親の学校!ぶにん先生のカウンセリングルーム

不登校や母子登校などの解決を目指して! ぶにん先生のカウンセリングルームは家庭教育支援センターペアレンツキャンプのカウンセラーが運営する「親が学べば子は伸びる!親が変われば子も変わる」をスローガンに掲げる親の学校です。 経験豊富な復学支援カウンセラーや家庭教育アドバイザーが綴る今日から役立つ理論や最新の子育て論など情報満載です。 親子の笑顔のために日々情報発信をしています。

親の学校!ぶにん先生のカウンセリングルーム イメージ画像

家庭教育のススメ

夏休みに入ると、親子の接す時間は長くなります。つまり、家庭教育の効果が最も発揮される時期とも言えます。みなさん、こんにちは。ぶにんです今年の1学期も朝6時から復学支援カウンセラーののケータイのメールには多くのSOSメールが届いています。不登校傾向の子は復学後も
『親が家庭教育を学べば子は伸びる!大丈夫!』の画像

まもなく長い1学期が終わろうとしています。皆さん、いかがお過ごしでしょうかどきどきの春。新しい教室ではどんな友達との出会いがあるのか不安な時期だったかと思います。そうこうしているうちに遠足に、プールに、中学生は中間テストに期末テスト・・・親も本当にお疲れ様
『令和の子育て観にアップデートしよう!』の画像

イライラすると大声で叫ぶ、人に手を出す、物に当たるこういった傾向は中学生くらいまでの子どもに多く見られます。ブログ読者の皆さん、こんにちは。今回使用したイラストの迫力が、すごいなぁと圧倒されているカケル先生です。皆さんのお子さんは、自分の思い通りにいかな
『イライラしても人や物に当たらないで!』の画像

報道などを見ていても、大人のひきこもりの問題や米中の貿易戦争、経済状況も良くない、隣国との関係も悪化し、大学まで出ても就職できる保証はないし、勤めても終身雇用なんていうのは遠い昔の話。年金だけでは老後の生活はしんどいという情報もありました。私たちはそんな
『たくましいメンタリティの醸成を子育てでどう目指すか』の画像

「お母さん、明日プールがあるから学校に行きたくない・・・」このような言葉が子どもから出てきましたが、どうすればいいですか?というご相談が増えてくる時期に入ってきましたね。実際、不登校や行き渋りになる”きっかけ”として「プールの授業が嫌」で休み始める子ども
『プールがきっかけで不登校に・・・』の画像

数年前から流行っている【褒める子育て】 ですが、これも一歩間違えば子どもの成長の妨げになることもあります。では、一体どのような褒め方が効果的なのでしょうか。本日はスージー先生が【褒め方】についてお話ししたいと思います。突然ですが、みなさんは普段お子さんに対
『褒め方にも気をつけるポイントがあるんです!』の画像

子どもには失敗させたほうが、結果成長につながることがあるとわかっていながらも、ついつい「宿題したの?はやくやりなさい」「ご飯冷めるでしょ、食べなさい」「テレビ見ながら宿題出来るの?できないでしょ。消すよ」「お風呂入りなさい」など、お子さんに言ってしまうこ
『しつけと過干渉のライン引きとは』の画像

ようやく全国的に梅雨に入りましたね。大阪では異例の梅雨入りの遅さだったようです。天気予報を裏切るようにゲリラ豪雨が降ったり、連日雨が続く日がありますね。雨が降ることによって、子どもが家で過ごす機会が増えるこの時期に親としては子どもたちの家での過ごし方がい
『効果的な親の気持ちの伝えかた』の画像

ぶにん先生です いま日本には約14万人の不登校の小中学生がいます。 文部科学省も言うように、不登校はもはや特別な子が特別な状況で発生するものではなく、ある日突然誰にでも起こりうるものだと私も感じます。 しかし、多くの不登校の子どもたちの支援に携わっていると、
『不登校から考える6つの親タイプ』の画像

子どもの性格は子どもの数だけ違います。私たち大人も全く同じ性格なんていませんからね。しかし、不登校の子ども達はどうでしょう。支援をしていると不登校の子どもに多く見受けられる性格傾向があります。今回は性格についての記事を書かせていただきます。ブログ読者の皆
『親が変われば子も変わる(^_-)-☆』の画像

↑このページのトップヘ