9月に入り、学校によっては通常通り始まった地域もあれば、分散登校や短縮授業やオンライン授業からのスタートになった地域もありますね。

みなさんのお子さんの通われている学校はいかがでしょうか。

229159

ブログ読者の皆様こんにちは。まいどん先生です
夏休みに入り、書籍のカテゴリー別売上ランキングが中位あたりに下がったものの、夏休み明け前から再びベストセラーになっておりました。

9月に入り、お問い合わせも増えてきており、支援者としてはこの本の需要が高まったということになるのでなんとも複雑な気持ちでおります

学校に行きづらさがあったお子さんが夏休み前からポツポツ行きはじめ、「ちゃんと行き切って登校出来た!」と自信を持てたお子さんにとっては、分散登校や短縮授業やオンライン授業からのスタートになるのはむしろラッキーで、「慣らし期間」となることが多いのではないかと思います。
夏休みにのんびりと過ごし、いきなり毎日授業があると体力的にもしんどいと思うのですが、いつもの半分くらいの授業時間からのスタートですといきなり飛ばさなくて良いです

反対に、夏休み前から欠席が増えたり、登校に不安を感じるお子さんにとっては分散登校等の状況であればなんとか通えていても、通常登校に戻るころに再び行きづらさを感じてしまうかもしれません

また、今は少しでも体調が悪ければ「学校には来ないでください」と言われます。
感染予防対策的にはもちろん体調に不安を感じる際は休んで様子を見るのが第一だと思います。

しかし、気持ちからくる体調不良(ここでは「なんとなくお腹がいたい」「なんとなく頭がいたい」「なんとなく気持ち悪い」など、体感的にしんどい気もするけれども熱があるわけでも薬をのむほどの症状でもない状態を指します)の場合、ケースによっては「気持ちからしんどさを感じるならば、とりあえず学校に行ってみたほうがそのしんどさはなくなるかもしれないよ」と登校をするよう、背中を押してあげたほうが結果的にお子さんにとってよい対応になることもあります。

今はそういった背中を押すということも難しい状況ですので、親御さんの中には「欠席の連絡をいれた途端子どもは元気になったし、夕方以降『今日行けばよかった。なんで休んだんだろう。明日みんなになんて言われるか不安だ。』と落ち込んでしまう子どもを見て学校に行くようもう少し話をしてあげればよかった」という方もいらっしゃるかと思います

楽しみにしていた運動会や遠足が中止になってしまい「もう学校に行く楽しみがない…」と落ち込むお子さんもいれば、「夏休みが延びてラッキー」「運動会なくなってラッキー」というお子さんも居ます。

親御さんとしては、いずれ通常登校に戻った時に、できれば行き渋りなく登校して欲しいですよね。

お子さんが登校に対しどのように考えているのか知ることや、今後継続登校を目指す上で何に気をつけるべきなのかということを、今のうちに再確認していただくことが大事なのかもしれません

それでは、また次回ブログ記事にてお会いしましょう

まいどん先生

(↓下のバナーをポチッと応援お願いします 
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ



↓まいどん先生が母子登校のことやペアレンツキャンプの裏話的な内容をつぶやきます!!
logo (2)


↓最新記事がアップされるたびに通知がきます♪お手軽LINE読者登録はこちらから↓


↓ペアレンツキャンプのInstagram「ペアレンツグラム」のフォローはこちらから↓
insta_btn2


(↓支援にご興味がある方はこちら↓)
share_tmp