんは、お子さんに対して「機嫌を損ねないように」と学校の話題を避けるようになります。子どもは、学校の話題が出てこない限り、今まで通り明るく過ごします。そして、そんなお子さんの様子を見ていると、親御さんには「学校の話をすると、またこの子の機嫌も悪くなるし、それなら何も言わないでおいて、このまま明るくいてくれた方が良いかなという考えが生まれます。

その結果、「明るい不登校」が生まれるというわけです

しかし、これでは、根本的な問題から目をそらして、当たり障りのない会話ばかりをすることになり、いつしか、解決という気持ちが薄れてしまいます。また、子ども自身の「自分が不登校の状態にあること」に対しての問題意識も薄れてしまいがちです
これでは、ただただ時間だけが過ぎてしまい、不登校の長期化に繋がりかねません。

この「明るい不登校」解消方法は様々ですが、私は「親御さんが子どもに問題意識を持たせる」ための行動をとることが大切かと考えています。
不登校中のお子さんへの対応は、親御さんが腫れ物に触るように接することが多いです。
お子さんの性格傾向にもよりますが、実はこの対応がお子さんの問題意識を薄くさせてしまうことも…
例えば、お母さんが普段お子さんのご機嫌取りをするような発言を多く取ってしまっていると、子どもが「自分の方が親よりもえらい」だったり「自分の方が立場が上だ」と感じやすくなります。
その結果、わがままや退行現象に発展してしまいがちです。

もし、「うちがまさにそうかも!」と思われる場合は、一度お子さんとの接し方を見直してみてもよいのかもしれませんね。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

いかがでしょうか?
水野先生の書籍『無理して学校へ行かなくていい、は本当か』にて瀬川さんのブログ記事の内容が詳しく書かれてあります。
「不登校のことをもっと知りたい!」と思われた方は、是非とも書店やAmazonさんなどでご購入ください

また、最後に大事なお知らせがあります!
このたび瀬川さんはインターンを卒業することになりました
「えっ?!じゃあもうブログで会えないの?!」
そう思うかたもいらっしゃるのではないでしょうか。
しかし…そうとも限らなかったりします。

続きは…また今度(笑)

 瀬川佑奈
 まいどん先生(山下真理子)


↓皆さんの応援のもとブログ発信が出来ております!
こちらをポチッと
応援宜しくお願いします♪(1日1回クリックを!是非ともよろしくおねがいいたします)↓
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ 


parentscamp at 08:00|PermalinkTrackBack(0)mixiチェック

2017年03月17日

出会いと別れの季節に…感謝の気持ちを込めて

ブログ読者の皆様、こんにちは アカツキ先生です。

 1日1回クリックを!是非ともよろしくおねがいいたします
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ 

3月のこの時期。
別れの季節です
そして、来月は親子ともに環境の変化や新たな出会いがありますね。

本日は『中一ギャップ』についてお話ししていきたいと思います。

中学生に上がった時につまずきやすい3つのパターンを紹介していきますね。

自己発揮機会喪失ストレス蓄積型→中学校は、多くの場合2〜3校の小学校の卒業生が集まってくる場合が多いです。
それゆえに小学校の時と同じ人間関係が築けないため学校に行きたくなくなることがあります。
小学校の時と同じ人間関係が築けないというと、例えば…
・小学校時代に仲の良かった子が他校の子と仲良くなりクラスで話せる友達がいない
・小学校の時はリーダー的なポジションだったが他校の子にそのポジションをとられた
などがあげられます。

喪失不安増大型→小学校の時は担任の先生が登校から下校までずっと一緒で、なにかあればすぐに相談しやすい環境にあります。
中学校は教科制になるため先生が毎時間変わります。
何か問題があった場合、先生からの手助けを小学校の時よりも受けにくくなっている場合があります。(主に小学校時代にコミュニケーション能力に不安があった子が多いです。)

システム変化不安型上記にも書きましたが小学校と中学校はシステムが大きく変わり、家から学校への距離が遠くなってしまったり、勉強も難しくなり、毎日クラブ活動をしている子もいます。定期テストや制服など小学校と環境が大きく変わります。その変化についていけずに学校へ行けなくなってしまうパターンがあります。

私もこれまで中学一年生の子のお家に訪問カウンセリングをしに行くことが度々ありました。
そこではたくさんの出会いがありました。
勉強が苦手で、宿題が出来ていなくて行けなくなった子や、新学期に新しいお友達を作れなくてそのまま学校に行けなくなっていた子がいました。

中学生と言えば子どもから大人になりかけている時期だと個人的には思います。

教えて育てることを教育と言いますが、中学生くらいになれば自我が芽生え出すため、「教える」よりも「経験」させていく方が良いかもしれないですね。

もちろん中学生と比べると、人生経験が豊富なお母さんやお父さんから見て、危なっかしい行動を取ることもあるかもしれません

しかし、当センターでは「命令、指示、提案や価値観の押しつけや子の問題に先回りするのは避けましょう。」とお話をさせて頂くケースが多いです

もう中学生なんだし任せてみようかな」といった見守る気持ちを持つことが大切です

また、最後になりましたがブログの中で皆様にお伝えしたいことがあります

ご存知の方もいるかと思いますが、私、アカツキ先生は3月20日を持ちましてペアレンツキャンプを退社することとなりました。

この1年間で色々な所に行き色々な人と出会い、また水野先生を始め先輩の先生方から色々と学ばせていただき非常に濃い時間を過ごすことが出来ました。振り返れば…あっという間の日々でした。

