皆さんこんにちは
きりこまち先生です


今日から新年度ですね
3月の突然の休校により、子どもたちにとっては1か月以上のお休み期間となりました

地域や学校によってはこの4月からの学校再開も断念する兆候が見られています。各地域、学校ごとの発表に気を配りたいところです

kakuseiki_man_smile (1)
今回は今年、というよりも例年多く見られるこの時期のお子さんたちの様子についてのお話です

毎年春休み明け、進級や進学を果たしたお子さんたちは大きな環境の変化に直面していきます。
担任の先生が変わったり、クラスのメンバーが変わったり、学校自体が変わったり、あげればきりがないほどの変化が訪れますが、その受け止め方は人それぞれです

期待でいっぱいな子、不安が勝っている子、フラットに受け止められる子、十人いれば十人なりの捉え方があります

みんながみんな、新しい環境を好意的に捉えてくれると良いのですが、現実はそうもいきません。

実際、当センターにご連絡いただくご家庭も4月以降急増します。
新しい環境に飛び込んだもののなじむことができなかった子や、そもそもそのスタートを切ることができなかった子、2月、3月の時点ですでに登校に影響が出ていた子など、状況は様々ですが「新スタート」を快く迎えることができなかったお子さんたちです。


こういったお子さんたちによく見られる傾向として「春休みに入った当初から中盤は明るく前向きな様子が見られるものの、終盤から春休み明けにかけて元気がなくなり、イライラした様子が見えたり、家族との接触を避ける」という点があります。

春休み期間中は学校自体が無くなるため、不登校、五月雨登校状態で春休みに突入したお子さんにとっても「正当なお休み」となります
そのため、後ろめたさや罪悪感、他人の目といったものがなくなり、精神的な負担が減ることから生活態度にも余裕が生まれることが多いようです。

しかし、お休みが終盤に差し掛かると、改めて「学校」というものを強く意識し始めることになってしまい、プレッシャーや緊張感から不安定な様子となる子が多いようです。

これは不登校状態のお子さんで顕著に見られますが、お休みをしていなかったとしても、新学期に向けての不安が大きい子はこういった傾向が見られます。

もちろん、こういった傾向が見えたからと言って新学期からの登校に必ず影響するわけではありませんが、この時期のお子さんの様子はいつもより気にかけてもらえると良いと思います。

きりこまち先生
(↓下のバナーをポチッと応援お願いします 
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ

↓最新記事がアップされるたびに通知がきます♪お手軽LINE読者登録はこちらから↓