親の学校!ぶにん先生のカウンセリングルーム

不登校(登校拒否)や母子登校などの解決を目指して! ここは「親が変われば子も変わる」をスローガンに掲げる親の学校です。 カウンセラーが綴るカウンセリング理論や最新の子育て論など情報満載。 2008年にブログを開設をし、発信し続けた情報は子育てで悩む多くの親御さんたちに元気をおすそわけし、支援を受けた多くの子どもたちが学校へと戻っていきました。   子どもの問題行動予防のための家族療法(家庭教育支援法)についても随時情報公開中!一般社団法人 家庭教育支援センター ペアレンツキャンプの家庭教育カウンセラーが行雲流水にお伝えします。

2017年08月22日

親御さんの気持をお子さんにしっかり伝えていますか?

ブログ読者のみなさん、こんにちは
スージー先生です

8月ももう後半
みなさんはどのような夏休みをお過ごしでしょうか?
私はお祭りに行ったり、花火大会や海にも行きました
えぇ、えぇ、夏を満喫しました


さて、まだまだ現実から目を背けたい気持ちでいっぱいですがそろそろお仕事をしないといけませんね…
それでは、本題に入りましょう

今回私がお話しするのは【ノンバーバルコミュニケーション】についてです。

ノンバーバルコミュニケーション??
なんだそれは??

と思われた方もいらっしゃるかと思いますので、説明しますね

ノンバーバルコミュニケーションとは、非言語コミュニケーションのことです。
非言語コミュニケーションとは、表情、姿勢、身振り、手ぶりなど身体によるコミュニケーションでボディ・ランゲージ(身体言語)とも言われています。

それとは逆に言われているものがバーバルコミュニケーション=言語的コミュニケーションです。
つまり、私たちが普段会話によるコミュニケーションを行っているものです。


今回私がこのテーマを選んだ理由は、このノンバーバルコミュニケーションが時にはバーバルコミュニケーションと同じぐらい重要になってくるからなんです

えっ、どういうこと??
とみなさん思われた方もいらっしゃるでしょう・・・


支援を通じて親子の会話を見ていると、親御さんがお子さんに対して一生懸命伝えようとしているのになかなか伝わっていないなと感じることが多々あります。
親としてお子さんには伝えたいことがたくさんありますよね。
分かって欲しいからこそ色んな角度から説明するをするものの、こちらが思っている程伝わっていないことってありませんか??

例えば・・・

片付けをしない子どもに対して親が
「いい加減に片付けなさい!!」
と言ってしまう。


今回は上記のパターンを挙げて説明してみたいと思います。

みなさん想像してみましょうみなさんのご家庭でもこのような状況に陥ったことはないでしょうか?
自分の部屋やリビングをなかなか片付けない子どもに対して親が我慢しきれずに言ってしまったパターンですね
ぐっとこらえていたものが爆発したイメージでしょうか。
つまり、親の感情をそのまま子どもにぶつけてしまっているという状況です。

部屋をなかなか片付けない子どもに対して親が我慢していた怒りの感情をぶつけてしまっても、結果、子どもがすんなり動くことは少ないように感じます。
もしすんなり動いたとしても、それは親の怒りの感情による支配から動くことがほとんどですので、子どもの反感は増していきがちです。

そもそものところを、考えてみると「片付けをしないこと」に対して親御さんは怒りの感情を抱いていたのでしょうか?
実は、片付けてくれない子どもに対して「どうして家族を想って片付けられないんだろう」「少しは私(親)の負担を考えてほしい」「片付けくらいはできるようになってほしいのに」といった悲しい感情を抱いていたという可能性があります。
先日のペアレンツキャンプサマーモーニングセミナーでもお話をしましたが、「怒り」というのは二次感情と言われます。

例えば、親が何度も声掛けをしているのに子どもが動く気配がない状況を見て「自分をないがしろにされて悲しい」といった気持ちから、徐々に状況が思い通りにいかないことにイライラしてきて、マイナスの感情が積り怒りの感情へと変わっていくというイメージです。


ですので、今回の例で挙げた掃除のケースについては、親が子に伝えるべき感情は【怒り】ではなく【悲しみ】が正解です。

では、どう伝えるのが効果的か?
…という点についてはまた次回ブログ記事にて書かせていただきますね

スージー先生

↓皆さんの応援のもとブログ発信が出来ております!
こちらをポチッと
応援宜しくお願いします♪(1日1回クリックを!是非ともよろしくおねがいいたします)↓
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ   




parentscamp at 09:30│ mixiチェック 家庭教育のススメ | スージー先生の記事