親の学校!ぶにん先生のカウンセリングルーム

不登校(登校拒否)や母子登校などの解決を目指して! ここは「親が変われば子も変わる」をスローガンに掲げる親の学校です。 カウンセラーが綴るカウンセリング理論や最新の子育て論など情報満載。 2008年にブログを開設をし、発信し続けた情報は子育てで悩む多くの親御さんたちに元気をおすそわけし、支援を受けた多くの子どもたちが学校へと戻っていきました。   子どもの問題行動予防のための家族療法(家庭教育支援法)についても随時情報公開中!一般社団法人 家庭教育支援センター ペアレンツキャンプの家庭教育カウンセラーが行雲流水にお伝えします。

2017年09月26日

親の背を見て子は育つ

ブログ読者の皆様、こんにちは。
カケル先生です!(^^)/

実は私はアイスが大好物でして毎日寝る前にアイスを食べています
「夏が過ぎたのに!?」と思われた方もいるのではないでしょうか。
そうです、夏が過ぎても毎日アイスです
なんなら私は真冬でもアイスを食べます
暖かい部屋でコタツに潜りながら食べるアイスもまた絶妙に美味しいです。
ぜひ皆様もお試しあれ〜


ではでは本題に入りましょう
私は心理学について勉強する事が大好きですので、今まで経験してきた事、学んだ事を親御さんが子どもとの関わりで使えるテクニックとして紹介していけたら良いなと思っています


ブログ読者の皆様の中にも「子どもがいくら言っても親の言う事を聞かない」と嘆いている方も多いのではないでしょうか?言う事を聞かないからと言って嘆いたり落ち込む必要はありません。

大人よりも子どもには優れた観察学習の能力があります。
文字の通り観察して学習する能力とそのままですね

子どもは一度自分の目で見た物は記憶し、全てとは言えませんが忘れる事はありません。

つまり子どもは一緒に生活している親の行動を、親が思っている以上に観察しているわけです。
もちろん子どもが意識して「親を見よう」と思っているわけではありません。
子どもも無意識の中で観察し、親の行動が脳に記憶されています。

例えば、親が「部屋の片付けをしなさい」と言っても子どもが言う事を聞かないし片付けない。
そのようなやりとりをした事がある方は今一度ご自分の部屋も確認してみて下さい。
注意はするけれど自分は出来ていない、なんてことはよくありがちです
親の部屋が片付いていなければその行動を子どもも真似ているのですからそうなりますよね


逆に親の部屋が綺麗に片付いていたら、子どももきちんと部屋の片付けをする可能性はうんと高まります。

子育てというのは口で言うよりも親御さんの行動で示した方が子どもに伝わるのです!
先ほどの例え話で言いますと、何度注意しても子どもが言う事を聞かないし行動を直さないという方。
まずは親がきちんと部屋を綺麗に片付けるということを習慣化してみてください
すると子どもは自ら行動を起こす時が来るでしょう

まさに「親の背を見て子は育つ」ですね



それではまた次回のブログ記事でお会いしましょう


カケル先生

↓皆さんの応援のもとブログ発信が出来ております!
こちらをポチッと
応援宜しくお願いします♪(1日1回クリックを!是非ともよろしくおねがいいたします)↓
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ


 

parentscamp at 09:00│ mixiチェック 家庭教育のススメ | カケル先生の記事