みなさんこんにちは
きりこまち先生です

3月に入り少しづつ春の日差しを感じることもある今日このごろ、皆さんいかがお過ごしでしょうか
私の方は春眠暁を覚えずとはよくいったもので、近頃はなかなかすっきり目覚められない日があります

さて、今年も受験シーズンが最盛期を超え、ペアレンツキャンプには続々と進学に関する吉報が届いております
過去に支援を行い、小学生で支援を卒業したお子さんがもう高校生になったという連絡をもらったりするとなかなか感慨深いものがあります
支援中のご家庭においては受験を二人三脚で乗り越えたケースも多いので、私たちとしても喜びはひとしおでした

受験生の皆さん、合格おめでとうございます
ribbon_syuku_sotsugyou

私たちペアレンツキャンプでは子どもたちの復学を目指す支援を行っていますが、あくまで復学は通過点であると考えています。
復学の先には継続登校という壁があり、その先には進路の獲得という壁もあります。
不登校を経験した子どもたちにとって、この進路の獲得と言うのは大きな壁となりがちです。

欠席日数が多くなるとそれだけで受験資格を失ってしまう学校もありますし、そうでなくとも欠席理由を問われる学校が多いです。
その日数がどれくらいなのか、理由はなんだったのか、復学してからの推移はどうなのか、など学校ごとに重視するポイントが違うため、繊細に対策を練る必要もあります。

ペアレンツキャンプでは今までの支援ノウハウから子どもたちに面接練習や論文対策をアドバイスし、なるべく不登校期間が受験にとって大きなハンデにならないようにしています。

もちろん受験である以上は学力も大切になるので、適切な偏差値の学校や本人の希望を踏まえた高校選びなどもサポートしています。

また、受験中の子どもたちの悩みにも向き合うことが多々あります。
受験の悩みというと一般的には「志望校をどうしようか迷っているんです」、「模試の結果が悪かったから志望校変えようと思うんです」、「得意科目を伸ばすべきか、苦手科目を克服すべきかどっちでしょう」などの建設的な悩みであることが多いと思います。

しかし、私たちが対応するのは「もう勉強したくない」、「やっぱり高校にはいかなくていい」、「勉強する意味がわからなくなった」などの切羽詰まった悩みです。

そんな弱気になることはない、と励ますこともあれば、一端勉強から離れてみようかと諭すこともあります。
しかし、全ての子どもに対して共通の激励などないので、こういった瀬戸際の対応ではいかにその子と信頼関係を培ってきたかが大切になります
yubikiri_kids


私たちは不登校の復学だけ、勉強だけ、受験だけ、といった点の支援ではなく、それがすべて線としてつながることを見据えた支援を行っています

きりこまち先生


(↓支援にご興味がある方はこちら↓)
share_tmp

(↓下のバナーをポチッと応援お願いします
 
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