早いものでもう今年も3月に入りましたね。
子ども達にとって3月4月は出会いと別れが多い時期ですよね。
3月は卒業があり、4月は入学ですね。
別れも、新たな出会いも子どもたちの人生において良い思い出や糧になってくれるといいですね


shingakki_kousya

みなさん、こんにちは

どんきー先生です

今年も支援中の子ども達の中には高校受験をした子どもたちがいました。
みんな無事に合格し春からは高校生になれるようです

不登校を経験した子どもたちにとって受験はハンデを背負わざるを得ないことがあります。高校受験はどうしても内申が影響するので、出席日数が少ないことが受験に影響してしまうことは往々にしてあります。
実際、私たちが支援をしている子の中でも出席日数が確保できていないことがハンデになってしまった子は大勢います。

今、世の動きとしては無理して学校には行かなくていいという動きになっています。
しかし、現実はそれがハンデになってしまうことが往々にしてあります。

学校に行かないことは問題行動ではないし、そうすることを子どもたちが前向きに捉え、夢や目標に向かって「生きる」選択を子どもたちができているのであればそれでよいと思います。
しかし、現実にはそういった前向きな選択をしてもまだまだ学校に行っていないことはハンデとなってしまいます。

学校に行かなくていいとするのならば、まずはその辺りの環境整備が必要なのではないかと感じます。この辺りはコロナの影響もあり、ICT教育の整備が整いつつあり、また学校以外の居場所づくりも整い始めています。ですので、まだまだ足りない部分はあると感じますが前向きに不登校を選択する子にとっては環境が整ってきつつあります。

しかし、環境がもし整ったとしても次はその整っている環境に子どもたちが入ることができるかということが問題になってくるだろうと思います。
実際、当センターに来る問い合わせの中でも、コロナ休校中にオンライン授業などICTを用いた環境を家庭で整えたけども、子どもがその授業を受けることを望まず、結果家で勉強をしなくなり、ずるずるとそのまま不登校になってしまい、部屋にこもりがちになってしまっている子のご相談を何件も受けています。

環境を整えたとしても、今度はそれを利用する側の家庭の問題や子ども自身の問題が浮き彫りになってくるのだろうと思います。
いくら環境を整備できても、子ども達がそれを望まなければ状況が悪くなってしまう一方です。
ですので、大事なのはその子が不登校になってしまった原因を紐解いていくことが何よりも大事であり、その子にとって不登校でいることがプラスに働くのかマイナスに働くのか、今後その子が社会に出ていくことまで考えたらその状態でいることが将来もっとかわいそうなことになってしまわないか、そもそもその子が学校に行くことを望んでいるのかいないのかをしっかり分析し、その子に合った対応を考えてあげる必要があるのではないかと私は感じています。

無理して学校に行かなくていいんだよだけではなく、不登校になっているその子にとって何が一番大事なことかを考え対応することが今不登校支援にはもとめられているのではないかと感じます。


それでは、また次回!



(↓下のバナーをポチッと応援お願いします 
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ



↓最新記事がアップされるたびに通知がきます♪お手軽LINE読者登録はこちらから↓



↓ペアレンツキャンプのInstagram「ペアレンツグラム」のフォローはこちらから↓
insta_btn2