親の学校!ぶにん先生のカウンセリングルーム

不登校(登校拒否)や母子登校などの解決を目指して! ここは「親が変われば子も変わる」をスローガンに掲げる親の学校です。 カウンセラーが綴るカウンセリング理論や最新の子育て論など情報満載。 2008年にブログを開設をし、発信し続けた情報は子育てで悩む多くの親御さんたちに元気をおすそわけし、支援を受けた多くの子どもたちが学校へと戻っていきました。   子どもの問題行動予防のための家族療法(家庭教育支援法)についても随時情報公開中!一般社団法人 家庭教育支援センター ペアレンツキャンプの家庭教育カウンセラーが行雲流水にお伝えします。

家庭教育のススメ

2018年01月17日

母子依存からの母子分離不安とは?

ブログ読者のみなさんこんにちは
まいどん先生です

先日久しぶりに餃子を作りました。最近は購入したものを食べることが多かったですが、手づくりだと好みの味に調整できるのがいいなと思うのと、野菜をたっぷり入れられていいなと思いました。
野菜がべらぼうに高いのが気になりますが…

さて、今回は家庭教育支援コースの支援でご相談いただく内容の中でも1番多いご相談…

母子依存からくる母子分離不安 

についてブログ記事を書かせていただこうかと思います。


母子分離不安とは、お子さんが年齢的には親から離れて自立した行動が出来るにも関わらず 、「お母さんと離れることが怖い」と感じてしまうことを指します。
例えば…
お母さんが居ない幼稚園の教室に入るのが怖い
お母さんが居ない学校の教室に入るのが怖い
ほんの少しの間でもお留守番が出来ない
家庭内でもお母さんのそばから離れることが怖い
これは一例ですが、上記のような状態である場合は、お子さんが母子分離不安状態であると言ってもよいかと思われます。


また、日常生活において身の回りのことをある程度は1人で出来る年齢であるにも関わらず、上記のような母子分離不安をお子さんが訴えるようになる場合、「母子依存」状態であることがほとんどです。
例えば…
お風呂に 1人で入れない
1人でトイレに行けない(排泄後の処理が1人でできない)
 何をするにも「ママ、きて」「ママ、これどうするの?」と親を頼る
などがあげられます。

つまり、お子さんがお母さんと離れることに対し不安になるのはその前段階で母子依存状態になっているからということです。

勿論、何らかの出来事を経験したこと(怖いテレビを見た、経験をした等)で一時的に「お母さんから離れるのが怖い」とお子さんが訴えかけてくることはあるでしょう。
ここでは上記のような状態が日常的に継続して見受けられる場合を指します。

それでも学校生活や家庭内での生活において何も問題がなければ良いのですが、大体のケースでは問題が起こりやすいと言えます。

「お母さんから離れることが怖いから、学校に行きたくない」
「お母さんが一緒に来てくれないならお友達と遊べない」
「お母さんが家の中でも常にそばにいてくれないと何も出来ない」

このような状態が続くと、お子さんの自立心が育まれにくくなってしまいます

母子依存や母子分離不安に悩み、当センターにご相談いただく親御さんのほとんどは、
「できることなら年齢相応に自分の身の回りのことができるようになってほしい」
と感じていらっしゃいます。


なぜなら、「このままのウチの子のような状態で年だけ重ねていくのではないか」「同学年の子たちと差がどんどん出来てきて、学校社会で生活出来なくなるのではないか」という不安があるからです。

子育てにおいては、様々なご意見がありますし、私としましても無理にお母さんのそばに居たがる子どもと距離を取る必要はないと思っています。
問題であるのは、「母子依存状態に疲弊しきっているお母さんの心理状態」と、「本来能力的に自立した行動が出来る子であるにも関わらず学校社会から離れ退行していく状態にあるお子さん」なのではないかと思います。

お子さんには生まれ持っての個性があります。

その個性を活かしつつも、子どもの可能性を広げることができるのは、親御さんや周囲の大人たちなのではないかと私は感じています。


「母子依存からくる母子分離不安」に悩まれている親御さんが居ましたら、一度過去のブログをご覧いただきながら家庭教育を学んでみていただいてもよいのではないかと思います。

このブログ内容がみなさんのお役に立てれば幸いです

まいどん先生


↓皆さんの応援のもとブログ発信が出来ております!
こちらをポチッと
応援宜しくお願いします♪(1日1回クリックを!是非ともよろしくおねがいいたします)↓
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ   

parentscamp at 18:09|Permalinkmixiチェック

2018年01月10日

女性ならでは?感情のコントロールができない時がある!

