そろそろ多くのお子さんが春休みに入り始めているかと思います。
新入学や新学年に向けて、お子さんも期待や不安が大きくなりやすい時期です。
4月からの登校に向けて、親はどういった姿勢で子どもと関われば良いでしょうか。
2EA3E6EC-82C9-4F3A-8100-EB7C71FB9077
皆さんこんにちはりーぼ先生です

新小学1年生の場合、子どもたちはそもそも「学校ってどんなところ?」というイメージがあまりついていません。
小学校の勉強はどんなものか、クラスメートはどんな子たちなのか、先生はどんな人たちなのか、何もわからずドキドキしたり不安になったりしている子も多いです
さらに親からネガティブなイメージを植え付けさせると、不安感が強まりやすくなるので、できるだけポジティブな声かけを心がけましょう
「小学校は楽しいことやワクワクすることもたくさんあると思うよ。」「お母さんは、小学校のときこの授業が好きだったな」などなど。

また、新小学1年生以外でも、小学校低学年のお子さんはクラス替えという慣れない環境の変化を経験することになります。
お子さんによっては、「クラス替え心配だなぁ」「知らない子と話せるかなぁ」など言ってくることもあるでしょう。
特に環境の変化が苦手な子、慣れるのに時間のかかりやすい子は、春休み明けが近づくにつれて弱音をこぼしやすくなります
この場合も、基本的に親御さんは子どもの不安を否定せずに聴いてあげましょう。
とはいえ、親御さんも「大丈夫かな」「心配だな」と思いすぎると、子どももそれを感じ取り、ますます自信がなくなってしまう、というパターンもあります
最終的には「大丈夫だよ!」「なんとかなるよ!」と親御さんがどんと構えてあげることも大事ですね
また、「去年は○○ちゃんとどうやって仲良くなったんだっけ?」など振り返って本人にイメージを持たせてあげたり、「知らない子と会ったら、まずはおはようって挨拶すると良いかもしれないね」など具体的な方法を一緒に考えてあげるのもひとつです。


さらに大きな環境の変化を経験しやすいのは、新中学1年生です。
この環境の変化に上手く適応できず、中1ギャップと呼ばれる現象に直面する子も少なくありません。
→中1ギャップに関する記事はこちら
春休みのうちから、親御さんとしては「子どもが自分でできるはずのことは、子ども自身に任せて見守る」ということを改めて意識しましょう
また、勉強面や学校生活において「中学生に上がると、小学校に比べてこういうところが変わるよね」ということは、事前に子どもと話をして整理してあげるのも良いかもしれませんね。

そして、新中学3年生は、多くの子が高校受験をする年です。
親御さんとしても「これからもっと勉強が忙しくなるのに、今そんなにダラダラしてていいの?」「今年は受験生なんだし、他の子はもっと勉強してるんじゃないの?大丈夫なの?」など心配になって指摘したくなることも増えてきやすいです。
ただ、中学3年生の場合、おおよそ夏休み明けから秋頃にかけて受験勉強に取り組み始める子が増え、クラスの雰囲気も変わってきやすいです。
春の時点で受験生の自覚がないように見えるのはおかしなことではありませんし、今は少し余裕を持って見てあげましょう。


どの学年にも共通して言えることは、春休みの間に親が手出し口出しや先回りをすることを控え、年齢に応じた関わりをしてあげる必要があるということです。
また、春休み明け直前、そして学校がスタートしてしばらくの間は、子どもも不安やストレスを感じやすい時期です。
親からすると子どもが何もしていないように見えても、実は不安と葛藤していたり、自分なりに考えていたりすることも多いです。(特に小学校高学年以上になると、それを親に見せないようにしているだけの子も多いです。)
「これができていない」「もっとこうしないと」などの指摘は極力控え、お子さんが新学年のスタートのこの時期を乗り切ることができるように、必要に応じてサポートしていきましょう。


それでは、また次回のブログ記事でお会いしましょう

りーぼ先生

(↓下のバナーをポチッと応援お願いします 
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ

↓動画で家庭教育をまなぼう!
logo (3)

↓最新記事がアップされるたびに通知がきます♪お手軽LINE読者登録はこちらから↓


↓ペアレンツキャンプのInstagram「ペアレンツグラム」のフォローはこちらから↓
insta_btn2


(↓支援にご興味がある方はこちら↓)
share_tmp