ブログ読者の皆さん、こんにちは!カケル先生です!

私たちはよく「過干渉をやめましょう」と親御さんに伝えます。そう伝えると「どこからが過干渉でしょうか?」「これは過干渉?あれは過干渉?」と悩まれる親御さんが多いです。今回は過干渉についての記事を書いていきます

IMG_1621

過干渉とは「子どもができることを親が先回りしてやってあげすぎること」です。
一言でいうと「親の価値観の押し付け」です。

過干渉をなぜしてしまうのか、ということについては前回私がブログで書きました記事(『イライラ子育てから楽しい子育てへ』)に繋がります。過干渉は子どもを見過ぎているから起こります!

常に子どものことを見ている(監視している)状態は、親にとっても子どもにとっても「いいこと」はありません。親は疲れるし子どもは何かと指摘されるし…親子共に疲れます

ではどこからが過干渉でどういう時に口を挟むのをやめたらいいのか。下記に具体的なチェックリストを挙げてみましたのでどれだけ当てはまっているのかご自身でチェックしてみてください

□子どの宿題に親が手を貸している
□子どもの友人関係に口出ししてしまう
□子どもに失敗させないために、先回りしてものを言ってしまう
□習い事など「将来のためだから」と親の価値観を押し付けてやらせている(子どもが進んで習いたいと言っているわけではない習い事)
□忘れ物に気づいたら出発前に声をかけたり、学校に届けている
□翌日の時間割や忘れ物がないかなど親が必ずチェックしている
□子どもが宿題や提出物、大事な紙(テスト範囲が書かれた紙や保護者宛のプリント)を学校に忘れた場合、ママ友にお願いして写真を送ってもらうのが日常化している
□中学・高校受験の際に、本人よりも親の方が一生懸命になっている

いかがでしたでしょうか?
結論!一つでも当てはまれば要注意です!
この一つのチェックが「これくらいなら言っても大丈夫だろう…」に繋がり、どんどん過干渉の沼にハマっていきます

小学生と中学生では、過干渉の線引きは変わっていきますが上記の内容はどの学年にも共通する内容です。大袈裟な話しをすると、直接親が困らないことは全て、さらに大袈裟に話すと生死に関わることでなければ全て子どもに任せてみてください。

子どものことをよく見ていて、よく気が付くタイプの親御さんは、先回りの子育てをやめて、子どもにはどんどん失敗させてください失敗する機会を奪わないことが大事です。子どもが決めるべきことまで口を出してしまうお宿さんの理由として、最も多いのが「心配だから」ということです。

先程のチェックリストに一つでもチェックがついた方は、今日から!意識をしてみてください。言わないように、見すぎないようにしていけば、親御さん自身も子育てが楽になりますよ

以上過干渉についてでした

それでは次回のブログ記事でお会いしましょう


カケル先生 



(↓支援にご興味がある方はこちら↓)
share_tmp

(下のバナーをポチッと応援お願いします
 
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村

↓最新記事がアップされるたびに通知がきます♪お手軽LINE読者登録はこちらから↓


↓YouTubeやカテイズムオンラインスクールで家庭教育を学ぶことが出来ます!↓



スクリーンショット 2019-03-29 12.32.06