ブログ読者のみなさんこんにちは
まいどん先生です

年末年始はおうちでのんびりと過ごさせていただきました
大好きなお菓子作りや料理をしたり、ゲームをしたり映画を観たり、大掃除も出来て大満足です

さて、今回は支援のご相談の中で多い「感情のコントロール」のお話について記事を書かせていただこうかと思います。

よく、女性はホルモンの関係で1ヵ月の内に4回くらい性格が変わる(穏やか期⇒理由なくイライラ期)と言われたりします。
なんとかしたくても、本当にどうにもならない…これは男性には分からない悩みと言えるのかもしれません。もちろん人によって、季節によって差があるものでもあります。

家庭教育においては、「お母さんはお家の太陽でいてくださいね」とよくお話をします。
子どもという芽が成長するには、子どもが安心して成長出来る環境を作ってやることと、母性という温かい存在は必要不可欠です。(もちろん社会性や起立性を身に付けるために父性も大事です。)
そのお母さんが元気がなかったり、精神的に不安定ですと、子ども達もまた元気がなくなったり精神的に不安定になりやすいです。

そこで、今回ご紹介したいのは「オキシトシン」です。
「幸せホルモン」「抱擁ホルモン」とも呼ばれており、人と人との関りにより分泌されます。
ネット環境が整っている昨今では、現実世界での触れ合いの機会がどんどん減少しています。
「触るものと言えばスマホかキーボードのほうが多い」という方も少なくはありません。

オキシトシンが分泌されると…
・幸せな気分になれる
・ストレス緩和
・社交的になれる

このような効果が期待されるそうです。

そんなオキシトシン。そうやったら分泌されるのでしょうか?
方法は様々ですが、一部ご紹介いたします。
・ハグ
・家族団らん
・友達と食事をする
・友達とカラオケにいく
・おしゃべりする
・人に料理を作る
・感動する
・親切を心がける
・思いやりの気持ちを呼び覚ます
・ペットとのスキンシップ

…などなど。

イライラしている時になぜだか避けがちなこれらが、実は幸せホルモンオキシトシンを分泌してくれます。イライラしながらだったり、精神的に不安定な状態で子どもやご主人と接していてもなかなかうまくいかない時もあります。
そのようなときは「もっと頑張らなきゃ」「なんで上手くいかないの?」とご自身を責めずに「まあいいか!私が安定することが何よりも大事!」と割り切って、家事などはそこそこに自由な時間を設けてみるのもひとつかもしれません。
あとは睡眠時間が少ないと感情的になりやすいので、家族に協力をしてもらいひたすら寝るというのも効果的と言えます。

気持ちがある程度安定すれば、その時に家庭教育を意識してよりよい対応を目指していけばよいと私は思います。特に支援を受けてくださっている親御さんは頑張り屋さんばかりです。
そんな皆さんだからこそ、うまくいかない時や自分でコントロールできない状況にイライラしたりしがちです。
お一人で抱え込みすぎるとパンクしてしまうので、ちょっと疲れた時は休むということも忘れないでくださいねこのブログを読まれているだけで、みなさんよく頑張っています

それではみなさん、今年1年も子どもの年齢相応の自立を意識しながら、家庭教育の学びと実践を楽しみましょう


まいどん先生


↓今年もブログ発信頑張りますので、応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ   



parentscamp at 08:29|Permalinkmixiチェック

2017年12月26日

夫婦間の情報共有時の伝え方やコツとは?

