本格的に寒くなってきましたね
私は風邪予防で、よくはちみつレモンを作って飲んでいます
季節の変わり目ですので、ブログ読者の皆さんも体調にはお気をつけくださいね

はちみつ

こんにちは、チャマル先生です

私は訪問カウンセラーとして、全国の不登校の子どもの自宅に直接伺い復学支援、継続登校のフォローなど学校に行くサポートをしてきました。
今回は記事では私が訪問カウンセリング中に子どもに対して・・・

「あっ!成長してる!」
と感じた時のことを書こうと思います。


〜訪問カウンセラーが伺うと、子どもが既に宿題を終えている〜
ある日、私が小学生のA君の自宅に行くと・・・

「あそぼー!」

と声をかけてくれます。
私たちは学校に行くためのサポートだけでなく、子どもとのリレーション(信頼関係)を構築するために一緒にカードゲームやテレビゲームをして遊んでいます。
ですので訪問カウンセラーが伺うと、一緒に遊べるのを楽しみにしている子どもがほとんどです。

ですが学校から宿題が出ていますので、私から・・・

「先に宿題をやらないとね」

とA君に伝えますが、なかなか宿題をすることができません。
宿題よりも遊びたい気持ちが勝ってしまうのでしょう。
子どもの気持ちは分かりますが訪問カウンセラーとしても、できれば宿題に取り組んで欲しいのでA君に宿題をするよう促します。
A君は渋々宿題に取り組み始めました。その日は、すぐに宿題が完成したので訪問カウンセラーが帰るまで一緒に遊ぶのですが帰り際になって遊び足りない態度が見受けられました。

そこで私からA君に・・・

「次来るときは宿題をしてくれていると、遊ぶ時間がもっと増えるね!」

と伝えました。
しばらくして、再びA君の自宅に行くと・・・

「今日は宿題したよー!」

と、宿題のプリントや漢字ドリルを見せてくれました。
訪問カウンセラーと遊ぶことを楽しみにしていたA君は自主的に宿題を終わらせることができていました。その日は前回よりもたくさん遊ぶことができA君は満足そうにしていました。
それから私がいつ行ってもA君は宿題をして待っていてくれます。
宿題をすることが習慣になってきているのだと思います。
最初は渋々宿題をしていたA君ですが、私が行かない日でも今では学校から帰宅してから宿題をすることが習慣化していました。

私はこの瞬間、A君の成長を感じました。

子どもの成長は、時折大人をびっくりさせてくれることがありますね。
私たちが訪問カウンセリングに行かない日でも、自分で考えて宿題が出来る状態になってくれていると私たちも、親御さんも安心です

これからも子どもたちの成長を楽しみにしていますね!

それでは次回のブログ記事にてお会いしましょう!



チャマル先生


(↓下のバナーをポチッと応援お願いします 
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ



↓最新記事がアップされるたびに通知がきます♪お手軽LINE読者登録はこちらから↓



↓ペアレンツキャンプのInstagram「ペアレンツグラム」のフォローはこちらから↓
insta_btn2