自分はちゃんとやっているのに、親が信じてくれない。
こんな状況に自分が陥った時、みなさんどう感じられますか??

子どもとしては、「『家族は自分の味方だ。何があっても信じてくれている。』と捉えたい」と考えている子が多いですが、実際は親の言動などから「家族は敵だ」と捉えている子も多かったりします。

親の考え方や子どもへの接し方で親子の信頼関係は構築できたり出来なかったりします。

集まった家族のイラスト

みなさん、こんにちは。スージー先生です

今回はブログのタイトルにもあるように【子どもを信じる】という点についてお話しします。
と言いますのも、私が訪問カウンセリングを行っている親御さんから「子どもが全然勉強しないんです!」と最近良く聞くのですが、実際子どもに会って宿題やテスト勉強や課題などを確認するとちゃんとやっていることが多いのです。

親御さんの前では宿題や勉強をやっていないけれども、親御さんの見ていないところでやっているということもあります。
年齢によっては、親に勉強しているところを見られるのが恥ずかしいと思う子どももいます。

もしかすると、親御さんが期待している程は進んでいないのかもしれません。
しかし、それでも少しずつ進めているのであればOKとしてあげることも必要なのではないかと思います。
勉強しているのに「していない」と言われると、子ども側から考えると「何で?してるし!」となりますしね・・・


支援で多くの親御さんとお話ししますが、子どものことを信じられない親御さんとして大きく2つのパターンに分かれる傾向にあります。
 峪劼匹發里海箸鮨じられない」と嘆く親御さん
∋劼匹發里海箸鮨じていると言葉では言うものの、行動が伴っていない親御さん


,凌童罎気鵑蓮凝り固まった考え方の場合が多いです。
ご自身で「こうあるべきだ」という思いが強い方は、子どもがその思いと違う行動や言動をした時にショックを受けられがちです。
また、ショックを受けるだけでなく、ご自身の子育てを責めてしまう方も少なくありません。

(例:)
勉強や宿題はして当たり前だと考えている親御さんは、毎日のように「勉強しなさい」などの声掛けを子どもにしていましたし、子どももそれを理解してくれていると思っていました。
しかし、年を重ねるにつれ、子どもが友達と遊ぶことやオンラインゲームなどに熱中し勉強をすることが少なくなってきました。
「どうしてこんなに勉強しない子に育ったのかしら・・・。私の育て方が悪かったのかしら・・・。」
などと親御さんは悩まれ、ご自身を責めてしまう。

△凌童罎気鵑蓮頭では【子どもを信じる】ということが分かっていて、自分でもそうしたいと思われている方です。
ですが、心配性な性格から子どものことを信じ切るということができないように見受けられます。

心配が強いあまり、「宿題できたの?」「歯磨きしなくて大丈夫?」「何か忘れてないかな?」などと親が口出ししがちです。
心配するお気持ちは分かりますが、こう毎日のように言われていると子どもは

「ん?俺(私)のこと、ちゃんと信じてくれているの?」

と疑ってしまいますよね・・・

´△領省の親御さんのお気持ちは分かります。心配ですよね。
しかし、親がドーンと構えて子どものことを信じてあげられるとそれだけで子どもは安心し、自信にも繋がることでしょう。

子どもは私達大人に比べると極端に経験数が少ないので、見通しが甘いこともあります。
そんな子どもを見ていると親として心配になることも、呆れてしまうこともあると思います。
ですが、親御さんが心配や呆れて子どもを見守るよりも、信じて見守ってくれている方が子どもも嬉しいと思いますし、頑張る力も出るでしょう。
できれば後者の親でありたいですよね

子どもが頑張れるような環境作りとして親は子どものことを【信じて見守る】対応を心がけていきましょう!


それでは、また次回のブログ記事にてお会いしましょう。
スージー先生

(↓支援にご興味がある方はこちら↓)
share_tmp

(↓下のバナーをポチッと応援お願いします) 
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ



↓最新記事がアップされるたびに通知がきます♪お手軽LINE読者登録はこちらから↓