ブログ読者の皆さん、こんにちは!

カケル先生です。(とても久しぶりの登場です…)
ブログに登場していない間にも、私は西へ東へと元気に全国を飛び回っていました。
最近は特に多忙な毎日ですが、子どもと関わることが大好きなので一切疲れなど感じません!
多忙=たくさんの子ども達と会える→嬉しい気持ちになれる
つまり多忙=嬉しい気持ちになれるってことですよね

訪問カウンセリングでお伺いしているご家族の方はご存知かと思いますが、私は超ポジティブ思考です。例えばおもしろいギャグをして(客観的に見るとおもしろくないそうです。泣)スベったとしても、私は「子ども達は笑いを堪えているだけだ!」と捉えます。これについては他のカウンセラーの先生方から「本当にスベッてるよ…」と言われがちですが気にしません

客観的に見ると辛いことや受け入れたくない事でも私はポジティブに捉えるようにしています。
その方が人生楽しいですからね
一度きりの人生ですので私は楽しめる限り楽しもうと思います。


さて、久しぶりの記事になりますので何について書こうかと悩んだ結果、前述にもありました"ポジティブ"に関する内容としてリフレーミングついて書かせていただきます。

物事には良い面と悪い面があります。
そしてその捉え方にもポジティブとネガティブがあります。

子育てをしていく中で、または不登校の子どもと関わっていく中では、どうしても子どもの行動をネガティブに捉えがちです。
子どもの行動一つ一つにイライラしていると親御さんとしても疲れるのではないでしょうか。
この疲れてしまうネガティブフレームを前向きなポジティブフレームに変えるための手法を「リフレーミング」と言います。

例えば…
テストの点数が悪くてもケロッとしていて反省を感じない
   →前向きで切り替えが早い
相談しないで勝手に物事を決める
   →自分の考えをしっかり持ち、積極性がある。または責任感が強い。
細かい事を気にする、神経質だ
   →物事を慎重に進める事が出来る
融通が利かない、頑固である
   →自分の考えをしっかりと持っている。人に流されない

いかがでしょうか?
以上のように物事の見方を変えるだけでネガティブからポジティブに変わりましたよね!

このリフレーミングを身につければ、子育て以外でも自分が生きていく上で有効活用する事が出来ます。
リフレーミングは、ポジティブに捉えたい状況(最悪な状況)を客観的に見るということがポイントとなります。

最初にも書きましたが、どんな事にも良い面、悪い面があります。
それぞれを分けて考えるためにも、客観的に見ることが大事です。

これさえ身につける事が出来れば、普段イライラしたり不満でいっぱいになったりという事は減ってくるはずです。(絶対に何があってもポジティブになれると断言は出来ませんが…)
私は日頃からこのリフレーミングを使い、日々ポジティブに物事を捉えられるようにしています♪
たくさん失敗もしてきましたし、辛い事もありましたがリフレーミングを身につけたおかげでポジティブに人生を送る事が出来ています

このブログ記事を読まれた方が少しでもポジティブ思考になれたなら幸いです


ではまた次回の記事でお会いしましょう



カケル先生   

↓皆さんの応援のもとブログ発信が出来ております!
こちらをポチッと
応援宜しくお願いします♪(1日1回クリックを!是非ともよろしくおねがいいたします)↓
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