まだまだここでやり残したこともたくさんありますが、自分自身の夢のために違うステージに進むことを水野先生と話し合い決定をしました。

ペアレンツキャンプに入社して「不登校は環境的な要因のみならず、子どもの性格傾向による要因が原因で起こっていることもある」ということを知りました。
環境的な要因のみではないとなれば、家庭力の向上やお子さんの成長によっては復学を目指せるということを知った時、とても嬉しく思いました。

また、「学校に戻りたい…でもどうしていいのかわからない」と悩んでいる子どもたちに寄り添い、一緒に復学の準備を進めて復学日の朝に緊張しながら校門をくぐっていった姿を見たときは非常に感動しました

ペアレンツキャンプで出会った全ての人にこの場を借りて感謝の気持ちをお伝えしたいと思います。

1年間関わらせていただいた皆さんに感謝いたします
皆さんのご家庭がこれからも楽しく過ごせるよう心よりお祈り申し上げます


アカツキ先生

↓皆さんの応援のもとブログ発信が出来ております!
こちらをポチッと
応援宜しくお願いします♪(1日1回クリックを!是非ともよろしくおねがいいたします)↓
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ 



parentscamp at 09:01|PermalinkTrackBack(0)mixiチェック

2017年03月13日

現代ならではのスマホ問題!

ブログ読者の皆様 こんにちは 
アカツキ先生です

↓こちらをポチッと応援宜しくお願いします♪(1日1回クリックを!是非ともよろしくおねがいいたします)↓
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ  
 
最近夕方の18時頃を過ぎてもまだ外が明るいですね 
が終わり日に日に新しい季節の気配を感じる今日この頃、お子さんたちはもうすぐ次の学年へ進み一つ大人へと近付く時期です 

「子どもがスマホを欲しいと言ってます 持たせてもよろしいのでしょうか?」といった相談が時々、当センターに寄せられます。
今回はそのことを少しお話させていただきますね。 

ブログ読者の皆様で中学生(小学生の高学年も)のお子さんをお持ちの方は一度は「お母さん!スマホが欲しい」とおねだりされた事があるのではないでしょうか?

 「クラスの子はみんな持っている」「なかったら学校で仲間外れにされる」とお子さんから必死に訴えられている方もいるかもしれないですね

結論から言いますと、支援の場では「持たせるor持たせないは各家庭で判断してよい」とお伝えすることが多いです。

確かに子どもの言うことも一理あると個人的には思います。
実際、スマホを持っている子は持っている子同士、スマホを使って連絡を取り合いそこでグループが出来ているケースが多いです。

また、「塾などで帰りが遅くなったり、冬は部活をしていたら帰る時間はもう真っ暗だし心配だな…」など、子どもの安全面を考えて持たせた方がいいケースもあります。

ただ、もしお子さんにスマホを持たせる場合には以下のような「3つの事を実行してください」と当センターではをお話しをする場合があります


お父さん、お母さんが同席して子どもと話し合いルールを決める

ex:月¥5000までは親が払うが、それ以上の請求額が来れば自分のお小遣いから払うこと
  夜の22時以降は使わない …etc

使用のルールを決めておかないとゲームに課金をして、10万円以上の高額請求が来てしまった
友達とのLINEに夢中でスマホ依存になって夜更かしして遅刻ばっかり、ついには昼夜逆転で学校に行けなくなってしまった
…となってしまう場合もあります。

スマホには依存性があるため、ある程度のルールが設けられていると子どももそこまでのめり込まなかったりします。

また、ご夫婦で同席してもらうのは、子どもから「そんなこと言ったっけ?」と言われるなどの水かけ論を防ぐ目的もあります


ルールを破った場合はペナルティを設ける 

「月の請求金額が¥6000だった場合、来月のおこずかいは-¥1000にするよ
「22時過ぎて使っていたから翌日から3日間使用禁止だよ 」

など、ルール決めの時には必ずペナルティをセットで設定しておきましょう。
ペナルティがないのはただの目安でしかなく、子どもがルールをないがしろにする可能性があるからです。

設けたペナルティは必ず実行する 
子どもが約束を破った場合「ごめんなさいもうしません」と謝ってくる場合があります。 

しかし、そこで『目先の可哀想』をとって「今回だけは許してあげよう」 となってしまうと子どもは「しめしめ」や「守らなくても自分に不利益がない」と 考えてしまうかもしれません。

そうなってしまうとルールを守る意味がなくなってしまうので、ルール違反をしても何とも思わなくなってしまうことも…。

上記のように、子どもにスマホを持たせる際には上記3つは必ず親子で話しあってみることをおすすめします。


スマホは今の世の中で、必須のアイテムになりつつあります。
小中学生位でも持っていても当たり前(?)になっています。

ただ、お母さん(お父さん)たちが中学生の頃になかった問題(LINEいじめ、不特定多数の人が見れる掲示板に個人の悪口を書き込む、個人情報やわいせつ画像の流出、架空請求等)が出てきています。

便利なアイテムでも、使い方次第で時には人を傷つける道具になってしまうので買い与える際には被害者、加害者にならないようにきちんと家庭内でルールを決め、ネットリテラシーやモラルをしっかりと理解させる必要があります。

スマホについての記事は過去にもアップされていますので、合わせてご覧ください

ネット依存と家庭教育

身近なスマホ依存問題。なぜ起こる?!


このブログ記事がみなさんのお役に立てれば幸いです


アカツキ先生

↓皆さんの応援のもとブログ発信が出来ております!
こちらをポチッと
応援宜しくお願いします♪(1日1回クリックを!是非ともよろしくおねがいいたします)↓
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ  

parentscamp at 08:00|PermalinkTrackBack(0)mixiチェック