「不登校」と聞いて、皆さんはどのように感じられるでしょうか?
近年では、不登校の子どもの数は増え、不登校という言葉は珍しいものではなくなってきています。
不登校については、「子どもの意思を尊重してしっかり休ませてあげるべき」という考え方から、「無理にでも学校に行かせた方が良い」という考え方まで、さまざまな視点から述べられています。
実際に不登校の子どもを持つ親御さんからも、「どうすべきなのか迷っています」というご相談をいただくことが非常に多いです。
結局のところ、不登校については、どのような捉え方をして対応していくべきなのでしょうか。


改めまして、皆さんこんにちは
チャマル先生です

9月になり、すっかりセミの声がしなくなりましたね
夏はセミの鳴き声が目覚まし代わりだったので、朝は少し寂しさを感じる今日この頃です

セミ

さて、冒頭でお話した通り、今回は「"不登校"についてどう捉えるべきか」というテーマで記事を書かせていただこうと思います。

最初にお伝えしておきたいのは、「不登校」と一口に言っても、その原因や実態は千差万別だということです。
中には、いじめなどから心に傷を負ってお休みしている子どもや、自分の目指す目標のためにあえて学校ではない別の道を選んでいる子どももいます。

「不登校」という事実だけを取って良い・悪いと判断することは難しいと言えます。
むしろ、不登校について問題視されるのは、学校をお休みしている事実そのものというよりも、不登校になったことによる子どもの変化だと考えられます。
たとえば、もともと大きな問題の見られなかった子でも、不登校になってから生活が昼夜逆転になる、言葉遣いが乱暴になる、物事に自信を持つことができなくなる、といったような変化が見られるケースもよくあります。
学校に行けなくなったことで状況が悪化したのであれば、「学校に戻れるようにサポートしてあげる」というのもひとつの選択肢かもしれません。

何がベストな選択肢なのかは、子どもによっても異なります。
復学を目指すのかフリースクールや適応指導教室など別の場所で学習をするのか、など方法はさまざまです。

大事なのは、将来的に子どもが社会で自立して生きていけることだと考えられます。
「不登校が良いか悪いか」という視点よりも、「その子自身の将来を考えたときに、どうしてあげるべきなのか」という視点で考えてあげることが重要かもしれません。


チャマル先生


(↓下のバナーをポチッと応援お願いします 
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ



↓最新記事がアップされるたびに通知がきます♪お手軽LINE読者登録はこちらから↓



↓ペアレンツキャンプのInstagram「ペアレンツグラム」のフォローはこちらから↓
insta_btn2