親の学校!ぶにん先生のカウンセリングルーム

不登校や母子登校などの解決を目指して! ここは「親が変われば子も変わる」をスローガンに掲げる親の学校です。 カウンセラーが綴るカウンセリング理論や最新の子育て論など情報満載。 2008年にブログを開設をし、発信し続けた情報は子育てで悩む多くの親御さんたちに元気をおすそわけし、支援を受けた多くの子どもたちが学校へと戻っていきました。家庭教育支援センターペアレンツキャンプの家庭教育カウンセラーが行雲流水にお伝えします。

家庭教育のススメ

子どもの「強み」探しをしてみよう!

ブログ読者の皆さんこんにちは
まいどん先生です

前回の続きです。

今回は、子どもの自尊心や自己肯定感などが上がるなどの効果もある子どもの「強み」探しについて具体的に解説をいたします

強みとは、「それらを使った時あるいは人から指摘された時に自分らしさや活力を感じるようなポジティブな性格的特徴である」と定義づけされます。

人間は、つい弱点や短所など、欠けているものに目を向けがちです。
そして、相手を減点法で評価したり接してしまい、相手の足りないところが気になってしまいます。
これではゴーレム効果が発動してしまいますよね

強み探しでは、ポジティブ心理学の第一人者であるクリストファー・ピーターソン博士とマーティン・セリグマン博士が中心となり共同開発した「VIA‐IS」という診断テストが有効です。
世界190か国、260万人以上の人々に使用され、信頼性や妥当性も検証されています。
全部で24種類の「強み」から、トップ5の強みが「自分を特徴づける強み」とされます。
これらを日々の生活の中で活用することで、人生の満足感や仕事の充実感が向上するという研究国が報告されています。ご興味がある方は「VIA‐IS」で調べてみてください。(無料診断サイトでテストが受けられます)
設問が120問あるので15分ほどかかりますが、日本語にも対応していますし面白いですよ♪

では、子どもの強みを見つけるために、
〆廼瓩箸討皀錺ワクして楽しかった時は?
∈まででとてもうまくいったこと、成功した時は?
自分の好きな点は?
という子どもへの問いの答えをもとに、24タイプの中から上位3つの強みを選択してみましょう。

創造性 何かを行う時に、目新しくより生産的なやり方を考える。
好奇心 今起きているあらゆることに興味津々である。
向学心 新しいスキルやテーマ、知識を身につけることが好き。
柔軟性 あらゆる角度から物事を考え抜いて検討する。
大局観 人に対して賢明な助言ができる。
勇敢さ 脅威や試練、困難、苦痛などにひるまない。
忍耐力 始めたことを最後までやり遂げる。課題をやり遂げることに喜びを感じる。
熱意 感動と情熱をもって生きる。物事を中途半端にしたり、いい加減にすることはない。
思いやり 人に親切にし、人のためにいいことをすることができる。
愛情 人との親密性、特にお互いに共感しあったり、思いやる関係を大切にする。
社会的知性 人や自分の動機、気持ちに気づく。人を動かすにはどうすればいいかを知っている。
チームワーク グループやチームの一員としてうまく立ち振舞うことができる。
公平さ 公平や正義という考えに沿ってあらゆる人々を同じに扱うことができる。
リーダーシップ 自分のグループが物事を達成できるように励ましたり人間関係を保つことができる。
寛容さ 過ちを犯した人を許し、やり直すチャンスを与える。復讐心を持たない。
謙虚さ 自分の成績などを自慢しない。脚光を浴びることを求めない。
思慮深さ 注意深く選択する。不必要なリスクは決してとらない。
自己コントロール 自分の気持ちや振る舞いをコントロールできる。
審美眼 自然から芸術、数学、化学、日常まであらゆる領域に美しさや優れた点などを見出しその真価を認める。
感謝 自分や周りに起こった良い出来事に目をむけ、それに感謝する心をもつ。
希望 素晴らしい未来を描いて、それが実現できるように努力する。
ユーモア 笑いやいたずらを好む。人に笑いをもたらす。
スピリチュアリティ より高次の目的や森羅万象の意味について信じる心を持つ。

