不登校支援者の多くはGW明けを警戒します。

統計を見ても不登校状態になる時期は9月頭、4月頭、そしてGW明けが多くなります。

なかでもGW明けというのは、新しく環境が変わる4月の適応期はなんとか頑張れていたものの、連休中に張り詰めていた気持ちが緩み、立て直しが効かなくなってそのまま不登校に…というパターンが多く見受けられます。ほんとこの時期は相談が多いです。

yjimage


ぶにんです。今年の連休は10連休でしたので、例年のゴールデンウィークよりも支援者としては警戒レベルが上がります

近年は教育機会確保法の影響もあり、学校以外の多様な教育の場を推進する流れに日本はなっています。無理に学校復帰を促さないわけです。

ですので、上記のようなGW明けの不登校に対しても…

『休み始めがむしろ限界を超えてる状態なのでゆっくりさせましょう』

『本人が動き出すまで見守りましょう』

『学校が全てではないから本人の個性を尊重しましょう』

というアドバイスが近年はトレンドとなっています。

長年、不登校支援に携わってきた者としては、GW明けの欠席者や行きしぶりの子どもたちに対して紋切型に上記のような対応をしてしまうことに不安を感じます。

学校なんて死んでまで行く必要はありません。ここに異論のある方はいないと思います。


重篤ないじめの問題があったりして、生命の危機に瀕するような事例にはトレンドの対応で問題はありません。
むしろ、対応として問題があるのは、そうではないケース。

例えば、長い連休中に生活習慣が乱れてそのまま休んでしまうタイプや、先生に何かをやらされたり、自分の嫌なことはしたくないから休むという勝手性が強いタイプ、理由なく、なんとなく連休中の暮らしと学校生活を天秤にかけて休む選択をするタイプ等々、不登校初期にはさまざまなタイプがあります。

子どもたちはいつまでも子どものままではいられません。
大人になっていつかは社会を形成し、自分らしく自立して生きていくのが今の日本の社会です。

学校という場所にいるのは、自分にとっていい奴ばかりでもないし、習うこともなんでも役立つことばかりでもありません。先生も人間ですのでスキルの違いもあります。いろんな人間とのコミュニケーションは清流ばかりではなく、濁流のような時もあります。

学校の設置者(教育委員会)や学校側は、子どもたちにとっての学校が安全で安心である努力をし続けなければなりませんが、どうやっても完全な無菌室にはなり得ないと思います。そのような学校社会の中で子どもたちは将来、社会に出るための生きる力を養います。だって、社会は無菌室ではないから。

極論を言えば、私は学校というのは『理不尽の予防接種を受けられる場』だと考えています。


学校を選択しなくて良かったと不登校を受け入れて自立した大人になっている人もいますし、不登校を乗り越えて学校社会に戻って良かったという人もいます。過去のことは結果論。本人がそう思えたら良いと思います。それがベターかベストかはわかりません。少なくとも言えるのが学齢期を不登校で終わり、そのまま長期間ひきこもりになっているケースは『見守りましょう。本人が動き出すまで待ちましょう』ではマズかったんじゃないかと思います。


なんでもかんでも、『不登校は休ませろ!』とか『不登校は素晴らしい!』という流れで本当にいいのだろうか?と感じます。

ましてや、見守るにしても『いつまで?』という答えを示してくれる人はいません。
また、休み始めてゆっくりさせたものの子どもの家庭内での行動が親の許容範囲を超えた時、そのようなアドバイスをしたカウンセラーなりが介入してでも助けてくれるわけでもありません。第一義的な責任はカウンセラーではなくどこまでいっても親でしかないのです。

結局のところ、親や本人がいつかどこかでその払いきれないツケを払うことになる場合もあります。8050問題(80歳の高齢者親と50歳の大人のひきこもり)の中には不登校発のそのような事例もあるほどです。

本質は何か?

今、誰がどうすべきなのか?

多様性とは一見、響きのいい言葉ですが、当てはめ方を間違えると、毒にもなりうるのではないかと思います。

私は不登校の子どもたちがダメだとは思っていませんが、不登校の支援者でロクな類型化もせず、安全なところから『それとなく優しそうな言葉』で対応してる人たちがダメだと感じています。心あるSCさんや教育関係者などは、こんな私の論調を支持もしてくれます。

GW明け。
学校は死んでまで行くところではありません。
でも、そんな安易に休ませることをオススメするのもどうかと感じます。

大切なのは、目の前で起きている我が子の不登校をどのように分析して、初動対応の筋を決めるのかがポイントです。



ぶにん先生

(↓下のバナーをポチッと応援お願いします
 
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ



↓最新記事がアップされるたびに通知がきます♪お手軽LINE読者登録はこちらから↓


(↓支援にご興味がある方はこちら↓)
share_tmp