私が支援しているご家庭の中には高校受験を迎えている子が何人かいました。
私は不登校の復学支援カウンセラーですので、私が支援している子どもたちは不登校を経験しています。
その子たちが不登校を乗り越え、受験をし、進路を獲得していく姿を見ていると、本当に奇跡が起きているなと思います


school_shiken_kaijou_boy_girl




こんにちはどんきー先生です

不登校をすることで不登校期間は違えど、少なからず何かしらのハンデを背負うことになります。
不登校中に定期テストを受けれなかった場合、テストの成績がつかないということが考えられます。また、不登校が長くなることで受験に必要な出席日数が足りないなんてことにもなりかねません。休んでしまっている間に勉強ができずという子は単純に勉強が遅れてしまいます。

そういったところを乗り越え、受験をし、進路を獲得するということは大変な努力が必要となってきます。

school_test_seifuku_boy

私たちの支援は進路の獲得を保証する支援ではありません。
支援の基本的な考え方としては「子どもの自立」「家庭の自立」のために「家庭教育」に対して支援をし、その目標を達成するためには子が復学し継続して登校することが最短の道であると親御さんも私たちも認識したうえで復学を目指して支援をしています。
ですので、進路を獲得するためだけに支援をすることはありません。

とはいえ、やはり復学し継続登校をしていく中で子どもたちは進路に対して考える時期が必ず来ます。
その時期が来ている中でサポートをしないということはありません。
すでに復学を果たし継続登校中についての進路の支援は「自立」において必要と捉えて支援をしています。


今までの支援を振り返るとどの中学3年生の支援も印象深いものが多いです。
復学するだけでも子どもたちは大変な苦労をするのにさらに受験をする。
その苦労たるや一筋縄ではいきません。

ですので、受験生に対してのサポートは家庭でできるサポート、学校によるサポート、カウンセラーによるサポート、が必要不可欠になってきます。

家庭のサポートでは、子どもへ過干渉にならないか、干渉が必要な場合にどのように話をしてあげるのか、親から言うべき内容なのか、そのあたりを気を付けながらサポートしていきます。
学校によるサポートについては基本的に学校の先生方にお任せします。
学校の中での子どもの様子は学校の先生しか知らないですし、そこは学校教育のプロである先生方を信頼しお任せすることが一番のサポートになると考えています。
ただ、家での子どもの様子のよっては先生にご報告をして学校の先生方に対応をお願いすることもあります。
カウンセラーのサポートについては家庭や学校でのサポートを補うようなサポートになってきます。子どもにとってカウンセラーは信頼のおけるお兄さんやお姉さんのような存在になります。その関係を利用したサポートを行っていきます。

カウンセラーのサポートについては受験に向けて塾に行くために一緒に説明を聞きに行ったり、カウンセラーと二人三脚で勉強したり(10時間付き添ったことがあります)、時には高校の学校説明会にカウンセラーが付き添ったり、模試を受けに行くのもカウンセラーが付き添う、受験当日も朝起こしに行ってあげたり、受験に向けて不安が募り学校を休んでしまいその不安を取り除くためのカウンセリングをしたり、受験する学校選びを学校紹介の本を買ってきて一緒に相談したり、そもそも受験とは何ぞやということを話してあげたり、受験をなぜ受けるのかということを一緒に考えたり、数えたらキリがないほどのサポートをしてきました。


みんながみんなこれだけのサポートが必要というわけではありませんが、子どもによってはこれだけのサポートが必要なケースがあります。
(より詳しいお話はスージー先生の記事をご参考にしてください。)

ある中学3年生のケースでは、子どものほうから「私にはなんでこんなに手厚くしてくれるんだろう。ラッキーだ」と言ってくれていた子がいました。
私たちの復学支援を受けていただいた方であれば、この言葉のもつ意味がわかっていただけると思います。実際、私は最初にこの子に会った時にはこんな言葉が出るなんていうことは想像もしていませんでした。
この言葉を聞くと私自身もうれしくなりますし、親御さんや実際に寄り添ったカウンセラーも報われた気持ちになります。
高校受験を頑張る子どもたちの中にこういった苦労を乗り越えて受験を迎える子どもがいることを知っておいてもらえたらと思います。

そして、支援者としては毎年この時期、毎日子ども達の受験が気になってそわそわします
今年も中学3年生で支援を受けられているご家庭から嬉しい報告をいただいております。

私が担当しているご家庭以外にも、志望校への進路の獲得ができたお子さんが多数

juken_goukaku_ema

これからも、「親子の笑顔のために」私たちは支援を頑張りますので、応援のほどよろしくお願いいたします!!!


どんきー先生

(↓支援にご興味がある方はこちら↓)
share_tmp

(↓下のバナーをポチッと応援お願いします
 
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ



↓最新記事がアップされるたびに通知がきます♪お手軽LINE読者登録はこちらから↓