いかがでしょうか

3つの強みが分かったら、親御さんはその強みを意識して子どもを観察してみてください
たとえば、「感謝」が強み上位に来ている子の場合、「ありがとう」が言えたら「ちゃんとありがとうが言えるのは素敵だね」などとほめてあげましょう。コーチングではこれを「強みのフィードバック」とされています。
自分を特徴づける強みを発揮した際に、他者に自分の強みを認識されるのはそれだけで強い称賛となります。相手が大好きな親であればなおさらパワフルで心に残る褒め言葉となるでしょう。

こういったことを繰り返していくことにより、子どもは自分の強みを再確認することができます。
そして、その強みが脳裏に根付いていき、最終的には自尊心が高まっていきます

いかがだったでしょうか。
この3連休、親子での何気ない会話の中で、強み探しをしてみても面白いかもしれませんね

それでは、また次回ブログ記事にてお会いしましょう

まいどん先生

(↓支援にご興味がある方はこちら↓)
share_tmp
家庭教育支援コースの残り枠わずかです!ご相談はお早めに!

(下のバナーをポチッと応援お願いします
 
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ

子どもの「強み」探しをしてみよう!

ブログ読者の皆様こんにちは
まいどん先生です

よく、「先生が子どもの頃はどうだったのですか?」というご質問をいただきますが、本当に振り返ればどうしようもないぐーたら娘でした…ちびまる子ちゃんに物凄い共感を覚えます(笑)

宿題はしない、片づけができない、ズボラ、協調性がない、気が利かない…

そんな私にさぞ両親はイライラしたことでしょう
そのような話をすると、今の私からは想像がつかないと皆さん驚かれます。

しかしながら、ちびまる子ちゃんだった私もそれなりに自立した大人になりました。

何が言いたいかといいますと、子どもはいつでも変われるし、可能性は無限大ということです
親が子に対してマイナスのレッテル貼りをしてしまうと、それ以上の能力開発が難しかったりもします。

今回は、子どもへの評価と成果について2回に分けてブログ記事を発信していこうかと思います

まずは、なぜマイナスのレッテル貼りがよくないのかという点について解説をいたします。

アメリカの教育心理学者ロバート・ローゼンタールによって行われた実験で有名なピグマリオン効果というものがあります。ピグマリオン効果とは、他人から期待をもって関わられることで、学業やスポーツの成績などが向上する現象です。

ローゼンタール教授が行った実験は以下の通りです。

1.小学校のクラスでごく普通の知能テストを行う
2.担任教師には数ヶ月後に成績が伸びる生徒を見つけるテストだと説明する
3.テスト結果とは無関係に選んだ生徒の氏名を載せた名簿を担任教師に見せ、数か月後に成績が伸びる生徒だと説明する
4.数か月後に生徒の成績を確認する

実験では、担任教師に「成績が伸びる」と説明した生徒は、実際に他の生徒に比べて成績が伸びるという結果が得られました。教師が生徒に対し期待のまなざしを向け、子どもも期待を意識したことが原因だと主張されています。

また、ゴーレム効果というのもご紹介しておきます。
これは、他人から期待を持たないで(悪い印象をもって)関わられることで、学業やスポーツの成績などが下がる現象です。

1.普段から立ち歩きや授業中の私語が目立ち学業成績も悪い子どもがいる
2.担任教師はその子供に「落ち着きがなく、言っても聞かない子」というレッテルを貼り、何の期待もかけなくなる
3.子どもは「期待されていない。ほかの子と差別されている」という不満を募らせてやる気もなくし、より問題行動が目立ち、成績も下がる
4.担任教師はますます子どもをぞんざいに扱うようになるという悪循環に陥る

