日々、電話カウンセリングをしているといろんな相談をお受けします。
今回はその中から他の親御さんも持たれるであろう疑問にお答えしようと思います

chuuya_gyakuten

みなさん、こんにちは!

どんきー先生です!


先日、不登校中のお子さんを持つ親御さんからこんなご相談をお受けしました。
「ウチの子は不登校になってから昼夜逆転生活をするようになりました。
どうしてでしょう?」

一般的に学校に行っている子どもたちの生活サイクルは朝起きて学校に行き夜に眠りまた朝に起きて・・という生活サイクルが一般的だと思います。


昼夜逆転とは本来昼間に活動すべき人が昼間の活動をせずその時間に睡眠をとり、夜中から朝方にかけて活動をすることを指します。



不登校の子が昼夜逆転生活のサイクルに陥る要因ついてはいろんな考え方があるように思います。
ここでは私の解釈をお話ししたいと思います。



私の考えとしては昼夜逆転生活に入ったときの「きっかけ」によって昼夜逆転生活に入っている「要因」が変わってくるだろうと思います。

その「きっかけ」としては

ヽ惺擦魑戮鵑任い襪ら夜眠れなくなり朝起きれず昼夜逆転生活になっているのか。
¬詭欧譴覆いら朝起きれず学校に行けなくなり昼夜逆転生活になっているのか。
D起きれなくなり学校を休んでしまって夜眠れなくなり昼夜逆転生活になっているのか。


という大きく分けて3つの見方ができるだろうと思います。
その「きっかけ」によって要因が見えてくると考えます。

ここで全て詳しくお話ししていると長くなり過ぎてしまうので短くお伝えしますね。

,離院璽垢任△譴价詭覽嫖樟験茲砲覆辰人廾は不登校になってしまったから昼夜逆転生活になったという見方ができます。


△離院璽垢任録臾欧良分に何らかの問題があり昼夜逆転生活になったという見方ができます。

のケースでは自立神経系の不調があり朝の時簡に起きれずに昼夜逆転生活に陥っているという見方ができます。

短くお話ししましたが、本来はもっと深い分析も必要ですし検査等も必要なことです。
一つの解釈として参考にして頂ければ幸いです。


私は不登校の子どもたちの復学支援を専門にさせて頂いている立場ですので,良堙亶擦砲覆辰討靴泙辰燭ら昼夜逆転生活になってるという見方をした時について詳しくご説明しますね。


不登校になってしまっている子どもたちは学校に行けないという時点でストレスに感じているということが多く見受けられます。
学校がある時間帯に、自分だけは家に居る。
その現実を突きつけられるような感覚に陥ります。

自分ではどうにもならない。

学校に行きたくても行けない。



毎朝、「もう学校へ行かなくてはいけない時間だ」「学校に行きたい。でも行けない。」「学校のみんなは自分のことをなんと言っているのだろう」「授業は何をしているのだろう」など、色んな事を考え、悩み苦しむお子さんが多いです。

そのような状態が毎日続くのですから、当然ストレスを感じるでしょう。

そういったストレスを抱えているお子さんの場合、学校がある時間に寝てしまえばその問題に悩むことがなくなります。
そして、学校がある時間帯に寝ていれば、当然夜は目が冴えていますので、夜中に活動をしてしまうわけです。
また、夜中であれば家族は基本的には寝ていますし、何か言われて困るようなことにはならないです。

親御さんとしては、「昼夜逆転だとますます学校に行けない子になるのではないか」「昼夜逆転中だから学校に行けないのではないか」といった考えに陥りやすいです。
しかしながら、私の意見としましては『昼夜逆転が不登校の原因ではなく学校に行けていないから昼夜逆転をしている』ということです。

なぜなら、規則正しい生活を送っていたとしても本人が「行かなきゃ」と思わない限りは学校へ戻ろうとはしないからです。
昼夜逆転中であろうが、「明日から学校へ行く!」と決めた子どもたちは学校へ行きます。

事実、私が不登校復学支援のカウンセリングを行っている場面で、昼夜逆転中の子であっても、眠い目をこすって頑張って復学を果たしたケースを数多く見てきました。
中には「いつものように早朝に寝てしまっては寝過ごしてしまうから」と徹夜をしてまで復学を果たした子もいます。それはそれで心配な面はもちろんありますが、目標を持ちそれを達成しようとする意識がそうさせるのだと思います。

そして、学校へと戻っていった子ども達は、毎日登校していく中で学校に合わせた生活を送らなければならないのでいつの間にか生活リズムの意識も芽生えやすくなる傾向にはあります。

そういった捉え方も一つとしてあると考えてみていただいてもよいかと思います。


それでは、また次回


どんきー先生


(↓下のバナーをポチッと応援お願いします 
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ


↓動画で家庭教育をまなぼう!
logo (3)


↓最新記事がアップされるたびに通知がきます♪お手軽LINE読者登録はこちらから↓


↓ペアレンツキャンプのInstagram「ペアレンツグラム」のフォローはこちらから↓
insta_btn2