桜の季節もそろそろ終わりですね
すでにお子さんが入学式や始業式を迎えた方もいらっしゃれば、間近に迫っているという方もいらっしゃるかと思います
4月は、進級・進学などで、多くの子どもたちが環境の変化を経験する時期です。
子どもたちにとっては、新しい先生や友達との関係、学習量の増加、生活リズムの変化などにより、不安やストレスを感じやすい時期でもあります。

この時期を上手く乗り切るために、家庭内で親はどのようなスタンスをとるべきでしょうか?
undou_sports_family_haha_musume
皆さんこんにちはりーぼ先生です
今回は冒頭でお伝えした、「年度明けの環境の変化」をテーマに記事を書きたいと思います。

進学や進級に伴う環境の変化に適応するまでの時間やプロセスは、子どもによって違います。
最初から躊躇せず新しい環境に飛び込む子もいれば、時間をかけて少しずつ慣れていく子もいます。
その過程では、たとえば「知らない子にもとりあえず話しかけてみて反応を見る」という子もいれば、逆に「知らない子に自分から話しかけようとは思わない」という子もいます。
自分から話しかけるのが苦手な子の場合、親御さんから見ると、「友達が出来づらいのでは…」と心配になることもあるかもしれません
ただ、そういった子の場合でも、「話しかけてもらったときにニコニコ答える」「授業中のペア活動や班活動など、自然な流れでクラスメートと話ができる場面を活かす」など、本人なりに自分に合った方法を試行錯誤していることも多いです

そのため、基本的には、「親がどう解決してあげるか」というよりも、「(必要に応じて親がフォローはしながら)本人がどう解決するか」が大切です。

もともと人間は変化を恐れる生き物ですから、不安やストレスを感じること自体は何らおかしなことではありません。
ですが、実際のところ社会で生きていく上で変化はつきものなので、こういった不安やストレスに対処する力を身につけていくことが必要です。
子どもたちは学校生活の中で、クラス替えや進学など環境の変化を定期的に経験しながら、そこに適応する術を学んでいきます
せっかくの機会なので、子ども自身が経験から学ぶことができるように、本人がどう考えて行動するかをまずは見守ってあげると良いでしょう。

ただ、子どもによって経験の差もあれば、性格の差もあります。
親のサポートがどの程度必要かもそれによって変わってくるので、普段からしっかり子どもの話を聴くことのできる体勢は整えておきたいところです。
子どもが話をしてきたときに、「言おう言おう」よりも「聴こう聴こう」の姿勢を取るようにしてみてください
親がすぐに否定やアドバイスをするよりも、まずは子どもの気持ちや考えを受け止めるように意識しておけると良いですね
子どもにとって親が「話をきちんと聴いてくれる相手」であれば、いざ子どもが躓いて立ちすくんでしまったときにもフォローに入りやすくなります。
また、時には親御さんの意見を伝えることも必要ですが、最終的には子ども自身に考えさせるようにしておきましょう。

とはいえ、新年度など環境の変化のあるタイミングだけではなく、日頃の家庭教育の実践も非常に重要です。
家庭の中で「失敗する経験」「自分で考えて行動する経験」を十分に積んできている子は、新しい環境に置かれたときでも自分なりに対処しやすくなります。


変化の多い年度明けは、子どもも親も不安になりやすい時期です
お困りの際は、メールフォームからお気軽にご相談くださいね(^^)/

それでは、また次回のブログ記事でお会いしましょう

りーぼ先生


(↓下のバナーをポチッと応援お願いします 
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ



↓最新記事がアップされるたびに通知がきます♪お手軽LINE読者登録はこちらから↓


↓ペアレンツキャンプのInstagram「ペアレンツグラム」のフォローはこちらから↓
insta_btn2


(↓支援にご興味がある方はこちら↓)
share_tmp