ブログ読者のみなさんこんにちは
まいどん先生です

日ごろ家庭教育支援を行っていると、夫婦間での情報共有ができないということに悩まれる方が多いです。

具体的には、
・ご主人に話し切る前に結論を言われてしまう(十分に話を聴いてもらえない)
・ご主人に話をしているとなぜかいやな顔をされる(相手が何を考えているかわからない)
・ご主人に話をしたはずなのに、なぜか言ったことと違うことをされる(話が通じない)

…といったことに悩まれていることが多いです。

まずは以下の会話例を見てください。

(例)
あなた「今日ね、子どもがこけちゃって学校から電話がかかってきたのよ。」
ご主人「…おお」
あなた「えっ。子どものこと心配にならないの?そんなもん?電話かかってきてから病院行って診察してもらってね、お医者さんがあー言ってこー言って…で、病院を出たのは18時でね。それで…」
ご主人「いや、だから何が言いたいの?結論は?」
あなた「ひどい!私今日大変だったのに!!!」
ご主人「…はあ…風呂入ってくるわ…」



いかがでしょうか?
ご夫婦会話では「あるある」なのではないかと思います。
このような問題は、実はテクニックにより解決される場合があります。

そのテクニックを今回皆さんにはご紹介しようと思います。
一般的には脳のつくりにより差があるといわれています。

男性にとってコミュニケーションとは、目的を達成するために行う手段
女性にとってコミュニケーションとは、自分が話をすることや会話の場に自分がいることに喜びを感じる

これはなぜかというと、遡るは狩猟時代。
男性は狩りを仕事とし、われさきにと獲物を追いかけて人よりも早く、人よりも多く、食糧を手に入れることが最大の使命でした。
その時代の女性の仕事は子育てと集落のコミュニティ作りです。集落を平穏に保つためにも、みんなで分け合う意識が不可欠でした。

このことからわかるのは、男性は結論を求めがちであり、女性は共感を求めがちということです。
時系列で話そうとすると、つい話が長くなり、聞き手(男性)からするとなんの話をされているのかわからず混乱したり、聞く気をなくしがち。
そこで、ご主人(男性)が相手の時には「結論から伝える」ことを意識してみると、会話がスムーズになりやすいです。

結論から伝えるとしたら…

あなた「今日ね、子どもがこけちゃって学校から電話がかかってきたのよ。」
ご主人「…おお」
あなた「結果大きな怪我はなかったから安心したわ」
ご主人「そうか、大変だったんだな」
あなた「うん。病院に行ったり、帰ってごはんを作ったり、クタクタだわ」
ご主人「そうか、お疲れさま。いつもありがとうな」


…ここまでスムーズにはいかないかもしれませんが、このような伝え方だとご主人側からすればストレスになりにくいといえます。
特に情報共有をしたいときは、このような伝え方を意識するほうがよいかもしれません。
もしも愚痴を言いたいときは、事前に「愚痴を言いたいの。ただ聞くだけでいい。意見が必要なら言うからね」と相手に求めることを伝えておくとよいでしょう。

また、ご主人は奥さんが「今は愚痴りたいのか」「アドバイスがほしいのか」を見極めることも大切です。大事なのは共感姿勢ですので、一通り奥さんの話を聴くまでは意見をするのを控えるとよいでしょう。

いかがだったでしょうか?
今回は男女の脳のつくりの違いから、会話をスムーズにするためのコツをお伝えしました。
少しでもみなさんのお役に立てれば幸いです


まいどん先生


↓皆さんの応援のもとブログ発信が出来ております!
こちらをポチッと
応援宜しくお願いします♪(1日1回クリックを!是非ともよろしくおねがいいたします)↓
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ   

parentscamp at 10:00|Permalinkmixiチェック

2017年12月13日

「子どもへの接し方が過干渉かもしれない、、」という親御さんへ

ブログ記事読者の皆さんこんにちは
きりこまち先生です。
すっかり寒くなりましたね。もともと秋田出身の私は多少寒さに強いのですが、それでも寒いものは寒いです
朝布団から出るときも気合を入れてから起き上がる今日この頃、みなさんはいかがお過ごしでしょう

