親の学校!ぶにん先生のカウンセリングルーム

不登校(登校拒否)や母子登校などの解決を目指して! ここは「親が変われば子も変わる」をスローガンに掲げる親の学校です。 カウンセラーが綴るカウンセリング理論や最新の子育て論など情報満載。 2008年にブログを開設をし、発信し続けた情報は子育てで悩む多くの親御さんたちに元気をおすそわけし、支援を受けた多くの子どもたちが学校へと戻っていきました。   子どもの問題行動予防のための家族療法(家庭教育支援法)についても随時情報公開中!一般社団法人 家庭教育支援センター ペアレンツキャンプの家庭教育カウンセラーが行雲流水にお伝えします。

2017年12月27日

それゆけ★スージー先生‼ part

ブログ読者のみなさん、こんにちは

スージー先生です


もう、年の瀬ですね。
みなさんは今年1年振り返ってみるとどの様な年だったでしょうか?

私は今年も電話カウンセリングや、全国津々浦々に赴き子どものサポートをしていました
たくさんの子どもが復学するのを見届けてきましたし、子どもと一緒にお出かけをしたりテーマパークに行ったりもしました

さて、今年復学する予定だった子どもも無事にみんな復学を果たしました
私も子ども達と一緒に頑張ってきた分、どの子も復学する日は支援者としてだけでなく個人的にも感慨深かったです

今回のブログ記事は、久しぶりに『それゆけ★スージ先生‼』シリーズをお送りしたいと思います。
内容については、今年復学されたケースを1つ挙げながら復学前日からの子どもの様子や、私達訪問カウンセラーがどの様にサポートしているのかお伝えしますね。



【小学5年生、男子、不登校からの復学のケース】

彼は、学校を5年生のGW明けからお休みしたケースです。
私達から彼に学校をお休みしたきっかけを聞くと、以下の3点を話してくれました。
・友達から無視されたり、仲間外れにされた。
・塾に通っていたが、勉強も難しくしんどかった。
・体調不良。


彼の性格傾向として、完璧主義なところや、何でもお母さんを頼ってしまう部分や、先々を心配し過ぎてしまう部分が見受けられました。
「学校には行きたいけど、行けない!」
そう彼は言っていました。

しかし、私達が全力でサポートする旨を伝えると「それだったら行けそうな気がする」と前向きに頑張る決意をしました

頑張り屋さんの彼は、復学すると決めてから訪問カウンセラーと一緒に頑張っていました。
学校の勉強も自ら率先してやっていましたし、体調管理についても自分でできる範囲で頑張っていました

彼は勉強だけでなく、ゲームをすることが得意でした
負けず嫌いな性格もあり、私と大きな声が出るほどゲームでも盛り上がっていました
あまりの白熱ぶりに2人ともじんわり汗をかくほどでした
彼が「悔しーと言いながら、カケル先生に私に勝つ秘訣を聞いている姿が印象的でした。
子どもって、ゲームであっても一生懸命ですよね

着々と準備は進んでいき、復学日前日から泊りがけの対応をしました。
その際、私は彼に
「ここまで一緒に頑張ってきたよね!○○が頑張ってる姿は全部見てきたよ。ここまで頑張ってこれたんだから、後は明日行くだけだね。○○なら、大丈夫。私達も付いているし自信もって!」
とエールを送りました。

私の言葉を真剣に聞いた彼は大きくうなずき、
「うん、大丈夫だよね!頑張ってきたもんね!」
と自信を持ってくれました。

さて、復学日の当日の朝です。
アラームをセットしていた彼は、起きる予定の時間よりも少し早く目が覚めました
起きる時間になるとグズることもなく、リビングに来てご飯を食べていました。
眠そうでしたが、彼の青は清々しく学校に行くことに対して前向きに捉えているように感じました。

支援初期の彼は、お母さんに対して「あれどこ?」「これは?」などと何でも確認していました。
しかし、復学日の朝は自分で時計を確認しながら「後20分で出なきゃねと言いながら着替えや歯磨きなどの支度を全て自分でやっていました。
自分のことは自分でやる子に成長した姿を見ることができました

行く準備が全て終わった彼は、
「少しドキドキするなぁ・・・」
と久しぶりの登校に緊張しながらも、ネガティブな発言は一切ありませんでした。
「学校には行きたいけど、行けないんだよ!」と言っていた彼の面影はもうありません。

出発する時間になると、彼はそそくさとランドセルを背負い玄関に向かいました。
そして、玄関でお父さんとお母さんに向かって元気よく「行ってきます!!と言って彼は出発したのです。
何か月ぶりに聞く我が子の「行ってきます」に親御さんも目頭を熱くされていたそうです。

彼が登校する瞬間を私も見届けていましたが、一切迷いのない歩き方で学校に向かっていました。
恐らく、彼の心の中では葛藤もあったかと思われます。
「行きたくないなぁ・・・」
そう思っていたかもしれません。

それでも頑張って学校に行った彼は本当に成長しました

これからは、継続登校のステージです。
もちろん、勉強面や友達関係など心配な部分はあります。
しかし、彼であれば乗り越えていけるのではないかと私は信じています
ここから新たなスタートと捉え、また私達もしっかり彼のサポートをしていきます


また、彼の後日談はこのブログでお伝えできればと思います

スージー先生

↓皆さんの応援のもとブログ発信が出来ております!
こちらをポチッと
応援宜しくお願いします♪(1日1回クリックを!是非ともよろしくおねがいいたします)↓
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ   



parentscamp at 14:00│ mixiチェック 不登校カウンセリング | スージー先生の記事