みなさんこんにちは!スージー先生です。


前回の続きです。

子どもの話を聴く時のポイントとしては・・・

共感的に相手の話を理解できているか
大人と子どもでは、経験も違えば生活している環境も違うので物事の捉え方が違うことが多々あります。
子どもの話を聞いていて、「理解に苦しむな」や「何言ってるんだ?」などと親御さんが思うことも珍しくないのではないかと思われます。
そこで、親御さんが自分の気持ちを優先して子どもの話を聞いていると、子どもが言った言葉に対して頭から否定してしまうことがあります。
親御さんに何度も否定されていると、子どもはいつしか話すことを辞めてしまうでしょう。
そうならない為にも、子どもが話している際の子どもの気持を想像して共感的に理解してあげましょう。


子どもの話を受け止めることができているか
会話というものは基本的に「発信→受信して発信→受信して発信→受信して発信・・・」と会話のターンを順番に回していきます。
このような会話のコミュニケーションのことをターンテーキングと言います。
支援の中で親子の会話を見ていると、親御さんが子どもの会話を先読みし過ぎてターンごとの受信と発信の連結をすっ飛ばして先に結論を言ってしまうことが多く見受けられます。
このような会話を親御さんが日常的にしていると子どもも真似をしてしまいます。
そうなると、その子どもは学校など家の外での会話で受信することをしなくなるでしょう。
つまり、基本的な会話のコミュニケーションが困難になるということです。
どの親御さんも我が子にそうはなって欲しくないと思います。
そうならない為にも、ターンテーキングの仕組みを意識して子どもの話を受信していきましょう!


聴いているということを姿勢で示せているか
聴いている際の姿勢としては、相手の目を見て、相手の方に体を向けて話ができているのかが基本的な姿勢となるでしょう。
しかし、その時々の会話の状況によって姿勢も変える必要がありますので、あくまでも基本姿勢として捉えておきましょう。
子どもの話を共感的に聴いたうえで、その内容に沿った表情ができているのかも大きな特徴となるでしょう。
嬉しい時は嬉しい顔、悲しい時は悲しい顔をして話ができていますか?
楽しい話をしている最中に、聞いている相手がムスっとしていると話も途中でやめたくなってしまいますよね。
聴いているよということが言葉だけでなく、姿勢や表情で示せると子どもはより安心して会話することができるかと思われます。



いかがでしたでしょうか?
子どもとの普段の何気ない会話が肝心だということを書かせていただきました。
その上で、子どもの話を聴く上で気をつけておきたいポイントを挙げています。
是非、このポイントを意識して子どもの話を聴いていただければと思います。

子どもが成長しても、親子間で良い距離感を保てていると子どもは親御さんを頼りにしてくると思われます。
その関係性を維持できるよう、聴く姿勢を意識していきましょう

このブログ記事が皆さんのお役に立てれば幸いです

スージー先生


(↓支援にご興味がある方はこちら↓)
share_tmp

(↓下のバナーをポチッと応援お願いします
 
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