最近、温泉や銭湯が私の中でマイブームになりつつあります
この時期は肌が痛くなるほど寒い日もありますので、お風呂がとても気持ちがいいです
また、お風呂上がりの牛乳が最高に美味しいです

温泉

ブログ読者の皆さん、こんにちは!
チャマル先生です!

今回のテーマは「子どもは親の背中を見て育つ!」です!

先日、私がプライベートで知人の家に遊びに行きました。
その家庭の夫婦は、私が行くといつも暖かいコーヒーを出してくれます。

先日遊びに行った時、知人夫婦は留守で小学生の息子さん(T君)が留守番をしていました。
(T君とはもともと仲が良く、よく私がT君の宿題を見たり一緒に遊んだりしていました。)
知人がもうすぐ帰ってくると聞き、自宅で待たせてもらうことにした私はその間にT君とゲームで遊ぶことにしました。

ゲームで遊んでいるとキリのいいところで、T君から・・・


「お兄ちゃん、ちょっと待ってて!」


と、ゲームを中断してキッチンの方へ行きました。
しばらくすると、T君が・・・


「はい!これどうぞ!」


と私にコーヒーを入れてくれました。
この時の私は「あぁーお母さんがそう教えたんだな」と思っていました。
知人が帰ってきてから、T君が私にコーヒーを入れてくれたことを話すと・・・


「え!?わたしたち教えてないのにどこでおぼえたんだろ?」


と、すごく驚いていました。

ご両親から教えられたわけでもないのにT君はどうして私にコーヒーをいれてくれたのでしょうか。

それは、ご両親がお客さんにコーヒーやお茶を出していた様子を普段からT君は見ており、そこから”お客さんにはコーヒーやお茶を出す”ということを学んだのだと思います。

子どもは親が思っている以上に親の背中を見て学習をしています。
普段から感謝を伝えるのがうまいご両親は、子どもも友達にうまく感謝を伝えることができる子に育ちます。また、ちょっとした仕草でも子どもは親の背中を見て育ちます。どのご家庭も「あれ?真似しているのかな?」と思うことがあるのではないかと思います。

こうしている間にも子どもはご両親の背中を見て育ちます。
逆に言えば親の行動次第で、子どもは礼儀正しい子にもなれるし、感謝を伝えるのがうまい子にもなれます。まずは親が変わることから初めてみてはいかがでしょうか。

親が学べば子は伸びる、親が変われば子も変わる」ですからね。

では次回のブログにてお会いしましょう!

チャマル先生


(↓支援にご興味がある方はこちら↓)
share_tmp


(下のバナーをポチッと応援お願いします
 
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