親の学校!ぶにん先生のカウンセリングルーム

不登校(登校拒否)や母子登校などの解決を目指して! ここは「親が変われば子も変わる」をスローガンに掲げる親の学校です。 カウンセラーが綴るカウンセリング理論や最新の子育て論など情報満載。 2008年にブログを開設をし、発信し続けた情報は子育てで悩む多くの親御さんたちに元気をおすそわけし、支援を受けた多くの子どもたちが学校へと戻っていきました。   子どもの問題行動予防のための家族療法(家庭教育支援法)についても随時情報公開中!一般社団法人 家庭教育支援センター ペアレンツキャンプの家庭教育カウンセラーが行雲流水にお伝えします。

2017年08月11日

子どもに愛情表現をしてますか?

ブログ読者の皆様こんにちは!

訪問カウンセラーをしておりますカケル先生です

夏と言えば花火にお祭りにプールに海にかき氷と楽しみにしている事がたくさんあります♪
実は私は先日プールへ行きかき氷を食べました
やりたい事を実現するまで私の夏は終わりません!
花火とお祭りと海にも行く気満々ですので皆様のご家庭には真っ黒になった私が訪問カウンセラーとしてお伺いさせていただく事になると思われます

子ども達にも「黒い!」とツッコミを入れられる事でしょう


それでは早速本題に入りましょう。

1日1回クリックを!是非ともよろしくおねがいいたします
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ


皆様はお子さんに愛情表現が出来ていますか?

返報性の法則という言葉を聞いたことはあるでしょうか。
または猜嵎鸚の原理瓩箸盡世い泙后
「何それ!?」と気になる方もいらっしゃると思います。
今から私がしっかりとご説明いたします

この法則は人間の持つ心理のひとつです。
ブログ読者の皆様にもお子さんにも私にもあるものです。
何かに一生懸命に頑張っている人にはそれに答えてあげたいと思ったことはないでしょうか。

例えば街中を歩いている時、暑いときでも寒いときでもお店の宣伝でティッシュ配りを頑張っている人をよく見かけます。
大きな声で「〇〇屋でーす!お願いしまーす!」と言われてティッシュを差し出されたらついつい受け取ってしまうのではないでしょうか。

例えば電化製品の下見へ行っただけのつもりが店員さんの熱心なアドバイスや丁寧なアドバイスを聞くとついつい購入してしまったという経験はないでしょうか。

まさにこれが返報性の法則なのです
好意には好意で報いる」「何らかの恩返しをしたい」と人はお返しをせずにはいられないのですね。
もちろん全ての人がこの法則に当てはまる訳ではありません


私は訪問カウンセリングの現場においてよくこの法則を用いています。
子どもと初めましての時、子どもからしたら私は何者かも分からないし怪しい人が来るわけです。
出会って数日は子どもは心を開いてくれず心の壁を作られている事も少なくはないです

そこで返報性の法則の登場です
子どもに「君と仲良くなりたいと思っている!友達になりたいと思っている!」という事をしっかりと態度で示します。

例えば私達はたくさんの種類のゲームやカードを用いて子どもと遊びます。
その中で子どもがボソッと独り言を言った事に対しても返事をします。
これを何度も繰り返すと最初は私の呼びかけにも一切反応しなかった子どもでも「この人はしっかりと自分の話を聞いてくれている。
この人になら自分の思っている事を話そう。
そしてこの人の話もしっかりと聞こう」という風に繋がるわけです

他には「君の復学のサポートをするよ。一緒に頑張ろうね。」と私がこれからしっかりとサポートしていくという事を認識させます。
一緒に準備を進めていく中で「ここまで自分のために準備してもらっているのだから頑張らないとな。」と恩を仇で返す事が出来なくなります。

家庭内ではどうするべきか。
PCMを活用しつつ(過干渉・過保護にならないように)愛情表現をしてあげてください。
いつしか子どもは「親はここまで自分の事を思ってくれているんだ。迷惑ばかりかけちゃいけないな。親に喜んでもらえる事(親孝行)をしよう」と自ら気づく時が来ると思います


どうでしたか?以上が返報性の法則でした。
是非これから活用していただければ幸いです

それでは、また次回ブログ記事にてお会いしましょう

カケル先生(眦剃童燹

↓皆さんの応援のもとブログ発信が出来ております!
こちらをポチッと
応援宜しくお願いします♪(1日1回クリックを!是非ともよろしくおねがいいたします)↓
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ


parentscamp at 08:11│ mixiチェック 不登校カウンセリング | カケル先生の記事