親の学校!ぶにん先生のカウンセリングルーム

不登校(登校拒否)や母子登校などの解決を目指して! ここは「親が変われば子も変わる」をスローガンに掲げる親の学校です。 カウンセラーが綴るカウンセリング理論や最新の子育て論など情報満載。 2008年にブログを開設をし、発信し続けた情報は子育てで悩む多くの親御さんたちに元気をおすそわけし、支援を受けた多くの子どもたちが学校へと戻っていきました。   子どもの問題行動予防のための家族療法(家庭教育支援法)についても随時情報公開中!一般社団法人 家庭教育支援センター ペアレンツキャンプの家庭教育カウンセラーが行雲流水にお伝えします。
それゆけ★スージー先生‼ Partストレス耐性が低いタイプの不登校の復学事例

2018年05月16日

第19回 関東ペアレンツキャンプ親の会のご報告!

ブログ読者の皆様、こんにちは。カケル先生です!

先日開催されました第19回関東ペアレンツキャンプ親の会のご報告をさせていただきます。



『第19回 関東ペアレンツキャンプ親の会』


日時:5月12日(土)13時30分〜16時30分 
場所:ミューザ川崎 4階 研修室2、3


今回の親の会では関西親の会に続き、私が司会進行を務めさせていただきました。今回はあまり緊張することもなく、楽しく司会を務めることが出来ました( ̄∠  ̄ )ノ関西親の会でも感じましたが、親の会に参加下さるお親御さんは暖かい方たちばかりなのでとても司会がやりやすいです♪


・幹事ご挨拶

今回も幹事であるはるはるさんからご挨拶いただきました。 
約2年半の支援を振り返っていただき皆さんにお話しいただきました。
支援していた頃のお子さんはやらないといけない事(宿題や片付け)があっても、自分のやりたい事を優先したり、やりたくないことはやらないといった様子だったそうです。
それが支援を通して家庭教育を学び、支援を卒業された今のお子さんは、やりたくない事でもやらなければいけない事であれば自ら率先して取り組めようになったそうです。なんと「ゲームがあると集中出来ないから預かって!」とお子さんからはるはるさんに渡すようになったのだとか!
お子さんの成長した話に私も感動しました
はるはるさん、ありがとうございました



・水野先生ご挨拶 

・ペアレンツキャンプの現在の支援状況
・社会的支援内容の詳細、支援状況
・Eノート継続のお知らせ
・カテイズムオンラインスクールについて
・絶版とされていた書籍の特別販売のお知らせ(完売いたしました)
・大阪事務所移転について


上記のように当センター代表の水野先生から、親の会開催にあたってのご挨拶とペアレンツキャンプの活動報告をしていただきました。 

・グループワーク


約2時間もの間、4回の席替えをしてグループワークを行いました。今回は初参加の親御さんが2組お越しになられました。参加していただいた親御さんの数も多く、和気あいあいとした雰囲気で楽しくお話しできていたように思います。今回親の会の企画をしてくださった、辻先生曰く「ゆる〜く楽しく」がテーマだと仰っていました。テーマ通りのゆる〜いグループワークが出来たのではないでしょうか
悩みを持ち話を真剣に聞いている親御さん、それに対してアドバイスされる親御さんの様子を見ていると、皆さんにとって学び多き場になったことと思います


・閉会のご挨拶と写真撮影

最後に辻先生から閉会のご挨拶をいただきました。

閉会のご挨拶の後は記念写真の撮影をしました。
田中先生がシャッターを切る瞬間に、「皆さん、にこっと笑ってください!」という掛け声と共に皆さんの笑顔をばっちり撮らせていただきました。グッドスマイルでしたよ


・懇親会 

懇親会へは水野先生、佐藤先生、山下先生、辻先生、田中先生、私が参加しました。
私自身、懇親会は初めての参加でしたがとても楽しかったです
ほろ酔い気分で普段聞けないお話を聞けたり、私のプライベートなんかもお話しする事が出来ました。
他の先生方も楽しそうにされていましたし、何より参加された方の楽しそうな顔を拝見する事が出来たので嬉しかったです
また機会があれば私も懇親会に参加したいと思います

親の会報告ブログは以上です 


次回の開催は秋になります。 今回もたくさんの方に参加いただきましたが、秋の親の会では今回よりもたくさんの方にお会いできる事を楽しみにしています 


それではまた次回のブログ記事にてお会いしましょう

カケル先生 



↓皆さんの応援のもとブログ発信が出来ております!
こちらをポチッと
応援宜しくお願いします♪(1日1回クリックを!是非ともよろしくおねがいいたします)↓
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ


parentscamp at 18:00│ mixiチェック 対談・講演会の記録 | カケル先生の記事
それゆけ★スージー先生‼ Partストレス耐性が低いタイプの不登校の復学事例