ブログ読者のみなさんこんにちは
まいどん先生です

皆さんは朝の情報番組などで占いを見ますか?

占いでいい結果が出た時って、なんかそれだけでワクワクしませんか?
また、占いでわるい結果が出た時って、なんかそれだけで不安になりませんか?

実はこれ、心理学では「カラーバス効果」と言われます。

カラーバス効果とは、ある一つのことを意識することで、それに関する情報が無意識に自分の手元にたくさん集まるようになる現象のことを指します。
カラーバスは「color(色)」を「 bath(浴びる)」、つまり色の認知に由来しますが、色に限らず言葉やイメージやものなど、意識するあらゆる事象に対しておきます。

人間の脳は、特定の事象を意識することで、五感で得られた情報からその特定事象のもみを積極的に認識するという性質をもっています。

みなさんが何気なく見ている風景は、おなじ場所であっても人によって見える景色がちがうんです。
「今日、天秤座は最悪な1日。パートナーと険悪なムードになるかも〜」という占いを見てしまったら、「パートナーと険悪なムードになる」ことに気がいってしまうんです。
そして、気にしすぎて余計な一言を言ってしまって本当に険悪なムードに…
皆さんはそんなとき「うわ!本当に当たった!」と思われることはありますか?

実はこれ、占いが当たったというよりも、当たるような行動を自ら選択した結果とも言えるんです。
自分で「今日1日は最悪なんだ」というレッテル貼りをしたからです。

よく、母子登校などから1人での登校が果たされるようになったご家庭のご相談で
「ずっと行けていたのに、今日はお母さん来てっていわれてすっごい
悲しかったんです。」
ということをお話される親御さんがいます。

こういう親御さんは、子どもに
「やっぱりうちの子は母子登校を乗り越えられていない」
というレッテル貼りをしている可能性があります。

元々学校には1人で行けていた子が「今日は一緒に来て」と言われたら
「あれ?今日は調子が悪い?」と思うだけだったのに、
母子登校を乗り越えたお子さんが「今日は一緒に来て」と言ったら
「もとに戻った?」と捉えてしまう。

これは子どもを信じていないとも言えるのかもしれません。

「うちの子はやっぱり成長してないかも」
と思い込んでしまうと、お母さんは子どもに知らず知らずのうちに
母子依存が強い子にする対応を積み重ねてしまう可能性もあります

思い込みってとても怖いです

ぜひ、悪いところに目を向けてしまったらいいところにも目を向けるようにして
みてください♪


まいどん先生

(↓支援にご興味がある方はこちら↓)
share_tmp

(↓下のバナーをポチッと応援お願いします
 
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ



↓最新記事がアップされるたびに通知がきます♪お手軽LINE読者登録はこちらから↓