皆さんはお子さんにお手伝いをさせていますか?
今日はお手伝いの大切さについてのお話です


IMG_3053


ブログ読者の皆さん、こんにちは!

カケル先生です。

自主的なお手伝いには、子どもの成長や発達に繋がる良い影響がたくさんあります


小さい頃からお手伝いをする習慣が身に付いていると、将来自分の身の回りのこともちゃんと出来るようになります。
掃除、洗濯、料理の仕方など分かっていれば、いざ一人暮らしをするときなども困らないでしょう。
もちろん幼少期からだけでなく、小学生、中学生からでも遅くはありません。
お手伝いから様々なことをまなぶことが出来ます


お手伝いから得られるものは、直接手足や体を使ってやらなければ身につかない知識です。
つまり学校の勉強のような机の上で学ぶ知識だけからは得られない、大切なことを身につけられるのです。


具体的にはどのようなことを学ぶのでしょうか


1、言われなくても自分から進んで取り組む子になる!


例えばお母さんが「新聞をとってきてくれると嬉しいな」と伝えてみて、最初は言われたことを子どもがするだけ状態にしておきます。
それを何度か続けると、やがてお母さんが「新聞
」と言いそうになる段階で「もうとってきたよ!ついでにチラシや手紙も!」なんていうように、自分から進んでするようになります。
ポイントは、お手伝いをしてくれた後に「お母さん嬉しい!とっても助かったよ!」と感謝の気持ちを伝えることです。
相手の反応がかえってこなくても、「自分がしたいからする」と思って行動出来るようになるのが最終的には目指したい姿ですが、お手伝いについては最初は「誰かの喜ぶ顔が見たいからする」という動機からのスタートであることが多いです。
お母さんの様子を見て、「困ってそうだから助けよう」「これを手伝うとお母さん喜ぶかも」と想像し、お手伝いをするとお母さんが喜んでくれると、進んでお手伝いが出来るようになることが多いです。


2.困ったときにどうするべきか、柔軟に対応できる力が身につけられる!


例えばお母さんが食パンを買ってくるようにお使いをお願いしたとします。
頼まれたけど売り切れだった場合、最初こそ判断できずに何も買わずに帰るだけということもあると思います。
何度かお使いをしていると、「なぜ食パンが必要なのか」を考えることができるようになります。
「お母さんはサンドイッチを作るって言ってたな。じゃあ食パンはないけどロールパンでも代用できるかも!」…という風に、売り切れだった場合、ロールパンを買ったり、別のお店に行ったりと臨機応変な知識が身につきます!


3.体験することで初めて学ぶことがある!


直接お手伝いを体験することによって、色々なことを自然に覚えられるようになります。

例えば、お掃除を手伝うことで、掃除機はどうやって使うのか、料理を手伝うことで材料や調理器具の名前と使い方、料理の調理方法など、お風呂掃除とトイレ掃除で使う清掃道具の違いなど、生活をする上でのあらゆる知識が学べます。


こうしてお手伝いをすることは、子どもにとってマイナスではなくむしろプラスの要素がたくさん詰まっています。
「今ゲームしているから無理」「えーめんどくさい」「やったことないしママがやった方が早いよ」など、お手伝いをお願いしたときには子どもからこのような「やらない」の返事が返ってくるかもしれません。


あくまでも「手伝いなさい!」の命令・指示・提案は極力避けてください。
進んで「やってみようかな」と思ってもらうことが大事です。


アイメッセージで、


「今お母さん手が離せないから、フライパンの火を弱火にしてくれたら助かる!」


「お母さん電話がかかってきたから、洗濯物取り込むだけでもしてくれると嬉しいな」


「お母さん今◯◯の好きな料理作ってるから、隣でトマトだけ切ってくれたらスムーズに料理ができるから助かる〜」というような伝え方です。
最初から「エアコンの中掃除してくれたら助かる」など難しいお手伝いをさせる必要はありません。誰にでも出来るような簡単なお手伝いからで大丈夫です。
先ずは習慣づけてもらうことで、いつの間にか難しいことも自らお手伝いをしてくれる子どもになるはずです


そしてなによりも、日頃のお父さん、お母さんの大変さに気づき「ママは毎日こんなに大変なことをしてくれてるんだ」とありがたみを感じるようになるでしょう


今からでも遅くありません!


是非、早速今日の夕飯から「ご飯持って行きたいから、テーブルの上を片付けてくれたら助かる〜!」と伝えてみてください



それでは次回のブログ記事でお会いしましょう(*^_^*)!


カケル先生



(↓下のバナーをポチッと応援お願いします 
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ



↓最新記事がアップされるたびに通知がきます♪お手軽LINE読者登録はこちらから↓



↓ペアレンツキャンプのInstagram「ペアレンツグラム」のフォローはこちらから↓
insta_btn2



(↓支援にご興味がある方はこちら↓)
share_tmp