親の学校!ぶにん先生のカウンセリングルーム

不登校(登校拒否)や母子登校などの解決を目指して! ここは「親が変われば子も変わる」をスローガンに掲げる親の学校です。 カウンセラーが綴るカウンセリング理論や最新の子育て論など情報満載。 2008年にブログを開設をし、発信し続けた情報は子育てで悩む多くの親御さんたちに元気をおすそわけし、支援を受けた多くの子どもたちが学校へと戻っていきました。   子どもの問題行動予防のための家族療法(家庭教育支援法)についても随時情報公開中!一般社団法人 家庭教育支援センター ペアレンツキャンプの家庭教育カウンセラーが行雲流水にお伝えします。

2017年07月12日

なぜ訪問カウンセリングは不登校解決で絶大な効果を発揮するのか

ぶにん先生です。

タイトルでいきなり出オチです
不登校とひとことで言っても不登校のきっかけや原因、背景や環境要因はそれぞれです。
ですので不登校はこうすれば解決するという方法はなく、それぞれの不登校状況に合わせた支援が必要というのが復学支援カウンセラーとしての私の哲学です

そのような不登校支援の哲学を持つ私ですが、手法面においてはPCMを中心とした家庭教育支援とアウトリーチによる訪問カウンセリングは一定どのようなケースでも効果があると考えています

なぜ訪問カウンセリングが不登校支援において効果的なのか。

理由は様々ありますが主な理由は3つあります。

ヽ惺仕外部で行うカウンセリングでは人の目を気にしてしまう子が多いから
第三者の介入により悩みを打ち明けやすいから
生活習慣の乱れのあるケースでは個々のニーズに合わせた時間にカウンセリングができるから



ひとつめは、訪問カウンセリングの最大のメリットです。
不登校の子どもたちのカウンセリングをしていますと、学校を休んでいることを気にするあまり、クラスメイトや地域の人の目に触れることを極端に回避しようとする子どもたちが多いです。
ゆえにSC(スクールカウンセラー)や不登校支援員さんに相談したくともいけないという状況でさらに悩みを深める子もいます。訪問カウンセリングですと、家まで訪問して行うため、そのような周囲の目を気にする必要がなく相談することができるのがメリットと言えます。
また自分の部屋というセルフスペースにおける相談はリラックスして信頼関係の構築につなげることができます。

ふたつめは、親や友達、そして先生に悩みを打ち明けながら解決に向かうケースもありますが、ケースによっては身近すぎる存在だからこそ相談しにくいという不登校の子どももいます。そのようなときは外部からやってくる専門性を携えた訪問カウンセラーのほうが相談しやすいという理由です。

みっつめは、思春期の不登校になると多くのケースが昼夜逆転などの生活習慣の乱れが発生します。そうなると一般的な相談機関の相談時間内には眠っているということも想定されます。訪問カウンセリングであれば事前に子どもの活動時間に合わせた柔軟な訪問時間設定をすることができます。


訪問カウンセリングと言っても近年では上記の様なメリットが理解されはじめ、様々な支援機関で訪問型のカウンセリングが取り入れられるようになりました

私自身は文科省の検討委員会の委員と様々な国の政策に関わらせていただく機会がありますが、その最初のきっかけがペアレンツキャンプの訪問型支援のことを知りたいという文科省からの要望でした

不登校でお悩みの親御さんや子ども達のために引き続き、不登校支援の訪問カウンセリングのパイオニアとして引き続き訪問カウンセラー育成にも力を入れながら一人でも多くの親子の笑顔のために精進していきます。



ぶにん先生

↓1日1回クリックを!是非ともよろしくおねがいいたします
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ   


parentscamp at 06:30│ mixiチェック 不登校カウンセリング | ぶにん先生の記事