皆さんは、子育てをしていて「自分の子育てに自信がない」「もっと子どもに自立してほしい」など思われたことはありませんか?

今回のブログ記事では、そんな親御さんに向けて、りーぼ先生がペアレンツキャンプの【家庭教育支援コース】をご紹介します



family


1、家庭教育支援コースってどんなコース?

家庭教育支援コースは、家庭教育について親御さんの学びを深めていただくコースです。
家庭内の会話からお子さんとの関わり方を見直し、よりよい親子関係を築くこと、また子どもの年相応の自立心や社会性を育むことを目指します。

皆さんの中でも、育児本やインターネット、また周囲のママ友の話などから、家庭教育を学んでおられる方は多いのではないでしょうか。
ただ、あくまで一般論や個々の経験談から述べられていることが多いため、同じことを試してみても「頑張っているのにうまくいかない…」「これで本当にいいのかな…」と感じられることもあるかもしれません
ご家庭によって状況はさまざまですので、最適な家庭教育の進め方というのも異なって当然なのです。
家庭教育支援コースでは、PCM(親のカウンセリングマインド)をベースにしながら、それぞれのご家庭に合った家庭教育をカスタムメイドで作り上げていきます。
担当のアドバイザーがそれぞれのご家庭の状況やお子さんの性格傾向を分析しながら、親御さんの対応をアドバイスしていきます

内容としては、「家庭ノートチェック法」「電話カウンセリング法」の2本柱で支援を進めていきます。
(詳しくは、後述の「2、家庭ノートチェックとは?」「3、電話カウンセリングとは?」をお読みください。)

なお、最初の分析期間として約3カ月がかかります。(親御さんの学びの度合いによっても期間は変動します)
この分析期間中、担当のアドバイザーは家庭ノートや電話カウンセリングでご家庭の状況を詳細にお伺いしながら、子どもの性格傾向や親御さんのより適切な対応を分析していきます。
実際に親御さんにもPCMの具体策などを試していただきながら、ご家庭ごとに最適な家庭教育を見つけていく流れになります。
分析期間を通して、それぞれのご家庭に合ったより具体的なアドバイスができるようになるイメージです。

また、通信講座型の支援になりますので、全国どこにいてもご利用いただくことができます


2、家庭ノートチェックとは?

家庭内の日々の会話を記録していただき、担当のアドバイザーがそれをチェックします

 ↓アドバイザーが添削した後の家庭ノートのサンプルです。


kateinote


支援初期の段階ではアドバイザーからのコメントで×がつくことも多いです。
ただ、この×コメントは悪いわけではありません
子どものために親が変わることのできるポイントだと思っていただければと思います。
実際に支援を受けていただいている親御さんからも、「大人になって×をもらうのは新鮮です(笑)」「子どものため、自分のために変わるチャンスだ思うと燃えます」などの声をいただくことがあります。

さらに、家庭教育を学んで実践していただいていると、徐々に×が減り、反対に「OKというようなコメントが増えてきます
こういった流れで、家庭内での親御さんの対応を、日々ご自身で振り返って見直していただくことができます。

なお、家庭ノートはWeb上でそれぞれのご家庭に専用のページをご用意します。
PCやスマホからいつでも好きなときにご記入いただけます


3、電話カウンセリングとは?

家庭教育支援コースの電話カウンセリングでは、週1回(おひとり約30分)、担当のアドバイザーと直接お話いただくことができます。
家庭ノートでは書けなかったことや、アドバイザーに直接相談したいことや質問したいことなどがあれば、そこでお話いただけます。
最初は「家族の話を人にするのはちょっと緊張する…」という方もいらっしゃいますが、毎週同じアドバイザーに相談をしていただけるので、すぐに慣れて気軽に話しやすくなるかと思います。
また、身近な人には相談しづらいことでも、専門家相手だからこそ相談できるという場合もあるでしょう。
子育てをする中では、不安なことやしんどいこともあるかと思います。
そういったお気持ちも、お電話でお話していただくことで少し楽になりますよ
時には子育ての愚痴で30分の電話カウンセリングが終わり、「話を聴いていただいてスッキリしました!1週間がんばります!」と電話を切る方もいらっしゃいます

4、家庭教育支援コースの実例

家庭教育支援コースでは、これまでたくさんのご家庭に家庭教育のアドバイスをしております。
その中でも、親御さんの対応を変えることで、学校の行き渋りや母子登校が解消されたケースが多々あります。
実際に家庭教育支援コースで母子登校の解決に至った事例を書いた記事がございますので、ご紹介しておきますね。
ご覧いただけると、イメージがつきやすいかと思います

・母子登校の解決事例
・母子登校の解決事例




ここまでお読みいただきありがとうございます
「支援に興味がある」「一度相談してみたい」という方は、以下のお問い合わせフォームからぜひお気軽にご連絡くださいね
お問い合わせフォーム


それでは、次回のブログ記事でお会いしましょう


りーぼ先生

(↓下のバナーをポチッと応援お願いします 
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ



↓最新記事がアップされるたびに通知がきます♪お手軽LINE読者登録はこちらから↓


↓ペアレンツキャンプのInstagram「ペアレンツグラム」のフォローはこちらから↓
insta_btn2


(↓支援にご興味がある方はこちら↓)
share_tmp