極端例ではありますが、学校以外の場所でもこのような場面は多く見かけます。

親子関係においても、まさにこのようなことが起こりやすいです
子どもに「ずぼら」「だらしがない」「勉強意欲がない」など、マイナスのレッテル貼りをしてしまうと、たまたま上記のような行動をとった子どもに対して「ほら、やっぱりずぼら。どうしようもない」と極端な評価をしてしまいがちです
反対に「優しい」「面白い」「気遣いが出来る」などのプラスのレッテル貼りが出来ていれば、それとは反対の行動をとっても「らしくないな」などと「たまたまそうなったんだろう」と捉えて接することができます。

ブログ読者の皆さんで、「レッテル貼りしてるな〜」と思われる方は、まずは子どもに対してマイナスのレッテル貼りをするのをやめてみることが大切です。
その上で、子どもの能力を開発する意味で子どもの強み探しをしてみることをお勧めします

次回は、子どもの強み探しの方法についてご紹介いたします



まいどん先生

(↓支援にご興味がある方はこちら↓)
share_tmp
家庭教育支援コースの残り枠わずかです!ご相談はお早めに!

(下のバナーをポチッと応援お願いします
 
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ

子どもの成長に合わせた子育てを◆

ブログ読者のみなさん、こんにちは!

スージー先生です

さて、前回のブログ記事では子どもが成長していく様子を発達段階の面において説明しました。
子どもは身体的・精神的にも成長していくので、徐々に【自分でできること】が増えてきます。
子どもの成長に合わせて子育ても変えていかなければならず、
子育てには段階があると書きました

では、具体的にどのように子育てに段階があるのかを具体的に書いていきたいと思います。
前回と同様、文部科学省のホームページで紹介されている発達段階を元に説明していきますね。

文部科学省のホームページでは、中学生までの発達段階を大きく3つに分けています。
1).乳幼児期 (0歳〜小学生に上がるまで)
2).学童期  (小学生)
3).青年前期 (中学生)


それでは、それぞれの段階での対応や注意すべきポイントをお伝えしていきたいと思います。


1).乳幼児期 (0歳〜小学生に上がるまで)

【この時期の親として気をつけておきたいポイント】
〇劼匹發竜せちや行動を推察して先回りな対応をする必要がある。
一度子どもに任せて見守る対応をとる。



〇劼匹發竜せや行動を推察して先回りな対応をする必要がある。

生まれたばかりの子どもは自分でできることは殆どなく、その為に養育者である親御さんの手助けが必要な状態です。

親御さんは子どもが泣いた時に
「お腹が空いたのかしら?ミルクの時間かな?」
「そろそろおしめを替える時間だわ。」

などと子どもの気持ちや、子どもがして欲しいと思っていることを推察して子育てすることになります。
子どもの表情や鳴き声などから親御さんは読み取ります。
周りの人から見ると、子どもの表情の違いは細かすぎて分からないことも、親御さんであれば分かることは良くあるのではないでしょうか。
この時期の親御さんは子どもの気持や行動を推察して先回りな対応をしなければならない時期なのだと認識しておきましょう


一度子どもに任せて見守る対応をとる。
徐々に子どもが成長してくると、子どもが出来ることも増えてきます。
しかし、まだまだ親御さんの手を借りる必要がある時期です。
とは言え、3歳頃になると第一次反抗期と呼ばれる時期に入ります。この時期は『イヤイヤ期』とも呼ばれます。
この時期の子どもは、自分で何でもやってみたり、親御さんの言うことを素直に聞かないという反応が表れます
これは、子どもに自我が芽生えだしたというサインでもありますので、悪く捉えてしまうのはやめておきましょう。

親御さんからすると、「できないだろうな」「失敗するだろうな」と思われるかもしれません。
実際、親御さんが想像されたようにすぐには上手くできないことだらけだと思います。
かと言って、親御さんが「できないからダメよ!などと子どものやる気を削いでしまうと、子どもは親からできないというレッテルを張られたとも受け取ってしまうかもしれません。

