今回はまいどん先生が、中学生の支援の中でよくご相談案件としてあがる「スマホ依存の問題」についてブログ記事を書かせていただきます。

smartphone_chudoku


最近は、小学生であってもスマホを持っていたりと、スマホやネットというものは本当に身近になったなと感じます。

不登校の復学支援と家庭教育支援では近年、子どもたちのスマホ依存という問題は避けては通れないです。

・夜中までスマホをいじる。
・パソコンのオンラインゲームをずっとしている。
・LINEでのトラブルやいじめ。
・課金サービスでの子どもの使い込み。


smartphone_shokuji

挙げればキリがありませんが、このような課題がある現代の子育てにおいては親がいかにネットのリテラシー教育を家庭内で行うことが出来るか、スマホなどの適切なルール化を出来る立場にあるのかが重要視されます

さらに細かい話をすると、このスマホ(ネット)依存は2種類あるとぶにん先生は言います。
それは「つながり依存」「コンテンツ依存」です。


「つながり依存」は近年ではLINE問題などが挙げられます。


学校での人間関係がプライベート空間でも継続してしまい、精神的に追い詰められたり、つながっていないと仲間はずれにされたり話題についていけずに翌日の学校で浮いてしまうなどの不安が子どもたちの心理にあります。
しかもこのような場で行われるいじめは大人からは見えにくく、またコミュニケーション能力が発展途上の子どもたちにとっては文字だけでのやりとりですので誤解が生まれてしまうこともあります。
一昔前は「メール返信の30分ルール」が中学生の世界の不文律として問題になっていましたが、今は30分どころか「既読をつけたら30秒以内に返信」に変容しているのが現実です。

30秒以内…となると、大変です。

(子どもたちはハイスピードな情報社会の波にのれているというリフレーミングも出来ますが

もう少し深くお話をしますと、人には「集団に所属していたい」という欲があります。
その理由としては主に5つあります。

/翰的欲求を満足させるため
¬榲達成を援助してくれる
8朕佑任脇手できない知識や情報を得られる
た箸琉汰瓦鮗蕕
ス猟蠹な社会的アイデンティティの確保


これをスマホやLINEの問題などにあてはめて考えると…

〔滅鬚い笋帖▲離蠅里いい笋弔世隼廚錣譴燭いらLINEのグループトークで面白いやりとりをすることで自分の欲求を満たせる。

▲▲廛蠅任△譴丱ンライン対戦や協力プレイをすることで、1人でプレイするよりもはるかにゲームの進行度合いが早かったり、入手するアイテムが豊富だったりします。

情報で溢れる昨今。必要な情報を誰かが得てくれ、その情報を共有したりもできます。

ぅラスや仲良しのグループで自分だけLINEグループトークに参加しないことにより仲間はずれになるということを避けられます。

タ裕い里△觧劼燭LINEグループに所属していたりすることで、自分の株をあげることがあります。


また、「コンテンツ依存」というのは特定のゲームにのめりこむことを指します。

これは誰かとのつながりに依存するというよりかはゲームの要素に依存するというものです。
特に最近のスマホゲームは「1時間後にイベント開催!」とか「1時間限定のレベルアップクエスト!」とか「限定モンスター登場!」など時間ごとに指定されることが多く、

「友達に自慢したい、ゲームの中で強くなりたい

という気持ちが働き、現実世界のスケジュールよりもコンテンツ内のスケジュールを重視するあまりに生活習慣の乱れなどの問題につながることもあります。


このように、親世代が子ども時代になかったものが、今の子どもたちの世界には当たり前に存在します。

このような環境を全くの「悪」とせず、便利なものとして使いこなせる子どもを育てるためには親がまずは「知る」ことからことが大切なことだと私は思います。

スマホを持つ=悪
LINE=いじめの原因
ゲームアプリ=悪習慣の原因


といった白か黒か、0か100かの考えになりすぎないよう柔軟に捉え対応をしていくよう心がけていくのが良いのではないかと思います。

また、大抵のケースでは、「子どもがスマホを離さない。ルールも守らない」というご相談からよくよく分析を進めますと、スマホを渡すのが早すぎたと判断できることが多いです。

具体的にはスマホを渡す前段階で必要なのは、「ルール決め」や「お子さんの能力を見極めてから渡す」ことや「親の立場作りが出来ている」ことが条件となります。

ルール決め については、過去のチャマル先生のブログにて解説されていますのでご覧ください。
ゲームにルールは必要?
うちの子はゲーム依存症なの?
 ↑これらのブログではゲームに焦点を当てていますが、スマホでも同様と言えます。

お子さんの能力を見極めて渡す
 については、スマホを渡すにあたって以下の条件がクリアしていないと渡した後に問題が起こりやすいといえます。
・これまで家庭の中でのルールを守ってこれた
・登校状態が安定している
・最低限のやるべきことが何かを理解し、親に言われずともある程度自ら行動できる
・スマホを渡す前の家族会議に参加し、親の言うことを(ネットリテラシーの問題やルールについてその場でいい返事をするのみではなく)正しく理解できる


親の立場が出来ている
 については、万が一スマホのルールを破った際、事前に決めたペナルティを実行させ反省を促したり、場合によっては良くないスマホの使い方をしていることが発覚した際きちんと叱れる親の立場作りが出来ているかということです。

これらのことがクリアしていない段階でスマホを安易に渡してしまうと、ルールがなし崩し的になってしまったり、子ども上位の状態であることから親が叱っても聞く耳をもってもらえない…ということもあります
 
万が一お子さんが重度のスマホ依存になった場合は、ご家庭内だけでの解決は難しい場合もありますす。
「親だからこそできること」と「大人だからできること」を意識して行動を起こしていくことを意識しつつ、ご自分のご家庭の家庭教育の参考にしていただければと思います




まいどん先生



(↓下のバナーをポチッと応援お願いします
 
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ



↓最新記事がアップされるたびに通知がきます♪お手軽LINE読者登録はこちらから↓


(↓支援にご興味がある方はこちら↓)
share_tmp