親の学校!ぶにん先生のカウンセリングルーム

不登校(登校拒否)や母子登校などの解決を目指して! ここは「親が変われば子も変わる」をスローガンに掲げる親の学校です。 カウンセラーが綴るカウンセリング理論や最新の子育て論など情報満載。 2008年にブログを開設をし、発信し続けた情報は子育てで悩む多くの親御さんたちに元気をおすそわけし、支援を受けた多くの子どもたちが学校へと戻っていきました。   子どもの問題行動予防のための家族療法(家庭教育支援法)についても随時情報公開中!一般社団法人 家庭教育支援センター ペアレンツキャンプの家庭教育カウンセラーが行雲流水にお伝えします。

2017年05月29日

目標を持つことって大事なの?

ブログ読者の皆様こんにちは!

訪問カウンセラーをしておりますカケル先生こと眦剃童爐任

先月、関東ペアレンツキャンプ親の会が行われました。
スージー先生が親の会の報告ブログでも書いてくださっていますので、詳細はそのブログをご覧ください。
先月開催された親の会が初参加でしたので、「初めまして」の親御さんがたくさんいました

ペアレンツキャンプでは訪問カウンセラーとして新人な私ですので、親の会の中で親御さん方とお話をしていて、学ぶことが多くありました。
家に帰ってからも「たくさんお話が出来て良い時間を過ごせたな〜」としみじみ感じておりました。
今後の親の会にも参加する予定ですので、その時には是非よろしくお願いしますね

皆様とお会い出来て嬉しかったです。ありがとうございました
これからもよろしくお願いします


1日1回クリックを!是非ともよろしくおねがいいたします!↓
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ


それでは早速本題に入っていきたいと思います

最近、私が訪問カウンセリングに行くと子どもたちがこんなことを話してくれます。

僕も将来カケル先生のように不登校の子ども達を助けてあげたい。

なんだか泣きそうになりました。


子ども達は自分が不登校を経験したからこそ、その時の辛い気持ちが分かるのでしょうね。
だから同じ気持ちになっている子ども達を助けてあげたいのだと思います。

いや〜子ども達からそういう発言を聞くと素直に嬉しいですね


皆様は子どもの頃に目標、あるいは夢はありましたか?
実は目標を持って生きていることと、持たずに生きていくことの差は非常に大きいです。

「小学生や中学生の言っている将来の目標や夢なんて今言っているだけだ。」と思っている親御さんも中にはいるのではないでしょうか
それで良いのです。
今だけの目標であっても目標を持って生きていくことが大切なのです。


例えば将来不登校支援をやりたいと思っている子ども達は「まずは学校へ行かないとね。」と自分で気付くのです。今だけの目標であってもその目標を目指すためには、学校に行って勉強することが必要不可欠になるのです。

学校は教科書に載っていることだけではなく、人との関わり方や感謝など生きてく上で大切な事をたくさん学びます

目標を持つことは子どもの自立にも継続登校にも繋がりますので一石二鳥ですね。

皆様のご家庭でも子どもが「将来◯◯をやりたい、◯◯になりたい!」と言ってきたらしっかり応援してあげてくださいね

それではまた次回、ブログ記事にてお会いしましょう


カケル先生(眦剃童燹

↓皆さんの応援のもとブログ発信が出来ております!
こちらをポチッと
応援宜しくお願いします♪(1日1回クリックを!是非ともよろしくおねがいいたします)↓
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ


parentscamp at 10:00│TrackBack(0)mixiチェック 不登校カウンセリング | カケル先生の記事

トラックバックURL