親の学校!ぶにん先生のカウンセリングルーム

不登校(登校拒否)や五月雨登校、母子登校などの解決を目指して! ここは「親が変われば子も変わる」をスローガンに掲げる親の学校です。 カウンセラーが綴るカウンセリング理論や最新の子育て論など情報満載。 ブログ開設8年(2008年開設)で発信し続けた情報は子育てで悩む多くの親御さんたちに元気をおすそわけしてきました。   子どもの問題行動予防のための家族療法(家庭教育支援法)についても随時情報公開中!一般社団法人 家庭教育支援センター ペアレンツキャンプの家庭教育カウンセラーが行雲流水にお伝えします。

2017年05月01日

ゴールデンウイーク後は行き渋りや不登校が増える?!

ブログ読者のみなさんこんにちは
まいどん先生です
 
5月に突入しましたね
みなさん、連休中はどこかに出かけられるご予定はあるのでしょうか 
当センターは5月3日(水)も電話カウンセリングを受け付けておりますが、お出かけのご予定がある場合は「3日はお電話お休みします」とおっしゃるご家庭も。
登校面などにおいては問題がなければ、家族で過ごすことを優先されることも大切かと思います。
ただ、担当のアドバイザーの先生から「ゴールデンウイーク中はこれに気をつけてください」と個々にアドバイスいただいているご家庭も多いかと思いますので、その点だけは注意していただければと思います。

というのも、先月からお問い合わせの数が徐々に増えてきております。
さらにここから問い合わせが増えることが想定されます。

私たちは多くの不登校のケースをみてきました。
不登校になってしまう原因はケースによって様々ですが、その中でも時期として、不登校が多い時期は大きく分けて3つの時期に分けることができます。

その時期とは、
4月の頭
ゴールデンウィーク明け
夏休み明け
…の3つです。

4月の頭は環境がガラッと変わります。
それによる環境への不適応を起こしてしまうことが多いです。

夏休み明けはお休みの日数が多いことで登校に対する意識が低下したり、宿題ができていなくて行きにくくなるということがきっかけとしては多いようです。



では、ゴールデンウィーク明けに不登校になってしまうきっかけとして一番に挙げられるのは、どのようなものでしょうか?

実はゴールデンウィークが入る時期そのものが一番のきっかけになっています。

というのも、先ほども触れましたが、4月は子どもたちを取り巻く環境は大きく変化します。
新学期に入り、クラス替えがあったり、担任の先生が変わってクラスの雰囲気が変わったり、小学校を卒業して中学生になったり、などなど、数え上げればキリがありません
この環境の変化は子どもたちにとっては大きな負荷になってきます。

その中で子どもたちは4月の間、新しい環境に慣れようと必死に頑張ります。
例えば、新しいクラスの中で友達を作ることであったり、中学生であれば自分のクラスの中での立ち位置の確保であったり、新しい担任の先生のクラス運営のやり方を覚えたり…と様々なことに気を張って頑張る必要があります。
もちろん、そんなことには意を介さず、問題なく登校する子どもたちもいます。



そんな4月を乗り切ってゴールデンウィークがやってきます。

4月の間は気を張って頑張っていた子どもたちにとっては、ゴールデンウィークはホッと安心できる連休になります。
このホッと安心できるというのが、実は気持ちの緩みに繋がってしまうケースが多く見られます。


この気持ちの緩みをゴールデンウィーク明けの登校に向けて立て直せる子どもたちには何の問題もありませんが、立て直せない子どもたちにとっては大きな試練になってきます。


学校に通うことは家にいるよりも少なからずストレスがあります。
また4月の間中頑張ってきた子どもたちにとってはゴールデンウィークの間にその苦労を思い出したりします。その学校に通うことでのストレスや4月の間の苦労を思い出すことで、気持ちが緩んでしまってる子どもたちにとっては試練になってきてしまうわけです

続きはまた次回

 

まいどん先生(山下真理子)


↓皆さんの応援のもとブログ発信が出来ております!
こちらをポチッと
応援宜しくお願いします♪(1日1回クリックを!是非ともよろしくおねがいいたします)↓
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ  



parentscamp at 09:00│TrackBack(0)mixiチェック 家庭教育のススメ | まいどん先生の記事

トラックバックURL