さて、先日お子さんが復学を果たし、半年ほど経った親御さんからこんなご連絡をいただきました。

「先生!○○が学校に再び通い始めてから半年が経ちました。最初は本人も戸惑うことが多く、失敗することもくさんありましたが、今では友達もできて学校がとても楽しそうです。○○の笑顔がまた見られるようになったことが本当にうれしいです!」

継続登校に入ったころは勉強や友達との関係でたくさん悩んでいた子でしたが、学校の先生方からの協力、訪問カウンセラーからのサポート、そしてなによりも親御さんの「二度とこの子を不登校にしない!」という強い覚悟により悩みを克服していったケースです
学校に戻ることは大変ですが、もっと大変なのはそのまま通い続けるということです。
本人の思い、学校、家庭、カウンセラーのどれが欠けてもなしえないのが復学と継続登校です。
この奇跡とも言える結果をしっかりと喜んでいただき、これからも家庭教育に邁進していただければと思います。

復学おめでとうございます


さて、毎年のことではありますが、この時期は少しでも多くのご家庭に笑顔で年末年始を過ごしてもらえるよう、ペアレンツキャンプのカウンセラーは総出で全国を飛び回っています。師走とは良くいったものです。
私の方も関東中心ではありますが、JRから東京メトロまで電車マニアのように乗り継いでいます(笑)

ではそろそろ本題です。
今回は「ついつい期」「我慢期」のお話です
過去にも水野先生もブログで解説されていましたが、もう一度この機会に振り返ってみましょう


支援が開始されると、ペアレンツキャンプではまず家族療法という手法を用いながらご家庭の状況分析をしていきます。
その中心となるのが家庭ノートチェック法です。家庭内の親子会話を記していただき、それをアドバイザーが分析し、そのご家庭にあったアドバイスをカスタマイズしてお伝えしていきます

多くの親御さんは初期のノートではアドバイザーから真っ赤にチェックされて返ってきたノートを見ることになります。
そこからノートの提出を重ねるごとに☓の項目が減り、OKの項目が増えてきます。これが支援初期の状態です。

多くのケースを支援する中で過保護、過干渉型の親御さんにはひとつの傾向が見えてきます。
この傾向に関して水野先生は以下のように解説しています

「過干渉や過保護傾向の親御さんによくみられるのですが、良くないとはわかっちゃいるけれどもついつい手だし、口出しをしてしまう時期が必ずあります。そしてその時期を過ぎると実際の対応で手出し口出しはなくなったけれど、奥歯をかみしめながら必死に干渉しないように我慢をされる時期がきます。しかし、日々の対応をしっかりと積み重ねることができるとそれが徐々に我慢しなくても気にならない時期がやってきます。」

つまり・・・

支援初期 ⇒ ついつい期 ⇒ 我慢期 ⇒ 気にならない期 

の流れで徐々に親御さんの学びが深まり、家庭内対応に変化が出てくるということです。

ついつい過干渉になってしまう親御さんの心理としては、「動かない子どもを見ているとイライラする」ということと、「失敗するのがかわいそう」という心理が見え隠れします。

前者の方は問題所有が出来ておらず、子どもの問題を親が背負ってしまっている状態と言えます。
そのような状態の親御さんには子どもの問題と親の問題を分けるというPCMの項目を理解していただきます。

後者の方は「本当にかわいそうなことは何?」ということを考えていただきます。
今子どものちょっとした忘れ物を届けてあげることは簡単かもしれません。しかし、そのことで「忘れ物をしてもお母さんがなんとかしてくれる」と癖づいてしまった子どもは年を重ねてもなかなかその癖が抜けません。
自分のことが自分でできない大人、というのはかわいそうなお話です。

子どもの自立をはぐくむうえでも目先の「かわいそうに見える」ことに対して甘やかすことが本当にかわいそうなことではないかという視点を持つことは大切なことだと水野先生は言います。

今回の記事を読んでいただき、心当たりがあった場合は改めてご自身の家庭教育を見つめ直してみてくださいね

きりこまち先生

↓皆さんの応援のもとブログ発信が出来ております!
こちらをポチッと
応援宜しくお願いします♪(1日1回クリックを!是非ともよろしくおねがいいたします)↓
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ

parentscamp at 10:00|Permalinkmixiチェック

2017年12月11日

間もなく冬休み!クリスマスやお正月で気を付けるべきこととは?

