ブログ読者の皆様、こんにちは。
カケル先生です

家庭教育支援のカウンセリングをしていると、「子どもにイライラしちゃうんです」というお話をよく耳にします。
今回はタイトルにもありますように、子育て中にイライラしてしまう方必見です

今までイライラと感じていたものを楽しい!と思えるようにしていきましょう。

「そんな方法あるんですか?」と疑問に持たれた方!

そんな方法はあります


様々な方法がある中で、今日は最もシンプルで簡単な、今日から意識していけばきっと変わる!
そんな方法を今から具体的に説明していきますね。


hyoujou_text_woman_iraira - コピー



支援を通して感じることは、親御さんは皆さん真面目だなぁということです。
いつも子どものことを真剣に考えて、悩んで、出来るだけ子どもに良い経験をさせてあげたいと日々考えられているなと思います。
それだけ家にいる時、一緒に外出した時に、しっかりと子どものことを見ている、見ることが出来ているという証拠です。

しかし

実は見ていることがイライラに繋がる落とし穴だったんです
それだけ聞いても「どういうこと?」ってなりますよね。例に挙げて説明していきます↓

(例)

・ご飯を食べるのが遅い(手が動かない)
・宿題をしていない
・お風呂に中々入らない

以上多くの親御さんがイライラされる3点をピックアップしてみました。実はこれ、見ているから気になるんです。
「あーしてほしい、こうしてほしい」という親御さんの思い通りにいかないからイライラするんです!

この3点の解決方法の例としては、
・食事中はテレビを見たり、親子の会話そのものを楽しんで子どもの食べるスピードを意識しないようにする。
・「宿題いつするのかな?」と気になって側で見守るではなく家事をしたり親御さんは親御さんでゆっくり好きなことをして過ごす。
・お風呂が遅ければ先に親御さんが入る、入らなくてもそれは子どもの問題なので気にしないようにする

結論、それをしなくて困るのは誰かというところに繋がります。
食べるスピードが遅い、宿題をしない、お風呂に入らない、どれも親に大ダメージが与えられるものではありません。
それをしなくて最終的に困るのは子どもです。
子どもの問題なのでダメージは子どもに与えられます。
この失敗のダメージが与えられれば与えられるほど、子ども自身も変わっていきます。

失敗の経験=経験値UPです

しかし、親のイライラの感情で伝える「早くしなさい!あれしなさいこれしなさい!」は子どもに失敗というダメージを与えるどころか、子どもの不満やイライラに繋がります。

親が言わなくても子どもは勝手に失敗を繰り返して成長します。
親が子どもを叱って子どもから言い返されたり面倒くさがられたりするか、子どもに叱ったりイライラせずに、子どもが勝手に成長していくのとどちらが良いでしょうか?
私は後者です。
多くの親御さんも後者だと思います。

子どもを見ないというのは簡単なことではありません。
ましてやこれまで常に見てきたという親御さんなら尚更です。今日からでも大丈夫です。
是非、子どものことを必要以上に見ないように、子どもに声かけをする前に誰の問題かを頭で考えて立ち止まりましょう。
見ないことが定着すればイライラも減ります。
言いたくなった時には「今ここで我慢すればこの子は成長する!」とご自身に言い聞かせてみてください。
その考え方が定着されると、子どものダメなところに気付いても「成長の場だ」という考えになり、むしろそういう場にもっと出会ってほしいとさえ思えます。

騙されたと思って今日から始めてみてください。

これまでイライラしていたことが、子どもの成長のためだと思えば「楽しい!」に変わります

それでは次回のブログ記事にてお会いしましょうヨイショ〜


カケル先生 



(↓支援にご興味がある方はこちら↓)
share_tmp

(下のバナーをポチッと応援お願いします
 
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村

↓最新記事がアップされるたびに通知がきます♪お手軽LINE読者登録はこちらから↓