子どもが失敗することは当たり前ですし、そこから何か学んでくれれば良いのではないでしょうか。
そう考えると、親御さんはイヤイヤ期の子どもに対して一旦やりたいと言ったことは任せてみるという対応を取ってみましょう
そこでできれば「できたね!とにっこり笑顔で褒めてあげましょう

もし、しばらく待ってみてもできていないようであれば教えてあげましょう。
子どもに一旦任せるできない親御さんが教える子どもに任せる・・・
これを繰り返していくと、時間はかかりますが子どもができるようになってきます。
失敗する回数が多いとそれだけ子どもが考えたり、親御さんから教わることが増えるので子どもの学びも増えます。
すると、次第に子どもの経験も豊富になるので、その経験から失敗した時の手助けとなる情報を子ども自身が選んでできるようになるのです。

とは言え、親御さんは子どもがやっていることに対して言いたいことは山ほど出てくると思います。
しかし、そこで口出しをするのではなく、グッと我慢してみましょう。
親御さんは子どもが「できる」ということを信じて見守る対応が必要になってくるのです。
一旦子どもに任せることで子どもは親御さんから「信じてもらえた!」「任せてもらえるんだ!」と思えるでしょう。
また、できることが増えてくると子どもの自信にも繋がりますので、是非いろんな経験をさせてあげましょうね


それでは、少し長くなりましたので今回のブログ記事はここまでとします。
続きはまた次回に書いていきますね


スージー先生

(↓支援にご興味がある方はこちら↓)
share_tmp

(下のバナーをポチッと応援お願いします
 
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村 

感謝の気持ちを大切にしよう!

ブログ読者の皆さんこんにちは
まいどん先生です

台風や地震…自然災害が相次ぎましたね。
たくさんの被被害があったとのことで、報道を見るたびに胸が締め付けられる思いです
今回の台風や地震により尊い命が失われた方々もいらっしゃいます。お悔やみ申し上げます。

このようなことがあると、いつも「いまあるものに感謝する」ことはとても大切だなと思っています。

大切な家族がいること
落ち着いて過ごせる場所があること
働ける場所があること
大事な仲間がいること
飢えていないこと

…など、捉え方次第で様々なことが「ありがたいな」と思えます。

この「ありがたい」と思える気持ちって、本当に大事です。

子どもが学校に行けていること
子どもが元気なこと
助けてくれる人がいること
自分を思ってくれる人がいること

ここに気づけていれば、ご家族や学校の先生やご友人に対して自然と感謝の気持ちを伝えられるようになるのではないでしょうか。

「いまあるものに感謝する」の反対は「不足不満」です。

やってくれない
たすけてくれない
満たされない

…などの、ないないの状態だと感謝どころか相手を傷つけるような言葉を発してしまいがちです。
それを繰り返すと、周りはあなたを助けてくれるでしょうか。

答えは「NO」だと思います。

「自分に必要なものは十分にあるはずだから、いまあるものを味わいつくそう」と思う気持ちって本当に大事だと思います

感謝上手な親御さんだと、周りが助けてくれます。
感謝の姿勢をみせていれば、子どももその背中を見て感謝が出来る子になりやすいです。

みなさんは、感謝上手な親御さんですか?

このブログが感謝について振り返るきっかけになれれば幸いです。


まいどん先生

(↓支援にご興味がある方はこちら↓)
share_tmp

(下のバナーをポチッと応援お願いします
 
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ

子どもの成長に合わせた子育てを

ブログ読者のみなさん、こんにちは!

