ブログ読者のみなさん、こんにちは!

スージー先生です


さて、本日は子育てには段階があるという記事を書かせていただこうかと思います。


何人も子育てされてきた親御さんは、「そんなこと、言われなくても分かってるわよ」とお思いかもしれませんね。
そんな方はご自身の子育てを振り返りながら「そうそう」と読んでいただけるといいなと思います。

※子どもの成長には個人差がありありますので、あくまでも参考程度に読んでいただければ幸いです。



動物は産まれた時から、一人で生きる術をすでに取得しています。
馬は産まれてすぐに歩き出し、イルカはすぐに泳ぎだします。
その後、敵から身を護る術や狩猟の術を獲得します。
何とも逞しいですよね。
それに比べると人間は、あまりに未熟な状態で産まれてきます。

このことをスイスの私物学者アドルフ・ポルトマン(Adolf Portmann,A)が「人間は生理的早産の状態で産まれてくる」と表現しています。
そして、ポルトマンは
「人間は生理的早産であり産まれてから周囲の大人からの養育なしには大きくなることができない」
と定義したのです。


確かにそうですよね。一般的な認知度としても生まれたての赤ちゃんは親の養育が必要だということは、周知の事実だと言えるのではないでしょうか。

人の発達段階については、心理学・社会学・教育学と様々な観点から研究されています。
ネットで発達段階と検索していただくとたくさん出てくると思います。
それぞれの考え方によって同じ呼び名でも年齢が違ったりとややこしいですので、今回は文部科学省のホームページに記載されている発達段階を元に説明いたします。

文部科学省のホームページでは、中学生までの発達段階を大きく3つに分けています。
1).乳幼児期 (0歳〜小学生に上がるまで)
2).学童期  (小学生)
3).青年前期 (中学生)

大きく分けるとこのように分けているようです。
それぞれの時期の子ども達はどの様な特徴があるのでしょうか。



1).乳幼児期 (0歳〜小学生に上がるまで)

この時期の子どもは自分の意思を明確に相手に伝える術を学んでいる最中です。
特に生まれたばかりの赤ちゃんは、泣くことでしか自分の意思を表すことができません。

次第に赤ちゃんが成長していくと言葉を発し、『真似』をします。
この頃から徐々にお母さんやお父さんなどの特定の人と愛着関係を形成する時期となります。
子どもは親などの周りの人から、言葉やジェスチャーや表情などを少しずつ学び自分の気持ちを伝える術を学ぶのです。
さらに、複数の人と関わりを深めて興味や関心の対象を広げて認知や情緒を発達させていきます。

子どもが自分の気持ちを伝える術を学んでいくと、好き・嫌いの気持を明確に表したり、積極性が出てきます。
自己主張が激しくなると反発が多く見受けられます。
このような時期を第1次反抗期(いやいや期)とも言います。
多くの親後さんは、この時期に突入した子どもの対応に手こずる方も少なくないでしょう。

その反面、親子間での意思の疎通ができるようになると、子どもとの会話を楽しむこともできますね!

また、この時期は子どもの身体的成長も多く見られる為、子どもの成長している様子が分かりやすい時期でもあります。
その他に、食事や排せつ、衣類の着脱などの自立が可能になるとともに、食事や睡眠などの生活リズムが形成される時期でもあるのです。



2).学童期(小学生)
(小学生低学年)
この次期は、生活の主な場所や時間が家庭や保護者から学校や同年代へと舞台が移っていく時期でもあります。
何でも身の回りをしてくれていた保護者から離れることで、自分のことは自分でやらなくてはいけない状況下に置かれます。その状況下のもと、自分でできることを少しずつ学んでいくのです。
そして、小学校に入学すると友達に興味・関心を抱き、行動を共にして関りを持つようになります。
良い意味でも悪い意味でも友達の影響を多く受けやすいともいえるでしょう。
とは言え、まだまだ自己中心的な考え方となる年齢でもあります。
また、知識や教育を学ぶ機会に身を置くことで、テストや成績といった外的な評価がされます。
友達や外的な評価から自分の得意・不得意を感じ、その中で自分で工夫や努力をし、自分の望むことを達成していきます(目的の達成)。


(小学校高学年)
この時期になると、性ホルモンの分泌量が急激に増し、身体の外形的、機能的な変化が始まります。成長の個人差が一見して分かる年頃でもありますね。
それにより、戸惑いを感じてしまう子も少なくありません。特に、男子よりも女子の方が戸惑う子は多いでしょう。
身体的にも、精神的にも大きく男女差が出てくるようになります。
そして、『社会から認められたい』という承認欲求が生まれてくる時期でもあります。その為、『人からどう思われているか、どう見られているか』を気にしだす子も増えてきます。
家庭ではまだ親御さんに甘えることがあっても、学校や社会に出ると自分でやることが当たり前だと捉えるようにもなってきます。

また、友人関係では複雑になってきます。
女子であればグループができ、仲間意識も強くなります。みんなと一緒ということに安心感を抱き、違う子に関しては仲間外れにすることもあるでしょう。
男子の中でも、友人関係は複雑化してきます。



3).青年前期(中学生)
中学生になると、自分の身の回りのことであれば殆どできるようになってきます。
更に仲間意識が芽生え、家族や先生よりも友達との関係を大切にするようになります。
また、より一層周囲からの目を気にする年頃でもあり、友人関係や自分の容貌体型に関する悩みが増える時期となります。

悩みが増えてくるとストレスが溜まり、そのストレス発散方法として問題行動を起こしてしまう子も出てきます。
感受性が強くなり、情緒不安定になりやすい時期でもあります。
この時期のことを思春期とも言います。
この時期の子どもを持つ親御さんの相談は当センターにくる相談の中でも多いように感じます。




さて、産まれてから中学生までの発達段階を紹介させていただきました。
それぞれの段階で身体的にも精神的にも成長している様子がお分かりいただけたのではないかと思います。
このように、生まれた直後は大変手のかかる子どもでも、成長するに従って自分でできることが増えてきます。
親御さんの対応も、子どもの成長に合わせて変えていかなければいけません。

それでは、それぞれの段階で親御さんがどのような点に気を付けて対応すべきなのか次回のブログ記事でお伝えしたいと思います。

お楽しみに


スージー先生

(↓支援にご興味がある方はこちら↓)
share_tmp

(下のバナーをポチッと応援お願いします
 
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村