毎日暑いですね
体調を崩されたりしていませんか?
暑さ対策


ブログ読者のみなさんこんにちは!まいどん先生です。
今回は、「子どもの夏休みの宿題の進捗が気になる…」そんな方に向けた記事を書かせていただきます

夏休みの宿題は去年と比べて多く出されている学校が多いようです。
昨年は単純に夏休みが短いため、学校からもそんなにたくさんの量を出されることはなかったというご家庭が多かったですが、今年は例年通りの夏休みの長さのため、

・久しぶりにたくさんの課題を出されてどこから手をつけていいか分からない
・たくさんの課題を目の前にしてやる気がでない
・後回しにしてしまう

といったお子さんも多く見かけます。
そんなお子さんを持つ親御さんは、ついつい…

「もう!夏休み入ってずっとダラダラして!もう8月入ったよ!いい加減宿題しなさい!」
と怒鳴ってしまう…という方もいらっしゃるのではないでしょうか

そんな皆さんにご紹介したいのは、『子どもの宿題の進め方は3パターンある』という考えです。
これはよくぶにん先生が家庭教育支援の場で仰っていたことですが、

)萋コツコツ型
∩鞍召笋蠅り型
8緘渉匹すみ型


…と、お子さんの性格などによって、夏休みの宿題の進め方は 銑パターンに分かれるという話です。

毎日コツコツ型パターンのお子さんを持つ親御さんは、毎日こなせているという点では安心かと思います。しかし、過干渉・過保護傾向にある親御さんの場合「宿題の質」にこだわって毎日ガミガミ言ってしまう傾向にあるので注意が必要です。毎日、

「字が汚い!書き直しなさい」
「そんな文章じゃ先生に伝わらないからもっとちゃんと考えなさい」
「なんでそんな雑なの?」
など言われてしまうと、子どもは

「よーし、もっときれいにかくぞ!」「よい文章にするぞ!」「丁寧にとりくむぞ!」とはならず、
「うるさいな」「あー、やる気なくした」「面倒くさい」という気持ちになり、どんどんやる気を失ってしまいます
あまり細かいことは口出しせず、「宿題に取り組めていることを認める」ような関わりを意識するようにしましょう

前半やりきり型パターンのお子さんを持つ親御さんは、前半にすべて終わらせるという点では安心かと思いますが、

「そんなに急いでやらなくてもいいじゃない」
「毎日コツコツやったほうが身に付くよ」
「まとめてやるのはいいけど雑ね〜」
などと言ってしまう方が多いです。
どのように進めていくかは子どもの自由なので、『まとめてやって夏休みを楽しみたいんだな』と捉えて温かく見守られることをおすすめします。

最後に、後半追い込み型パターンのお子さんを持つ親御さんは、「いつになったら宿題するの?」という不安から、毎日

「いい加減、宿題しなさい!」
「宿題やらないの?それで学校に行けるの?」
「夏休みの宿題やらないなんて、2学期から学校行かないつもり?!」

など、不安が増大して別の心配までしてしまう方が多いです。
後半追い込み型のお子さんは、タイムリミットが近づいてこないとやる気になれないことがほとんどです。
「早く宿題しなさい」と言っても「分かってる」しかかえってこないことのほうが多いですし、夏休み終了2週間前くらいまでは口出しせずに見守ることも大事です。
ひとつ注意点をあげるとすれば、公立と私立で宿題量にはかなりの差がありますので、私立の学校に通われているお子さんを持つ親御さんの場合はもう少し早い段階で声をかけたほうがいいかと思います。

どのような声掛けをすればよいかはお子さんの性格傾向や親子の関係性によって異なりますが、どのご家庭でも比較的反発が出にくい伝え方として、
「宿題どれだけ出てるの?」
「夏休みに入って宿題している様子を見ることがないけど、大丈夫?」

くらいにとどめておくのがよいかと思います。

無理に宿題の進め方を変えようと必死に声掛けをすると、親子関係が悪くなったり、お子さんのやる気を失わせてしまうこともありますので、家庭内の雰囲気や前後の親子のやりとりなどをふまえてバランスよく対応をされるとよいでしょう

それでは、また次回ブログ記事にてお会いしましょう!


まいどん先生

(↓下のバナーをポチッと応援お願いします 
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ



↓まいどん先生が母子登校のことやペアレンツキャンプの裏話的な内容をつぶやきます!!
logo (2)


↓最新記事がアップされるたびに通知がきます♪お手軽LINE読者登録はこちらから↓


↓ペアレンツキャンプのInstagram「ペアレンツグラム」のフォローはこちらから↓
insta_btn2


(↓支援にご興味がある方はこちら↓)
share_tmp