スージー先生です


さて、本日は子育てには段階があるという記事を書かせていただこうかと思います。


何人も子育てされてきた親御さんは、「そんなこと、言われなくても分かってるわよ」とお思いかもしれませんね。
そんな方はご自身の子育てを振り返りながら「そうそう」と読んでいただけるといいなと思います。

※子どもの成長には個人差がありありますので、あくまでも参考程度に読んでいただければ幸いです。



動物は産まれた時から、一人で生きる術をすでに取得しています。
馬は産まれてすぐに歩き出し、イルカはすぐに泳ぎだします。
その後、敵から身を護る術や狩猟の術を獲得します。
何とも逞しいですよね。
それに比べると人間は、あまりに未熟な状態で産まれてきます。

このことをスイスの私物学者アドルフ・ポルトマン(Adolf Portmann,A)が「人間は生理的早産の状態で産まれてくる」と表現しています。
そして、ポルトマンは
「人間は生理的早産であり産まれてから周囲の大人からの養育なしには大きくなることができない」
と定義したのです。


確かにそうですよね。一般的な認知度としても生まれたての赤ちゃんは親の養育が必要だということは、周知の事実だと言えるのではないでしょうか。

人の発達段階については、心理学・社会学・教育学と様々な観点から研究されています。
ネットで発達段階と検索していただくとたくさん出てくると思います。
それぞれの考え方によって同じ呼び名でも年齢が違ったりとややこしいですので、今回は文部科学省のホームページに記載されている発達段階を元に説明いたします。

文部科学省のホームページでは、中学生までの発達段階を大きく3つに分けています。
1).乳幼児期 (0歳〜小学生に上がるまで)
2).学童期  (小学生)
3).青年前期 (中学生)

大きく分けるとこのように分けているようです。
それぞれの時期の子ども達はどの様な特徴があるのでしょうか。



1).乳幼児期 (0歳〜小学生に上がるまで)

この時期の子どもは自分の意思を明確に相手に伝える術を学んでいる最中です。
特に生まれたばかりの赤ちゃんは、泣くことでしか自分の意思を表すことができません。

次第に赤ちゃんが成長していくと言葉を発し、『真似』をします。
この頃から徐々にお母さんやお父さんなどの特定の人と愛着関係を形成する時期となります。
子どもは親などの周りの人から、言葉やジェスチャーや表情などを少しずつ学び自分の気持ちを伝える術を学ぶのです。
さらに、複数の人と関わりを深めて興味や関心の対象を広げて認知や情緒を発達させていきます。

子どもが自分の気持ちを伝える術を学んでいくと、好き・嫌いの気持を明確に表したり、積極性が出てきます。
自己主張が激しくなると反発が多く見受けられます。
このような時期を第1次反抗期(いやいや期)とも言います。
多くの親後さんは、この時期に突入した子どもの対応に手こずる方も少なくないでしょう。

その反面、親子間での意思の疎通ができるようになると、子どもとの会話を楽しむこともできますね!

また、この時期は子どもの身体的成長も多く見られる為、子どもの成長している様子が分かりやすい時期でもあります。
その他に、食事や排せつ、衣類の着脱などの自立が可能になるとともに、食事や睡眠などの生活リズムが形成される時期でもあるのです。



2).学童期(小学生)
(小学生低学年)
この次期は、生活の主な場所や時間が家庭や保護者から学校や同年代へと舞台が移っていく時期でもあります。
何でも身の回りをしてくれていた保護者から離れることで、自分のことは自分でやらなくてはいけない状況下に置かれます。その状況下のもと、自分でできることを少しずつ学んでいくのです。
そして、小学校に入学すると友達に興味・関心を抱き、行動を共にして関りを持つようになります。
良い意味でも悪い意味でも友達の影響を多く受けやすいともいえるでしょう。
とは言え、まだまだ自己中心的な考え方となる年齢でもあります。
また、知識や教育を学ぶ機会に身を置くことで、テストや成績といった外的な評価がされます。
友達や外的な評価から自分の得意・不得意を感じ、その中で自分で工夫や努力をし、自分の望むことを達成していきます(目的の達成)。