ブログ読者の皆さんこんにちは
まいどん先生です

毎日寒いですね〜先日なっぴ先生がブログでも書かれていましたが、私もお布団から出るのが毎朝つらいです
皆さんにご相談いただく中で、「子どもが起きてくるのが遅くなりました」と仰る方が増える時期です。それを聞くたびに、「お布団から出るのが嫌で起きてくるのが遅くなるの、めっちゃわかる」と共感しています(笑)
案外どのお子さんも寒くなると起きてくるのが遅くなっていますので、登校に問題がなければそっとしておいてよいケースが殆どです
朝起こしの時には、親御さんだけが焦って声をかけすぎていないかを振り返ってみましょう。
もしかしたら焦っているのは案外親御さんだけだったりもします。

さて、もうすぐ子どもたちが楽しみにしている冬休みがやってきますね
冬休みといえばクリスマスとお正月!!!!

今回の記事では、それぞれのイベントで親御さんが気をつけるべきことはなにかを書かせていただこうかと思います。

まずはクリスマス

お子さんはサンタさんを信じていますか?
サンタさんを認識しだすのは大体2歳くらいからなんだそうです。
そこから平均して小学3年生くらいまではサンタさんを信じる子が多い傾向にあります。
高学年になると、大体のお子さんは友だちから真実を聞かされてサンタさんには中身の人がいたことを知ることになります。
早いお子さんだと小学校低学年には真実を知ってしまうこともあります

個人的には、サンタさんを信じるのは以下のようなメリットがあると感じます。
・想像力が豊かになる
・サンタさんと出会う方法を考えたり自発的に行動できる
・周りがなんと言おうが自分が「サンタさんはいる」と自分の意見を信じる


「サンタさんに会う!!!」と言って罠を作ったり、「サンタさんが食べるかもしれないから」と言ってお菓子を置いておいたりするお子さんも多いです。
是非真実を知るまでは、子どもらしさももっていて欲しいところです
親御さんから真実を告げなくても、大体は学校で真実を知ることになるでしょうから、わざわざ夢を壊すことは親御さんから言わないことをお勧めします。
また、クリスマスプレゼントは全国的に見て平均して¥5,000程度のものを用意されているようです。
もし高額なものが欲しいと言っていても、そこは無理する必要はないと思います。
プレゼントをあけた子どもが残念そうにしていても「サンタさんはあなたに今一番必要なものをくれたのね」などと言ってフォローしておきましょう。

次に、お正月。
もらうお年玉の額はご家庭によって様々です。親戚が多いご家庭だとかなりの額をいただくお子さんも多いです。
おススメなのは、お年玉を全て子どもに渡さずにいくらかはお子さんに渡したうえで貯金に回してあげる方法です。
「残りは全部貯金しておくからね」と伝えておきましょう。
お金をやりくりする経験は子どもの我慢力や計画力を育みますが、あまりにも大金をいっきにもってしまうと、金銭感覚がズレた子になってしまうことも
ですので、お子さんが小さいうちは親御さんが管理しておくことをお勧めします。
もし「お年玉引きおろしてよ!」と言われた場合は、言ってきた内容にもよりますが、基本的には「引きおろせない口座に貯金している」と言っておくとトラブルに発展しにくいと言えます。
結局貯金を自由におろせてしまうとその場で全額渡すのと変わらなくなってしまいます

とはいえ、ケースによっては全額渡して1年でうまくやりくりするようにしたほうがよい場合もありますし、ご家庭の状況やお子さんの性格傾向によって対応も変わってきます。
本日ご紹介した方法が「絶対に良い!」という訳ではないことはご理解の上、参考にしていただければ幸いです

まいどん先生


↓皆さんの応援のもとブログ発信が出来ております!
こちらをポチッと
応援宜しくお願いします♪(1日1回クリックを!是非ともよろしくおねがいいたします)↓
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ   

parentscamp at 09:00|Permalinkmixiチェック