テレビをつけると、ここ数日は新型コロナウイルスの報道ばかりですね
大阪でもお隣の奈良県で感染者が出たとのことで、ざわざわとしております。

昨日にドラッグストアー3件ほど見て回りましたが、徳用のマスクはすべて売り切れ。
少し値の張る立体マスクが数点あるのみでした。

新型のコロナウイルスの情報はSNSでも散見されますが、正しい情報をしっかりと得て、どのような予防策を個々人がしていくかが問われていると思います。情報は皆さんのお住いの市町村のHPや厚生労働省のページに掲載されておりますので、日々変わる情報の取得に努めてくださいね
OIPIF256M5H

ぶにん先生です。

ぶにん家では新型コロナウイルスよりもインフルエンザが猛威を振るっています

まず小学1年生の次女がインフル発病。高熱が出て意識朦朧となりました。
4年生の長女は1か月前にすでに同じ型のインフルエンザに感染しておるので楽観的です。

妻はその看病につきっきり、私はなるべく早くに仕事を切り上げて家事のサポートや、長女の対応に。
ここまでは毎年何かしらあることなので私も慣れたものなのですが、今年はより厳しい状況に・・・

なんと、下の娘の発病後、妻もインフルエンザに

子どもよりも大人のほうが症状が重たく出るのか、高熱に、頭痛に、腹痛に、喉痛・・・話せず、動けず、妻はずっと寝たきり状態に。

こうなるとぶにん家、パンデミック。超パニック状態です。

私も仕事の都合をつけて、ほとんど在宅勤務に。
食事、洗濯、掃除などの家事から、元気になってるけど公休扱いで学校にいけない次女のお世話。そして長女の対応・・・

重なるときには重ねるもので、そんなときに限って夜中にインフル明けの次女が「耳が痛くで寝れない」と大泣き。翌朝、すぐに耳鼻咽喉科に連れていくも、病院は激混。診断は重度の中耳炎。

薬を飲んでもすぐ吐くほどの薬嫌いの次女へのイライラ
長女は長女で「お母さんが寝込んでいる間にシクラメンが枯れた」と大泣き(いま言うなや!
めくるめく巻き起こるおやじの悲痛な叫び声。冷蔵庫の中身も把握できてないし、そもそも調味料がどこにあるかもわからない。そして次から次におこるアクシデント、押し寄せる家事、鳴りやまない私の仕事用のLINEと電話。

そんな日々をどうにか乗り越えて、今日あたりからようやく落ち着いた日常が返ってきました

今思うのは、嫁さんは毎日家事に子育てに大変だということ。嫁さんの子育ての愚痴は日々きいておりましたが、いままではどこかモノクロの景色のお話でした。でも今は違います。鮮明なカラー。子育てに対するイライラ、うまくいかない1日の流れに悶絶する気持ち。よ〜くわかります。

そんなこんなで大変でしたが、ポジティブに考えれば、嫁さんの苦労をよりリアルに知ることができたこと、そしてお父さんと妙に過ごす時間が多かったのがうれしかったのか、いろいろな世間話を子どもたちとできたことです

ブログ読者の皆さん。本当によく頑張っておられますね。今の私なら深いアクティブリスニングができるかと思います。

ぶにん先生


(↓支援にご興味がある方はこちら↓)
share_tmp


↓皆さんの応援のもとブログ発信が出来ております!
こちらをポチッと
応援宜しくお願いします♪(1日1回クリックを!是非ともよろしくおねがいいたします)↓
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