受験期のお子さんをもつ皆さん!

日頃のお子さんへの接し方に関してどういったことを意識されていますか?

「子どもの負担にならないように必要以上の干渉は控えている」というご家庭もあれば、
「心配になってついつい声掛けが多くなっています...」
というご家庭もあるかと思います。

今回はそんな受験期の子どもとの関わり方や接し方に関する話をお伝えしたいと思います
school_test_seifuku_boy
ブログ読者の皆さんこんにちは
てんや先生です
三が日も過ぎ、早くも一週間ほど経ちますが皆さんいかがお過ごしでしょうか❓

まだまだ冷え込む日が続きますが風邪などひかれませんようご自愛くださいね

さて、今回のブログではタイトルにも書いている通り、

「受験期の子どもとの関わり方」についてお話していきたいと思います。

1月に入り、受験期のお子さんをもつご家庭では入試を目前に控え、不安感や緊張感が高まってきているのではないでしょうか。

そんな時に親御さんの中でよく上がる声として

ピリピリしている子どもにどう接すればいいか分からない

と悩まれる方が多いように感じます。

ですがそれは親として「できる限りのサポートをしてあげたい!」
と感じられるからこそなのだと思います。

受験期の子どもを支えるために必要な姿勢は

・無理に声かけはしない
・いつも通りに接する
・子供を信じて見守り、寄り添う姿勢でいること

ご家庭の状況や子どもの性格によって対応は異なりますが、
基本的には上記の姿勢が大切かと思います。

必要以上の干渉は受験期の子どもにとってはストレスと感じたり、
親子間の衝突の原因になるかもしれません。

受験期だからといって無理に声掛けをしたり接し方を変える必要はなく、
あくまで見守る姿勢で子どもの受験に寄り添っていただければと思います。


ですがお子さんがサポートを必要としている場合は、声掛けや相談にのってあげることも大切です
先ほどもお伝えした通り、これが絶対正解ということはなく、お子さんの性格によって求められる対応は異なります。

そのあたりについては普段の子どもとのコミュニケーションや距離感を基に対応を決めていただければと思います

それでは、また次回のブログ記事でお会いしましょう

てんや先生


(↓下のバナーをポチッと応援お願いします 
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ

↓動画で家庭教育をまなぼう!
logo (3)

↓最新記事がアップされるたびに通知がきます♪お手軽LINE読者登録はこちらから↓


↓ペアレンツキャンプのInstagram「ペアレンツグラム」のフォローはこちらから↓
insta_btn2


(↓支援にご興味がある方はこちら↓)
share_tmp