親の学校!ぶにん先生のカウンセリングルーム

不登校(登校拒否)や五月雨登校、母子登校などの解決を目指して! ここは「親が変われば子も変わる」をスローガンに掲げる親の学校です。 カウンセラーが綴るカウンセリング理論や最新の子育て論など情報満載。 ブログ開設8年(2008年開設)で発信し続けた情報は子育てで悩む多くの親御さんたちに元気をおすそわけしてきました。   子どもの問題行動予防のための家族療法(家庭教育支援法)についても随時情報公開中!一般社団法人 家庭教育支援センター ペアレンツキャンプの家庭教育カウンセラーが行雲流水にお伝えします。

2017年05月03日

ゴールデンウイーク後は行き渋りや不登校が増える?!

前回の続きです

気持ちが緩んでいる状態で登校日を迎えることで、子どもたちは休む選択肢をとってしまうことがあります。
また「頭痛い」「お腹いたい」などの身体症状にあらわれる子どもたちも少なくありません



子どもたちとしても最初は
「行かなきゃいけない

とわかっているけれども、

「しんどいなぁ。一日休んで明日からがんばろう」

という軽い気持ちで休んでしまっているケースが多いようです

連休明けに休んでしまうことで、1日のつもりが次の日も休んでしまい、また次の日も…とズルズルと1週間2週間と休みが続いてしまうケースが多く見受けられます。
すべてがそういうわけでもなく多くの事例を見てますと、1日2日休んでも友達に助けて引き上げてもらって登校できたり、自分でふんぎりをつけて復帰を果たすケースもあります。

しかし、1週間、2週間と休みが続いてしまうことで、次は休んだことによっての問題点が出てきてしまいます。

勉強はどこをやってるのか、クラスの雰囲気はどう変わってるのか、休んでいたことをクラスのみんなにどう思われているのか、などが問題になってきます。また、休む期間が長くなることによって、「もう僕なんて、、、」と自己肯定感が低くなってしまうことも。

その結果、家庭内暴力や引きこもり、長期の不登校に発展するケースが多く見受けられます。



こうなってしまうと、親御さんが学校に行くように促す対応をしても、なかなか自力では子どもたちは動くことが難しくなりがちです。
逆に、親御さんに暴力や暴言などで八つ当たりをするケースが残念ながら多く見受けられます

こういったケースをお伺いしていますと、早期に対応ができていれば…というケースが多々あるように思います。不登校になってしまってからは、なってしまったことによっての問題が大きくなってしまい、親子ともに大きな傷を抱えてしまいます。



私たちペアレンツキャンプでは、こういった問題を解決する「復学支援コース」と、こういった問題を抱える前に予防的な考えを親御さんに学んでいただく「家庭教育支援コース」と二つのコースで支援を展開しています。詳しくは当センターのホームページをご覧ください。

ホームページはこちら


楽しかったはずのゴールデンウィークから不登校になってしまうというのは本当に親にとっても子にとってもつらい状況です。もし、今、そういったつらい状況にある親御さん、お一人で悩まずにまずはご相談くださいね。

まいどん先生(山下真理子)


↓皆さんの応援のもとブログ発信が出来ております!
こちらをポチッと
応援宜しくお願いします♪(1日1回クリックを!是非ともよろしくおねがいいたします)↓
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ   



parentscamp at 09:30│TrackBack(0)mixiチェック 家庭教育のススメ | まいどん先生の記事

トラックバックURL