(小学校高学年)
この時期になると、性ホルモンの分泌量が急激に増し、身体の外形的、機能的な変化が始まります。成長の個人差が一見して分かる年頃でもありますね。
それにより、戸惑いを感じてしまう子も少なくありません。特に、男子よりも女子の方が戸惑う子は多いでしょう。
身体的にも、精神的にも大きく男女差が出てくるようになります。
そして、『社会から認められたい』という承認欲求が生まれてくる時期でもあります。その為、『人からどう思われているか、どう見られているか』を気にしだす子も増えてきます。
家庭ではまだ親御さんに甘えることがあっても、学校や社会に出ると自分でやることが当たり前だと捉えるようにもなってきます。

また、友人関係では複雑になってきます。
女子であればグループができ、仲間意識も強くなります。みんなと一緒ということに安心感を抱き、違う子に関しては仲間外れにすることもあるでしょう。
男子の中でも、友人関係は複雑化してきます。



3).青年前期(中学生)
中学生になると、自分の身の回りのことであれば殆どできるようになってきます。
更に仲間意識が芽生え、家族や先生よりも友達との関係を大切にするようになります。
また、より一層周囲からの目を気にする年頃でもあり、友人関係や自分の容貌体型に関する悩みが増える時期となります。

悩みが増えてくるとストレスが溜まり、そのストレス発散方法として問題行動を起こしてしまう子も出てきます。
感受性が強くなり、情緒不安定になりやすい時期でもあります。
この時期のことを思春期とも言います。
この時期の子どもを持つ親御さんの相談は当センターにくる相談の中でも多いように感じます。




さて、産まれてから中学生までの発達段階を紹介させていただきました。
それぞれの段階で身体的にも精神的にも成長している様子がお分かりいただけたのではないかと思います。
このように、生まれた直後は大変手のかかる子どもでも、成長するに従って自分でできることが増えてきます。
親御さんの対応も、子どもの成長に合わせて変えていかなければいけません。

それでは、それぞれの段階で親御さんがどのような点に気を付けて対応すべきなのか次回のブログ記事でお伝えしたいと思います。

お楽しみに


スージー先生

(↓支援にご興味がある方はこちら↓)
share_tmp

(下のバナーをポチッと応援お願いします
 
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村 
プロフィール

ぶにん先生

不登校児童の訪問カウンセラーとして多くの不登校の小中学生と関わり、復学へと導く。不登校の解決法として家族関係の重要性を説き、水野式の家庭教育メソッドである「PCM」を構築。「家族と子どもの自立」を第一に考え、全国の親子をサポート。不登校の復学支援や家庭教育に関する講演会も精力的に行っている。

現在、家庭教育支援センターペアレンツキャンプ代表理事として全国からの家庭教育相談や復学支援を展開している。著書多数。

【主な著書】
・『無理して学校へ行かなくていい、は本当か』
・『ころんでも立ち上がれる子はあなたが育てる』

当カウンセリングルームは2003〜2005年までMSNブログにて開設されていた「ぶにん先生のカウンセリングルーム」の2代目として開設された情報発信型カウンセリングルームである。


家庭教育に興味のある親御さん、お子さんのことでお悩みの親御さんなど皆さんの憩いの場になればと思います。

お子さんのことでお悩みのかたは家庭教育支援センターペアレンツキャンプまでお気軽にご相談を。

ご相談はこちらまで
不登校からの復学支援
  一般社団法人  
家庭教育支援センター
 ペアレンツキャンプ  

学校への行き渋りでお悩みの親御さん、家庭力で乗り越えましょう。親が変われば子も変わる!おひとりで悩まずまずはご相談を。
にほんブログ村参加中!クリック投票おねがいします。
                にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ

親の会のご紹介
関東ペアレンツキャンプ親の会
みかんさんによる関東ペアレンツキャンプ親の会ブログ。小学2年生の時に不登校になった息子さんと娘さんとの日常生活についての笑いあり涙ありの日記。息子さんの不登校からの復学についての考察、情報発信を主にされています。


Archives
訪問者数
  • 累計:

ブログランキング参加中
人気ブログランキングへ
記事検索